ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

あなた、その川を渡らないで-2- My Love,Don’t CrossThat River


あなた、その川を渡らないで
-2-
My Love,Don’t CrossThat River

f0165567_538124.jpg


(C)2014 ARGUS FILM ALL RIGHTS RESERVED.


主人公の老夫婦に出会ったのは
まったくの偶然だったというチン・ヨモン監督。

チン・ヨモン監督
1970年生まれ。
1997年、ドキュメンタリー製作の現場に初めて足を踏み入れて以来
主にTV用のドキュメンタリーを演出、製作。
2013年、イ・ソンギュ監督の劇映画『シヴァ、人生を投げろ』(日本未公開)
でプロデューサーを務める。
2014年『あなた、その川を渡らないで』で監督デビュー。
現在、北朝鮮出身の潜水要員に関するドキュメンタリー『異邦人』を制作中。

さて、主人公夫婦はいつも韓服を着ています。
二人が暮らす山間の田舎町では月に一度五日市という市が立ちます。
市が立つとご夫婦は一番美しい韓服を着て
訪れるのが長年の習慣でした。

ある時、たまたまその市に取材に来ていた地方紙の記者が
ふたりを目にして記事にしたのがネットで話題になり、
テレビ番組に登場。
その後はバラエティ番組で紹介される程有名に。
民族衣装がふたりを世に知らしめた訳ですね。
f0165567_5425797.jpg


ストーリー
おばあさんの用意した食事におじいさんは文句を言ったことがない。
まずかったら残し、美味しかったら残さずきれいに食べる。
そして、食後は必ずおばあさんにお礼を言う。

おじいさんはコマとゴンスンという2匹の犬を可愛がっている。
犬たちと楽しそうに遊ぶおじいさんをおばあさんは縁側で笑みを浮かべてみつめる。
76年間お互いをみつめ合いながら過ごしてきた。

ふたりには12人のこどもがいた。
だが6人は幼い内に亡くなっている。
お正月になると子どもや孫たちが集まってくる。
おばあさんの誕生日にも皆一同に集まり、
楽しい時間を過ごす。
だが、しばらくすると長男と長女が
年老いたふたりを心配するあまり、口喧嘩を始めた。

ふたりはおばあさんが14歳の時に結婚。
男と女のことをするのが恥ずかしく夜になると隠れていたおばあさん。
おじいさんはおばあさんが大人になるまで待ち、
その間は優しく顔を撫でてくれた。
98歳の今も、
おじいさんはおばあさんの顔を撫でながらでないと眠れない。

いつものように市場へ出かけるふたり。
新しい寝巻を着せてもらうこともなく死んでしまった
6人の子どものために寝巻を買い揃える。
先に死んだ方が天国で子どもたちに渡すのだという。

ある日、愛犬のコマが死んでしまった。
体調を崩していたおじいさんはショックで気力をなくしてしまう。

膝が痛むおばあさん。
おじいさんは力をふりしぼって街の病院につきそう。

おじいさんの咳が止まらない。
おばあさんは「天国でも着られるように」と
竈におじいさんの着物をくべる。
夏服と冬服の区別もつかないおじいさんを心配し
「天国でも教えてあげなくちゃいけないから、すぐに私を迎えにきてね」
とつぶやくおばあさん。

お天気の良い日、ゴンスンが仔犬を産む。
おじいさんも少し元気になり、仔犬たちと遊ぶ……

f0165567_5525044.jpg

ささやかな幸せに感謝しつつ
日々を生きる老夫婦。
仲の良さと幸せそうな様子しか目に映らないけれど
6人も子どもを亡くし、
先の大戦や朝鮮戦争も生き抜いてきたであろうふたり。

静かな感動に打たれ、
各人の祖父母を思い出させてくれる作品です。

やっぱり泣いてしまい、すぐに席を立てなかったとのでした。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月24日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

あなた、その川を渡らないで
監督・撮影/チン・モヨン
出演
チョ・ビョンマン/おじいさん、カン・ゲヨル/おばあさん
7月30日(土)シネスイッチ銀座ロードショー
2014年、韓国、86分、日本語字幕/伊勢田京子、配給/アンプラグド、http://anata-river.com/

by Mtonosama | 2016-07-24 05:46 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2016-07-25 23:34 x
うっわああああああああああああああああん!

二匹のワンコの一匹が虹の橋を渡ってしまい
体調を崩していたお爺さんは すっかり気力を
なくしてしまうのですね。

でも神様は いらっしゃる!
もう一匹に 子犬が産まれた!
子犬にペロペロ顔舐められるお爺さん。
寝っ転がってる場合じゃねぇぞ!

これで元気になっちゃうんだから ペット
いいえ 家族の力は素晴らしい!

ワンニャン万歳❣️

と そういう話でいいでしょか、
肉球で力強く ポチッと!!
Commented by Mtonosama at 2016-07-26 06:02
♪すっとこさん

ま、そういう話ではないのですが・・・^_^;

でも、足元も定まらない仔犬がよたよた歩いている様子はかわいい。
時々尻もちをついたりするともうクチャクチャとしたくなる位かわいい♡

おじいさんは弱り切っているのだけど、やっぱうれしそうに目を細めているの。

気の弱いわたしはこの先のストーリーを続けられなかったのでした・・・

ポチッを今日もありがとうございました。
Commented by ライスケーキ at 2016-07-26 16:41 x
生と死を分ける 三途の川。 The river.
こう言う考えって、日本、韓国 、欧米…。
宗教も違うのに、共通の考えなんでしょうか。
臨死体験をした方の話でも、亡くなった方が
川の向こうで手を振っていたとか。
渡らないで振り向いたら生き返ったとか。
万国共通で こう言う考えが脳に
インプットされているんでしょうか。
それとも、The river 本当にあるのかな?
Commented by Mtonosama at 2016-07-27 05:42
♪ライスケーキさん

もう100年位前になるでしょうか・・・
学生時代の友人が亡くなりました。
オーストリアのグラーツに一人で暮らしていました。
彼女の夫は彼女の亡くなる3年前に亡くなっていました。

彼女は第三の目を持っているって感じの人で、
帰国してうちに遊びに来た時も近所の霊感スポットで
「あ、耳が聞こえなくなった!」と叫んだりしました、
彼女、大病で死にかかったとき、やはり三途の川を渡ったと言っていました。川を渡るときはとても気持が良く「背後から名前を呼ばれるとイラッとするのよ」なんて言ってました。
だから、彼女の夫が亡くなる時、義母が必死に息子の名前を呼ぶのを「止めなさい」と制したそうです。

「死ぬ時は痛くも苦しくもない。ただ気持が良いだけ」という彼女の言葉は遺されたものにとっても救いです。

間もなく来るその日を必要以上に恐れないようにしたいです。