ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

奇跡の2000マイル -1- Tracks


奇跡の2000マイル
-1-
Tracks

f0165567_536339.jpg


(C)2013 SEE-SAW (TRACKS) HOLDINGS PTY LIMITED, A.P. FACILITIES PTY LIMITED, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, SCREEN NSW AND ADELAIDE FILM FESTIVAL


映画といったらロードムービーでしょう。
最近、旅行をしていないので、その代わりといってはなんですが、
映画で旅気分になろうというとのであります。

『奇跡の2000マイル』。
サンドベージュの砂漠を4頭のラクダと黒い犬と女性が歩いている画像が
強烈に目をひきます。

砂漠に行きたいと思い、チュニジアやモロッコへ想いを馳せていたのに
諸般の事情から行けなくなって早や5年。
そうこうする内にこれまた国際情勢の変転やらISやらで
憧れの北アフリカの砂漠には行けず、このまま朽ち果てていくのか、口惜しや――
と思っていたところへ、砂漠です。ラクダです。
パタパタと半折れの耳を揺らしながら歩く犬です。
もう観るしかありません。

f0165567_538927.jpg

4頭のラクダと愛犬をお供にオーストラリアの砂漠を横断したのは
桃太郎ならぬロビン・デヴィッドソンというオーストラリア人女性。
実話です。

ロビン・デヴィッドソン
オーストラリア・クイーンズランド州の牧場に生まれ。
クイーンズランド大学で動物学、哲学、日本語を、シドニー音楽学校でピアノを学んだ。
1970年代半ばにアリス・スプリングスに赴き、西海岸までラクダと共にでかける旅の準備に着手。
1977年初めに同地を出発し、195日後に西海岸に到達。
この旅の物語はナショナル・ジオグラフィック誌など世界中の雑誌で紹介され、
1981年には回顧録「TRACKS」を発表。
欧米各国でベストセラーとなった本書はブラインド・ソサエティ賞や
トーマス・クック・トラベル・ブック賞を受賞。

1980~86年にはさまざまな場所を旅し、数多くの雑誌や新聞に寄稿。
その後はエッセイ集「Travelling Light」、小説「Ancestors」、北西インドの旅行記「Desert Places」を
発表するとともに映画脚本の執筆や国際機関での講義などを実施。
2000年代から現在にかけて現代の遊牧民の生活に関するリサーチに情熱を注いでいる。

f0165567_53952100.jpg


なぜ、ラクダなのか。
まず、その着想がユニークなんです。
どうしてこんなとてつもないことを想いついたのかという位、変わっています。

時代は70年代。
歳の頃は24~5。都会暮らしの女子ならば、お洒落や仕事に一生懸命なお年頃です。
でも、主人公のロビンはきっとなにかが物足りなかったのでありましょう。
そして、猛烈に旅に出たいと思ったのでありましょう。
都会からオーストラリア中央部のアリス・スプリングスへとやってきました。

彼女はオーストラリア西部の砂漠を約3000キロ、
インド洋まで横断するという旅を計画していたのです。
それも飛行機やジープを利用してではなく、
自分の足で歩いて横断する――
砂漠をつっきるのならラクダの背に揺られて行けばいいのに、と思うのですが。

彼女のプランは1日あたり約32キロのペースで
3000キロの行程をあくまでも歩き通すというもの。
ラクダはそのために必要なテントや食糧を運ぶのに不可欠だったのです。

f0165567_5421330.jpg

冒険の様子はナショナル・ジオグラフィックで報じられ大反響を呼びました。
彼女自身も回顧録「TRACKS」を出版。
それは10ヶ国語以上の言語に翻訳されベストセラーになりました。

1981年の発売以来、当然、何度も映画化の話が持ち上がりました。
今回いよいよ実現。本作を監督するのはジョン・カラン。
そして、主人公ロビン・デヴィッドソンを演じたのはミア・ワシコウスカです。
砂漠の強烈なUVもなんのその、顔の皮膚がボロボロになっての大熱演でした。

