ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ひつじ村の兄弟 -2- RAMS

ひつじ村の兄弟
-2-
RAMS

f0165567_5325834.jpg

(C)2015 Netop Films, Hark Kvikmyndagerd, Profile Pictures


今年はひつじ年だったというのに、羊って頭が悪そうであまり好きじゃないです。
近くで接したことがないからそう思うのかもしれないけれど。

でも、村上春樹は作品に“羊男”を登場させたり、
「羊をめぐる冒険」なんて書いたりしているから羊好きなんでしょうか。
あ、『羊たちの沈黙』(‘91 ジョナサン・デミ監督)という映画もありましたね。

羊には農耕民族には理解できない不思議な魅力があるのでしょうか。
本作の主人公のおじいさんたちはもう羊が可愛くて可愛くて仕方がないみたいですよ。
だから、羊を待ちうける運命を受け入れる気持にはなれないんですね。

さあ、どんなお話かというと

f0165567_534020.jpg

ストーリー
アイスランド辺境の小さな村に羊飼いの老兄弟グミーとキディが隣り合って暮らしている。
隣同士で暮らすとはいえ、彼らは40年間も絶縁状態。
何か用があるときには飼い犬に手紙を咥えさせ、要件を伝える。
決して直接言葉を交わさない。

二人は40年以上生活の全てを羊の世話をすることで過ごしてきた。
先祖代々受け継いできた彼らの羊はアイスランド随一の優良種。
二人は毎年品評会で優勝を競い合っている。
二人とも互いに先祖代々の土地や生活習慣を継承しながら
しかし、まったく口をきかない不仲な兄弟だった。

ある日のこと、キディの羊が疫病にかかる。
保健所は感染の恐れがある地域全ての動物を殺処分することに決定。
収入源のほとんど全てを羊に頼る酪農家にとって
それは死刑宣告を言い渡されたようなものであり、
村を捨てざるを得ない者も多かった。
だが、グミーとキディは諦めず、なんとか羊を殺さずにすむ方法を求める。
相変わらず口をきかないまま、独自のやり方で打開を図る二人。

ところが、保健所の立ち入り検査が迫るに従い、
兄弟は先祖伝来の羊を守るため、また、自分たちのためにも
二人で力を合わせるしかなくなってしまった。
40年も絶縁してきた兄弟にとって
力を合わせるなどということは口でいうほど簡単なことではないが
「愛する羊を守り抜きたい」
その一途な思いが兄弟を再び結びつけた。

だが、そのために二人は無謀な行動へと突き進むことになるのだった……

f0165567_536489.jpg

ひつじという語感にひっぱられて
穏やかななりゆきを期待してしまうのですが、
いえね、
いくらメキシコ湾流が流れていようと北極圏の自然は過酷です。
そして、羊たちに訪れた疫病は自然以上に過酷であり、
酪農家にとっては死に等しい運命であります。
世界平和度指数NO.1であろうとも
自然や運命との闘いは避けられないのです。

その昔、世界史でサーガという北欧神話があることを習いましたが、
この映画はまさに現代のサーガともいうべきものでした。

頑固なじいさんたちに「ったく!」と怒ったり、
お利口な犬の活躍に感心したり、笑ったりしましたが、
いやいやなかなか奥深い映画でした。

グリームル・ハゥコーナルソン。
またまた難しい名前ですが、ちゃんと覚えておかなくては。





今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月15日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

ひつじ村の兄弟
監督・脚本/グリームル・ハゥコーナルソン、撮影監督/ストゥルトラ・ブラントゥ・グルヴレン、編集/クリスティヤン・ロドムフィヨルド、美術/ビヤルニ・マッシ・シグルビョルンソン、音楽/アトゥリ・ウルヴァルソン、製作/グリーマル・ヨンソン
出演
シグルヅル・シグルヨンソン/ダミー、テオドル・ユーリウソン/キディ、シャルロッテ・ボーヴィング、ヨーン・べノニソン、グヅルン・シグルビョルンスドッティル、スヴトン・オーラブル・グンナルソン、ユールンドゥル・ラグナルソン、ソールレイブル・エーナルソン
12月19日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
2015年、アイスランド、デンマーク、カラー、93分、アイスランド語、日本語字幕/長友紀裕、http://ramram.espace-sarou.com/

by Mtonosama | 2015-12-15 05:46 | 映画 | Comments(23)
Commented by 羊村のすっとこ at 2015-12-15 07:04 x
ありゃりゃりゃりゃりゃーーーーーーーーー!

こらぁ 羊を連れて逃げるしかないでしょう、
と思っていたら 果たして厳寒に雪原へ
逃げ出しましたね!

