ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

さざなみ -2- 45YEARS


さざなみ
-2-
45YEARS

f0165567_642786.jpg

(C) The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014
(C) 45 Years Films Ltd



子どものいない年金生活の夫婦ジェフとケイトが主人公の本作。
牧草地の広がる地方都市の郊外に二人は静かに暮らしています。
絵に描いたように穏やかで平和な老後を送る二人。
土曜日には結婚45周年の祝賀パーティを控えています。

その日は月曜日
早朝いつものように飼い犬の散歩に出かけるケイト。
朝もやの中、「煙が目にしみる」を口ずさみながら帰宅します。
♪Smoke gets in your eyes
彼女がまだ若かった頃、50年代のヒット曲です。

ストーリー

月曜日
週末に結婚45周年祝賀パーティを迎えるジェフとケイト。
だが、これまでの45年間がそうであったように
夜になれば一杯のワインとケイトの料理を楽しみ
「キルケゴールが好きだよ」などと話すジェフの言葉に
軽い茶々を入れるケイト。
静かに過ごす日々。
それはこれからも変わらない筈だった。

ジェフに届いた一通の手紙が、
50年以上前にスイスの雪山で亡くなった
彼の恋人カチャの死体が氷の下でみつかったことを告げるまでは。

火曜日
ジェフはケイトを町に誘う。
ランチをとるため待ち合わせたカフェで
ジェフは地球温暖化の本を読み耽っている。
氷河は猛スピードで溶け、その水は岩盤の下に溜っている。
そして、いつか決壊してすべてを流してしまうという内容の本だ。
恋人カチャも発見されていなければそうやって流されていったのだろうと
憑かれたように語るジェフ。

夜、ダンスホールで初めて会った日のことを話す二人。
リビングで頬を寄せ合い静かにダンスをする。
久々の高揚感からジェフはケイトをベッドに誘う。
深夜、かすかな物音に気付いたケイトは目を覚ます。
ベッドの隣にジェフがいない。
彼はカチャの写真を屋根裏部屋で探していたのだった・・・

水曜日
友人のリナと出かけたケイトは
ジェフが会社のOB会に行きたがっていないことを知らされる。
その日、町で見かけたジェフはひどく疲れた顔をしていた。
家に戻ったジェフはカチャのことをケイトに夢中で話し始める。
ケイトはジェフに問いかける。
「もし彼女が死んでいなければ、彼女と結婚してた?」
ジェフは答える。
「そのつもりだった」・・・

木曜日
いやいや会社のOB会に出かけるジェフ。
ジェフを会社まで送り届けたケイトは躊躇いながらも
屋根裏部屋に続く階段を上がる。

そこには50年以上前の旅の記憶と愛の記録が満ち満ちていた。
スライドを壁に映し出すケイト。
若々しいカチャの笑顔が大きく映し出される・・・

金曜日
目覚めた時、ジェフはいない。
バスで町に入ってくるというメモを残してある。
ピンときたケイトは旅行代理店へ。
「私の夫が来なかったかしら?」
店員は答える。
「スイス行きのお客様ですね」

夕方帰宅したジェフにスイス行きのことを問い詰めるケイト。
氷河の岩盤の下に溜った水が決壊するように45年の日々を押し流していく・・・

土曜日
今日は二人の結婚45周年の祝賀パーティ。
ジェフはケイトにジュエリーのプレゼントを用意していた。
微笑みながらVネックのパーティドレスの胸元にそれをつけるケイト。
美しく上品な彼女。
パーティのクライマックス、ジェフのスピーチ。
ジェフは涙ぐみながら
「君と結婚できたことは僕の人生の最高の選択だった」・・・

♪Smoke gets in your eyes
ダンスタイムが始まった。
だが、ケイトの視線はジェフを離れ、中空に漂う……

f0165567_614518.jpg

45年も経って何やっているの?と
もし、この夫婦に子どもがいたら言うに違いありません。
実はわたしもそう思いました。

恋人は既にこの世にいないにせよ
アルプスの雪山で20代の姿のままでみつかった彼女のことを
呆けた目つきで語る夫には
わたしがその立場だとしても、もちろん怒りを感じ、
それはしこりとなって残るに違いありません。

でも、45年も経っているんでしょ?

