ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ボーダレス ぼくの船の国境線 -1- Bedone Marz


ボーダレス
ぼくの船の国境線
-1-
Bedone Marz
Borderless

f0165567_650262.jpg

© Mojtaba Amini


昔、人間は天に近づこうと高い高いバベルの塔を作りました。
その頃、人間はひとつの言葉を話し、みな理解し合うことができていたのだそうです。

天上の高みからそれを見ていた神は人間の小賢しさに怒り、
塔を壊し、ひとつの言葉で通じあっていた人々の言葉をバラバラにし、
通じ合えないようにしてしまいました。

昔の人々がそんな大それたことさえしなければ、
神様も癇を立てることはなかったのでしょうね(でも、神様って怒り過ぎ)。

私たちも苦労して外国語を学ぶ必要はなかったのに、
あ~あ
と、いまさら文句をいっても仕方ないですが。

こんな古い話を持ち出したのは、
本作『ボーダレス ぼくの船の国境線』には
一艘の廃船の中でたまたま一緒に過ごすことになった
言葉が通じない3人の人物が登場するからです。
それぞれがペルシャ語、アラビア語、英語を話すのですが、
3人が3人とも自分の言葉しか話せないし、理解することができません。

この3人に限らず、みんなが1つの言葉で意思を通じあえたら
どんなに楽で平和だったろうなぁと思います。
本当に神様って癇癪持ちなんだから。

本作はイランの新鋭アミルホセイン・アスガリ監督の作品です。

アミルホセイン・アスガリ監督
1978年テヘラン生まれ。演劇界でキャリアをスタートさせる。
現代演劇を専攻後、映画・TV界に入り、50本以上の映画やシリーズで助監督を務める。
“Maybe Another Time”で初めて短編映画を手掛けた後、本作で長編デビューした。
東京国際映画祭でプレミア上映され、大きな反響を呼んだ。

f0165567_6523840.jpg

監督にとってボーダレス=国境がない、ということは
夢であり、希望なのだそうです。

国境があるから戦争が起きる。
本来、人と人の間には壁はなく、
人々の心が通じ合えば国境なんかなくてもいい・・・
イラン・イラク戦争世代である監督はそう信じています。

イランといえば現状への不満や批判を、
子どもを通して描いた名作が多いのですが、
本作もそんな作品のひとつです。

主人公は一艘の廃船に住む少年。
イラン・イラクの国境の河に打ち棄てられた船に暮らし、
魚や貝を獲ってたった一人で生活しています。

廃船に一人で暮らす少年といえば同じくイラン映画の『駆ける少年』を思い出します。
http://mtonosama.exblog.jp/18267949/ http://mtonosama.exblog.jp/18276180/
元気になれる映画でした。

本作はアミルホセイン・アスガリ監督の長編デビュー作です。
実はイランではこのデビュー作を作ること自体が難しく、
デビュー作を作る時にはベテラン監督のサインがないと撮影許可が出ないのだそうです。
監督は何人もの監督に脚本を送りましたが、
返ってくるのは「この映画は作らない方がいい」という返答ばかり。
唯一アボルファズル・ジャリリ監督(『少年と砂漠のカフェ』)が
アドバイザーとなってくれて漸く生まれた作品です。

さあ、若い監督の産みだしたイラン映画の新しい傑作。
いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月10日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

ボーダレス
監督・脚本/アミルホセイン・アスガリ、エグゼクティブ・プロデューサー/モスファ・ソルタニ、撮影/アシュカン・アシュカニ
出演
アリレザ・バレディ、ゼイナブ・ナセルポァ、アラシュ・メフラバン、アルサラーン・アリプォリアン
10月17日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開
2014年、イラン、102分、配給/フルモテルモ、http://border-less-2015.com/

by Mtonosama | 2015-10-10 06:58 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2015-10-11 20:34 x
互いに言葉が通じない3人が一緒に暮らしたら・・・。
面白いテーマですね。

なまじ通じるより 心が通じるか・・・。
はたまた 争いが起きるか・・・。

国境があるから戦争が起きる。

隣家との50cmの境界をめぐって、
争っている人もいる。
互いに譲って25cmづつ分け合えば解決するのか。

難しいです。

平和は努力しなくては築けない。
時として、戦争するより平和を維持する方が
難しいと感じる 今日この頃です。
Commented by Mtonosama at 2015-10-12 08:19
♪ライスケーキさん

本当に。
最近とりわけ、平和を維持する方が大変だと思います。

本作の子どもたちの真に迫る表情に感服。
最後まで自分たちがカメラを向けられているとわかってなかったそうです。
Commented by ヨモギ at 2015-10-12 10:20 x
おはようございます♪