羊と兄弟。

「40年目の雪どけ」と惹句にありましたが。
根雪はそげに簡単にとけるのでせうか。

異常に暖かいNYです。
見てて凍える思いしなくても良さそうなので
観に行きたいですバーバー。
英語圏では羊は バーバーと啼くらしい。

羊蹄でポチッと!!
Commented by Mtonosama at 2015-12-15 15:12
♪羊村のすっとこさん

それが溶けたんですよ。すっとこさん。
でも、仲が悪いままだった方が良かったような気もします。

なんかNYではサクラが咲いたとか聞きましたが、本当ですか?
こちらでは梅が咲いたそうです。
♪梅は咲いたか、桜はまだかいな♪なんて歌もありますが、
ほんにとち狂った陽気ですこと。バーバー。

ポチッをありがとうございます。
羊蹄山というのは羊の蹄みたいな恰好をしているのでしょうかねぇ。
Commented by なえ at 2015-12-15 19:11 x
兄弟の来てるセーターいいなあ。
羊さんの毛を頂戴して編んだのでしょうか?

自分の愛する、そして生活の糧でもある動物を
殺処分となったら、絶望しかないですね。
猫に置き換えたらゾッとします。
それで無謀な行動を?
そのあたりは痛快冒険譚になるんですか?

きじ志郎の名前、気に入ってもらえてうれしおす。
私も初めはだじゃれっぽく名付けたけど、気に入って
ますねん(*^。^*)

横から失礼しますm(__)m
びなちゃんさん
え、もう冬眠ですか?外の猫のために
起きててあげておくれやす!
初めての冬を迎える前に何とか暖かい寝床を
ゲットできてほっとしてます。でも飼い主さんを
見つけるために今後もがんばらなあきまへんねん(+o+)
Commented by びなちゃん at 2015-12-15 23:58 x
ひげの老兄弟も、セーター同様いい感じです。サンタクロースにしてもいい役者さん?
鳥インフルエンザや、コウテイ病の牛など、(ゆくゆく食用になるとはいえ)大事に育ててきた動物を手にかけるって酪農家さん、何重の意味で辛いだろうなあ。羊は食用ではなく毛刈りだけかな…?

寒くて、ちと過酷なストーリー…でも笑っちゃうところもある?なら観たいような観たくないような…私って軟弱なものですからして。

お借りして<なえさん
人間界のお付き合いが冬眠したい状態なんです。疲れ気味…猫の方はそうもいかないので起きてます、大丈夫ですよ。
外猫小屋は、冬仕様にして15個位のカプセルホテル状態。個室は段ボールに、断捨離した私の服の敷物や内猫のお古の猫ベッドを使用。
夜は使い捨てのカイロや蓄電式コードレスのカイロを入れてるんですよ。

きじ志郎君、いいところをアピール、頑張ってくださいませ。冬は暑い夏よりチャンス大!遠くより応援してます。

ひかちゃん、元気かな?
Commented by Mtonosama at 2015-12-16 06:29
♪なえさん

ほんと!よいセーター!!
羊さんは毎年(?)こうやって毛をプレゼントしてくれるんだから、
ありがたい生きものです。

猫に置き換えるなんて、考えるだけで・・・
でも、戦時中って飼い猫や飼い犬の毛皮を調達したんでしょ?
信じられない発想です。

え~、映画ですが、痛快冒険譚ではありません。
この辺が寒い国の生み出す映画特有の暗さ深さでありましょうか。

きじ志郎さんの素晴らしい今後をお祈り申し上げます。

Commented by Mtonosama at 2015-12-16 06:34
♪びなちゃんさん

サンタクロースかぁ。本当にそうですね。
あちらのお方はお歳を召すと立派な顔立ちで素敵ですわ。

《外猫小屋は、冬仕様にして15個位のカプセルホテル状態。個室は段ボールに、断捨離した私の服の敷物や内猫のお古の猫ベッドを使用。
夜は使い捨てのカイロや蓄電式コードレスのカイロを入れてるんですよ。》

脱帽です<(_ _)>

あ、ひかちゃんは元気ですよ~。
また近々出張ってくると思います。
一昨日飼い主がインフルエンザ予防注射で腕が腫れ、
腕枕をしてあげられないのでちょっと冷たいひかちゃんです。
Commented by なえ at 2015-12-16 19:36 x
そうそう!戦時中は皆毛皮の足しにされてたと何かで読みました。
また訓練された犬は爆弾背負わされて戦場に送り込まれ、兵器として死んでいったとか・・・酷過ぎる(T_T)戦争は本当に人間性を失わせる。
戦争は絶対避けなければ! あれ、何の話やったんやろ!

またまた失礼しますm(__)m
びなちゃんさん、すご~い!
外猫小屋て、建てはったんですか?それともヨド物置なんかを
それ用に使ってるんですか?蓄電式コードレスのカイロてどこで売って
ますか?いくらぐらいでした?
私もゆくゆくはそういう地域猫の世話をしたいと思ってるんです。
「15個位のカプセルホテル状態」てことは15匹の子を世話されてるということ?。大変(@_@;)その15匹ケンカしませんか?
近所の餌やりおばさんの所に来るノラ歴数年ほどの子がいます。オスだと
思いますが、気の弱いものすごく警戒心が強い子がいます。そういう子の
保護は難しいでしょうね?ていうか無理でしょうか?
Commented at 2015-12-16 22:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by びなちゃん at 2015-12-16 22:57 x
くまさん、インフルエンザの注射されたのですね。痛いんですよね。で割りと長く痛む。皮下じゃなくて筋肉注射?だからとか訊いたけど間違ってたらごめんちゃい。
ひかちゃん、優しくしてあげて~~~

