ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

追憶と、踊りながら -2- LILTING


追憶と、踊りながら
-2-
LILTING

f0165567_612983.jpg

(C)LILTING PRODUCTION LIMITED / DOMINIC BUCHANAN PRODUCTIONS / FILM LONDON 2014


英国の難民対策や映画支援政策にビックリするだけで終わってしまった前回。
後編ではどんな映画なのかもお伝えしないと。

支援政策もすごいのですが、
やはり注目すべきはホン・カウという監督の才能でありましょう。

映画の舞台はロンドン。
カンボジアからやってきた中国人の母とフランス系の父との間に生まれた一人息子カイ。
その母ジュン。
そして、カイの恋人リチャードが主要な登場人物。

ロンドンの介護ホームで暮らすジュン。
英語の話せない彼女にとってカイに会うことだけが唯一の楽しみです。
でも、愛する一人息子はゲイ。そして、その相手はジュンの毛嫌いするリチャード・・・

とまあ、そんな設定でありますが、
これは監督自身の経験にきわめて似通っています。
監督はカンボジアからの移民、英語はもちろん中国語も話すことのできる西洋化した移民です。
監督の母もジュンと同じく英語は苦手で、
監督は子どもの頃から母のために通訳をしていたそうです。

と、大まかなところをお伝えしたところで、お話に進みましょうか。

ストーリー
昔懐かしい壁紙の貼られた室内。
「夜来香(イエライシャン)」のメロディが流れ、テーブルの上の写真立てが
その部屋の住人の古き良き時代を彷彿とさせる。

老年期にさしかかったジュンはこの穏やかな介護ホームで一人暮らしている。
英語ができず、ホームでは無言で暮らす彼女にとっては
息子カイの来る時だけが中国語で話せる唯一の時間。
カンボジアの華僑だったジュンは夫と共に29年前にカンボジアを離れ、
息子の将来のためにと英国へやってきたのだ。
夫に先立たれてからは女手ひとつで一人息子のカイを育ててきた。
そして言葉のわからないジュンにとって、息子はロンドンと彼女をつなぐ存在でもあった。

ジュンは最近ホーム内でイギリス男性・アランと知り合った。
その日もカイにそんな話をしているとき、女性職員が電球の球を換えにやってくる。
それに気を取られていたほんの一瞬後、カイの姿は消えていた。

ある日、リチャードがジュンを訪ねてホームに。
ジュンの息子の友人、と名乗るリチャードに「ご愁傷様」と告げる職員。
カイは亡くなっていた。リチャードとの関係を母に告げることのできないまま。

ジュンはリチャードが好きではない。
だが、リチャードはカイを亡くして傷心のジュンを心配し、
ホームの住人アランと親しくなれるよう気遣うのだった。
そして、二人のために中国語と英語の通訳としてヴァンを雇う。

リチャードが通訳のヴァンを連れていくと、彼女を通じてアランとの会話を楽しむジュン。
だが、ジュンとリチャードとの関係は相変わらずぎくしゃくしたまま。
カイとの関係を話せないまま、彼との想い出に一番近くにいたいと思うリチャード。
それはジュンも同じだった……

f0165567_624959.jpg

「あなたが私の世話をしたがるのは、あなたが私のたった一人の息子を奪ったから?」
と言い放つジュンに、
リチャードは
「あなたはなぜこの国の文化になじもうとしない?
医者だって銀行だって全部カイがやっていた。
カイがいない今、いったい誰があなたの面倒を見るんだ。それは僕だ!」
と叫び返すシーンに思わず快哉。
だって、息子に甘え過ぎじゃない?ジュン。

自分がゲイではないから、カイにもリチャードにも心底共感はできないし、
20数年英国に暮らしながら英語を覚えようとしない母親・ジュンにも共感できません。
主人公の誰にも感情移入できないまま、それでもひきずられて観続けました。
ひきずっていく力を持つ映画です。

ジュンとカイの中国語で会話するシーンからカイのいなくなったシーンへ。
まるで引き戸を閉め、開けるように
あるいは転生するかのように、
自然に場面も時間も転換します。
そして、それぞれのストーリーも人生も続きます。

