ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

顔のないヒトラーたち -3- Im Labyrinth des Schweigens


顔のないヒトラーたち -3-
Im Labyrinth des Schweigens


f0165567_5142957.jpg

(C)2014 Claussen+Wobke+Putz Filmproduktion GmbH / naked eye filmproduction GmbH & Co.KG


異例の3編ものとなってしまいました。
前回、トーマスにオフィスから資料を盗まれたヨハンですが・・・

ストーリー
トーマスは無断で記事を書いたお詫びにヨハンをホームパーティに誘った。
そこで交通違反の罰金を立て替えて上げたことのあるマレーネと再会。
その晩、酔いつぶれたシモンをトーマスと共に自宅まで送り届けた彼は
そこで、ものすごいものを発見する。
シモンがアウシュヴィッツから持ち帰った実名入りの親衛隊員の資料だ。

その一部を持ち帰ったヨハンはすぐさまバウアー検事総長に報告。
本格的に調査の指揮を命じられた。
膨大な文書の山を1つ1つ調べ、被害者と証言者の名前をリストアップ。
国際アウシュヴィッツ委員会事務局長ヘルマン・ラングバインの援助を受け、
ついに最初の証人を尋問する。
その証言によりヨハンはアウシュヴィッツで行われた犯罪が
いかに広範囲にわたっていたかを知ることになった。

米軍のドキュメントセンターには60万人分のSSのファイルがある。
その内アウシュヴィッツで働いていた8000人全員が容疑者だった。
ヨハンは住所から容疑者を特定するため、
ドイツ全域の電話帳を調べ始めた。
バウアー検事総長はオットー・ハラー検事をチームに加え、
秘書のエリカ・シュミットも加わった。
3人の実働メンバーで調査を続けるヨハンに、ある検事正は
「息子たちが父親に加害者だったのかと問い詰めるのか?」と詰め寄る。
f0165567_5173084.jpg

証言を要請するため、シモンを訪れたヨハンは
彼の娘たちからメンゲレ医師が行った人体実験の話を聞く。
メンゲレこそアウシュヴィッツの象徴と考えたヨハン。
南米に逃亡中のメンゲレが帰独していることをつきとめ、
彼の父親の葬儀の場での拘束を試みる。
だが、連邦情報局の協力を得られず、後一歩というところで逃してしまう。

「メンゲレは国に守られている。彼から手をひけ」と言うバウアー検事総長。
ナチス時代、多くの罪はごく普通のドイツ人によってなされていたのだ。
その後、地道な調査と生存者の証言によって
アウシュヴィッツの元所長や親衛隊員たちが逮捕された。
しかし、誰ひとり謝罪の態度を示すものはいなかった。

ある日、ヨハンは母親から父について衝撃的な事実を告げられる……

f0165567_519581.jpg

そして、映画は
ドイツの歴史認識を大きく変えたアウシュヴィッツ裁判の開廷で幕を閉じるのですが、
いや、ドイツ人自身が自分たちの犯罪を裁いたというところがすごいです。

当時のアデナウアー首相もあの事実に蓋をしていきたいと思っていた時代です。
上司が主人公に
「きみは自分の父の犯罪をそうやって暴き立てるのか」
と糾弾するシーンがありました。
これ重いです。

f0165567_5212133.jpg

昔観た『ミュージック・ボックス』(‘89)という映画に同様なシーンがあり、考え込んでしまいました。
「Z」コスタ=ガヴラス監督作品。
ユダヤ人虐殺犯としての疑いをかけられたハンガリー移民の父の弁護を受け持った
女性弁護士の葛藤と、事件の裏側に潜む真実をサスペンスフルに描いたもの。
ミュージック・ボックス(オルゴール)の中から出てきた写真が衝撃的でした

自分は父を裁くことはできない、
しかし、それはホロコーストを容認することになるのだし・・・
自分なら、と思うととてもつらいです。
だから、自国の、それも、近い過去の犯罪を裁くというのは確かに非常に重い行為だと思います。

ドイツもニュルンベルグ裁判というドイツの戦争犯罪を裁いた
国際軍事裁判を経験しています。
東京裁判と並び、二大国際軍事裁判の1つです。

他国によって裁かれるのみではなく、自分たち自身の手で自らを裁くこと。
謝り続け、過去を決して忘れないこと。
このアウシュヴィッツ裁判がなければ、今ドイツはどんな国になっていたことでしょう。

