ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

さざなみ -1- 45YEARS


さざなみ
-1-
45YEARS

f0165567_645034.jpg

(C) The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014 (C) Agatha A. Nitecka


『さざなみ』 
オリジナルタイトルは“45YEARS”。
45年というタイトルがなぜ『さざなみ』なのか。

ま、それはおいおいわかることでありましょう。

2015年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞し、
さまざまな映画賞の受賞とノミネートで話題を呼んでいる作品です。
結婚45年を迎えた夫婦の物語で、
妻を演ずるのはシャーロット・ランプリング。
夫を演ずるはトム・コートネイ。

トム・コートネイは60年代初頭イギリスで起こった新しい映画運動の代表作
『長距離ランナーの孤独』(‘62 トニー・リチャードソン監督)
で主人公を演じたちょっとジョージ・ハリソン似(当時は)の男優です。

トム・コートネイ
1937年2月25日、イギリス・ヨークシャー州出身。
大学卒業後、王立演劇学校で学び、1960年舞台デビュー。
トニー・リチャードソン監督に抜擢され、『長距離ランナーの孤独』に主演。
英国アカデミー賞新人賞を受賞。
『ドクトル・ジバゴ』(‘62)でアカデミー賞助演男優賞、
『ドレッサー』(‘83)ではアカデミー賞主演男優賞にノミネート、
第41回ゴールデングローブ賞で主演男優賞を受賞。
主に舞台を中心に活動し、これまでにトニー賞にも2度ノミネートされた。
2001年には40年間に及ぶ映画と舞台での活躍が評価され、
ナイトの称号が贈られた。

フィルモグラフィ
1962年 『長距離ランナーの孤独』
1965年 『ドクトル・ジバゴ』
1983年 『ドレッサー』
1999年 『ハロルド・スミスに何が起こったか?』
2007年 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
2012年 『カルテット!人生のオペラハウス』
『モネゲーム』
2013年 『リスボンに誘われて』

f0165567_6112766.jpg

(C) The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014(C)45Years Films Ltd


一方、シャーロット・ランプリングは
あの『愛の嵐』(‘73 リリアーナ・カヴァーニ監督)で
ナチの帽子をかぶり、裸の上半身に肘上まである黒い手袋とサスペンダーの付いたズボンだけを
身につけた衝撃的なシーンで世界中の度肝を抜いた女優です。

シャーロット・ランプリング
1946年2月5日、イングランド・エセックス州出身。
父は軍人で、オリンピックのメダリスト。母親は画家。
幼少期に父の仕事の関係でイギリスとフランスの各地を転々としたため、語学が堪能。
ロンドンで秘書として働いていた時、モデルとしてスカウトされる。
1965年リチャード・レスター監督に見出され、『ナック』で映画デビュー。
1966年公開の『ジョージー・ガール』で次世代スターとして注目される。
その後ロンドンのロイヤル・コート・シアターで演技を学び、
堪能な語学力を活かし、イタリアへ。ルキノ・ビスコンティ監督に見初められる。
1969年『地獄に堕ちた勇者ども』に出演。
退廃的な魅力を発揮し、世界中の注目の的に。
1973年『愛の嵐』。
以降はフランスやアメリカの作品にも出演、国際的に活躍している。

フィルモグラフィ
1965年 『ナック』
1966年 『ジョージー・ガール』
1969年 『地獄に堕ちた勇者ども』
1973年 『愛の嵐』
1974年 『蘭の肉体』
1975年 『さらば愛しき女よ』
1977年 『オルカ』
1982年 『評決』
2001年 『まぼろし』
2003年 『スイミング・プール』
2006年 『氷の微笑2』
2007年 『エンジェル』
2008年 『ある侯爵夫人の生涯』
2010年 『わたしを離さないで』
2011年 『ブリューゲルの動く絵』
『メランコリア』
2013年 『17歳』
『リスボンに誘われて』

f0165567_613313.jpg

(C) The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014(C)Agatha A. Nitecka


そんな二人も
トム・コートネイは79歳、
シャーロット・ランプリングは70歳です。

いつも思うのですが、時の流れは本当に容赦のないものです。
昔、目を瞠るような美貌を誇っていた俳優達が
年月の経過と共に老いていく姿は
映画以上に心に訴えかけてくるものがあります。

