ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

バレエボーイズ -1- Balletgutene


バレエボーイズ
-1-
Balletgutene
Ballet Boys

f0165567_618436.jpg


150歳にもなりますと、
若い方々が何かに一生懸命になっている姿には無条件でウルウルきてしまいます。

それが、あなた、バレエですもの。
そして、日々レッスンに励むのが少年なんですから。
ダンス好きで(えー、見るだけダンス派ではありますが)、
幼時わずか1ヶ月でバレエ教室を退学した軟弱バレエガールとしましては
素通りするわけにはいきません。

本作はフランスやロシアというバレエ大国の少年たちではなく、
かなりマイナーなノルウェーの3人の少年が主人公のドキュメンタリー映画です。

ノルウェー・オスロでプロのバレエダンサーを目指す3人の少年。

ルーカス
f0165567_6202910.jpg

トルゲール
f0165567_621957.jpg

シーヴェルト
f0165567_6214288.jpg

バレエスクールでレッスンに励むこの3人の
12歳から16歳までの4年間に密着したドキュメンタリーです。
12歳から16歳というのは身体的にも精神的にも最も変化する時期ではないでしょうか。
トルゲールくんなどは歯列矯正器具が覗いていますし。

12歳というと小学校6年生くらいですよね。
子ども子どもした顔と体から青年の顔と美しい筋肉を持った体に変わっていく様子は
もうたまりません。

バレエというとお目目キラキラの少女漫画を連想し、
男がバレエなんて、と思う方もまだまだ多いかもしれませんが、
日本にもバレエボーイズは増えつつあるんですって。
http://www.sankei.com/west/news/140531/wst1405310092-n1.html

f0165567_6252485.jpg

超絶技巧のジャンプや高々と女子を持ちあげる姿。
少女漫画のアン、ドゥ、トロワを超えた激しく厳しく、そして、美しい世界に
女子ならずとも憧れる男子は多いのです。

昨年はローザンヌ国際バレエコンクールで長野県の男子高校生が優勝するなど
日本でもバレエ人気は高まりのきざしを見せています。

本作に登場する3人の少年たちもバレエが好きで好きでたまらず
日々レッスンに励んでいます。
彼らは同じ学校に通う親友同士。
将来はプロのバレエダンサーになりたいという夢も同じです。

しかし、残念ながら、夢と現実は必ずしも重なりません。
本作でも少年たちがぶつかる進路の悩みや、学業との両立や、家族の期待――
12歳から16歳という多感な時期に彼らが出会うできごとをカメラは追います。

f0165567_6231486.jpg


監督はケネス・エルヴェベック。
1966年生まれのノルウェーのドキュメンタリー映画監督でプロデューサーです。

「プロのバレエダンサーになるのがどんなに大変かを示す映画を撮りたいと思った。
バレエはジェンダーや性指向とは関係がない。
バレエとは即ち才能と厳しいトレーニングであり、
友達や家族に支えられながら
自分の表現やアイデンティティを見つけようとする悪戦苦闘なのだ」
と語っています。

本作を観たバレリーナたちも感動の言葉を寄せていますよ。
首藤康之氏は
「まさに青春映画!バレエを始めた頃のまっすぐな気持が蘇った!
大人になったら忘れがちな『好きだ』ということの大切さ、
信念を持ち、ブレない心があれば新たな道が拓かれることを
この映画は教えてくれました」

さあ、一体どんな映画なのでしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月26日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

バレエボーイズ
監督/ケネス・エルヴェバック、編集/クリストファー・ヘイエ、音楽/ヘンリク・スクラム、製作/カーステン・アーノンセン
出演
ルーカス・ビヨルンボー・ブレンツロド、シーヴェルト・ロレンツ・ガルシア、トルゲール・ルンド
8月29日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンク他全国順次公開
2014年、75分、ノルウェー、ノルウェー語、後援/駐日ノルウェー王国大使館、配給/アップリンク、http://www.uplink.co.jp/balletboys/

by Mtonosama | 2015-08-26 06:32 | 映画 | Comments(10)
Commented by なえ at 2015-08-27 21:06 x
わ~、うれしい!バレエ映画~!バレエ大好きウメボシ世代です。
ドキュメンタリーだから、本当にレッスンの様子をしっかり見られるんですね。でもドキュメンタリーだから、映画のお話のようにうまくはいかないし、現実の厳しさがひしひしと迫ってくるんでしょうね。

この間、テレビで途中からだったけど、ローザンヌで2,3年前優勝した菅井まどかさんの対談を見ました。授業が済んで、レッスンに夜中の12時頃まで行って、それから家に帰って寝て、また次の日も同じ繰り返しと。プロになってる人って皆こういう道を経てきたんですね。ただただ感服。
Commented by びなちゃん at 2015-08-27 21:31 x
”眠りの森の美女”が、大好きで、必ず観に行きます。先日、キエフのを観てきましたよ。
あ~姫と王子の、オーラ!
ソロも、アンサンブルも、曲も楽しめるから、好きな演目なんですが。