ラストのダンスシーンは過ぎ去った時間の中を軽やかに踊る亡霊たちのよう。
ディズニーランド・ホーンテッドマンションを想い起こしてしまいました。
「追憶と、踊りながら」
Lilting(軽やかに動く)という原題に、この邦題。良いです。

頑固な母親も、親孝行な息子も、ゲイの恋人たちも、年老いても未だ肉欲の衰えない老人も
「いま」というボールルームで軽やかに踊っています。





今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月16日に更新しました。いつも応援してくださって、本当にありがとうございます☆

追憶と、踊りながら
監督・脚本/ホン・カウ、製作/ドミニク・ブキャナン、撮影/ウラ・ポンティコス
出演
ベン・ウィショー/リチャード、チェン・ペイペイ/ジュン、アンドリュー・レオン/カイ、モーヴェン・クリスティ/マーガレット、ナオミ・クリスティ/ヴァン、ピーター・ボウルズ/アラン
5月23日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2014年、イギリス、英語&北京語、86分、後援/ブリティッシュ・カウンシル、配給/ムヴィオラ
http://www.moviola.jp/tsuioku/

by Mtonosama | 2015-05-16 06:14 | 映画 | Comments(4)
Commented by ライスケーキ at 2015-05-16 15:38 x
カンボジアを離れ  
ひとり息子を一人で育てたジュン。
あまりリッチとは思えませんが、
快適そうなホームで暮らしていますね。

英国は英語もしゃべれない(移民?の)女性に、
こんなに手厚い老後を約束しているんでしょうか。

亡くなった恋人の母とは言え、
その関係も知らせていないジュンを、
なぜリチャードは面倒をみるのでしょう。
もちろん恋人を愛していたからでしょうが、
それが長く続くとは思えません。

デイ・サービスで働いているので、
いろいろな方の「老後」の暮らし方を拝見しますが、
家族との関係、経済的なこと、健康の不安・・・。
幸せな老後を送るのには、
どんな生活の仕方が良いのか 考えることがあります。

老後の過ごし方、各国の福祉行政・・・。
そんな所も映画を通して観てみたいと思っています。

昔は老人が主人公の映画なんて、
あまり観たくなかったけど、
自分が100歳越えたから、見方も変わってきました。
Commented by Mtonosama at 2015-05-16 19:47
♪ライスケーキさん

歳をとると若い時には見えなかったものが見えてくるようですね。お互いに^_^;


ジュンは一人息子を亡くしたわけですし、リチャードだって
いつまでも彼女の面倒をみられるかどうかわかりませんが、
またまた英国のすごいところです。
ジュンは法律的にはホームで暮らせるんですって。
英国にはホームにいられるように面倒を見てくれるプログラムがあるそうですよ。

Commented by すっとこ at 2015-05-16 21:41 x
うっわわわわわわわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

前記事にコメ書こうとやって来ましたら
もう次記事になっておりますた!

しかもストーリー紹介で 実はジュンの息子が
ゲイだと・・・亡くなった、と。

亡くなったゲイの相手のかわりに ゆかりの人と
持とうとする話は 大好きな”クライング・ゲーム”
と重なりますし

つい2~3日前テレビで“ブロークバックマウンテン”
やっていたので観入ってしまいましたし

ゲイ同士の悲恋は”トーチソング・トリロジー”で涙
しましたし

ああ・・・わたしってゲイの恋愛話が好きなのかもです。

この映画、是非観たいです!
すでに力強くポチッさせて頂きました!!
Commented by Mtonosama at 2015-05-17 06:01
♪すっとこさん

『ブロークバックマウンテン』。良かったわ~♡
確かにゲイの恋愛ってグッとくるものが多いです。
最近なら『チョコレートドーナツ』です。

ずいぶん認められてきたとはいえ、
まだまだ禁忌の世界の部分が大きいですものね。

♪禁じられても会いたいの。見えない糸にひかれるの
恋は命と同じ(後はオボロ)♪
なんて昔の歌を唐突に思い出してしまった。

力強いポチッをありがとうございます。
ポチッを励みに生きております。