ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

裁かれるは善人のみ -1- Leviathan


裁かれるは善人のみ 
-1-
Leviathan

f0165567_574817.jpg

©2014Pyramide/LM


人は悲劇が好きなのでしょう。
ギリシャ時代から悲劇と喜劇はあるし、
シェークスピアだって両方とも書いてますし、
悲しいことがあってこそ、喜びもきわだつ訳だし、
喜びがあるからこそ、悲しみも深く感じられるのでしょうね。

本作『裁かれるは善人のみ』はドストエフスキーも真っ青な悲惨なお話。
ロシアって「これでもかっ」「まいったかっ」て程、暗いお話が目立ちますよね。
あ、そうなんです。これはロシア映画です。
それでいてウオッカで浮かれているんですから、
よくわかりません。
いや、人生は暗いからこそ、ウォッカでも飲まなきゃやっていられないのでしょう。

f0165567_5153858.jpg

本作はカンヌ国際映画祭脚本賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞等受賞、
アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされ、
各国の主要映画祭を総なめにした作品。

監督はデビュー作『父、帰る』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝き、
『ヴェラの祈り』『エレナの惑い』と2作続けてカンヌ国際映画祭で受賞した
アンドレイ・ズビャギンツェフ。
相変わらず一度では憶えられない難しい名前です。

アンドレイ・ズビャギンツェフ
1964年ロシア、ノヴォシビルスク生まれ。
地元の演劇学校を卒業後、同市の劇場で働く。
86年、モスクワに移り、
90年、ルナチャルスキー記念演劇大学の演技コースを卒業。
劇団には所属せず、舞台やテレビ、映画の端役やエキストラを務める。
その後、広告業界に入り、テレビCMをはじめ、テレビドラマの演出を担当。
2003年に『父、帰る』で劇場長編映画デビュー。
ヴェネチア国際映画祭でソ連・ロシア映画として
『僕の村は戦場だった』(‘62、アンドレイ・タルコフスキー監督)以来の
長編映画デビュー作で金獅子賞を受賞という快挙をなす。
07年、第2作『ヴェラの祈り』でコンスタンチン・ラヴロネンコが
カンヌ国際映画祭の主演男優賞を受賞。
11年、第3作『エレナの惑い』は
カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員特別賞を受賞した他
モスクワ国際映画祭で監督賞、
ロシアのアカデミー賞であるニカ賞で主演女優賞・助演女優賞のダブル受賞。
本作『裁かれるは善人のみ』は
カンヌ国際映画祭脚本賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞等受賞、
アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、
多くの映画祭で受賞している。

f0165567_517555.jpg

とことん暗く悲劇的な本作。
なんとアメリカであった実話・キルドーザー事件に着想を得て生まれた映画です。

キルドーザー事件
マービン・ヒーメイヤーという52歳の溶接工が2008年に起こした事件。
彼のガレージの隣に倒産した工場があり、
アメリカの巨大企業が再開発のためにその土地を買い取った。
再開発に反対するヒーメイヤーは
巨大企業、市役所、警察、コロラド州を相手に闘いましたが、功を奏しません。
絶望した彼がブルドーザーを装甲車に改造し、市役所などの建物を次々と破壊した事件。

この事件に心を打たれたアンドレイ・ズビャギンツェフ監督は
本作をつくることになるのですが・・・

f0165567_5185561.jpg

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。
続きは次回まで、乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただけたら幸甚の至りでございます。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月28日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

裁かれるは善人のみ
監督/アンドレイ・ズビャギンツェフ、脚本/アンドレイ・ズビャギンツェフ、オレグ・ネギン、製作/アレクサンドル・ロドニャンスキー、セルゲイ・メルクモフ、共同製作/マリアナ・サルダーロワ、製作指揮/エカテリーナ・マラクーリナ、撮影/ミハイル・クリチマン
出演
アレクセイ・セレブリャコフ/コーリャ、エレナ・リャドワ/リリア、ウラディミール・ヴドヴィチェンコフ/ディーマ、ロマン・マディアノフ/市長、セルゲイ・ポホダーエフ/ロマ、アンナ・ウコロワ/アンジェラ、アレクセイ・ロージン/パーシャ
10月31日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2014年、ロシア、140分、日本語字幕/大西公子、字幕監修/井上徹、配給/ビターズ・エンド、http://www.bitters.co.jp/zennin/

by Mtonosama | 2015-10-28 05:24 | 映画 | Comments(8)
Commented by 裁かれるすっとこ at 2015-10-29 06:44 x
えええええええええええええええええええ!

