ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

シリア・モナムール -2- Eau Atgentee,Syrie autoportrait


シリア・モナムール
-2-
Eau Atgentee,Syrie autoportrait

f0165567_4162478.jpg


邦題は『シリア・モナムール』
原題は“Eau Argentee,Syrie autoportrait”
「銀の水、シリアの自画像」という意味でしょうか。

「銀の水」Eau Argenteeはクルド語では「シマヴ」。
このシマヴこそ殺戮と残虐さに満ちた映像に
詩と愛を注ぎかけて
ほのかに輝く銀色に染め上げる女性です。

SNSの悲惨な映像を見ながら罪悪感にうちひしがれていた
オサーマ・モハンメド監督は
同じくSNSの洪水の中でそのシマヴという女性に出会いました。

シマヴは破壊されつくした街ホムスに留まり
カメラを回し続ける女性です。

彼女は監督に“ハヴァロ”(クルド語で「友」の意)と呼びかけ、
罪悪感に沈んだ彼を救い出しました。
「ハヴァロ、もしあなたがシリアにいたとしたら何を撮る?」と。

シマヴは監督の目となり、耳となり、手となってカメラを回します。
例え、自身が銃弾に倒れても、
その身を病院のベッドに横たえながらも、
撮影し続けます。

f0165567_4235957.jpg

血まみれの男が斃れています。
彼は前日『ヒロシマ・モナムール』の上映で知り合い、
言葉を交わした男でした。
また、亡くなった小さな少女を抱いて泣き叫ぶ父の姿もあります。
最初、お人形を抱いているのかと思ってしまったほど
小さな愛らしい遺骸でした。
道路に横たわる犬、
片目と片足をなくした猫もカメラをみつめています。

You Tubeから取り出したデモや瓦礫や遺体や歎きの動画
そして
シマヴが撮影する映像。

シマヴはまた瓦礫となったホムスに残る子どもたちのための学校も作っていました。
どんな状況に置かれても友達と会い、学校に来るのは楽しいのでしょう。
にこやかな笑顔が観客の目に焼きつきます。

――次のシーン――

小さな硬直した遺体が横たわっていました。
眼を背けたくなるようなシリアの現実。

ときおり挟みこまれるシマヴとオサーマの声が
愛の睦言のように聞こえます。
それは残虐なシーンに曝された眼と耳には救いとなると同時に
手の施しようもないシリアの現状を際立たせるのですが――

オサーマ・ムハンメド
1954年ラタキア生まれ。1979年全ロシア映画大学卒業。
1988年に長編デビュー作『Stars in Broad Daylight』を発表。
現代シリア社会を痛烈に批判する作品として国内上映禁止されるが、
カンヌ国際映画祭‘88”監督週間“で公式上映、
同年開催バレンシア国際映画祭では最高賞を受賞。
長編2作目『The Box of Life,2002』は
カンヌ国際映画祭‘02「ある視点部門」に公式出品。
2014年『シリア・モナムール』は
カンヌ国際映画祭‘14“スペシャルスクリーニング“部門でワールド・プレミア上映。
山形国際ドキュメンタリー映画祭‘15で優秀賞を受賞。

カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、アブダビ国際映画祭、
ドバイ国際映画祭、MoMAドキュメンタリー・フォートナイトなど
世界中の映画祭で審査員やワークショップの講師を務める。

ウィアーム・シマヴ・べデルカーン
シリア・ホムス市出身のクルド人女性。
シリア国内で身の安全を確保するため別名で活動していたが、
近年シリアとトルコの国境付近の難民キャンプに移動、
子どもたちのための学校を開いた。

いや、はっきり言って観ることが辛い映画です。
観たからといってシリアにとって何の力にもなれないかもしれません。
でも、観ることから始まるものがあるのも確かでしょう。

本作を観ることは蝶の羽のひとそよぎのようにか細い行為かもしれません。
でも、その蝶の羽が大きな風となって
何かを変える奇跡が起こってくれますように。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆6月15日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

シリア・モナムール
監督、脚本/オサーマ・モハンメド、ウィアーム・シマヴ・べデルカーン、オリジナル音楽・ヴォーカル/ノマ・オルマン、写真/ウィアーム・シマヴ・べデルカーン、1001年のシリアの人々、オサーマ・モハンメド、編集/アサド・メゾン、追加編集/ダニ・アボ・ロー、レア・マッソン、音楽編集/ラファエル・ジラルド、ミキサー/ジャン=マルク・シック、エグゼクティブ・プロデューサー/セルゲイ・ラウル、カミーユ・レムレ、オルワ・ニラビワ、ダイアナ・エル・ジョルデ、協力/ルチアーノ・リゴリーニ
6月18日(土)シアターイメージフォーラムほか全国順次公開
2014年、シリア・フランス映画、アラビア語、96分、カラー、日本語字幕/中沢志乃、配給宣伝/テレザとサニー

by Mtonosama | 2016-06-15 04:30 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2016-06-15 06:17 x
おおおおおおおおおおおおおおおおおお!

ラストの4行、「蝶の羽根のそよぎ〜」が
まさに至宝の名文、名調子ですね!

予告篇を観ました、観てしまいましたが
片目片足の猫のところで 目を閉じたくな
りました。

もちろんヒトのところも、なのですが。

猫はカメラマンへ寄ってきて 小さな口
を開けて ニャアと鳴いてたのでしょうか。

これはもう言葉を失いました。

これ以上は
何をどう書いていいか 分かりませぬ。

今日は無言でポチッと。
Commented by Mtonosama at 2016-06-15 14:33
♪すっとこさん

そうなんですよ。怪我をした猫はカメラをじっと見ているんですよね。責められているように感じました。

爆撃の下には大人も子どもも家畜もいるということを空爆する側はわかっているんでしょうか。

つらい映画です。

無言のポチッをありがとうございました。
Commented by ライスケーキ at 2016-06-15 20:50 x
「蝶の羽根のひとそよぎ」。
好いですねぇ

私はベトナム戦争の時、
戦争を終わらせる為に
何もできないけど、
「砂漠の一つの砂」の力にでも
なればと、反戦デモに
参加しましたが、
シリアの場合は.…。

何も出来ないと思ったけど、
ネットを観ていたらありました。
シリア難民を助ける募金です。
自分の国がこんな悲劇に見舞われているから、
命がけでヨーロッパに逃げてくるんですね。

でも、ヨーロッパの国々も
難民受け入れには限度がある。

やはり、シリアの問題を解決しなくては、
ドーニモならない。
「国境のない医師団」に寄付しよう。
彼の地でがんばっている
日本人もいるんですね。
Commented by Mtonosama at 2016-06-16 05:48
♪ライスケーキさん

そうですね。国境なき医師団、UNHCRといったところに
カンパするという手もありますよね。

しかし、時折どうしようもなく無力な思いにとらわれてしまいます。
お天気のせいもありますかねえ(-_-;)