ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

母と暮らせば -2-


母と暮らせば
-2-


f0165567_5282328.jpg

©2015「母と暮らせば」製作委員会


初めて長崎を訪れたのは高校の修学旅行です。
中国風の寺院や
聖人像や大浦天主堂を見ました。
中華街も行きました。
もちろん長崎の原爆のことは知っていたのに
この美しい街で多くの建物が壊れ、
多くの方が亡くなったことは深く認識できませんでした。

原爆が落とされて70年の節目に
このような映画を見られたのは感無量であります。

生涯で一番大事な作品をつくろうという思いでこの映画の製作にのぞみます

山田監督が井上やすし氏と語り合うように脚本をつくりあげたという本作。
山田作品におなじみの俳優さんに、二宮和也という才能も加わり、
感動的なエンタテインメント映画が生まれました。

ストーリー
1948年8月9日。長崎。
あの日から3年。
助産婦をして暮らす伸子の前にあの日原爆で亡くなった息子・浩二が
以前のおしゃべりな息子のまま、ひょっこり姿を現した。
伸子はびっくり。
というのも
その日浩二の墓前で、
一緒に来てくれた浩二の婚約者・町子に
「あの子は一瞬で消えてしまったの。もうあきらめるわ」
と告げたばかりだったからだ。
「元気だった?」思わずそう訊ねる伸子に浩二は大笑い。
「僕はもう死んでるんだよ。相変わらずおとぼけだね。母さん」

その日から浩二は時々伸子の前に現れるようになった。
楽しかった頃の思い出話や近所の人の話まで
話題はつきない。
だが、一番の関心事は浩二の恋人・町子のことだ。
結婚の約束をしていた浩二を突然失ってしまった町子。
あれから3年、小学校教師になった彼女は
心の持って行き場所もないまま、伸子を気にかけ、
折にふれ、訪ねてきてくれる優しい娘である。

そんな町子のことを伸子もまた気にかけている。
「浩二、もし町子に好きな人ができたら、諦めるしかないのよ。
だって、浩二はもうこの世の人じゃないんだから」
伸子の言葉に血相を変えて抗議する浩二。
「いやだ!町子には僕しかいないんだ」
わかってはいるが、町子のことを考えると
どうしても自分の死を受け入れられない浩二だった。
歎きながらフッとかき消える浩二。
悲しくなり、涙を流すといつも消えてしまうのだ。

母と二人でいるときはよくしゃべり、よく笑う浩二。
「浩二はよう笑うのね」
と言う母に
「悲しいことはいくらでもあるけん、なるべく笑うようにしとるのさ」

伸子はそんな息子が愛しくて仕方がなかった。
二人で過ごす時間は思えば奇妙なものだが、
昔のままの楽しい時間だった。
それは永遠に続くものに思えた……

f0165567_5353044.jpg


伸子の家に向かう坂道。
急な坂道を登り、ほっと息をつくと夕日が沈もうとしており
ミカン色の海と景色が拡がっています。

そこにはあまりにも平和で穏やかな人々の暮らしがあり、
原爆が落とされたことは信じられないほどです。

怒りの広島、祈りの長崎
という言葉がありますが、
おっとりとした伸子とおしゃべりな亡霊・浩二のやりとりには
怒りや激しさはありません。

でも、ハッと目を瞠ったシーンがあります。
「しようがないよ。そいが(原爆で死んだのは)僕の運命さ」
と言った浩二に
「運命?違う。たとえば 地震や津波は防ぎようがないから運命だけど、
これは防げたことなの。
人間が計画して行った大変な悲劇なの」
と母・伸子が応えたシーンです。

おっとり、おとぼけの伸子が強く応えたこの言葉には大変な力がありました。
吉永小百合を大いに見なおしたシーンでした。

さらに、山田監督作品には最近おなじみの黒木華さん。
彼女は良いですねぇ。
ごく普通のすっきりした顔立ちで特別美人じゃありません。

彼女の動向が本作の大きなポイントになるわけですが、
(それがなにかは是非本作をご覧の上でご判断いただきたく思います)
そのシーンでは思わず嗚咽しました。
あ、ダメです。今でも涙が出てきます。

そして、いつもは気にしない映画音楽も今回はきちんと聞こえました。
かといって音楽が際立って聞こえたという訳でもありません。
映画音楽のあるべき姿を教えてもらったような気がします。
坂本龍一もやっぱりすごいです。

是非ご覧になっていただきたい一作です。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月3日に更新しました。12月ですって!!いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

母と暮らせば
監督・脚本/山田洋次、共同脚本/平松恵美子、企画/井上麻矢(こまつ座)、撮影/近森眞史、音楽/坂本龍一
出演
吉永小百合/福原伸子、二宮和也/福原浩二、黒木華/佐多町子、浅野忠信/黒田正圀、加藤健一/上海のおじさん、広岡由里子/富江、本田望結/風見民子、小林稔侍/復員局の職員、辻萬長/年配の男、橋爪功/川上教授
12月12日(土)全国ロードショー
2015年、日本、配給/松竹

by Mtonosama | 2015-12-03 05:47 | 映画 | Comments(3)
Commented by ライスケーキ at 2015-12-04 20:37 x
そう、原爆は「人間が計画して行った大変な悲劇」
ですよね。
三度くり返してはいけません。

坂本龍一さん、闘病していらしたけど、
お元気になられたのですね。
又ご活躍とのこと。
うれしいです。
Commented by Mtonosama at 2015-12-05 07:19
♪ライスケーキさん

音楽がテーマの映画やミュージカル以外は映画音楽に対してあまり良い印象を持っていませんでしたが、本作で「なるほど」と納得。
目立ちすぎず、エキセントリックにならず、心情に触れる。
本作では映画も良い役目を果たしていました。
Commented by すっとこと暮らせば at 2015-12-07 23:06 x
うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

予告編のニノ、凄く良いじゃあ ありませんか!

好青年、瞳をキラキラさせて喋り キラキラ瞳には
夢も希望もいっぱい詰まっているようです!



が、しかし

彼はもう死んでいるのですね。
なんてこったい。

原爆は「防ぎ得た災害」、そのとおりです。
そしてアメリカが その残酷な兵器実験を
当時の敵国は他にもあったのに
白人相手では無く アジアの日本人相手に
行使した、というのが!

差別思想が根底にあるのが やりきれん思いです。

ギリギリギリと歯軋りしながら
その勢いでポチっ!!