ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

最高の花婿 -2- Qu’est -ce qu’on a fait au Bon Dieu ?


最高の花婿
-2-
Qu’est -ce qu’on a fait au Bon Dieu ?

f0165567_6101585.jpg

(C)2013 LES FILMS DU 24 - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - TF1 FILMS PRODUCTION


3人の娘たちが皆アラブ人、ユダヤ人、中国人と結婚し、
宗教も生活習慣も違う婿たちとの交際には気疲れすることばかりのヴェルヌイユ夫妻。
そして、この子だけはカトリック教徒と結婚してほしいと願っていた末娘までも…

フランスでは大ヒットした映画です。

ストーリー
今日は三女の結婚式。
クロードとマリーのヴェルヌイユ夫妻。
おめでたい日なのに、心の底からは笑えない。

四人の娘がいる夫妻。
長女はアラブ人、次女はユダヤ人、そして三女は中国人と結婚したからだ。
もちろん、嬉しくない訳ではない。
ただ、ロワール地方シノンに暮らす夫妻は敬虔なカトリック教徒。
娘たちにも自分たちが式を挙げた教会で挙式してほしかったのに、
三女もまた異教徒と市役所で挙式したことに内心がっかりしていたのだ。

半年後
次女の息子の割礼式で遂にクロードの不満が噴き出す。
「モンマルトルは外国人ばかり」と話しただけで
婿たちに「それは差別だ!」と反撃され、キレてしまったクロード。
三女の婿が作ってくれた料理に手もつけず帰ってしまった。
残された婿たちも互いの民族を皮肉る内に大喧嘩に。

一年半後
マリーは娘たちに会えないのが寂しくて仕方ない。
嫌がるクロードを説得し、クリスマスに娘夫婦たちを招待することにした。
アラブ人の長女の婿のため、ハラールの七面鳥を購入し、
三女の夫に北京ダックのレシピを教わり、なんとか和解策を講じるマリー。
だが、クロードは最後の希望の星である末娘ロールを
知り合いのカトリック教徒の息子と結婚させようと画策していた。

そのロールは恋人シャルルと空港にいた。

突然、ロールの前に膝まづき、プロポーズするシャルル。
笑顔で「ウイ」と答えるロール。

が、しかし

シャルルはカトリックではあったが、
コートジボワール出身の黒人だった……

f0165567_613759.jpg

ちょっと危ない展開です。
婿たちのみならず、「それって差別じゃね?」と言いたくなりますよね。

でも、この後の展開が楽しいんです。
フランス人も案外人情ものが好きなんだなあ、となんか嬉しくなりました。

でも、本筋とは関係ないんですけどね、
とのにはアラブ人婿とユダヤ人婿の区別がつかないのです。
どう見てもアラブ人としか思えない浅黒く濃い顔の婿が
その大きな鼻ゆえにユダヤ人だというし、
これはユダヤ人だと思いこんでいた婿がアラブ人なのだそうです。

ヴェルヌイユ夫妻のことを差別主義者という前に
自分自身、型にはまった民族観を持っていました。
すいません。

フランスでは外国人と親戚になることは身近な出来事で、
統計によればフランスの人種間混合結婚率は世界一。
20%近くが異なった民族・人種・宗教間での結婚しているのだそうです。
そんなフランスだからこそ難民問題で揺れながらも
こうした結婚をコメディとして笑い飛ばせる大らかさを持っていられるのでしょうか。

それでも、娘達の結婚に理解を示しながら内心穏やかでない
主人公夫婦の心情を「ある、ある」とわかってしまう人にとって
ある意味ガスを抜く映画になったのかもしれません。

4人娘の親としては
一度くらい自分たちの伝統に則った結婚式を挙げたかったのでしょう。
っていうか、
女目線で見れば、
どうしていつも婿側の習慣に従わなくてはならないの?と思うんですけど。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月17日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

最高の花婿
監督/フィリップ・ドゥ・ショーヴロン、脚本/フィリップ・ドゥ・ショーヴロン、ギィ・ローラン、撮影/ヴァンサン・マティアス
出演
クリスチャン・クラヴィエ/クロード・ヴェルヌイユ(父)、シャンタル・ロビー/マリー・ヴェルヌイユ(母)、メディ・サドゥアン/ラッシド・ベナセム(長女の夫)、アリ・アビタン/ダヴィッド・ヴェニシュ(次女の夫)、フレデリック・チョウ/シャオ・リン(三女の夫)、ヌーム・ディアワラ/シャルル・コフィ(四女の恋人)、フレデリック・ベル/イザヴェル・ヴェルヌイユ(長女)、ジュリア・ピアトン/オディル・ヴェルヌイユ(次女)、エミリー・カーン/セゴレーヌ・ヴェルヌイユ(三女)、エロディ・フォンタン/ロール・ヴェルヌイユ(四女)、パスカル・ンゾンジ/アンドレ・コフィ(シャルルの父)、サリマタ・カマテ/マドレーヌ・コフィ(シャルルの母)、タチアナ・ロホ/ヴィヴィアン・コフィ(シャルルの妹)
2016年3月19日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
2014年、フランス、97分、日本語字幕/横井和子、http://www.cetera.co.jp/hanamuko/

by Mtonosama | 2016-03-17 06:24 | 映画 | Comments(10)
Commented by なえ at 2016-03-19 12:24 x
正に人種のるつぼ!いえ、サラダボウルと言うべき?
コミカルに描かれてる点が救われる部分でしょうか?

