ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 -2- Little Boy



リトル・ボーイ
小さなボクと戦争
-2-

Little Boy

f0165567_6135531.jpg

(C)2014 Little Boy Production, LLC.All Rights Reserved.

本作にはとても印象的な日本人俳優が出ていました。

外国人ばかりの中に日本人が登場すると
身びいき意識が生じてしまうものですし、
その俳優が良い味を出していると、とても嬉しくなります。

これってオリンピックで日本が活躍すると嬉しくなるのと
同じ心情でしょうかねえ。

主人公ペッパーの親友となる日系人ハシモトを演じた
ケイリー=ヒロユキ・タガワがその人です。

f0165567_6145321.jpg

ケイリー=ヒロユキ・タガワ
1950年9月27日、東京生まれ。
エキストラとして出演した『ゴースト・ハンタ―ズ』
(‘86 ジョン・カーペンター監督)でキャリアをスタート。
翌87年、ベルナルド・ベルトリッチ監督『ラスト・エンペラー』で
溥儀の教育係役に抜擢される。
2008年『HACHI 約束の犬』(ラッセ・ハルストレム監督)で
主演のリチャード・ギアの親友を演じ、セドナ国際映画祭観客賞を受賞。
その他
『ヒマラヤ杉に降る雪』(‘99 スコット・ヒックス監督)
『PLANET OF THE APES 猿の惑星』(‘01 ティム・バートン監督)
『SAYURI』(‘05 ロブ・マーシャル監督)
など多数

本作では毅然とした日本人を演じてくれました。

あ、主人公のママを演じたエミリー・ワトソンも良かったなあ。
女性としての凛々しさ・・・といったらいいでしょうか。
とても勉強になりました。

さあ、どんなお話でしょう。

f0165567_6344027.jpg

ストーリー
第二次世界大戦中のカリフォルニア州の小さな漁村。
8歳のペッパーは背が低く、みんなからリトル・ボーイと呼ばれていた。
唯一の友人兼相棒はパパのジェイムズ。
パパはいつだってペッパーのお手本だった。
だから、手品師のベン・イーグルにもパパと一緒に心酔している。
心配事といったら兄ロンドンの入隊だけ。
一家の幸せはこれからも続くものだとばかり思っていた。

しかし、兄が偏平足を理由に入隊審査に落ちると事情は一変。
兄に代わりパパが入隊することになったのだ。
「すぐに戻ってくるよ」の言葉を残し、パパは去った。

ペッパーはパパが欲しがっていたウェスターン・ブーツや
ベン・イーグルの奇術ショーのチケット2枚を買い、パパの帰りを待つ。

そんなある日、
パパがフィリピンで日本軍の捕虜になったという通知が・・・

心配でたまらないペッパー。
母親は兄ロンドンに言って
ペッパーと一緒にベン・イーグルの奇術ショーへ行かせる。

ペッパーは少し元気を取り戻す。

すると、ベンからアシスタントとして壇上に呼びだされたペッパー。
そして、なんと、手も触れずに瓶を動かすことに成功したのだ!

自分もベンのような力を使えると信じたペッパーは
戦地のパパに向けて念を送り始めるのだった。

ある日、
合衆国への忠誠を示した日系人が
収容所から釈放されるというニュースが流れ、
ペッパーたちの住む小さな村にハシモトがやってきた。
ペッパーはパパを捕虜にした日本兵を憎む余り
ハシモトの家に石を投げ、ガラスを割る。

次の日ペッパーは教会のオリバー司祭に呼び出された。
司祭は瓶を動かすのを見せてくれとペッパーに言う。
必死で念を送るペッパー。

だが、瓶は動かない。
すると暫くして司祭が瓶を机の端に動かした。
司祭は言う。
「君の力で私の手が動いた。
瓶を動かしたいという願いが私を動かしたんだ」
信じる力が神様に届けば願いはかなうかもしれないと
ペッパーを諭す司祭。

司祭は古くから伝わる教会のリストに
「ハシモトに親切を」と書き加え、
リストに書かれた全てをやり遂げることが
信仰を神様に伝えることなのだと教えた……

f0165567_6331866.jpg

リストには
飢えた人に食べ物を
家なき人に屋根を
囚人を励ませ
裸者に衣服を
病人を見舞え
死者の埋葬を
と書かれていました。
それに「ハシモトに親切を」を加えたんです。