しかし、こんな重い映画なのに、痛快に楽しませてくれるところもいいです。
アレクサンダー・フェーリング、男をあげました。





長い紹介におつきあいいただきありがとうございました。今日もポチッとしていただければ嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月2日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

顔のないヒトラーたち
監督/ジュリオ・リッチャレッリ、脚本/エリザベト・バルテル、ジュリオ・リッチャレッリ、製作/ウリ・プッツ、サビーヌ・ランビ、ヤコブ・クラウセン、撮影/マルティン・ランガー、ロマン・オーシン
出演
アレクサンダー・フェーリング/ヨハン・ラドマン、アンドレ・シマンスキ/トーマス・グニルカ、フリーデリーケ・ベヒト/マレーネ・ウォンドラック、ヨハネス・クリシュ/シモン・キルシュ、ハンシ・ヨクマン/エリカ・シュミット、ヨハン・フォン・ビューロー/オットー・ハラー、ロベルト・フンガー・ビューラー/ウォルター・フリードベルク、ルーカス・ミコ/ヘルマン・ラングバイン、ゲルト・フォス/フリッツ・バウアー
10月3日ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸他全国ロードショー
2014年、ドイツ、123分、配給/アット エンタテインメント、字幕/安本煕生、http://kaononai.com/

by Mtonosama | 2015-10-02 05:37 | 映画 | Comments(10)
Commented by すっとこ at 2015-10-02 19:50 x
そっかーーーーーーーーーーーーーーーーー!

あのドイツも
「最初から アウシュビッツを認めた」わけではないのですね。

痛みを伴う葛藤があってのち、
のことなのですね!

殿様の三部に渡る熱弁に

力強くポチッ!!
Commented by ライスケーキ at 2015-10-02 19:50 x
私もストーリー読んでいるだけで興奮してきました。

ドイツは戦後すぐから 戦争犯罪を謝罪してきた
と思っていました。
が、こんな歴史があったのですね。

メルケル首相の言葉、アノ方たちに聴かせたい。
まっ、聴いても スルーしちゃうだろうけど・・・。

過去を正しく伝えること、反省すること。
何もしなくては伝わらないのですね

近所にレンタルCDショップが出来たので借りられるかな。
Commented by poirier_AAA at 2015-10-02 23:58
身内とか知り合いとか、身近な人が絡んでくると言いにくくなることってありますよね。これを言ったらあの人はどうなる?とつい思ってしまう。

わたしは、やっぱり原発事故のことを考えてしまいました。
この話と同じように、これを言ったらダメかなというタブーが世の中に満ちているような気がするのです(まぁ外に住んでいるので、そんな感じに思われるというだけですが)。

真実を知るとか認めるって、痛みが伴いますね。
それでも向き合う勇気があるか、覚悟を問われているような気がしました。
Commented by Mtonosama at 2015-10-03 06:18
♪すっとこさん

さあ、長くつらい戦争が終わったよ。
教科書のやばい部分は墨で消して、新しい時代を生きようぜ・・・
って気持はわからないわけではありませんが、
やはりお片付けとごめんなさいは必要ですもんね。

力強いポチッをありがとうございます。
Commented by Mtonosama at 2015-10-03 06:23
♪ライスケーキさん

過去を正しく伝えるためにはみんな勉強しなくちゃ。
あの方たちはそんな古いことをほじくりだしてどうする?なんて言いそうですけど、
古いことの中に新しいものが隠れているんだから。

ご近所にDVD屋ができたのですか?
でも、その前に映画館へ行った方が早いと思いますよ(^_-)
だって、この映画、今日から公開ですから。

Commented by Mtonosama at 2015-10-03 06:41
♪poirier AAAさん

原発のことですが、山本太郎さんのインタビューを読んでいたら、原発に関しては「自分とは直接関係ないからな」という人が多いのだそうです。じゃあ、関係あることは?といえば、税金であり、派遣労働の問題なんですって。これは選挙の時の問題なのですが、原発反対に関してはやはり多くの人の思いは強いです。もちろん身内に川内原発の近くでお店やったり、旅館やったりする人がいて「原発が稼働しないと困るんだよ」なんて直接聞かされ続けてたら、「でも原発はダメ!」ときつくは言いにくいかな、とは思います。だけど、原発は最大の地球破壊の元凶であることに変わりはありません。

