ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

奇跡のひと ~マリーとマルグリット~ -2- MARIE HEURTIN


奇跡のひと ~マリーとマルグリット~
-2-
MARIE HEURTIN

f0165567_6163052.jpg

(C)2014 - Escazal Films / France 3 Cinema - Rhone-Alpes Cinema


三重苦で生まれたマリー・ウルタン。
しつけも教育もいっさい受けることなく10歳まで育った彼女。

映画はもう少しおねえさんになった彼女が
父に連れられ修道院へやってくるシーンから始まります。

髪はブラシも通さないほどグシャグシャ
着ているものは不潔そうなボロ。

始まりからなにやら不穏な雰囲気です。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。

ストーリー
聴覚障がいを持つ少女たちを教育するラルネイ聖母学院に、
父親に負われておびえた動物のような少女がやってきた。
生まれた時から目も耳も不自由な彼女だが、見知らぬところに連れてこられた恐怖心から、
父親が少し目を離したすきに園庭を逃げ回り、大きな木によじのぼってしまった。
この様子を見ていた学院長は盲聾唖の子どもはこの学院の手には負えない、と
父娘を帰してしまう。

だが、少女を木から下ろした修道女のマルグリットは
少女の放つ魂の輝きに魅せられていた。
そして少女マリーの教育係になりたいと院長に訴えるのだった。

マルグリットに背負われて学院へと連れてこられたマリー。
この日から二人の激しい教育が始まった。
マリーはテーブルに着席して食事をとることができない。
もちろん食事は手づかみ。
お風呂を嫌がり、怖がる様子はまるで野生動物。
新しい服にも着替えようとはしない。
マリーとの肉弾戦にも似た教育は4ヶ月経っても進歩どころか後退にも思え、
マルグリットの意気を阻喪させる。

そんなマリーも次第次第に人間らしさを見せるようになってきた。
食事の時にはナイフもフォークも使えるようになり、
入浴もできるように。

だが、生まれた時から耳が聴こえないマリーはものには名前があることを理解できない。
マルグリットはマリーが家から持ってきたお気に入りのナイフを使って
「ナイフ」という言葉を何度も何度も発音して教える。

マリーが学院にやってきて8ヶ月過ぎた時、奇跡が起きた。
ナイフが「ナイフ」であると理解できたのだ。
最初の1語には時間がかかったが、その後、単語、形容詞、文章、文法と
乾いた砂が水を吸い込むように言葉を理解していくマリー。
面会に来た両親に自分の名前のスペルをアルファベットを使って正しく並べ、
「愛している」と手話で伝えるマリーを見て父も母も感激の涙を流す。

日に日に成長するマリー。
しかし、不治の病を負うマルグリットは医師から静養を命ぜられる。
それでも、彼女はマリーと共に生きる道を選ぶ。
それはマリーにとっては困難で悲しい言葉の意味を学ぶことを意味していた……

マリーはその後ラルネイ聖母学院で後輩たちを指導し、
アンヌ=マリー・ポワイエという少女にブライユ点字を教えたという記録も残っています。
しかし、36歳の若さで亡くなりました。

短い人生でありながら、マルグリットと出会い、教育を受けたことで
祭壇のろうそくのように赤々と燃え、人間としての素晴らしい生を生きることができたマリー。

この困難な役を熱演したのはアリアーナ・リヴォワール。
フランス・オーベルニュ生まれの20歳。
ジャン=ピエール・アメリス監督に見出され、本作でデビューしました。
彼女自身、耳が不自由で国立聾学校の寄宿生ですが、
バカロレアも取得しました。

彼女の捨て身の演技も本作を大いに輝かせています。

野生動物のようだった彼女が人へと変わっていく様子は
教育の大切さを今更ながら教えてくれました。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月28日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

