ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー -1- IRIS


IRIS APFEL
アイリス・アプフェル!
94歳のニューヨーカー
-1-
IRIS
f0165567_5475245.jpg

(C)IRIS APFEL FILM, LLC.

試写会に行くと思わぬ有名人をお見かけすることがあります。
今回の場合は森英恵さんでした。
あ、お若い方には森泉さん、星さんのおばあちゃまと言った方が
よくわかるかもしれませんね。
森英恵さんは1926年生まれですから今年90歳。
え~っ!
とてもそんなお歳には見えませんでした。

本作『IRIS APFEL』は
90歳代の元気でお洒落でファッション業界の女性が主人公のドキュメンタリー映画。
そのつながりで森英恵さんがいらしていたと思われます。
背中もしゃんと伸びて、歩く姿も美しく
思わずみとれてしまいました。

ところが
このアイリス・アプフェルというお方のあでやかさ。
日本語でいえばアヤメ・リンゴさん。
まあまあ、なんて派手なファッションでしょう!
ニワトリの卵ほどもあるネックレスを何連も身につけ、
おまけにブレスレットも。
歩けば音がするほど飾り物をつけておいでです。

でも、これがちっとも下品ではないんですねえ。
あまりに素敵なので
帰宅後、ありったけのアクセサリーを引っ張り出して真似をしたとのです。
でも
ああ・・・

f0165567_5501492.jpg

アイリス・アプフェル
94歳の彼女。多くの有名デザイナーに尊敬され、
今もニューヨークのカルチャーシーンに影響を与える女性です。
このお方、1950年代からインテリアデザイナーとして活躍。
夫カール・アプフェルと設立したテキスタイル会社が大成功し、
ジャクリーン・ケネディや歴代大統領から
ホワイトハウスの装飾を任されました。
ジャクリーンとはひと悶着あったそうですけどね。
おっと、これはここで言ってはいけなかったでしょうか。

f0165567_5511961.jpg

1921年生まれのアイリス・バレル・アプフェルは
ニューヨーク州クィーンズのアストリアで
弁護士でブティック経営者の母セイディ・バレルと
インテリア装飾家の父サミュエル・バレルの間に
一人娘として生まれた。
ニューヨーク大学で美術史を学んだ後、
「Women’s Wear Daily」誌に就職したが、
雑用係としてのポジションでは将来が無いと退職。
インテリアデザイナーのエリナー・ジョンソンに師事。
1940年代上流階級の顧客を相手に仕事。
その後、自身でインテリアデザイン業を始める。
1948年カール・バテルと結婚。
1950年代初頭、夫妻で「Old World Weavers」社を設立。
アイリスの監修でアンティークの生地を正確に再現、製造。
大成功を収める。
夫妻は毎年世界中を飛び回り、
貴重なテキスタイルデザインを見つけては製造、修復作業に貢献。
アイリスはこの旅を通じて熱心なコレクターになる。
1950年代ニューヨーク社交シーンの常連となり、
その独創的なスタイルが称賛される。

監督はジャン=リュック・ゴダールによって
「最高のアメリカ人カメラマン」と称されたアルバート・メイズルズ。
2015年にはオバマ大統領から名誉勲章を受章したが、
同年膵臓がんのため88歳で亡くなりました。

アイリス・アプフェルさん
いったいどんな女性でしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年3月2日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

IRIS APFEL
監督/アルバート・メイプルズ、製作/ローラ・コクソン、レベッカ・メイズルズ、ジェニファー・アシュ・ラディック、共同製作/ポール・ラブレース、製作総指揮/ドリーン・スモール、撮影/アルバート・メイプルズ、ネルソン・ウォーカーⅢ、ショーン・ブライス・ウィリアムス
2016年3月5日(土)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
2015年、アメリカ、英語、80分、日本語字幕翻訳/チオキ真理、配給/KADOKAWA
http://irisapfel-movie.jp/

by Mtonosama | 2016-03-02 05:59 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2016-03-02 08:46 x
ひゃーヒャヒャヒャひゃひゃひゃひゃひゃぁぁぁ!

何という迫力!

そして

素敵!

【アドヴァンスド スタイル 】っていうので
素敵おばさま達 見たのって この殿様の試写室
でしたっけ?

ううむ。

その時のような 心地よい衝撃波が!

自分、地味やんかって笑笑笑。

思わず アイリスの画像を検索してしもうた
のでした。

ヒャッホウ!のポチッを。
Commented by びなちゃん at 2016-03-02 14:00 x
翔んでる女性が続きますね‼オモロイ!

横ですが、すっとこさんに去年初めてお会いした時の出で立ちは、真っ白ロングワンピ?の笠地蔵(ウムム、もとい、白鳥)で艶やかでしたよ!ブログでのファッション紹介では"色の魔術師"だったので想定外でした!
くまさん、スマホでも予告編観られます。この間はたまたま調子悪しでした。遡って観直してます。
続き待ってます。
Commented by Mtonosama at 2016-03-02 17:23
> すっとこさん

『アドヴァンスド・スタイル』は当試写室では上映しておりませんが、その続編みたいな感じのマダムパワー大爆発の作品ですわ。今週土曜に『アドヴァンスド・スタイル』を近所のシネサロンで観てまいりますのよ。チャリ5分の距離に素敵なサロンがあるんでございますの。ほほほ。

って、アイリスさん、本当にかっこいいんだから。

ヒャッホウ!のポチッをありがとうございました。
追伸 またブログ頁からリコメを直接することができなくなっちゃった(/_;)
Commented by Mtonosama at 2016-03-02 17:27
> びなちゃんさん

これ、ほんとオモロイ映画です。
第一、ファッションのお勉強になりますことよ。
こんな大きなネックレス、わたしも欲しい♪

すっとこさんはロングスカートがお好きなのよね。

続編お待ちください。乞うご期待です(^^)/
Commented by ライスケーキ at 2016-03-02 21:24 x
アイリスさん94歳にして
イケメン男性にエスコートして頂いて
我が世の春ですね。

でもやっぱり シワは隠せないのね。
まぁ、人生の勲章ですから それも魅力ですけど。
だれかIPS細胞でシワ取りクリーム
開発してくれないかしら。
Commented by すっとこ at 2016-03-02 23:13 x
〉横ですが

びなちゃんさん。
今度は“色の魔術師”ならぬ“魔法使い婆ぁ”の
バージョンでお会いしたかったのですが
親戚に重篤急病人が出て そっちのお見舞いに
行かねばならなくなったのです。

是非いつか 殿様も巻き込んで
“何でもあり三人娘”オフ会でお逢いしたいです!!
Commented by Mtonosama at 2016-03-03 06:45
> ライスケーキさん

イケメンによるエスコート!
羨ましい!!

シワはいいのだけれど、問題はたるみやほうれい線です。
150歳だから仕方ないのかな^_^;
Commented by Mtonosama at 2016-03-03 06:47
> すっとこさん

横入り(^_-)
オフ会いいですね。