<なえさん、お答え少しお待ちくださいませり。
Commented by Mtonosama at 2015-12-17 06:14
♪なえさん

自爆犬ということですね。ひどい話だ。

びなちゃんさんの話、私も興味あります。


Commented by Mtonosama at 2015-12-17 06:19
♪びなちゃんさん

インフルエンザの注射は「痛い、痛い」と脅かされていたので覚悟はできていましたが、まさかの腫れ^_^;
でも、今日は大分ひいてきました。ひかちゃんは今朝1:15から4:45までお外で遊んでいました。

Commented by Mtonosama at 2015-12-17 06:23
♪鍵コメさん

映画&悪猫ひかちゃんブログですので、外猫情報もお寄せくださいませ(^^)/ 
コメントスペースが限られているようなので連続ドキュメンタリーを期待しています。
Commented by なえ at 2015-12-17 22:16 x
何度もすみません<(_ _)>
びなちゃんさん
急ぎませんので、ゆっくりびなちゃんペースで
お返事下さいね♪
Commented by ライスケーキ at 2015-12-17 22:18 x
そもそも この兄弟なんで40年もケンカしてるんでしょう。
隣同士で口もきかないなんて お互い疲れますね。

この羊の病気が二人を近づけ 愛ある兄弟になれるのでしょうか。

ホント羊の国だけあって 皆さんのセーター素敵ですね。
Commented by poirier_AAA at 2015-12-18 00:23
なんか。。。。なんで日本の予告編ってこんなにメルヘンになってしまうんでしょうね?「ひつじ村」ってなにそれ?ナレーションといい、宣伝文句といい、なんでこう全部お子様向けっぽくなってしまうんでしょう。みる人を馬鹿にしてない?とか、つい思ってしまいます。フランスの予告編をみると、雰囲気が全然違うんですよ。同じ作品なのに、なんだかなぁです。

アイスランドといえば、むかし「春にして君を想う」という映画を見ました。あれも、やっぱり逃避行の話でした。何か困ったことになったら自然の中に逃げ込めばいいという、そんな伝統的な人と自然のつながりがあの土地にはあるのでしょうか?逃げた先に未来はあるのか?と考えると、ちょっと切ないです。
Commented by びなちゃん at 2015-12-18 01:59 x
くまさん、なえさん、ふえーん、長文が消え去った。”1026?文字はなんたらかんたら”と表示された…そして消えた…がが~ん
今深夜2時。1時間も入力したのに。
長々と書き込み過ぎたんですね。
力尽きたので寝ます。
必ず再トライ御返事しますね。



Commented by びなちゃん at 2015-12-18 02:23 x
↑くまさんがコメントスペースが限られてるって教えてくださって、それで2回に分けての第一弾だったのじゃ。
メモに下書しておきながら、あれもこれもと長く…では本当に寝ます。
Commented by Mtonosama at 2015-12-18 05:53
♪なえさん

同じくびなちゃんさんのコメント待たれるところです(^^)/
Commented by Mtonosama at 2015-12-18 06:02
♪ライスケーキさん

兄弟姉妹は喧嘩するものなんですね。うちもよく喧嘩します^_^;

愛ある兄弟になれるかどうかは観てのお楽しみ、ということで。
予想外の結末にビックリポンです。

見知らぬ国のお話の予測できない展開、一見の価値ありです。
Commented by Mtonosama at 2015-12-18 06:13
♪poirier AAAさん

あ、今回予告編はご覧になれたんですね。
フランス版の予告編は違うんですか?そう、確かに『ひつじ村の兄弟』と
いうタイトルのかもす雰囲気とは全然違う映画ですものね。

予告編を専門につくるスタッフっているらしいけれど、
配給会社か宣伝会社が「これはこういうコンセプトでいきましょう!」
ってあらかじめ決めるんでしょうか。

Commented by Mtonosama at 2015-12-18 06:16
♪びなちゃんさん

深夜にせっかく書いてくださったのに、すいません。
消失ショックで安眠できなかったのではないでしょうか。

映画は変わりますが、またお待ちしてます。

しかし、消えちゃうことないのに・・・
Commented by びなちゃん at 2015-12-18 11:21 x
↑そうなんですよね、消えた入力にpoirier AAAさん
にも横のコメントをしてたんですが、先日テレビで予告編を作製する会社の番組がありましたが、かなり日本人向けに直して作ってましたよ。
傾向として、優しく(ゆるく?)直してますよね。うーむです。
Commented by Mtonosama at 2015-12-18 11:34
♪びなちゃんさん

消えた入力悔しいですね。

あまり深刻だったり、つらい結末だったりするとその映画は観たくないっ
て言う人がいるんでしょうね。ハリウッド映画などはハッピーエンドとそ
うじゃないのと二つ用意するって中野京子さんが書いていました。