4女の婿を見た時のお父さんの張り付いた顔、笑って
しまいましたわ。「結婚って戦争?」てせりふがあったけど、今の世界情勢ではあり得る~!

殿様が言った「どうしていつも婿側の習慣に従わなくてはならないの?」に激しく同意!そうすれば皆カトリックに改宗してもらって、親娘夫婦とも円満解決(*^。^*)。あ、でもイスラム教は確か改宗できなかったんどしたな?
Commented by Mtonosama at 2016-03-19 12:59
♪なえさん

宗教の違いってややこしいもんですなあ。
三女の婿さんは宗教はなく、役所で式を挙げてました。

私の友人もオーストリアの人と結婚しましたが、役所で挙式。
いっそ皆役所で式を挙げればいいのに。

結局、人は同じ種で群れたがるんですかね。
特に年老いてくると。

あ、きじ志郎くんはその後いかがですか?
Commented by なえ at 2016-03-19 21:17 x
前のコメント読んでなく失礼しましたm(__)m
きじ志郎は抱っこしたり膝の上にも乗りますが、大きな音や
物に恐がります。この間携帯電話で話したら、その声に驚いてケージの中に逃げました(私の美声がそんな恐いか!)。人間の生活音に慣れてないので、部屋の中の物を動かしたり、ラジオを流したりしてます。ラジオの声にもケージの中へ逃げます(ーー;)今のところ、里親候補は現れてませんが、しばらくは人間の生活音に慣らすことをした方がいいかなと思います。

私の意中の猫(ひと)はきじ志郎と同じ餌やりおばさんの所に
やって来るみるくんです。年季のいった野良ですが、ものすごく警戒心が強く餌やりおばさんのそばにも寄らず、おばさんが
餌を置いて行ってしまってからやっと来るというような気弱な
子なんです(;_:)

びなちゃんさん
外猫ちゃんの様子どうですか?心配ですね。早く回復されますように!!
Commented by ライスケーキ at 2016-03-19 22:22 x
4女の彼はコートジボワール人ですか。
ますます楽しくなってきた。
ますます この映画観たくなってきた。

ところで私フランス語サッパリ分からないのですが、
Qu'est~ て原題はどんな意味なんでしょうか。
「最高の花婿」って意味なんでしょうかね。
Commented by Mtonosama at 2016-03-20 07:27
♪なえさん

きじ志郎くん、まだ小さいのにずっと外で苦労してきたんだね。
なえさんの声にも、電話や掃除機の音にも早く慣れてね。

話は変わりますが、最近猫ブログ「うにの秘密基地」のうに君が亡くなりましたね。
一昨日久々に「あめしょっす」というアメショー猫銀ちゃんとミックス猫ラムちゃんのブログを覗いたら、銀ちゃんも突然逝ってしまいました。いつものように大騒ぎした後ラムちゃんと一緒に寝床に入ったと思ったら亡くなっていたそうです。
ラムちゃんも気づかない内に・・・

生きものと暮らすということはこういう悲しみを知ることなんですよね(/_;)

みるくんもきじ志郎くんもひかちゃんも頑張って生きよう!
Commented by Mtonosama at 2016-03-20 07:29
♪ライスケーキさん

私もフランス語わかりません^_^;
英語タイトルには”Serial(bad)weddings"とありましたよ。

なんでしょうね。後で古いフランス語辞書を引っ張り出して調べてみます。
Commented by poirier_AAA at 2016-03-22 19:54
今頃やってきて、すみません。
この映画、わたしはものすごく面白く見たんですけど、日本では面白さが伝わりにくいからたぶん公開されないだろうと思っていたので、ちょっとびっくりです。

この話、お婿さんが全員(4人目はちょっと不明)フランス国籍がちゃんとあるフランス人であるところがミソなんです。フランスで教育を受けた正真正銘のフランス人でありながら、ルーツが違う。家庭内が今の移民国家フランスそのものなんですね。

原題のフランス語の直訳は、わたしたちが神様に何をした?です。つまり、どうして神様からこんな仕打ちをうけなきゃならないの!?(理不尽すぎる!)ってことです〜。
Commented by ライスケーキ at 2016-03-22 22:37 x
poirierAAAさま
原題訳ありがとうございます。
疑問がとけました。
原題の意味が分かると面白いです。
Commented by Mtonosama at 2016-03-23 03:56
♪poirier AAAさん

なるほど。日本にいると実感としてはよくわからないのですが、お婿さんたちは皆フランス人ということなのですね。映画ではフランスは一番異文化間結婚の多い国とありました。
以前に観た映画では中東から英国へ逃れようとドーバー海峡を渡る青年が出てきましたが、カレー地域での難民排除は結構シビアなものなのですか?昨今の状況を見ているとヨーロッパの抱える問題は重たいものですね。

あ、フランス語を訳してくださってありがとうございました。
「理不尽だよ~!」ってあのパパが言ってるんですね。
Commented by Mtonosama at 2016-03-23 03:57
♪ライスケーキさん

疑問が解消して良かったですね。
poirierAAAさん、ありがとうございます。