ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ある天文学者の恋文 -2- Correspondence


ある天文学者の恋文 
-2-
Correspondence

f0165567_772415.jpg

(C)COPYRIGHT 2015 - PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.


天文学や星というロマンチックできらびやかな先入観で頭をいっぱいにして
本作を観ると冒頭でカウンターパンチをくらいます。

まもなく朝を迎えるホテルの薄暗い部屋でもつれあう男女が
トルナトーレ監督の最新作に
胸躍らせる観客を出迎えるからです。
150歳は少しドキドキ。

エディンバラからイタリア、サン・ジュリオ島へ―――
物語は謎に満ち溢れて展開していきます。

f0165567_710232.jpg

ストーリー
大学の大教室でエイミーは恋人のエドから届いたばかりのメールを
微笑みながら目を通した。いつも通りの優しい文面。
大教室では
恋人であり、指導教官でもあるエドの講義が行われることになっていた。
ところが、壇上の講師が発表したのは
著名な天文学者エド、エドワード・フィーラム教授の訃報―――

にわかに信じられないエイミーはニュースを検索。
すると、確かにエドは4日前に亡くなっている。
2人が出会った記念日である昨日も
彼から花束とビデオメッセージが届いているのに。

エイミーはエドが暮らすエディンバラ行きの飛行機に飛び乗った。
二人は深く愛し合う恋人であり、
天文学の教授と学生として星を研究する者同士互いに尊敬し、
純粋な絆で結ばれていた。

エイミーはエディンバラの街を歩き回り、
エドの家の周辺もさまようが、どこにも彼の気配はない。

と、そこへ、まるでエイミーを見ていたかのようなメールがエドから届く。
「弁護士事務所へ行くように」と。

弁護士から渡されたのは
手紙、エドの父の遺品である指輪、そしてDVD。
DVDの中で
「これ以上僕からのメッセージを受け取りたくなかったら
僕のアドレスに11回Amyと書いて送ってくれ」
とエドは語るのだった。

エイミーはあれほど一生懸命だった映画スタントのバイトにも行かなくなり、
エドの死を受け入れられないまま鬱々と日を送っていた。
そんな彼女に再びエドから手紙と鍵が届いた。
毎年エドの誕生日は
イタリア湖水地方サン・ジュリオ島にある別荘で過ごしていた二人。
今年もまたエドのいないまま、その日が近づいていたのだ。

島まで小舟で送ってくれる船頭はまるでエドが生きているようにふるまい、
想い出のレストランで、店主は席もメニューも
去年と何ひとつ変えずに用意して彼女を迎えた。

早朝物音に気付いて起きると別荘の管理人だった。
テーブルの上にDVDを置いてくれとエドに頼まれたのだという。
パソコン画面のエドに微笑みかけるエイミー。
その後、思いがけない言葉がエドの口から。
「君が隠していた秘密を知っている・・・」
エドはひそかにエイミーの過去を調べていた。
怒った彼女はDVDを暖炉に投げ込み、
エド宛のメールに11個のAmyの名を送ってしまう……

ITの進歩で夢物語とは思えなくなった永遠の愛。

映画の世界でも
テクノロジーを介在させた本作のような話や
AI(人工知能)との恋愛を描いた
『her/世界でひとつの彼女』(’14 スパイク・ジョーンズ監督))などが登場しています。
これはスカーレット・ヨハンソンが声だけで出演していました。
なんの声かって?
はい、AIの声です。

『her』などわずか2年前の作品ですが、
実は受け入れることができませんでした。
っていうか、わからなかったんです。
なので、当試写室でも上映できませんでした。
150歳にもなると頭が硬いんですよね。

f0165567_7115821.jpg

実は本作も、
エドはそんなに先の先まで考えて
メールの文面を考えたりしていたのか。頭の良い人は違うな、
などと的外れな感心をしていました。

でも、あるところで
亡くなった人からのメッセージを誕生日や記念日に送るという計画が
実際に行われているという話を聞いて
その計画自体に感動すると同時に
本作もストンと胸におさまりました。

そして、トルナトーレ監督の先進性と洞察力に驚いた次第です。
テクノロジーとロマンに満ちた星々の世界。
オリジナル・タイトルはcorrespondence(通信)です。
確かに通信そのまんまの作品ですが、
こればっかりは邦題『ある天文学者の恋文』に星3つ進呈したいと思います。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆9月4日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ある天文学者の恋文
監督・脚本/ジュゼッペ・トルナトーレ、音楽/エンニオ・モリコーネ、撮影/ファビオ・ザマリオン
出演
ジェレミー・アイアンズ/エドワード・フィーラム教授、オルガ・キュリレンコ/エイミー・ライアン、ショーナ・マクドナルド/エドの娘・ヴィクトリア、パオロ・カラブレージ/島の舟乗り・オッタヴィオ、アンナ・サヴァ/島の女・アンジェロ、イリーナ・カラ/エイミーの母親
9月22日(木・祝)ロードショー
イタリア、英語、122分、カラー、字幕/松浦美奈、配給/GAGA、後援/イタリア大使館http://gaga.ne.jp/tenmongakusha/

by Mtonosama | 2016-09-04 07:27 | 映画 | Comments(8)
Commented by なえ at 2016-09-04 13:22 x
1枚目の写真なんぞ、「古稀(または喜寿)をお祝いする孫娘とお祖父ちゃん」に見えてしまう私は、映画のロマンから見離された150歳の婆アでせうか?この教授は老衰で亡くなられたんですかね(^_-)