ひとつずつリストの課題を片づけていくペッパー。
ペッパーは次第にハシモトに心を開き、
そしてハシモトもペッパーと親しくなっていきます。

戦争の影も見えないカリフォルニアの小村にも
日系人へのすさまじい敵意や差別が渦巻いているし、
ペッパーのあだ名リトル・ボーイと広島原爆を重ね、
8月6日広島に原爆が投下された日、大人たちはペッパーをほめたたえます。

あの日、アメリカ中で起きていたであろうことを
第三者の眼で客観的に描いた作品です。

複雑な想いに陥りつつ、
不思議なおとぎ話のような本作を満喫しました。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月14日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

リトル・ボーイ
監督・脚本・製作/アレハンドロ・モンテヴェルデ、脚本/ぺぺ・ポーティーロ、製作・ストーリーコンサルタント/レオ・セヴェリ―ノ、撮影/アンドリュー・カデラーゴ、作曲/ステファン・アルトマン、マーク・フォスター
出演
ジェイコブ・サルヴァーティ/ペッパー・フリント・バスビー(リトル・ボーイ)、エミリー・ワトソン/エマ・バズビー、ケイリー・ヒロユキ・タガワ/ハシモト、マイケル・ラバポート/ジェイムズ・バズビー、デヴィッド・ヘンリー/ロンドン・バズビー、エドゥアルド・ヴェラステーギ/クリスピン司祭、製作・製作総指揮、ベン・チャップリン/ベン・イーグル、トム・ウィルキンソン/オリバー司祭
8月27日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ユーロスペースほか全国ロードショー
2014年、米、106分、カラー、字幕翻訳/戸田奈津子、提供/日活、配給/東京テアトル、
http://littleboy-movie.jp/

by Mtonosama | 2016-08-14 06:45 | 映画 | Comments(10)
Commented by すっとこ at 2016-08-14 07:05 x
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

リトル・ボーイの祈りは通じて 相棒のパパ
は戻って来たのですね!

リトルボーイが少年の呼び名であり 原爆の
名前である以上「僕のせい?」と少年が思っ
てしまうのは 当然ですよね。

他国映画に往々にしてある歪曲された日本人
ではなく ハシモトが等身大に凛々しく描かれ
ているらしいので

この映画を観に行きたい!

そんな気持ちで力強くポチッと!!
Commented by アイスケーキ at 2016-08-14 10:43 x
なかなか興味深い作品です。
皆が司祭のリストを守ったら、
世の中平和になるのにね。

マタイ福音書に
「右の頬を殴られたら、左の頬をさしだせ」
という言葉があるけど、
ある人が 牧師の右の頬をたたいたら、
牧師がその人に殴りかかってきた。
と、いう話がある。
リストどうり実行するのは、
難しいですね。

Commented by Mtonosama at 2016-08-14 15:55
♪すっとこさん

信じる者は救われる、ですかね。
この子役がとっても可愛いんですよ。

でも、若いイケメン好きの私が渋いハシモトさんを気に入ってしまいました。

生まれた国を離れ、よその国で頑張ってる人は偉いなあと思う自分であります。
ハシモトもすっとこさんも偉い!

力強いポチッをありがとうございました。
Commented by Mtonosama at 2016-08-14 16:01
♪アイスケーキさん

はは、ま、普通いきなりたたかれたら反射的に手がでますよね。

この映画では司祭さまも良い人だし、
(なんせただ一人ハシモトを守る人ですからね)
男の子も可愛い。
ママも貞淑だし、ハシモトも毅然としているーー
こんなに良い人ばかりなのに、大勢集まるとおかしなことになるんだから、嫌になりますね。
Commented by なえ at 2016-08-15 21:19 x
教会って、地域の相談役だったり問題解決のリーダー的役割をしてますよね。それに比べると日本のお寺はそういう色合いは薄いような・・・


すっとこさん
ヘドロタコ坊主劇場へ参入ありがとうございます!
当試写室では鬼獣&奇獣タコドンを今後絶賛上映の
予定です。

タコはウチ及び 10数軒の地主です。元々ウチとタコ院は
同じ持ち主のものでした。その持ち主がウチに住み、タコ院はその持ち主の菩提寺として作られました。元の持ち主にとってはウチとタコ院は自分のものなので、境界という認識はなかったと思います。それが問題の原因になってるのです。寺号に
続く。

ところで、私ならあのリストの最後には「タコを八つ裂きに!」というのを入れますな(^.^)