でも・・・
自分だとしたら・・・
本作はそんな風に観客を巻き込んでいく容赦ない映画です。

子どものいない夫婦なら尚更
夫であること、妻であることを演じ続けていかなければ夫婦生活は維持できません。

盤石な存在と見えた氷河も
年月の経過と共に溶けていきます。

氷河の下から現れた20代のままの姿を保つ夫の恋人の遺体は
70代の妻の45年の夫婦生活に小さなさざなみを立てました。
そして、さざなみは次第次第に拡がっていくのです。

コツコツと積み重ねてきた日々を覆される妻の懊悩を
シャーロット・ランプリングが静謐な演技で表現します。

年代によって、男女によって、いろいろに感じ取れる映画だと思いました。
女の目から見れば
「ジェフ、あんたは甘えてるよ」ですけど。
男から見れば
「なにもそんなことで・・・」なんでしょうね。

愛は若死になんです。
愛を和みに、愛を穏やかさに変えるために
夫婦は演技し続けないといけなかったのに。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月1日に更新しました。まあ、4月ですってよ!☆

さざなみ
脚本・監督/アンドリュー・ヘイ、プロデューサー/トリスタン・ゴーライアー、原作/トリスタン・ゴーライアー“In Another Country”、撮影/ロル・クローリー、BSC
出演
シャーロット・ランプリング/ケイト・マーサー、トム・コートネイ/ジェフ・マーサー、ジェラルディン・ジェームス/リナ、ドリー・ウェルズ/サリー、デヴィッド・シプリー/ジョージ
4月9日(土)よりシネスイッチ銀座他全国順次公開
2015年、イギリス、英語、カラー、95分、配給/彩プロ

by Mtonosama | 2016-04-01 06:23 | 映画 | Comments(10)
Commented by すっとこ at 2016-04-01 12:49 x
ひゃああああああああああああああああ!

「シャーロット ランプリングに
メガネかけさせたら 殿様に」

あるあるあるあるあるある!

氷河に埋もれた恋人、といえば
昔々見たB級映画で
「氷河の流れで彼が麓まで 流れてくる
のを ずーーーーーっと老女になるまで
一途に待ってた女性がいました。
ある日 ついに氷河が足元まで。
氷を割ってもらい 若いままの恋人に再会。
胸にかけたロケットの蓋を 震える手で
こじ開けて見ると
・・・中に入ってた写真は 自分のではなく
見知らぬ女性だった」
てのが ありましたっけトホホ。

そんなのを思い出しながらポチッと!!
Commented by Mtonosama at 2016-04-01 20:26
♪すっとこさん

だ、だって、シャーロット・ランプリングの目じりの下がり方が私と同じだって思ったんですう^_^;
そ、それに髪型も1週間前の私と同じなんですう。
似てるって、ちょっと言ってみたかったんです・・・

さ、話変えよ。恥ずかしいから。
そのB級映画、かわいそうな結末ですね。
私が思い出したのはアルプスで発見された数千年前の人のミイラ。
アイスマンと呼ばれています。
狩りに出てクレバスにはまって死んでしまったんでしょうね。
現代にみつかるというのもなんかなあ。つらかったろうなあ。
今日もポチッをありがとうございました。

















ポチッをどうもありがとうございます。
Commented by なえ at 2016-04-02 12:12 x
ええええええええええええええ~!?
どっち?すっとこさんは「あるあるあるある」と
いうけど殿様は「目じりと髪型が似てるだけ」て~。
目じりと髪型が似てるなら世の中100万のシャーロット・
ランプリングがいまっせ~。

えー、私の殿様のイメージは知性的で凛としたハンサム
ウーマンというものどした。でもシャーロット・ランプリング
似なら、とっても品のあるエレガントな雰囲気ですがな。
それって私と同じタイプ!!とまあこういうことにしとき
まひょ。あ、もちろんすっとこさんもきっと知的でエレガント
な女性だと思ってますよ~(*^。^*)
これで三方うまくおさまって、めでたしめでたしヽ(^o^)丿

私も「緑の猫」て知りません。男子系の漫画本でもないんですか?