ローザンヌも、若い子たちの、クラシックとモダン、両方を踊る彼らに、ただただ、みいってしまいます。肉体=若さだなあと、確かに思えます。彼らの才能と努力を、見届ける、見巧者でありたいなあ。

続き、期待してます。



Commented by Mtonosama at 2015-08-28 07:01
♪なえさん 

バレエ映画、お好きですか!?
150歳及びウメボシ(!)世代には憧れですよねぇ。
ちゃんとやっておけばよかったと今更思ってももう後の祭りの150歳です。

そうそう、ドキュメンタリーですから少年たちの成長がはっきりと映し出され、ウルウルします。

菅井まどかさんのように寝ても覚めても練習しないといけない厳しい世界なんですね。
でも、やっぱチュチュやトゥシューズには憧れます。
長いチュチュをヒラヒラさせて踊るのも綺麗だし。
ああ、しかし外反母趾の私はトゥシューズをはけませぬ~(;O;)

Commented by Mtonosama at 2015-08-28 07:10
♪びなちゃんさん

わあ、素敵!!びなちゃんさん。
「眠りの森の美女」見たいです。
「眠りの森の美女」はディズニーでしか観たことがないけど、
オーロラ姫はディズニーの歴代お姫様の中で一番きれいなんじゃないかなぁ。
小学生の頃オーロラ姫のトランプを買ってもらって大事に使っていました。(って、すいません。話がずれましたね)

バレエは『リトルダンサー』で舞い上がって、文化村へ『スワンレイク』を見に行きました。その日の主役はまさにあのリトルダンサーのラストに登場したアダム・クーパーでした♡
この日で私の全ての運を使い果たしたな、と思いました。
ああ、あの感動、忘れられません。

Commented by アイスケーキ at 2015-08-28 19:24 x
な、な、何と「オーロラ姫のトランプ」私も買ってもらいました。
な、な、懐かしい~。  

最近78歳で「織り」を始めた女性に会いました。
80歳で超多忙海外ツアーに参加した女性に会いました。

大人になると「好きだ」という気持ちを忘れがち。
断捨離で、計画縮小ばかり考えていましたが             新しい道が拓けるぞ、と思えるようになりました。

涼しくなりましたが、又暑くなるかな?
もうしばらく アイスケーキで登場します。
Commented by Mtonosama at 2015-08-28 20:23
♪アイスケーキさん

アイスケーキさんも持っていたんですか?
あの蝋紙みたいな匂いと薔薇の花を胸に抱いて眠るオーロラ姫。
きれいですよねぇ。

新しい道が拓けると思えるようになった?
素晴らしい時間を過ごしていらしたんですね。

私は相変わらず縮小傾向です^_^;
Commented by プッチー at 2015-08-28 21:36 x
ニャニャニャニャニャニャニャニャニャニャニャニャニャーーン!

すっとこさんチの次女孫さん・小4が「親友が習ってるから」
という理由で
バレエ教室に通ってたんだニャ。過去形なのはついこないだ辞めた
からだニャ。まずシニョンに髪を纏めるのがママには大変だった
らしいニャ笑。通う行き帰りの服装も「らしく」したり笑。
あ、笑っちゃいかんが。ママは内心「はよ、辞めてくれんかな」
思うてて。やっとその思いが通じてか、本人が「発表会終わっ
たら辞める」言いだしてニャン。「ロシア人の男先生が厳し
過ぎ」らしい。
そんな経過を聞いておったので、バレエ続けている、それだけ
で、本人は元より家族のサポートも大変やろニャと思って
のでニャニャニャ〜〜ン。

ひかちゃんによろしく!肉球でポチッと!!
Commented at 2015-08-28 21:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mtonosama at 2015-08-29 06:46
♪プッチー王子

ふふふ、すっとこさんちの次女孫さん、可愛いわね。
発表会まで続けて偉いわ。
あたしの飼い主なんて発表会はおろかシニョンだって結える段階までいかなかったらしいのよ。

バレエ教室を辞めた日、怒って飼い主より先に行ってしまう母親を
「おかあさん、待ってぇ~」と泣きながら追いかけた日のことを未だに覚えているんだって。
飼い主の母親は宝塚に憧れてて、娘に夢をかけていたらしいのよね。
母親の勘違いは悲しいけど、初歩の初歩でつまづいた飼い主には笑っちゃうわ。

やっぱり「好きこそものの上手なれ」ってことかしら。
あら、あたしちょっと生意気?

プッチー王子、肉球クリックありがとう!
Commented by Mtonosama at 2015-08-29 06:47
♪鍵コメさん

了解しました。残念・・・