ズビャギンツェフぅ?

なにやら犬のウンチと猫のウンチをいっぺんに
踏んづけたようなお名前ですのう!

そしてアメリカで実際に起こった悲惨な事件を
ロシアに置き換えで映画にぃ?

あまりに悲惨だと 却って
詩的になってしまうのかも知れませんね。

観たい映画です。
「善人なおもて往生す いわんや悪人をや」
を思いつつ、ポチッ!!
Commented by Mtonosama at 2015-10-29 08:50
♪裁かれるすっとこさん

そうね。すっとこさんは善人ですもの^m^
裁かれるすっとこ、良いお名前でございます。

悪人も往生するとはいうものの、本作の場合、悪人をこのままにしておきたくないですわ。

今日もポチッをありがとうございます。
Commented by なえ at 2015-10-29 17:57 x
ズビャギンツェフ!!舌噛まずに発音出来まへん(>_<)
ロシア人は毎日天ぷら食べて舌を滑らかにしたはるんでしょうか?

「犬のウンチと猫のウンチをいっぺんに踏んづけたような」と
↑言われる方もいますが、その上滑って転んで顔面で受けたら
これほど悲惨なことがありましょうや!?
そういうお話?

最初の写真、クジラの骨でっか?リバイアサンて何か哲学の本の
名前だったようなとチェックしたら、昔のエライさんの
書著の名前でもあるけど、海中の怪物の名前なんですね。

「裁かれるは善人のみ」、つまり「悪いヤツほどよく眠る」の世界
どすか?
Commented by Mtonosama at 2015-10-29 18:33
♪なえさん

ロシア人はウォッカで舌を滑らかにしてはるんでしょうね。

ありゃりゃ、リヴァイアサン、お気づきになりましたか。
次回で言おうと思ってたんですぅ^_^;

リヴァイアサン。ヨブ記に出てくる怪物ですって。
それとホッブズの「リヴァイアサン」。

確かに「悪い奴ほどよく眠る」映画です。
良い人は裁かれるし、眠れないし、不公平ですわ。

猫のウンチって土に埋めてあるから踏んづけて、更に滑って、
顔面に受けるっていう事態からは逃げられる?
でも、犬のウンチはやばいな。
でも、そういう悲惨さの映画ではないからご安心のほどを。(安心か?)

ズビャギンツェフ。言えまへん。
高校時代に必死に復唱して憶えたインノケンティ・スモクトゥノフスキー
は言えるし、書けるんだけど。
若い頭脳は偉いなぁ。
Commented by ライスケーキ at 2015-10-30 21:41 x
「キルドーザー事件」なんて あったんですか。
「ブルドーザー事件」じゃないんですね。
「キル」って kill ですか。

 庶民・善人は巨大企業・権力には勝てないね。
まぁ、今回は佃航平さんに頑張ってもらいましょうか。
Commented by びなちゃん at 2015-10-31 01:25 x
いやあ、犬糞も猫糞もかなわないのが、人糞では?ってずれまくり。 

この場をお借りして。
里親募集していたチャト君、今日トライアル期間終わり無事にそのまま縁づきました。応援ありがとーございました!
募集をかけてからひとつき半、随分育っちゃってやきもきしましたが良かった良かった。
Commented by Mtonosama at 2015-10-31 05:48
♪ライスケーキさん

佃航平さん。
「下町ロケット」の社長さんですね。頑張ってもらいましょう!
ついでに朝ドラの朝ちゃんにも頑張ってもらいまひょ(^^)v
Commented by Mtonosama at 2015-10-31 05:51
♪びなちゃんさん

チャト君、良かった!!
おめでとうございます。
一安心ですね。
びなちゃんさんお疲れさまでした。
チャト君の里親さん、ありがとうございました。

良い話だ♡