おととい10月10日、岩波ホールで初日11:00am開演の
『光のノスタルジア』、見てまいりました。岩波さんの丁寧なご挨拶と説明が始めにあり、とても暖かく人間的な映画館だと感じて、「きてよかった」と思いました^^。
感想を、きのう『光。。』のほうに書き込みましたがお気づきにならないようなので、コピーしてここに貼らせていただきますね。 
内容は、殿様のご紹介のとおりで何も付け加えることはありませんが、
いまだかつて見たことに無い映像とストーリー、男性の静かで知的な声でのスペイン語のナレーションにまず引き込まれました。
20代のころにNHKラジオでスペイン語をちょっぴり、勉強してましたので、ところどころですが聞き取れてなつかしさがこみ上げました。

映像は、圧倒的な美しさでした。
ストーリーは、天文学者たちの淡々とした語り(そのなかに燃える思いも感じた)、乾燥した砂漠の中で身内の遺骨を捜し求める老婦人たち、何かを糾弾するわけでもなく、強く非難するわけでもなく号泣するわけでもなく、不思議なくらいの静けさです。 感情に強く訴えるような場面もありません。
でも、あるところから涙がどっと出てきて止まらなくなりました。 悲しくも無いのに??。。。。。
きっと、人間として共通の無意識下のなにかに触れるすごい力を持っている映画だからでしょう。

こちらの写真にもありますが、老婦人が天文台に招かれる場面は、ワタクシ涙涙。。。でしたよ。 すこしずつお顔に現れてくるほほえみに、「良かった」と、また涙が。。。。
若い天文学者のまごころのはからいに感動でした。

涙だけではいけませんね。
私はたとえばナチスの暴虐についてはそれなりに映画や書物で知りましたが、南米の何万人にものぼる虐殺のことはほとんど知りませんでした。
あと100年もすれば、この事件を考える人は同国でさえもほとんどいらっしゃらなくなるかもしれませんね。
だからこそ、映像に取ることで歴史を「人類共通遺産」にすることが大切なのだと思いました。
ちょっと、気負ってしまったけど。。。正直な気持ちですよん。
Commented by Mtonosama at 2015-10-12 13:36
♪ヨモギさん

早速ご覧になっていただいたのですね。
ありがとうございます。岩波ホールって案外行きやすいですよね。
古本屋さんめぐりなどもなさったのでしょうか。

本当に衝撃的な作品です。
私は、宇宙のかなたの星から砂漠で遺骨を掘る女性の姿への映像の展開に
ガツンときました。
泣かせようという映画ではないのに涙が出るのはこの映画の奥深さだと思います。
スペイン語がおわかりになるなら尚更でしょうね。
映画って本当にすごいです。
『真珠のボタン』はいかがですか?
でも、2本観てしまうと帰りが大変か。

遠くまでお運びいただき本当にありがとうございました。
といっても岩波ホールとはなんのご縁もありませんが^_^;
Commented by ヨモギ at 2015-10-12 21:39 x
殿様♪
古本屋さんめぐりはしませんでした^^。
と、いいますか、岩波ホールを出たらどこへ行けばそれがあるかわからなかった(都営三田線神保町駅からすぐ岩波ホールでした)古本屋さんめぐりは40年ぐらい前のこと。先日は浦島太郎状態でした。
初日なのでもしや殿様がいらしてるかもと思い、開演前にそれらしき婦人をさがし、思わず、「殿様~」と叫べば振り向く方がいるかも。。なんて、思いましたがさすがにその勇気?はありませんでした。(なくてヨカッタ*^^*) 試写をすでにごらんになったのですから、いらしてるはずないとあとで思いました^^。
『真珠のボタン』、13時開演でしたが、帰りも2時間弱かかるので今回はあきらめました。
今後、横浜、川崎あたりでも上映されるといいな。。と思います。

実は、岩波ホールは初めてでした。殿様のおかげでした。 良い経験ができました♪ 
ありがとうございました(^0^)/ 
Commented by Mtonosama at 2015-10-13 05:18
♪ヨモギさん

はい、叫ばずにいらして本当に良かった^_^;

岩波ホールはいつも良い映画をかけています。地下鉄・神保町駅からそのままつながっているというのも楽ちんでいいですよね。岩波ホールの前の通りの向こうにはサボールという昭和の香りのする喫茶店もあります。
サボールって勉強サボる、仕事サボるのサボールだと思います。

2時間弱かかるとのこと。実は私もその位かかります・・・