ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

キング・オブ・エジプト -2- Gods of Egypt


キング・オブ・エジプト 
–2-
Gods of Egypt

f0165567_585885.jpg

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


なじみ深いけれどあまりよく知らなかった古代エジプト。
それを舞台にこんな冒険スぺクタルを作ってしまうのだから恐るべしハリウッド。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。

ストーリー
神と人間が共存する古代エジプト。
残虐な暴君と化した砂漠の神・セトは
戴冠式で強引に天空の神・ホルスから王座を奪い取る。
それ以降、民である人間たちはセトの圧政の下で苦しめられていた。

ある日、セトの神殿の宝物庫に忍び込んだコソ泥のベックは
青く光り輝く球体を奪い取る。
それこそホルスが再び王に君臨するために必要な≪神の眼≫だった。
しかし、それがきっかけとなりベックの恋人ザヤは囚われの身になってしまった。

セトが待ち受けるピラミッドに忍び込んでもうひとつの≪神の眼≫を盗み出すため、
また、死が迫るザヤを救い出すため、ベックは冒険の旅に出る。
ベックが共に旅立つのはセトに王座を奪われ意気消沈していたホルス。

ホルスはセトを追放するためには砂漠を崩壊させなければならないと言う。
そこで二人はホルスの祖父であり、セトの父でもある
宇宙を司る太陽神・ラーの助言を受けながら一歩一歩進む
だが、その道にはさまざまな難関が待ち受ける。
二匹の大蛇を操る二人の戦いの女神や
セトが送り込んだハンターたち
スフィンクスが仕掛ける謎。
それらをクリアしながら前進する二人。
妖艶な愛の女神・ハトホル、うぬぼれ屋の知恵の神・トトも彼らの味方だ。

だが、セトは黄金の翼を得て強化され、父親であるラーにも挑みかかるのだった。
エジプトだけではなく全宇宙をもその支配下に治めようとするセト。

ベックとホルス、
そして恋人ザヤの運命やいかに……

f0165567_5254996.jpg

神と人間との描き分けは体の大きさ。
といっても巨大神というほどのでかさではなく
ジャイアント馬場と舞の海くらいの違い、
というところがなんか中途半端なんですけどね。

だから俳優たちは演じる時の目線の高さに苦労したんですって。
例えばホルスがベックと会話をするシーンでは
ベック役のブレントン・スウェイツのお腹あたりに目線を向けたり、というように。

背景はCGで後付けで作られるため
俳優たちは何もないところで演技しなければならなかったそうです。

ここでこんなネタばらしをしても
実際に観ると興奮するというか、手に汗握るというか、
結構楽しめるのがこの手の娯楽超大作ってやつでしょうか。

昔からゲームが苦手なとのはその世界を知らないけれど
もしかしたらゲームの達人たちにとっては
こういう映画は結構常識の範囲内なのかもしれませんね。

暑さしのぎに映画館へ足をお運びくださいませ。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月26日に更新しました。いつも応援いただきありがとうございます☆

キング・オブ・エジプト
監督/アレックス・プロヤス、脚本/マット・サザマ、バーク・シャープレス、製作/ベイジル・イヴァニク、アレックス・プロヤス、撮影/ピーター・メンジース・Jr
出演
ニコライ・コスター=ワルドー/ホルス、ブレントン・スウェイツ/ベック、チャドウィック・ボーズマン/トト、エロディ・ユン/ハドホル、コートニー・イートン/ザヤ、ルーファス・シーウェル、ジェラルド・バトラー/セト、ジェフリー・ラッシュ/ラー、レイチェル・ブレイク/イシス、ブライアン・ブラウン/オシリス、エマ・ブース/ネフティス、ヤヤ・デュン/アスタルテ、アビー・リー/アナト
9月9日(金)全国超拡大ロードショー
2016年、アメリカ、127分、カラー、字幕翻訳/林完二
http://gaga.ne.jp/egypt/

by Mtonosama | 2016-08-26 05:30 | 映画 | Comments(4)
Commented by アイスケーキ at 2016-08-27 16:26 x
私 CG映画苦手なんですよね。
100歳過ぎると、
若者がエキサイトすることに、
あまり、感動することが無くなった。

今年 USJに行ったけど、
スパイダーマンとかハリーポッターとか、
見たことのない映画のアトラクションばかりで、
高い入場料出して ひたすら並ばされて
なにも面白くなかった。

まぁ、どんな所か
一度行ってみようと思い、行ったけど
だんだん世間について行けなくなった
自分を感じました。

Commented by Mtonosama at 2016-08-27 19:05
♪アイスケーキさん

USJにいらしたんですか?
『ジョーズ』のアトラクションとかまだありますか?
オープン当時のものだからもうないのかなぁ。
一度は行ってみたいと思っていたけど、結局行けないままだろうなぁ。

ずっと暑かったので若干夏バテ気味。
今日は風が涼しくて助かります。
Commented by なえ at 2016-08-28 22:58 x
予告編では、走り回り暴れまくりで、150歳には疲れますです(_ _)。エジプトの話なのに主人公らは何で白人?というのがこの手の映画いつも?です。

「畜類なお恩を報ず、人類いかでか恩を知らざらん」と、修証義というお経にあるよ。
↑と殿様の言葉、タコにぶつけてやりたい。殿様お経とかよく知ってるんですね。
寺の庭は以前から近所の足の悪いオジサンが散歩の途中に寄ってました。タコがデカイ門を作った後も、そこへ行って花を見ていたら、タコが来て「何か用ですか!」ときつい調子で言ったのでそれ以来行くのを止めたそうです。裏の住人は二階が物干し場なんですが、ある時寺から電話がかかってきて「客が来るので見た目が悪いので洗濯もの干さないでほしい」と!またその住人が物干し場にいたら、タコが玄関から出てきたので「お早うがございます」と挨拶したら、上から挨拶したと怒っていたと!ったく何様と思ってるねん<`ヘ´>

Commented by Mtonosama at 2016-08-29 04:17
♪なえさん

そうなんですよね。『ベンハー』も登場するのは白人ばっかりでした。

お経のこと。
はい、私は毎朝般若心経と修証義を唱える隠れ仏教徒であります(^_^)v
ひかちゃんが幼少のみぎりはこのありがたい読経を最後まで聞いていることができず
「飯くれ、飯くれ」と騒いでおったものですが、
最近はお経が終わってからおもむろに「ご飯をください」と請求するようなお利口な娘に成長いたしました。

しかし、とんでもないタコ坊主ですな。
寺というのは飢饉のおりには開放したり、貧窮した民が訪れればお金を手渡しするところだったとものの本で
読みましたが。
花をめでる近隣の住民を責め、洗濯物を干すな、というなど言語道断ではありませんか(怒)。