ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

偉大なるマルグリット -1- Marguerite


偉大なるマルグリット
-1-
Marguerite

f0165567_5264463.jpg

(C)2015 - FIDELITE FILMS - FRANCE 3 CINEMA - SIRENA FILM - SCOPE PICTURES - JOUROR CINÉMA - CN5 PRODUCTIONS - GABRIEL INC.


1940年代、アメリカにフローレンス・フォスター・ジェンキンスという
音楽とオペラに強い情熱を傾けているお金持ちの女性がいました。

彼女は社交界の人々の前で歌ったり、
レコードを出したり、
1944年、76歳の時には
カーネギー・ホールの舞台にも立ったのだそうです。

でも、なんということでしょう!

彼女はとてつもない音痴だったのです。

f0165567_540113.jpg

ここで今回のお題。
本作『偉大なるマルグリット』が生まれたのは
10年程前、グザヴィエ・ジャノリ監督が
ラジオで「魔笛」の「夜の女王のアリア」を
盛大に音を外して歌っている声を聴いたのがきっかけ。
それがフローレンス・フォスター・ジェンキンスでした。

監督はその声を
「別世界から聞こえてくるような神秘的な声だった」
と表現しています・・・

監督もまたえらいお耳の持主でございます。

監督は彼女に興味を抱き、新聞の切り抜きを読んだり、
レコードも見つけ出したそうです。
そして、レコードで聴いたその声も、それはそれはひどいものでした。
ジャケットには天使の羽をつけ、ティアラを冠った彼女が写っています。

f0165567_5314245.jpg

とのにはとても信じられないのですが、
彼女は、自分の歌が普通じゃないということに気づいていなかったのですって。
誰も彼女に「あなたは音痴ですよ」と言い出せなかったんです。

周囲の人間が彼女に真実を告げなかったのは
お金目当てか、偽善者か、
一番良く見積もっても臆病者だったからでしょうね。
ま、それは彼女が大金持ちだったのがいけないのでしょう。

でも、彼女も自分でわからないかなあ。

が、しかし
監督はフローレンスさんの声を聴いたことで
創作意欲に駆られたのですから良しとしましょうか。

この風変わりな趣味を持ったグザヴィエ・ジャノリ監督は
グザヴィエ・ジャノリ監督
1972年生まれのフランスの映画監督、脚本家、映画プロデューサー。
1993年から10本の映画を監督している。
第69回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門では
『ある朝突然、スーパースター』が金獅子賞を争った。

フィルモグラフィー
2003年『EAGER BODIES』
セザール賞有望若手男優賞ノミネート
セザール賞有望若手女優賞ノミネート
2005年『情痴 アヴァンチュール』
2006年『THE SINGER』
2009年『IN THE BEGINNING』
2012年『ある朝突然、スーパースター』
2015年『偉大なるマルグリット』

ジャノリ監督はモデルとなった人物を細かく調査するタイプの監督さん。
多くのリサーチを行ってから、架空の話を書きます。
単なるドキュメンタリーや純粋なフィクションでは満足できないのだとか。
実際のできごとについて個人的な解釈を加え、
人間の真理を明らかにしたいということです。

人間の真理といわれても、
とのにはそんなに音程を外しながら
平気で大勢の前で歌うというところがどうしてもわからないのですが、
そのあたりは皆さまの目と耳でぜひお確かめくださいませ。

1920年代のパリ。
ファッションも大金持ちの邸宅のインテリアもお楽しみどころ。

それにしても一体どんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとしていただけたら嬉しうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年2月25日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

偉大なるマルグリット
監督、脚色、脚本/グザヴィエ・ジャノリ、脚本協力/マルシア・ロマーノ、撮影/グリン・スピーカート-SBC、製作総指揮/クリスティーヌ・ドゥ・ジェケル、アルテミオ・ベンキ
出演
カトリーヌ・フロ/マルグリット、アンドレ・マルコン/ジョルジュ・デュモン、ミシェル・フォー/アドス・ベッジーニ、クリスタ・テレ/アゼル、デニス・ムブンガ/マデルポス、シルヴァン・デュエード/リュシアン・ボーモン、オベール・フェノワ/キリル・フォン・プリースト、ソフィア・ルブット/フェリシテ(髭女)、テオ・チョルビ/ディエゴ
2月27日(土)シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
2015年、フランス、129分、日本語字幕/古田由紀子、配給/キノフィルムズ、http://www.grandemarguerite.com/

by Mtonosama | 2016-02-25 05:50 | 映画 | Comments(10)
Commented by すっとこ at 2016-02-25 08:19 x
うわわわわわわわわっわっわわわわわっわ!

この女性!
この女性のことを知りたかったのです!

ぼんやり聞いた話では
彼女のご主人がお金持ちで
オペラハウスを妻のために借り切って
リサイタルを開いたのだとか?

自分を偉大なオペラ歌手と信じてる彼女
コンサートは大人気でレコードまで出したとか?

これこれこの、このマグリットさんだった
のですか。

音痴すっとこは同じく音痴と自称する友人3人と
北海道まで《音痴3人娘》のCD作成する寸前だ
ったのです。北大に研究室をーのある息子を中の
1人が持っていて。息子の研究室にCD作成機がある
ということで。CD唯で作れるって。

飛行機も宿も手配全てして、あとは搭乗するだけ、
となったある夜 電話が鳴りましたね。

北大に息子持ってる女性が転んで大腿骨骨折!

