ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ルーム -2- ROOM


ルーム
-2-
ROOM

f0165567_710370.jpg

(C)Element Pictures/Room Productions Inc/Channel Four Television Corporation 2015


「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし」

などといきなり方丈記のプロローグであります。

鴨長明さんが日野山に一丈(約3m)四方の庵を建てて
住んでおられたことは皆さまご承知の通り。

本作も大体その位の大きさの小屋に住んでいた母子のお話です。
鴨さんは気が向けば山を出歩くこともできたでしょうし、
障子を開ければ四季折々の自然が楽しめたことでありましょう。
しかし、この母子が暮らした方丈は窓といえば天窓だけ。
外との接点は夜になるとやってくる男のみ。
外へ出ることはできないし、四季の移り変わりも知ることができません。

f0165567_7142487.jpg

ストーリー
ママとジャックが二人で暮らす狭い部屋。
今日はジャックの5歳の誕生日。
天窓からの光を受けて起きだしてきたジャックは
電気スタンドや洗面台、トイレに「おはよう!」と挨拶し、
ママがバースデイケーキを焼いてくれるというので喜んでいる。
歯磨き、ストレッチ、壁から壁までランニング。
毎朝のルーティンをママと一緒に楽しげにこなす。
だけど、焼きあがったケーキにはロウソクが立っていない。
ロウソクだけでなく、この部屋に欠けているものは多い。


ジャックは洋服ダンスの中で眠る。
時々、オールド・ニックという男が来て食料や服を置いていく。
その間ジャックは洋服ダンスからは絶対に出ない。
ママは男に「ジャックにもっと栄養を」と訴えるが、
「半年前から失業して金が無い」と逆ギレされる。

翌朝、部屋の電気が切られていた。
寒さに震えながらママは決心する。
この部屋で生まれてから一歩も表へ出たことがなく
この部屋が自分の全世界だと思っているジャックに真実を告げるのだ。

ママの名はジョイであること。
この小屋に閉じ込められてから7年過ぎたこと。
小屋の外には広い世界があるということ。
だが、ジャックに理解することはできず、パニックに陥る。

電気が回復した部屋でじっと考えるジャック。
ママに次々と質問をし、
オールド・ニックをやっつけようと提案する。
だが、固く締まったドアを開ける暗証番号はニックしか知らないのだ。

ジャックの反応に勇気を得たママは策を弄する。
いつも読み聞かせていた「モンテ・クリスト伯」から思いつき
ジャックを死んだことにして外の世界へ運び出す計画を立てた……

f0165567_7123197.jpg

小さな部屋の閉じられた世界しか知らないジャック。
テレビの中でしか見たことのない自動車やママ以外の大人。
信号や犬。
果たして、ジャックはそれらを受け入れることができるのでしょうか。
いえ、それより前にモンテ・クリスト伯脱出計画は成功するのでしょうか。

といったハラハラも含みながら
本作は思わぬ現実世界へ母子を導くのであります。

19歳でオールド・ニックに拉致されたジョイ。
小さな小屋の中で出産し、
誰の助けを得ることもなくジャックを育て上げてきました。
7年間、凌辱され続けながら、それでも絶望することなく
子に本を読み聞かせ、身体を鍛えさせてきたんですね。
いや、絶望していなかったといったら嘘になるでしょうね。

母と子。
二人だけの世界では
母であることを何よりも大事にしなくてはならなかったのだと思います。

むしろ救出劇の後、
傷ついたジョイの心と
事件に翻弄されたジョイの両親の想いへと
踏み込んでいく描写に興味をそそられます。
拉致という行為は
拉致された本人、子を奪われた親にとっても大きな喪失です。

映画の中ではジャックの存在が救いになっています。

ブリ―・ラーマン。
アカデミー賞主演女優賞受賞を納得させる熱演でありました。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月26日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

ルーム
監督/レニー・アブラハムソン、脚本・原作/エマ・ドナヒュー、製作/エド・ギニー、デヴィッド・グロス、撮影/ダニー・コーエン
出演
ブリー・ラーマン/ママ(ジョイ)、ジェイコブ・トレンブレイ/ジャック、ジョアン・アレン/ばあば(ナンシー)、ショーン・ブリジャーズ/オールド・ニック、トム・マッカナス/レオ、ウィリアム・H・メイシー/じいじ(ロバート)
4月8日(金)公開
2015年、アイルランド・カナダ、118分、カラー、字幕翻訳/稲田嵯裕里、提供/カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ、配給/ギャガ、http://gaga.ne.jp/room/

by Mtonosama | 2016-03-26 07:20 | 映画 | Comments(8)
Commented by なえ at 2016-03-27 13:00 x
子供は女の子だと思ってました。そら、こんな幽閉生活では
カットにも行けへんなあ、と納得。
この子の脱走劇と母子の救出にドラマがあるんですね。
それなら見てもいいなと気が変わる←単純なヤツ。

