ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

アルプス 天空の交響曲 -2- A SYMPHONY OF SUMMITS THE ALPS FROM ABOVE


アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)
-2-
A SYMPHONY OF SUMMITS THE ALPS FROM ABOVE

f0165567_6421418.jpg


(C)VIDICOM 2013


本作を監督したのはハンブルグ出身1960年生まれのペーター・バーデーレと
1979年ロストック生まれのセバスチャン・リンデマン。
35歳のリンデマンがこの映画のコンセプトを立て、
55歳のバーデーレが製作を担当し、監督としてヘリコプターに乗り込みました。

カメラはヨーロッパアルプスの最高峰モンブランからイタリアとオーストリア国境付近
に拡がる山岳地帯、世界遺産ドロミーティまで、
天空の高みから鮮明な映像を映し出してくれます。

山々だけではなくダム湖に沈んだ村や
ルートヴィッヒ2世の城も空から眺め、
後退する氷河もこの眼で確認します。

時には鷲の目を持ち、鷲の速度でアルプスの上空を滑空。
この映像は鷲匠が所有するゴールデンイーグルに装着したカメラによって
実際に撮影されています。
まさに鳥の目で撮影されているわけですね。

f0165567_6463619.jpg


また、氷河上に溶融を遅らせるために置かれたマットの巨大さを見て、温暖化を実感。
太古の昔に起こった地球の大変動の痕跡を確かめることも。

あるいは山頂に建てられた十字架に山々の崇高さを見て、敬虔な思いになったり。

実際には経験できないことを見せてくれるものが映画なのでありますが、
この作品ほど自分の身体では絶対になしえないことを経験させてくれるものはありません。

ただひたすら鳥になって天高く舞う気分なのであります。
そして、この景観はいつまで楽しめるのでありましょう。

ああ、それにしても人間とは小さなものです。
その人間がアルプスにさえ毒牙をたてている様も垣間見えると思います。

眼前に拡がる想像もできない視野を享楽する94分間の飛行。
観客を導くナレーターは小林聡美です。

GWだからと込み合った地上世界で行列しなくても、
鳥の目でアルプス遊覧を楽しむというのも一興でありましょう。





今日もポチッとしていただけたらうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

アルプス 天空の交響曲(シンフォニー)
監督/ペーター・バーデーレ&セバスチャン・リンデマン、カメラ/クラウス・シュトゥール、編集/ローランド・ポッセール、航空撮影プロデューサー/アンドレア・モコシュ、撮影パイロット/グイド・バウマン、ヴァルター・リュッシャー、地上ドライバー/モーリッツ・ミュラー・プライサー、製作総指揮/ペーター・バーデーレ
ナレーション/小林聡美
4月18日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2013年、ドイツ、93分、後援/ドイツ観光局、スイス政府観光局、オーストリア政府観光局、提供/ニューセレクト、配給/アルバトロス・フィルム、
http://alps-tenkuu.com/

by Mtonosama | 2015-04-16 06:52 | 映画 | Comments(11)
Commented by よっしー at 2015-04-16 13:55 x
うわ〜!トメカメラならぬイーグルカメラですね!これは是非拝見したいです^^/ 実際には経験できないことを見せてくれる・・・そうですね、映画っていいナ。。それでまたトメカメラをやりたくなっちゃいました。少しほっそりしてからでないとアレですが。。
Commented by Mtonosama at 2015-04-17 06:05
♪よっしーさん

トメカメラ復活!切望いたしますです。
なんかスマホアプリで猫が動くと勝手に撮影するってのが
あるそうですね。
でも、トメさんがその足で歩き、取材した映像にまさるものは
ありませんや。

冬のモフモフが抜ければ、またカメラマンジャケット着用でき
るのではないでしょうか。

乞うトメ激写!
Commented by びなちゃん at 2015-04-17 12:59 x
あ~綺麗やわ~
人がいなければもっといい(きつい、物言いでしょか?)
近頃さっぱり飛ぶ夢を見なくなりました。もう、若くないから?
トメカメラとは!?見てみたい!
テレビや動画サイトで、飼い猫にカメラを装着、いつもの彼らのお散歩ぶりを、楽しむと言うのは見ましたが。目線は低いし、ジャンプする、敵や獲物や、猫ならではでした。
ひかちゃん、元気かい~?
Commented by Mtonosama at 2015-04-17 15:00
♪びなちゃんさん