神様は我らの無謀な計画を阻止なされました。

マルグリット!
あなたの真似をしようとしただけなの。

そーゆーわけで
次回ストーリーでマルグリットの真実を
激しく知りたいです!

力強くポチッと!!

Commented by Mtonosama at 2016-02-25 09:34
> すっとこさん
♪すっとこさん

フローレンス・フォスター・ジェンキンスという人が実在で、コンサート開いたりしたんだって。

私が不思議なのは音痴の人って自分が音痴ってわかるものなのでしょ?
なのにフローレンスさんはどうしてレコードまで作れたんでしょうね。
と、すっとこさんに訊くのも変か^_^;

いつもすっとこさんはご自分のことを音痴って言ってるし、絶対に歌ったりしないということだから、この映画観ながらずっとすっとこさんのこと思い出していました。
でも、そんなすっとこさんもCD作ろうとしたなんて・・・

力強いポチッをありがとうございます。
Commented by すっとこ at 2016-02-25 10:03 x
自分がCD出そうとしたのは妹に
「すっとこ姉ちゃん、いつかテープ(昭和だね)
売り出して。どんなに悲しい人も姉ちゃんの
うたを聞いたら笑い出すから!」と頼まれて
いたからです。

自分では歌は上手い方だと思っています。
ほんものの音痴は自分が音痴なのを識別
できんのです。
すっとこは周りから指摘されて。そうかなと。
Commented by びなちゃん at 2016-02-25 10:45 x
マルグリットさんもすっとこさんも、オカシイ!
ワタシも音痴なんです。で、自意識過剰と来ているからもうカラオケとかの場では赤面だし居たたまれない。
な、の、に‼中学の時は合唱部だったのです。ソロじゃないから目立たない?
いんや、すっとこさんと同じ恥知らず?(ごめんちゃい)自分を知らない?
一人カラオケで鍛練しないと。
続き待ってます。

スマホからは諦めて、パソコンから予告編みることが出来ました!みんなやはりストーリーに魅力がありました!
Commented by Mtonosama at 2016-02-25 13:06
> すっとこさん

♪すっとこさん

ふーん、音痴とは神秘的な存在だなあ。
自分で音を外してることがわからないから、音痴なのか。

知らなかった。
教えてくださりありがとうございます<(_ _)>
Commented by Mtonosama at 2016-02-25 13:12
> びなちゃんさん

音痴じゃないと思うけど、声が悪いのでカラオケや人前で歌うのは遠慮しているとのです。
びなちゃんさん、合唱部だったのですか?
ソロじゃなくても音外してたら目立ちますよねぇ(^_-)
この映画もね、音痴ということがよくわからないので、どういうスタンスで見ればいいのか、
困りました。

『もしも建物が話したら』の予告編、スマホからは観られないものなのですか?
いまどきスマホも持っていないとの
Commented by なえ at 2016-02-26 22:35 x
すっとこさんじゃないけど、いええええええええええええええ~い!
や、やっとコメント欄に入れた!ここのところずっといくら押しても
コメント欄が開かなかったのですう!

今入れたので今のうち。
えーっと聞いたことあるのは音痴の人は自分で聞き分けられないから
音痴だと。高校の時の生物のオッサン先生が音階のドとレの音の違いが
自分には分からないと言ってました。それ聞いたとき
「ウッソー!」と思いましたが、そういうことなのかな?
いや、それは音痴とはまた別物ですなあ?なんや分からんように
なってきましたわ。

Commented by Mtonosama at 2016-02-27 08:06
> なえさん
♪なえさん

コメントに不測事態発生!
わたしもこの画面上からリコメできず、設定画面に戻らないといけません。
エクスブログ同士でうまくいかないんです。だからトメさんのところにも
コメできないです。

そうなんです。音痴の人って自分で音が狂ってることがわからないから
音痴なんですね。他人から「音が違うよ」って言われないとわからない
ものみたいです。
自分のこと音痴っていう人はカラオケで強制的に歌わせられないために
逃げてるのかと思っていたけど、どうも違うようです。
だから、この映画も根底から音痴への認識を改めないとわからないのか
も。私は昔っから逆上がりができないけど、出来る人にとっては信じら
ように、音痴もちゃんと歌える人にとっては信じられないものなのかなあ。
Commented by ライスケーキ at 2016-02-27 20:54 x
日本にも こういう方いらっしゃいましたね。
超リッチで カーネギーホールを貸し切ってコンサート。
まぁ、彼女は一応音楽学校で勉強したらしいですけど、
超ハデな衣装で ブッ飛んでいました。

カーネギーホールって 音楽的に素晴らしい人だけが
歌えるホールだと思っていましたから、
当時は「お金出せば借りて歌えるんだ」とビックリしたものです。

でも、お金の力は恐ろしい。
音痴も名歌手にしてしまうんですね。
Commented by Mtonosama at 2016-02-28 06:12
♪ライスケーキさん

ああ、そういえばいらっしゃいましたね。
大きめなお身体に立派なドレスをお召しになっていました。

好きか嫌いは別にして音は外していらっしゃらなかったし、
ご本人が憧れの舞台に立ちたいなら良いかなとは思います。

いえね、音痴の人って自分で自分が音痴だとはわからないみたいです。
周囲から「あなた、ちょっと音を外していない?」と言われ続け、
次第に自分は音痴なんだって認識するんじゃないかな、とごく最近気づきました。

知らないことって多いですわ。