奇跡のひと ~マリーとマルグリット~
監督/ジャン=ピエール・アメリス、脚本/ジャン=ピエール・アメリス、フィリップ・ブラスバン、撮影/アン・スリオ、美術/フランク・シュワルツ、プロデューサー/ソフィー・ドゥニ・キャロ
出演
イザベル・カレ/マルグリット、アリアーナ・リヴォワール/マリー・ウルタン、ブリジット・カティヨン/学院長、ジル・トレトン/マリーの父、ロール・デュティユル/マリーの母
6月6日(土)シネスイッチ他全国順次公開
2014年、カラー、94分、提供/ドマ、スターサンズ、ハピネット、配給/スターサンズ、ドマ、協力/ライフ・クリエーション(いのちのことば社)、推薦/カトリック中央協議会広報、年少者映画審議会推薦、字幕/齋藤敦子
http://www.kiseki-movie.jp/

by Mtonosama | 2015-05-28 06:35 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2015-05-28 21:07 x
耳の聞こえない、目の見えない少女が
言葉を理解する・・・。
「死」を理解する・・・。

どのようにして・・・。

この映画を観たら理解できるでしょうか。

これは Must See Movie ですね。
Commented by Mtonosama at 2015-05-29 10:01
♪ライスケーキさん

自分がそうなったら一番怖い状況が目が見えないということ。
さらに、目が見えないから音楽を聞こうかと思っても耳も聞こえない・・・
考えられないほど辛いです。

彼女はマルグリット先生に助けられて、あらゆる感覚と想像力を駆使して生き抜いたんですね。

フランスの田舎町の美しい自然をマリーの代わりに満喫させてもらいました。
ああ、目が見えるというのはなんという幸せでありましょう。
Commented by すっとこ at 2015-05-30 21:41 x
うぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

光も音もない真っ暗闇で一生を過ごす・・・
見当もつきません。

テキサス州の洞窟見学した時、奥の行き止まりで
案内の人が「ではここで真の闇を経験して頂きましょう」
と手持ちライトを消しました。

あの時の漆黒の闇。
でも恐怖はライトが再びともったときには霧消しました。

マリー。ヘレンケラーより前の時代の方のようですね。

本当にこわいのは心の中の暗闇です。
今日も力強くポチッ!!

Commented by なえ at 2015-05-30 23:16 x
お久です~。忙しかった理由はおいおいお話するとして。

「奇跡の人」!見ました!そして「パティ・デューク・ショー」も毎週楽しみに見て次の日友達とそれについてなんだら
かんだらと話すのが楽しみでした~!

「ヘレン・ケラー自伝」も昔読みました。彼女はまだ幼いころ
自分の回りの人たちが自分には分からない何かの方法で
伝達し合ってるのは感じていたそうです。それが何か知りたくてその人たちの口を触ったりしてたそうです。

音楽に関しては、レコード針のアームでしたっけ?あそこに
手を置いてその振動を聞いて感じ取ったそうです。振動で聞いた音楽の描写が感動的に書かれていました(と記憶してます)。

暗闇の中に生きていても心は輝く光の中にいたのでしょうね。
本当に怖い心の暗闇(↑)を照らす灯りが、必要な今日この頃でございます。
Commented by Mtonosama at 2015-05-31 06:20
♪すっとこさん

洞窟の暗闇。ちょっと好きです♪先日お仕事で訪れた栃木で
大谷石を掘り出した後に大きな地底湖があり、カヌーもできると聞き、憧れています。
真の暗闇体験としては善光寺さんの戒壇巡りしか知りませんが、暗闇の中を手さぐりしていき錠前に触れた時はホッとしました。

ヘレン・ケラーもマリーもずっとそんな暗闇の中に生きていたんですね。
あ、マリーの方がヘレンより5歳年下なんですよ。
同時代にアメリカとフランスで同じようなことが起きていたんだわぁ。

力強いポチッをありがとうございます。
Commented by Mtonosama at 2015-05-31 06:27
♪なえさん

お久しぶりです。
宿題はかたづきましたか?

ヘレン・ケラーは伝記じゃなく、自伝を読んだんですか。
レコードアームに触れて振動を感じた・・・
今ならスピーカーに触れるんでしょうね。
あ、布を張ったスピーカーなんぞはいまどき使わないか。
ああ、時代の流れについていけない(-_-;)

自伝を読むと、目が見え、耳もそれなりに聞こえる人間にはわからない苦労や感動が伝わるのでしょうね。

心の暗闇、そして、この国の暗闇・・・