「コレクター」は最後、犯人が「今回も失敗だった」とか
いうせりふがなかったでした?それが怖かったのを覚えて
ます。

フイチンさん覚えてます!何のこっちゃと驚きでしょうが、「同じカテゴリの記事」とかいうのにTingTingのイラストが
あって、あれ、こういう映画もあったんやと見ると、殿様が
フイチンさんの話をしてられて、でも皆「知らん」でしたね
(ーー;)。私は「少女クラブ」を取ってました。近所の友達らは「少女ブック」「りぼん」「なかよし」等取っていて、お互い交換し合って見てましてん。当時発売の少女雑誌はほぼ網羅されておりました(^_^;)。
Commented by Mtonosama at 2016-03-27 17:26
♪なえさん

男の子なんです。私なんぞジャックという名前を承知していながら女の子にしか見えませんでした^_^;

『コレクター』のラストシーンは覚えていませんが、なんたって主役のテレンス・スタンプが気色悪いです。この原作を書いたジョン・ファウルズの『魔術師』とかいう小説がメッチャ面白くてそのつながりで観ました。

フイチンさん、上田敏子。子どもの頃一生懸命読んで、それでも足りなくて大人になってからも復刻版を買って読みました。細いペン先でシュッと描いたフイチンさんの細い目、丸い顔した小さなぼっちゃん、あれを名作といわずしてどーする!
少女漫画を交換してたのなら石森章太郎の「竜神沼」という漫画も覚えていますか?あと千葉てつやの「ママのバイオリン」。ああ、なつかしい。昔は良かったなあ。
Commented by ライスケーキ at 2016-03-27 20:31 x
「ルーム」に閉じ込められた可愛そうな女性の
悲惨な物語だと思っていましたが、
「ルーム」から出た後のドラマ。
映画館で見たいです。

「コレクター」の最後はテレンス・スタンプが
また、次のターゲットの後を追っている
シーンで終わったと思いますが、
印象に残る映画でした。

Commented by すっとこ at 2016-03-27 21:53 x
ああああああああああああああああああああ!

実はこの映画、映画館で観たのどす。
はい、ミーハーなのでアカデミー賞の主演女優賞の
候補になっている、と知っての狼藉(おいおい)でした。

自分もこの子を 女の子としか思えませんでした。

死体の振りしての脱出劇、ここの部分は
「近頃こんなに心臓がドキドキした映画はない」
としか言えません!

アカデミー賞の時はジョン役の男の子、ちゃん
とタキシード来て ママ役女優さんと抱き合って
ましたね!イケメン男児ですた!

共感の力強いポチっを!!
Commented by Mtonosama at 2016-03-28 10:30
♪ライスケーキさん

日本でもまた同じような事件がありましたね。2年前に連れ去られた中学生女子が無事独力で逃げ出してきました。怖い目に遭うと固まっちゃって動けなくなってしまう中、よく逃げてこられた。これから頑張って欲しいし、周囲も穏やかに対応して欲しいです。

コレクターのラスト、教えて下さってありがとうございます。テレンス・スタンプもおじいさんになっちゃったけど怖い役によく似合う俳優さんですよね。
Commented by Mtonosama at 2016-03-28 10:34
♪すっとこさん

機内ではなく、映画館でご覧になったので?
今回も機内映画たくさん観ることができたのでしょうか。

ジャックを演じたジェイコブ・トレンブレイくん。
女の子みたいにきれいな顔をして、その上なかなかな名優ですよね。

力強い共感のポチッ、ありがとうございました。
Commented by なえ at 2016-03-28 22:01 x
「ママのバイオリン」!覚えてます、覚えてます!犬と一緒にいつもいましたね。でも後はほとんど覚えてない。ママは死んだのか、ママを探して旅してたのか?その後に「ユカと海」とかいうボロボロの服を着て一人で暮らしてる、児童福祉法に反するような生活している女の子の話がありましたよね。残念ながら「竜神沼」は覚えてません。どんな話?水野英子の「星の
たてごと」とかいう漫画もあったでしょ?筋は覚えてないけど
この人の絵が好きどした。それから「ペスよ、尾をふれ」というその当時ブームだったスピッツの犬と女の子の話、覚えてません?漫画昔話になってきましたな(^_^;)
Commented by Mtonosama at 2016-03-29 06:38
♪なえさん

ああ、なつかしい!漫画昔話。
「竜神沼」は夏休み増刊号で一話完結だったように思います。
おばあちゃんちの風の通る部屋で買ってもらったばかりの漫画を寝っ転がって読む時のあの至福感・・・
どんな高級旅館の癒しにもまさる至上の時間でありました(遠い目)。
筋は覚えていませんが、深い森の奥にある神秘的な沼で起こる物語で、石森章太郎の描く女の子がとてもきれいでした。
わ~、水野英子。わたしもこの人の絵が大好きでした。
「ぺスよ、尾をふれ」。なんとなくタイトルに記憶があります。
しかし、大昔に読んだ漫画をお互いよう覚えてますな^_^;