ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

共犯 -2- PARTNERS IN CRIME


共犯
-2-
PARTNERS IN CRIME

f0165567_4433291.jpg

Double Edge Entertainment (C) 2014 All rights reserved


情報の海を泳ぎ、
100年前の高校生とは比較にならないほど多くの友人とつながっている現代の高校生。
如才なくふるまっているようには見えても
まだまだ肩は細いし、後ろ姿は悲しくなるほど華奢だったりする年頃です。

そんな高校生たちが繰り広げるお話とは――

ストーリー
いじめられっ子のホアンは通学途中の路地に血を流して倒れている女生徒をみつけた。
丁度そこを通りかかった同じ制服を着たイエとリン。3人はとにかく警察に知らせた。
第一発見者として警察で事情聴取される3人。
友だちではないが、偶然3人で彼女の死体を発見したと聴取に答えるのだった。

数日後、教師からカウンセラーとの面談を指示された3人は
放課後の時間をカウンセリング室で過ごすようになった。
3人だけになると話すのは当然あのこと。
亡くなった女性とは1年上級のシャー。
その死の理由についてもいろいろ想像し始める。
「恋愛トラブル?」とリン。
「シャーに彼氏はいない」とホアン。
イエも「シャーは金持ちで上から目線のお姫さまだったから友だちもいない」。
と、ホアンが言う。「自殺の理由がわからないのは理解者がいない証拠だ」

放課後、ホアンは自宅でパソコンを開いていてシャーの情報をみつける。
思わぬ素顔にますます好奇心を募らせるホアンだった。

翌日カウンセリングは終了。
その帰り路、ホアンは2人にシャーの葬式に参列しようと提案。
「僕たち3人は彼女の最期に立ち会ったんだから」。

ある日、シャーが倒れていた路地を取りかかった3人は好奇心から彼女の自宅を捜す。
ニュースでは5階から落ちたと言っていた。
マンションに上がりドアフォンを鳴らすが、シャーの母は海外出張中だ。
リンは止めるが、イエはベランダから侵入。
3人は空き巣のように部屋を物色し始めた。
その帰り、ホアンは2人にある情報を伝える。
シャーをいじめた人間がいる。その名はチュウ・チンイーという、と。

その数日後、イエとリンはホアンから学校の裏山に呼び出される。
山道を登っていくと池のほとりにホアンが既に来ていた。
シャーがよく訪れていたこの場所でチュウを制裁するというのだ……


f0165567_4443495.jpg

はい、突然ネタばれします。
制裁といっても「な~んだ」とガックリするほど子どもっぽいもの。

しかし、
意外な展開はその後に訪れます。
幼稚な制裁とその背後にひそむ孤独感。
抱え込んだ秘密と日常との齟齬に思い悩む高校生たち。
ネット社会とその中で生きながら社会性を備えきれていない高校生。

友だちが欲しいのにうまく作れない主人公ホアンが
シャーの死を通じて知り合った友人たちとの交友をいかにも嬉しげに、
でも、薄気味悪く、楽しむ様子がなんかホラーっぽかったですよ。
共犯というのは友人を意味していたのかもしれませんね。





今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月21日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

共犯
監督/チャン・ロンジー、原作・脚本/シア・ペア、ウーヌーヌー、製作/チェン・ホンユエン、ジャッキー・パン、撮影/ジミー・ユィ
出演
ホアン・リーファイ/ウー・チェンホー、チェン・カイユアン/イエ・イーカイ、トン・ユィカイ/リン・ヨンチュン、ヤオ・アイニン/シャー・ウェイチャオ、ウェン・チェンリン/チュウ・チンイー、ホアン・ヨンチェン/サニー・ホン、リー・リエ/シャーの母
7月25日(土)より新宿武蔵野館、シネマート心斎橋他にてロードショー
2014年、台湾、89分、中国語、配給/ザジフィルムズ、マクザム、後援/台北駐日経済文化代表処、http://www.u-picc.com/kyouhan/

by Mtonosama | 2015-07-21 04:51 | 映画 | Comments(6)
Commented by アイスケーキ at 2015-07-21 20:55 x
言われないと 登場人物も 街の風景も 日本のようですね。

今の高校生はスマホだ、ラインだと生きるの大変そうですね。

そういうのに 不慣れな私のヒガミでしょうか。
先週 タブレット講習会に行ってきましたが、
あの薄っぺらな機械でいろいろ出来るんですね。
昔石版 今タブレットです。

なえさん~
「クレアモントホテル」観て下さい。
あんな風に歳を重ねられたら良いね。
Commented by Mtonosama at 2015-07-22 10:08
♪アイスケーキさん

へえ、タブレットの講習会があるんですか。
うちにはまだないけど、いつか買ったら教えて下さいね。

台湾はココ壱だってあるし、
緑の濃さが日本より強い他はホント同じです。
ああ、でもこれだけ暑いとどこにも行きたくない。

ひかちゃんものびてます。毛を刈ってあげよっかなぁ。
Commented by poirier_AAA at 2015-07-22 19:54
若いっていいなぁ、と思ってしまいました。
そういう映画ではないのかもしれませんけど。
若い時って、時間が止まる感覚がしょっちゅうあったようなきがするんです。あと、自分と仲間のまわりだけすっぽりと透明なカプセルで包まれ、現実の世界とは切り離された別世界にいるような感覚もありました。

時代も国もちがいますけど、なんだかそんな昔の感覚を思い出してしまいました。
Commented by Mtonosama at 2015-07-23 06:06
♪poirier AAAさん

ああ、そうかもしれません。
電車に乗りながら、時間旅行ができたらなぁ、と夢想したり、
中学の屋上にある小部屋に友人たちとこもってバカ笑いをしたり、
無限とか死とか、いろんなことを考えていた時代でした。

150年の時の埃に埋もれて忘れていたことを思い出しました。
ありがとうございます。
Commented by なえ at 2015-07-23 22:08 x
今の女子高生のスマホに関わる時間は毎日7時間!とか。
情報過多の中にいて、追い立てられて大変じゃないかと
私も思ってしまいます。でも生まれた時からそういう
時間感覚の中で生きて来ているので、それはそれで普通
なのかな?

アイスケーキさん
「昔石版 今タブレット」(笑)。「赤毛のアン」の世界
やないですか。いえ、私たち150歳の若き頃でしたね
^_^;。
「クレアモントホテル」、ぜひ見ます~!


Commented by Mtonosama at 2015-07-24 06:20
♪なえさん

いやいや7時間は長すぎます。時間に追われ、情報に追われ、
「わあ~~~~~~~~っ!}となってしまうんじゃないかなぁ。

それを思うと電話しかなくて、
それも居間に置いてあったりするから、
長電話してると親に怒られたわれらが高校時代は
なんとまぁゆったりしていたことでありましょう。