内藤ルネ!!覚えてます~!顔の半分くらいある目のロングの
髪の毛で、女の子女の子した絵でしたね。毎号何かイラスト的に載ってましたね。グラビアと言えば、何と言っても森下洋子
達のバレエ写真でしたな~!

映画そっちのけのコメでした(^_^;)
Commented by Mtonosama at 2016-04-02 16:32
♪なえさん

はい、私はシャーロット・ランプリング似の100万人の中の一人です^_^;
って、よーいうわ。ピアノを弾いているシャーロットさん、お鼻が高うおます。私はこんなに鼻も高くないし・・・

知的ハンサムウーマンでいいです。
それだって身に余る褒め言葉です。あ~、ブログって顔がわからないからいいですね。

私は少年マガジンとか貸本マンガの愛読者でもありましたので、バレエ写真はあまり記憶にないのですが、松島トモ子(あのライオンにかみつかれた人です)が石井漠バレエ教室に通っていたということは少女雑誌から得た知識だと思います。

ちなみに貸本マンガは「影」というのを愛読していた記憶があります。なんのこっちゃ、ですな。
Commented by ライスケーキ at 2016-04-02 21:30 x
ありましたねぇ。事件が。
老夫の介護をしていた女性が、
夫の昔の浮気話を聞いて殺してしまった事件が。

夫にとっては たわいもない昔話だったのでしょうが、
妻にとっては 今までの生活を全て
否定されたような気持になったのでしょう。

「さざなみ」が「つなみ」にならないと良いのですが。
一人でゆっくり見たい映画です。
Commented by Mtonosama at 2016-04-03 05:47
♪ライスケーキさん

そういえばありましたっけねえ。
介護する立場になってみれば、昔の浮気話をされて
なおかつ甲斐甲斐しく世話までできません、ということですよね。

この映画をご夫婦で観ても絶対意見が食い違うんじゃないかな。
おっしゃる通り一人で、あるいは、女友達と観たい映画です。

Commented by poirier_AAA at 2016-04-04 22:51
言ってもいいですか。
ジェフ、あんたは甘えてるよ。
ジェフ、あんた相当おバカさんだね。
目をさますんだ、ばっちーん(平手打ちの音)

そりゃあ昔の恋人は忘れられないでしょうよ。でも45年連れ添った相手ですよ?嫌いだったら一緒にはいられないし、45年の重さは他の誰とも分かち合えないじゃないですか。
それなのに、昔の女に引きずられます?

うーん、ロマンチストといえば聞こえはいいですけど、こういう夢見る男はちょっとなぁ。。。。と思ったのでした。あえて男の人と一緒に見て感想を聞いてみたい気もしますね。
Commented by Mtonosama at 2016-04-05 05:56
♪poirier AAAさん

わあ、スッキリした~!!
poirier AAAさん、ありがとうございます。

男って、長年連れ添った妻を母親みたいに扱ってるんじゃないかなあ。
いえ、ここではジェフとはっきり言った方がいいですね(男にはかなり一般的にこの傾向はみられるとは思うけど)。

冗談じゃない。
45周年記念パーティで泣いてなんかほしくない。
ジェフ、甘えてんじゃないよ。

彼女の諦めを含みつつも凛としたまなざしが良かったです。
Commented by ヨモギ at 2016-04-05 06:58 x
おはようございまーす♪

同じくスッキリでーす!!

なんなのこの無神経オット(怒)
腹たちました!

poinier AAAさんに言っていただいて
ほんとスッキリです!

横レス失礼いたしましたが、
これでノドのつかえがとれましたヨ。
有難うございます(^0^)/


Commented by Mtonosama at 2016-04-05 15:37 x
♪よもぎさん

腹たちますよねぇ。
でも、最初は腹が立つということは夫を好きということか?とか、夫にそんな風に勘違いされるといやだ、とか、余計なことを考えてたんですが、poirier AAAさんに言い切ってもらって気持良かったあ。