でも、だからこそ演じられる作品があるんですね。
本作はまさにそんな映画です。

観る年代によって感じることは大きく違うと思います。
さあ、いったいどんな映画なのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月29日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

さざなみ
脚本・監督/アンドリュー・ヘイ、プロデューサー/トリスタン・ゴーライアー、原作/トリスタン・ゴーライアー“In Another Country”、撮影/ロル・クローリー、BSC
出演
シャーロット・ランプリング/ケイト・マーサー、トム・コートネイ/ジェフ・マーサー、ジェラルディン・ジェームス/リナ、ドリー・ウェルズ/サリー、デヴィッド・シプリー/ジョージ
4月9日(土)よりシネスイッチ銀座他全国順次公開
2015年、イギリス、英語、カラー、95分、配給/彩プロ

by Mtonosama | 2016-03-29 06:30 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2016-03-29 22:08 x
「愛の嵐」シャーロット・ランプリング
覚えていますよぉ。
彼女が70歳!
でも、さすがに素敵な歳の重ね方をしてらっしゃる。

45年共に過ごしたご夫婦。
時の流れは「さざなみ」のように?
次回楽しみにしています。
Commented by Mtonosama at 2016-03-30 04:45
♪ライスケーキさん

シャーロット・ランプリング。素敵ですね。彼女を見てると歳をとるのも悪くないような気が。あ、わたしは彼女の2倍以上の年齢だった。

さあ、45年共に過ごした夫婦にふりかかる問題とは?
Commented by なえ at 2016-03-30 21:47 x
シャーロット・ランプリング!?
この人とジーン・セバーグの雰囲気が好きどした。
「愛の嵐」は見たんだろうけど、ほとんど覚えてないとは!
それも恐ろしいことであります。記憶力はうつりにけりな・・・ながめせしまに、どすなあ。

1枚目の写真、こういう顔の人、日本人でいたような?

そのうちまた漫画昔話に花を咲かせませう!
Commented by すっとこ at 2016-03-31 00:07 x
ぎゃああああああああああああああああああ!

【愛の嵐】忘れられませぬ!

追い詰められた2人が 食べ物もなくなって
ジャムを指で掬って その指輪をねぶる官能に
シビレますたわん。

シャーロットランプリング、素敵な70歳ですね!

こういう爺さん婆さんの映画、もっと観たいです。

それと日本昔漫画話、 すっとこが忘れられない
のは手塚治虫の『緑の猫』
その猫は結局宇宙人だった、というオチで
猫って宇宙人かも、、、です。

愛の嵐と宇宙猫に 敬意を払ってポチッ!!
Commented by Mtonosama at 2016-03-31 18:27
♪なえさん

1枚目の写真、こういう顔の人を見たことがおありで?
へへ、わたし、もしかしたら、この顔にメガネをかけさせたら似てるかも・・・

っていうか、歳をとると西洋人も東洋人も、男も女も
似てくると思いません?
(だからって、シャーロット・ランプリングにメガネをかけさせたら自分に似てるってのは言い過ぎか^_^;)

閑話休題、マンガではありませんが内藤ルネという挿絵画家が好きでした。
挿絵画家というカテゴリーでいいのかなあ、マンガじゃなく、
グラヴィア扱いのイラストだった記憶があるから。
馬蹄形の目で大きな瞳の中にお星様がキラキラしてましたね。
きれいでしたねえ♡
Commented by Mtonosama at 2016-03-31 18:33
♪すっとこさん

わ、よく覚えておいでですね。
私も実はあのシーンの他はあまり覚えてないのです。

自分の記憶のいい加減さに驚くのは最近BSで観た『カサブランカ』。
久々に観たら私の頭にあったラストシーンと実際のラストシーンが全然違ってた。
長い年月の間に自分がこうあってほしいという結末に頭の中で勝手に作りなおしていたようです。

マンガは読んだことのないとおっしゃっていたすっとこさんも
手塚先生の作品はお読みになっていたのですね。でも、その宇宙猫の話、知りません(-_-;)

今日もポチッをありがとうございました。