ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

太陽の蓋 -1-


太陽の蓋 
-1-

f0165567_5341833.jpg

©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi


何が不思議といって、
あの日、あれだけの大震災に襲われ、
津波に多くの人命が流され、
さらに原子炉建屋の水素爆発という事態まで目の当たりにしながら
原発再稼働を主張する政府、電力会社、経済界の心の内ほど
不思議なものはありません。

5年前
水に流されながら燃える家や
仙台空港にまで押し寄せた津波が旅客機をじりじりと押していくという
信じられない光景をTV画面の中に観て息を呑みました。
そして、
「原発は?原発はどうなった?」
と不安になりました。

それから後の眼を疑うような映像をリアルタイムで追いながら
ああ、もうこの国は終わりなんだ―――
と胸がしめつけられました。

あれから5年。
世の中は何もなかったかのように回り、
知らぬ間に夜の街もあの出来事の前のように明るくなりました。

Under control
と目じりも頬も垂れた総理大臣は明るく口にします。

んな訳ないだろうが!

f0165567_5362882.jpg

当試写室では
あの事故の後、
2011年5月『100,000年後の安全』
http://mtonosama.exblog.jp/15982946/
10月『アンダーコントロール』
http://mtonosama.exblog.jp/16742174/
http://mtonosama.exblog.jp/16755138/
2012年2月『プリピャチ』
http://mtonosama.exblog.jp/16755138/
http://mtonosama.exblog.jp/17256592/
3月『核の傷 肥田舜太郎医師と内部被曝』
http://mtonosama.exblog.jp/17357891/
http://mtonosama.exblog.jp/17368770/
10月『フタバから遠く離れて』
http://mtonosama.exblog.jp/18045431/
http://mtonosama.exblog.jp/18055781/
2013年2月『故郷よ』
http://mtonosama.exblog.jp/18576798/
http://mtonosama.exblog.jp/18591585/
2014年2月『家路』
http://mtonosama.exblog.jp/21442421/
http://mtonosama.exblog.jp/21456325/
2016年2月『大地を受け継ぐ』
http://mtonosama.exblog.jp/24953297/
http://mtonosama.exblog.jp/24962676/

8本の原発、放射能関連の映画を上映してきました。
内『プリピャチ』『故郷よ』はチェルノブイルのその後を描いた映画、
『核の傷 肥田舜太郎医師と内部被曝』は広島原爆以後のドキュメンタリーです。

ドキュメンタリーが多いのですが、
2012年10月には『希望の国』(園子音監督)という劇映画も公開されています。

当試写室で上映した劇映画は『家路』でした。
福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内で代々暮らし、農業を営み、
今は仮設住宅に暮らす家族が主人公の物語。
松山ケンイチ、内野聖陽、田中裕子が出演しています。

f0165567_538214.jpg

今回、上映するのは『太陽の蓋』。
これまでの映画が原発事故後、福島の地を離れ、
苦悩する人々の日々を描いたものだとすると、
本作は
あの事故の後、息をつまらせるような思いで
TV画面をみつめた私たちの日々を
再現するような作品です。

東日本大震災が発生し、福島原発事故が起きた
3月11日からの5日間。
原発事故の真相を追う新聞記者をキーパーソンとし、
首相官邸内、東京や福島で暮らす人々の姿なども多角的に捉えた
オムニバス構成の劇映画です。
2011年3月11日以降、未曾有の事態に身動きできず
何一つ真相が見えない不安の中にいた日々が蘇ります。

f0165567_5404987.jpg

製作にあたった橘民義さんは言います。
「私がこの映画を作りたいと思ったのは
事故以来今日まで大きく歪曲して伝えられた事実を
正確に伝え直したいと思ったからに他ならない」

もう一度、あの日を思い出してみましょう。
あんな怖い日々のことを忘れるなんてとんでもないことです。

まして再稼働だなんて――
どういうこと?



今日もポチッとお願いできたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月3日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

太陽の蓋
監督/佐藤太、脚本/長谷川隆、製作/橘民義、プロデューサー/大塚寧、音楽/ミッキー吉野、撮影/小宮由紀夫
出演
北村有起哉/東京中央新聞記者・鍋島、大西信満/毎匡新聞記者・山中、中村ゆり/鍋島の妻・麻奈美、郭智博/修一
7月16日(土)より渋谷ユーロスペースより全国順次公開
130分、カラー作品、配給・宣伝/太秦

by Mtonosama | 2016-07-03 05:45 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2016-07-03 21:51 x
殿様の試写室では、なかなか観る機会のないような、
放射能関係の映画をいろいろ紹介して貰いました。
本当は「観る機会がない」じゃなくて
TVでも放映して「観る機会」を沢山作って
私達が観るべき作品だと思うんですけど…。
まっ、ムリでしょうね。

いくらお金が儲かるったって、
こんな地震国で原発を再稼働する
人の気が知れない。

次回紹介待ってます。

Commented by なえ at 2016-07-03 22:44 x
そして5年以上も経ってから、実はメルトダウンしてたけど
隠してました、なんてシレッと言ってくれる。ほとぼり冷めたら騒がないだろう、と本当に国民を舐めてる。で「あ、そー」と舐められて怒りもしない私たち。情けないです(;_:)

昨日京大病院で火事があったんです。部屋の中が炎で真っ赤に燃えてました。それがツイッターによると 「RI(放射性同位元素)低レベル実験室」で、実験中に火災が発生し相当量の放射性物質が拡散しただろうと。「放射能クライシスはいろんな形で、顕在しつつあります」と。
それほどテレビ見ないけれど、その後そのニュースは聞いてません。それも隠蔽?
「木下黄太のブログ」というのを見て下さい。

アドレス打ったら下の文句が出てきました↓
「エキサイトブログで禁止されているキーワードが含まれているため、コメントが受け付けられませんでした。」
Commented by Mtonosama at 2016-07-04 05:51
♪ライスケーキさん

こんなに暑くなると、映画館まで足を運ぶだけで一苦労ですが、渋谷までおでかけの節はぜひぜひいらしてください。

しかし、暑いですね。咽喉が痛いので首にハンカチを巻いて寝ましたが、汗でビショビショになり知らない間にむしりとっていました^_^;
Commented by Mtonosama at 2016-07-04 06:03
♪なえさん

え~~~っ?!
エキサイトブログで禁止されてるキーワード?
エキサイトまで自己規制?

京大病院の火災、知りませんでした・・・
Commented by すっとこ at 2016-07-05 23:38 x
ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

原発爆発当時の記者会見時に 発表してる人物
に近寄ってきた他の社員が 何やら耳打ちして
その場面が 音声拡大で再生されて

はっきり「官邸から 炉心溶融という言葉を使わ
ないよう指示がありました」って。

当時の菅氏や枝野氏から猛烈抗議があってから
このビデオは 行方不明になったのか 出なくな
りましたねぇ。

太陽の蓋。
原子力を太陽に例えて 誰も太陽に蓋が出来ない
って事なのか?

近くまで飛びすぎて翼を付けたロウが溶けたの
は イカロスだったね。

次号ストーリー待つ気持ちで力強くポチッと!!
Commented by Mtonosama at 2016-07-06 05:16
♪すっとこさん

あのとき、すっとこさんは一時帰国の時でしたね。

外国人はどんどん帰国していき、
福島の人々が避難民になった日々でした。
思い出すと胸が苦しくなります。
何一つ解決していないのに再稼働してどうする!?
って・・・
また怒ってしまいました。

イカロスは一人だったけど、このままじゃ日本中が巻き込まれてしまいます。

力強いポチッをありがとうございます。