そういえば私も飛ぶ夢を見なくなりました。
そうか、若くないからか・・・
でも、私の飛ぶ夢はかっこ悪くて空を平泳ぎで飛んでいるんです^_^;
スーパーマンみたいなのがいいなぁ。

トメカメラ。
なかなかシュールですよ。
雑草のジャングルをかいくぐっていくトメさんの映像はなかなかなものです。

おかげさまでひかちゃんも元気です。
暖かくなったので布団に入ってこなくなりました。
これで私の左上腕部のこりもおさまってゆくでしょう。
Commented by ライスケーキ at 2015-04-18 23:25 x
本当の鷹の目と同じ映像が楽しめるんですね。
スゴイ!

それにしても アメリカの諜報局って、
こんな こんなカメラも持っているんですね。
スゴイ!

それを、撮影のために貸しちゃうて言うのが
スゴイ!

スゴイ映像スクリーンで観たいです。

P.S. 久しぶりに「銀幕映画会」に行ってきました。
「僕のピアノコンチェルト」と言うスイス映画でした。
主人公の少年の演技とピアノが良かった。
やはり「映画はスクリーンで」ですね。
Commented by ライスケーキ at 2015-04-18 23:35 x
すみません。
予告編もう一度観たら、
「アメリカ諜報局が開発したカメラを導入」とあり、
「貸した」なんて、一言も書いてありませんでした。
早とちりでした。
お詫びして訂正させていただきます。
Commented by Mtonosama at 2015-04-19 05:57
♪ライスケーキさん

そう、鷹の目なんです。
鵜の目鷹の目なんていいますよね。
いま、ふっとなんで鵜の目なんだろうと思いました。
だって鵜と鷹って全然イメージ違いますもんね。
広辞苑によれば
鵜が魚を、鷹が小鳥をさがすように、一所懸命に物を捜し出そうとするさま、また、その目つき
とありました。

銀幕映画会。よかったですね。
映画はやっぱり銀幕(映写幕。スクリーン。〈広辞苑〉)ですね。
Commented by なえ at 2015-04-19 11:28 x
コメントしょうと思ってるうちに次の映画紹介になって
ますが、遅ればせながら。

ひやあ、すごいすご~~い!うつくしい!まさに天空ツアー。
私もこれ見たいというか、現実にこんなツアーがあれば
応募したい!

私も昔飛ぶ夢を見てました。私のは最初はスイスイ飛んで
いて途中「あ、私飛んでる」と意識したとたん下降しだして
必死に上昇しようとするのですが、ピューと上がったと思ったらまたシューと落ちてしまって不安定飛行になるのです(^_^;)

相変わらず仕事に追われているのと、実は猫会がもめて分裂
しますた(ーー゛)ま、御多聞にもれずというところでしょうか。とのさまが言われたように人間なんて小さい存在。心洗われるアルプスの美しい景色を見て、ぼちぼちとやって行きますです。
Commented by Mtonosama at 2015-04-19 14:33
♪なえさん

アルプスの上は無理かもしれませんが、カイトくっつけて飛ぶヤツ。
あれ、気持良さそうですね。
飛んでると意識できたら素晴らしいじゃないですか!
わたしなんて「空を泳いでる!」で
飛んでるって意識とちょっと違うもんなぁ(-_-;)

猫会、分裂ですか・・・
いろいろ大変ですが、せめて映画館でアルプス上空を飛び
すっきりしてくださいませ。
Commented by ヨモギ at 2015-04-19 19:35 x
遅ればせながら、やってまいりました。
動画で、良いところを見せていただき嬉しいです~^^
若いころ、アルプス登攀記などの山岳小説をよく読みました。
その世界を、こうして映画で見られるなんて、
ほんとに良い時代に、なりました!!!!
(老人ぽい感想かも*^^*)
横浜では、「ジャック&ベティ」という映画館で上映されるようです。
ただいま繁忙期で、行くことむずかしそう。。。(TT)
DVDになるのを楽しみにすることにいたします(^0^)
Commented by Mtonosama at 2015-04-20 05:21
♪ヨモギさん

ジャック&ベティさん♡
横浜のミニシアターがドンドンと無くなっていく中、
がんばってますね。また行きたいな。

ヨモギさんも繁忙期ですか。
忙しい時期もないと困るけど、続くのもつらいですね。
帯状疱疹も出ちゃうし・・・

本当はそんな時こそこういう映画を観てひろびろした心持に
なりたいんですけど。