アリス・スプリングからエアーズロックを経て、インド洋へと至る3000キロ。
さあ、どんな旅が待っているのでしょうか。

続きは次回まで。
乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月12日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

奇跡の2000マイル
監督/ジョン・カラン、製作/ミール・シャーマン、イアン・カニング、脚本/マリオン・ネルソン、原作/ロビン・デヴィッドソン
出演
ミア・ワシコウスカ/ロビン・デヴィッドソン、アダム・ドライバー/リック・スモーラン、ライナー・ボック/クルト・ポセル、ローリー・ミンツマ/ミスター・エディ、ジョン・フラウス/サリー、ロバート・コールビー/ポップ、ティム・ロジャース/グレンデル
7月18日(土)有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2013年、オーストラリア、112分、配給/ブロードメディア・スタジオ

by Mtonosama | 2015-07-12 05:49 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2015-07-12 21:05 x
うっわぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああ!

これ、観たのですじゃ!機内で!

うれすぅい~~~~~~~~~
大好きな映画です。忘れられません。

もういっぺん、あの感動を味わいたいから
次のストーリー紹介を楽しみにしとりますね。

でも悲しい場面もあったりするのね(シーッ)

力強く応援のポチッ!
Commented by Mtonosama at 2015-07-13 06:02
♪すっとこさん

おお、機内映画、おそるべし!

いいでしょ、いいでしょ。
ミア・ワシコウスカ、良いね。
こんなすごいことする女優さん、そうそういないです。

あの悲しい場面・・・
シ―ッ!だけど、泣いちゃいました。

力強いポチッをありがとうございます。
Commented by ライスケーキ at 2015-07-13 15:47 x
砂漠、オーストラリアの砂漠ですか。
砂漠と言えば ラクダですね。

わんちゃんも一緒に歩いたんですか?
毛皮着て暑そう。
それも黒だから もっと暑そう。

当地も急に暑くなりましたが、
この暑さの中ーーもっと暑いのかなーーを歩くのは、
しんどそうですね。

私は冷房の効いた映画館でスクリーンを楽しみたいです。
Commented by びなちゃん at 2015-07-13 16:38 x
素朴な質問
こういう道行の場合、水が貴重ですよね。乾燥しているとはいえ、体はどうしているのでしょうか?
お坊さん修業のように、手のひらに、たった一杯?の水で、頭から口のゆすぎ、足元まで洗う?それも女性だし?
自分から選んだホームレス状態だから我慢できる?
私は、無精なオバさんなんですが、日本の夏で、このようなことは辛~い
以上を踏まえて、次回を待つだす。

蛇足、LAにいた時は、ホームレスさん、犬を飼っている方いたし、ここ日本でも河川敷や、上野公園などの、その方達は、猫を飼っている方もいますね。
Commented by Mtonosama at 2015-07-14 06:20
♪ライスケーキさん

そうなんです。犬はかわいそう。ラクダの足は砂漠仕様でしょうが、犬の肉球は違うものね。私たちだって海や野外プールに行って「アッチッチ」ってなるんだから、さぞや砂漠は暑かろう、と同情しました。
このディギティくんがとてもけなげなワンコでした。最優秀助演賞をあげたいくらいです。猫と比較しちゃいけないけど、ひかちゃんとは大違い(-_-;)
Commented by Mtonosama at 2015-07-14 06:30
♪びなちゃんさん

主人公が、日常的にお水を使うシーンはなかったけれど、砂漠の中に給水塔みたいな大きな槽をみつけたとき、うれしそうに水浴びする様子が印象的でした。
そうですね、砂漠がベッド、木陰が宿というホームレス状態ですから、贅沢はいえないんでしょう。だ~れもいないから裸で歩いたりもしてましたよ。

猫を飼っているホームレスさんは私も上野公園で見たことがあります。ブルーシートのテントの中からきれいに手をかけたかわいい猫が出てきましたよ。犬を連れてるホームレスは見たことないです。日本では登録や狂犬病注射などがあるから飼えないのかなぁ。