ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ヤング・アダルト・ニューヨーク -2- WHILE WE’RE YOUNG


ヤング・アダルト・ニューヨーク
-2-
WHILE WE’RE YOUNG

f0165567_4573335.jpg

©2014 InterActiveCorp Films,LLC.


さて、ジェネレーションXのジョシュに
声をかけてきた青年ジェイミー。
彼・ジェイミーの属する世代がジェネレーションZ
日本のゆとり世代より若いようですよ。

ジェネレーションZ
アメリカ合衆国においてジェネレーションYの次の世代を
「ジェネレーションZ」と呼称する。
ジェネレーションYよりもさらに周囲のIT環境が進展しており、
生まれた時からインターネットが当たり前のように存在する
デジタルネイティブ(ネットネイティブ)世代である。
かつてはジェネレーションYが
一般的に1970年代半ばから1980年代に生まれた世代とされていたため、
ジェネレーションZもそれに続く1990年代以降に生まれた世代とされることが多かった。
「ニュー・サイレント・ジェネレーション」と呼ばれることもある。
なお、ジェネレーションZの次の世代については
「ジェネレーションα」という名称が考案されている。(Wikipediaより)

と、長々しくジェネレーションZを引用してしまいましたが、
世代で線引きされるというのは
当の世代にとってはあまり面白くはないものでしょうね。
なにかといえばやり玉に挙がる日本のゆとり世代は気の毒ですし、
数が多いというだけで厄介者みたいにいわれてきた団塊世代だって
つらい思いをしてきた筈です。

さあ、どんなお話でしょうか。

f0165567_521232.jpg

ストーリー
ブルックリンに暮らすドキュメンタリー映画監督のジョシュと
映画プロデューサーのコーネリアは子どものいない40代の夫婦。
同年配の友人の赤ちゃん自慢に
うんざりしつつもちょっと複雑な気分だ。

前作で高評価を得てから8年。
ジョシュの新作は未だ“編集中”。
今はアートスクールの講師をしている。
授業後、ジョシュは生徒の20代の夫婦から声をかけられた。
ジョシュの前作に感動したと語る監督志望のジェイミー。
オーガニックアイスクリームを作って販売する妻・ダービーはそんな夫を応援している。

ある日、ジョシュとコーネリアは二人の家に招待されて驚いた。
壁にはLPレコードとVHSテープ。
手作りの家具。
ジェイミーはインスピレーションの赴くままに
映画を撮り、イベントを開催する。
生活そのものがアートなのだ。

やがてジョシュはジェイミーと、
コーネリアもダービーと
ニューヨークの街に繰り出していくようになる。

そんな中ジェイミーと入ったとあるカフェ。
そこで、ジョシュは義父ブライトバートとばったり。
彼は高名なドキュメンタリー映画監督。
彼をジェイミーに紹介すると
「あなたの作品を観て人生が変わりました」
すかさず自己PRするジェイミー。
ん?
……

f0165567_532438.jpg

とまあ
20代のジェネレーションZに翻弄される
40代のジェネレーションX
同じ気でつきあうには無理があります。

時代に後れをとるまい、と
スマホ片手にSNSを使いこなす筈が
逆に束縛される40代。

眼の調子が悪いので医者に行き
老眼と診断され
「え、僕の歳で?」
「あなたの歳だからですよ」
ああ、40代。
笑うに笑えない惨めな40代。
自分の年齢を受け入れきれない40代。
(うんうん、自分もそうだった・・・)

でも、世代論は置いといて
40代は社会的な立場にも身体にも変化が現れる時期。
20代はなんといっても伸び盛り。
その20代の最新ファッションが
40代が若かった頃のファッションだったことも
この映画の悲しいところ、
いや、
笑えるところなんですねえ。

意識していなかった老化に抗うのか、受け入れるのか、
いずれにせよ、40代は人生の岐路でありましょう。

ああ、40代をはるか昔に終わっててよかった。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月12日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

ヤング・アダルト・ニューヨーク
監督・脚本・製作/ノア・バームバック、製作/スコット・ルーディン、リラ・ヤコブ、イーライ・ブッシュ、撮影/サム・レヴィ
出演
ベン・スティラー/ジョシュ、ナオミ・ワッツ/コーネリア、アダム・ドライバー/ジェイミー、アマンダ・サイフリッド/ダービー、チャールズ・グローディン/ブライトバート、アダム・ホロヴィッツ/フレッチャー
7月22日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開
アメリカ、97分、字幕翻訳/石田泰子、http://www.youngadultny.com/

by Mtonosama | 2016-07-12 05:14 | 映画 | Comments(4)
Commented by ライスケーキ at 2016-07-12 17:39 x
40代がかなり昔になってしまった。
まだまだ、これから何か出来そうだけど、
選択肢は狭くなるね。
100歳超えると、先が見えてくるけど…。

しかし、この国で政治屋になるには
タレントになった方が手っ取り早い。
真の政治家は国民が育てなくちゃ、
何だか 怖いことになりそうで心配…。
Commented by Mtonosama at 2016-07-12 18:48
♪ライスケーキさん

気が重いですね。
でも、熊本県知事に当選した三反園さんが川内原発を
一時停止して点検すると言っていますよ。

40代は110年も昔のことになったけど、まだまだできることは
していかないとね。
Commented by すっとこ at 2016-07-12 21:52 x
なーーーーーーーーーーーーーーーーんだか!

「老眼、と言われて年を感じる」のが ウチら
の子供世代!になっちまった 150歳ですわね、
ご同輩 殿様ぁ。

先日 娘がジャスト40歳になりました。
おお、娘が40歳ね。とじみじみ。
そして孫の1番上の背は とっくにすっとこ
を追い抜いてくれました。

世代交代を40代が感じるとは。
ううむ 歳月人を待たず・・・。

この映画まだNYで公開してるなら観たいなあ、
の気持ちを込めてポチッと!!
Commented by Mtonosama at 2016-07-13 05:45
♪すっとこさん
な~~~~~んと!
お嬢さん40歳ですか!!
私たちもどんどん大人になりますわね。
まずはお誕生日おめでとうございます。
お嬢さん二度目の成人式か・・・

今日もポチッをありがとね♡