それから報告です。
先週、みるくんがねぐらにしていた空き家に許可をもらって
捜索させてもらいましたが 結局手掛かりはみつかりませんでした。ウッドデッキの下や落ち葉を熊手で掻いてみましたが、分かりませんでした。みるくんは用心深い子だったので、人間が簡単に見つけられるようなところで生を終わらせるようなことはしなかったようにも思います。「ごめんね、助けられなくて」と思うだけです。


Commented by びなちゃん at 2016-08-16 01:25 x
イキナリ横です。なえさん、みるくん見つかりませんか。
ワタシも過去に急に姿を見せなくなった何匹かの猫を探し回りました。隣が三階建てのアパートを建ててる最中で工事のヒトに排水の穴とか床下開けた工事をしているときに声をかけたり。でも、この年になるといい意味でオバハン力がついてそう言う事が出きるもんだすな。でも不明になった彼らは見つかりませんでした。
この夏もあまりの熱さからか家の回りにいるレギュラーメンバーが何匹か、姿を見せなくなりました。
いなくなった猫達には、せめてもあなたを思っていた人間がいたんだよと心で思うばかりです。することはしたのだから、していたのだから、その分生きている他の猫にまたお世話の気持ちを強くされて下さいませ。

Commented by びなちゃん at 2016-08-16 01:50 x
横二弾目。なえさん寺号。

うちは横に大手の賃貸アパートが建った後、次は裏にまたまた大手のマンションが😅
うちの方がちょっと高い位置に建ってるんですが、マンションの工事で塀をショベルカーで掘り過ぎてごっそりえぐれてしまいました。ビックリ!
まあ色々交渉、結果、地盤直し、うちの塀側床のコンクリート、フェンス張り直ししました。直った後、近所のオバサン曰く、前より良くなったねとまで言われましたが。でもえぐれたまま住んでるときは怖かった。

しかしお寺さんなんだから住むわけでもないのに、け●の穴が小さいですな!
なえさん、頑張れ!

くまさんリトルボーイのことじゃなくてごめんなされ。
前のミリキタニさんの本も出ていて改めて復習しました。あれから何回か収容所ツアーに参加されその後のに描いた収容所時代の絵も変化してました。
観に行きますね。
Commented by なえ at 2016-08-16 14:41 x
びなちゃんさん

ありがとうございます!みるくんがねぐらにしていた家は盗人萩が大量に生えていて、それを切って切って見通しがよくなって捜したものの、やはり分かりませんでした。ウッドデッキには汚れたじゅうたんが敷いてあって、みるくんのと思える毛がこびりついてました。きっとここで寝てたんだろうなと思わずウルウルとこみ上げるものが・・・指先のひとすくい分だけその毛を持って帰りました。
みるくんは耳カットされてました。どこかで地域猫だったのが流れて餌やりおばさんの所へ来たのか経緯は分かりません。雄の本能を奪われ野良にされて、何て不運な子だろうと思います。いつもビクビクとおばさんの所にそうっと餌を食べに来ていたみるくん・・・生きていて幸せだなあと感じられた時があったことを願っています。

殿様、大幅にお借りしてすみません<(_ _)>
Commented by Mtonosama at 2016-08-16 15:20
♪なえさん

いやはや暑い中、タコのおかげで大変なことになっていますね。

みるくんのこと、心残りですね。でも、十分想いは届いているのではないでしょうか。
盗人萩を刈りながら捜索を続け、遺髪を掬い取ってこられたとのくだりに涙が。

八重葎茂れる宿の寂しさに・・・
などという柄にもない一節を思い出しました。
Commented by Mtonosama at 2016-08-16 15:39
♪びなちゃんさん

おばはん力は天下無敵だ!
私は馬齢を重ねましたが、その力はまだ身についていません。強くならねば。

この暑さには純毛の猫たちはつらいでしょうね。おばかなひかちゃんは暑いさなかにも表へ飛び出そうと全神経を研ぎ澄ませていますが、今日は150歳の瞬発力が勝ちました。

しかし、みなさん土地問題ではご苦労なさっていらっしゃいますね。そういえば、うちも引っ越し前の住まいでお隣の住人から朝の6時前に電話で抗議されたことがありました。

ミリキタニさんは何度も収容所跡にいらっしゃいました。亡くなったと思っていたお姉さんにも会うことができたし、知らなかった親戚にも会うことができた。『ミリキタニの猫』で監督との出会いはじめ、様々な出会いがあり、ミリキタニさんの晩年も大きく変わりました。
みこちゃんの登場する短編もぜひご覧ください。