『ミュージック・ボックス』という映画で女性弁護士が父が戦争犯罪者であることのまぎれもない証拠をオルゴールの中から見つけ出したときの行動を頭の中では理解しても、「私はできないかもしれない」と思ってしまいましたから・・・
おっしゃる通り、勇気と覚悟がものすごく問われることだと思います。

Commented by なえ at 2015-10-03 22:58 x
「父親を裁くのか」とか「反対運動で職を失う人はどうするのだ」というのは「手」ですね。原発でも公害でも「会社がつぶれたら生活できなくなる」というのは、脅しに使えます。そして一般庶民というか国民同士を対立させて、問題を見えなくさせてしまうんですね。

 会社は経営者だけのものではなく、皆でどうしたらいいか考えればいいし、原発のような大きな問題は国が関わっている人たちの生活の救済をすべきことだと思います。国民の幸福と安寧を図るのが政治家のやることや
おまへんか!と急に関西のオバチャンになってドイツの話から遠ざかってしまいましたがな。

 そうそう沖縄密約を報道した毎日新聞の記者のときの記事、ひどかったですね。「大手新聞社がまあ、大阪新聞やあるまいし!」と思いました。大阪新聞というのは今あるかは知りませんが、芸能人やスポーツ選手のゴシップばかり載せていた新聞。

河原町にTSUTAYAさんがあるかは知りませんが、TSUTAYAさんだったら
ありそうな~。ウチの近くのは、アメリカってとこで、アクション、SF,スリラーみたいのが多い感じ。
 
Commented by Mtonosama at 2015-10-04 06:12
♪なえさん

そやねん。おかしな恫喝かけんといてほしいわ。
なんで、こないに国や電力会社に脅されビクビクせなあかんねん。
(と、わてもインチキ関西弁使うてみたで)
ドイツでも同じことがあったんでしょうね。きっと。
でも、ヨハン検事よくがんばりました。
良い映画だったわぁ☆☆☆

ところで、大阪新聞っていうのはそういう新聞だったんですか!?
Commented by びなちゃん at 2015-10-04 11:06 x
ドイツのイメージが変わる昨今です。排気ガスのこともそうだし…でも内部告発など、おかしいと思った人がその後粘って、公となりなにかしら進んでいくのが彼我の違いなんでしょうか。
この頃日本を褒めまくるテレビ番組が多くて見ていて気恥ずかしくなります。自意識過剰の国ともいえるんでしょうが、そこをいい方向に使えないかと歯がゆく思います。

くまさん、胃カメラ頑張ってね。

保護猫していた三毛子猫は新しいお家で先住猫さんと仲良く幸せに暮らしています。もう一匹の茶とら君は声はかかるのですがまだ決まっていません。里親募集で病院の待合室デビューをし、可愛いとみんなに言われているのに。本当にこればっかりは御縁としか言いようがないです。日かちゃん、声援してね。
Commented by Mtonosama at 2015-10-04 15:38
♪びなちゃんさん

VWのことは意外でした・・・

でも、ドイツはやることはきっちりやる国だと思います。
日本と同じ敗戦国であり、国際軍事裁判を経験しているのに
自分で自分をきっちり裁くところはうちらとは違いますわ。

COOL JAPANはいいけど、ちょっと自分で褒めすぎぃ。
ホント、気恥ずかしいですよねぇ。

胃カメラね、苦しかったです。
平気な人は全然平気なんですって。

茶とら君。どうしてでしょうか。
ひかちゃんをもらいに獣医さんへ行った時も可愛い茶トラがいて、
ぶちゃこの三毛猫かハンサムな茶トラか、散々迷いました。
でも、三毛猫があまりにぶちゃこだったから、
うちがもらわないと売れ残ると思い、三毛猫ひかちゃんがうちの子になりました。
待合室の皆さんも私みたいな考えなのかなぁ。
茶とら君、良い所にもらわれていきますように。