タコ2号(殿様、すみません、たくさんスペースをお借りします<(_ _)>。興味のない方はスルーお願いします)

なぜ9年で止まったかと言うと、裏庭にあった松の木が枯れてきたのです。植木屋さんは放っておくと台風の時に倒れたり、松くい虫が飛んで近所の松に被害をもたらすと。そういう事態なので今回松と他の木もついでに切るので庭を通らせてほしいと頼みました。
1カ月して弁護士を通じて(この頃は地代裁判をしていた時で双方の弁護士が間に入るという何ともまだろっこしい奇っ怪な伝達方式)返事が来ました。「剪定はいいが、(タコの庭に)車両が入るのは小型の車両でも困難ですので、ご遠慮下さい」と。9年間裏庭は手を入れてないので大量になるので寺の庭に車を入れて作業をしなくては植木屋さんの負担が大変。庭に車を入れて作業をしたいと言うとこういう返事。
しかし寺はこの年約半年自分の墓地の工事のためにほぼ毎日2台も3台も車を通していたのです!!自分の所の車は通しても、こちらの車は通させないと言うのです。
またまた頭に来たなえ夫婦は「そういうことを言うなら頼まないが、松の木が倒れても虫で近所の松の木に被害が生じても、こちらは責任は負いかねる」と返事しました。
それからさらに1カ月してまたまた弁護士を通して承諾の連絡をしてきました。
タコはいつでもすぐ動かず弁護士を通してしか連絡してきません。人に説法をする立場にあるのに隣人とはコミュニケーションすらできないのです。
Commented by Mtonosama at 2016-09-04 19:09
♪なえさん

外国のお方は旬のときが早いですから。
13~4歳できれいな男子になりますが、40~50歳になると一気に老け込みますもんね。
人生ははかないですなあ。

しかし、タコ坊主、聞けば聞くほど腹が立ちますね。
地所に車を入れさせたがらない人は多いものですが、自分は車を入れておきながら
なえさんに「止めろ!」というのも納得のいかない話。

まだまだ係争は続くのでしょうが、どうぞ向こうのペースにはまらずにおきばりくださいませ。
Commented by すっとこ at 2016-09-04 23:35 x
うううううううううううううががががががが!

いつの頃からでしょうか
なえさんの仰るような【じーじと孫娘】
のような恋愛が認知され出したのは。

外国映画では割と当たり前のように
描かれていて「あんなじじーに恋愛
感情持つかよ、こんな若い娘っこが」
で観てたのが

いつしかフツーに 「ふむふむ」と
見られるようになり

日本映画でも【先生の鞄】で年の差
恋愛がありましたね、これは原作が
あったからですけどね。

殿様が 最後にストンと納得なさったと
いう題名、そうなの?
訳を知りたいから観たいなあ。

謎に満ちて ポチッと!!

〈なえさん
タコ坊主は聖職者(死語か)とは思えない
ふるまいですのう!寺号で展開あるか??
Commented by Mtonosama at 2016-09-05 10:40
♪すっとこさん
あちらではおばあさんと孫息子か!?みたいな恋愛もありますよね。

150才にもなり、相手も同じお年頃というと相当限られてしまうから
わたしも孫息子との歳の差カップルでいってみようかしら。

謎ポチッをありがとうございました。
Commented by アイスケーキ at 2016-09-05 22:34 x
ガンにかかった若い母親が
後に残される幼い娘のために
毎年誕生日に届くように
メッセージを残した。
と言う話をTVでやっていました。
ちょっと感動しました。

でも、恋人からはいらないな。
残された恋人の心に
良い思い出ばかりが残れば
それで十分。

まして、年配?の恋人が若い恋人に
「君は僕のこと忘れてしまうだろう。」って
ある意味 忘れて良いんじゃない。
彼女には未来があるんだから。

なえさん
世の中理不尽なこと多いです。
でもこの場合 相手が「僧侶」と
いうのが気に入らない。
まさに タコ坊主 ですね。



Commented by Mtonosama at 2016-09-06 04:47
♪アイスケーキさん

なるほどねえ。死後のメッセージも相手次第ですかねえ。
150歳にもなると130年前のように夢中になることはありませんが、
やっぱりメッセージはうれしいかも。

これほどテクノロジーの発達していなかった頃の映画は
恋人の遺した衣服が重要なメッセージを発していました。
『砂丘』のラストシーン、忘れられません。
あんな映画を作られた日には後に続く監督さんたちは大変ですよね。

Commented by poirier_AAA at 2016-09-06 23:15
わたしもアイスケーキさんに賛成。
先に死んでしまった相手に「魔法使いは君を独りぼっちにはさせない」なんて言われたら、どんなに好きな相手だったとしても猫パンチをお見舞いしたくなるでしょう。あんた、なにさまのつもりや!(予告編を見てけっこう憤慨しております)いや、片方が死んじゃっていたら、途中で関係の軌道修正だってできないじゃないですか。そういうのは愛情とは呼ばないんじゃないかな〜?出口のない牢獄に入れられたみたいですよ。

でも、これが実際に最後まで見たらなみだなみだの作品だったりして。。(笑)やっぱり見てみたいとダメですね。
Commented by Mtonosama at 2016-09-07 05:53
♪poirierAAAさん

死んでしまった人のメッセージというテーマ、案外好きなんです。
恋人に限らず、祖父母や両親や親友からのメッセージ(それが呪縛であれ)を
感じられたら、心が安らぎます。

150歳にもなるとやはり片足があちらの世界に入ってしまっているからでしょうか。