ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

奇跡がくれた数式 -1- The Man Who Knew Infinity


奇跡がくれた数式
-1-
The Man Who Knew Infinity

f0165567_619526.jpg

©2015 INFINITY COMMISSIONING AND DISINTRIBUTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED


ノーベル賞の季節が来るたびに「頭の良い人はいるものだなあ」と
いつも感心しつつ、我が身、我が係累には誰もいないな、
と改めて己が頭脳に絶望するのであります。

今回、当試写室で上映するのは
ノーベル賞こそ受けはしませんでしたが、
独学で数学を学んだインド人天才数学者
シュリニバーサ・ラマヌジャンと
英国人数学者G・H・ハーディの
友情と美しい数式を描いた『奇跡がくれた数式』です。

美しい数式といっても数学に弱いとのには
美しいのかどうかわかりません。
でも、
宇宙のごとく整然としているような気はします。

あ、本作は実話です。

f0165567_625591.jpg

(C)Richard Blanshard


シュリニバーサ・ラマヌジャン
シュリニバーサ・ラマヌジャン(1887~1920)はインド南部に生まれる。
独学で数学を学んだインド人天才数学者。
正式な教育は受けていなかったが、
数学的解析、数論、無限級数、及び連分数において多大な貢献をもたらした。

10歳の時、数学に出会い、すぐに才能を開花。
さらに独自の定理を発見し、オイラーの等式を独力で再発見した。
16歳の時、ジョージ・シューブリッジ・カーズ著「純粋数学の初等的結果要覧」を
教科書にして、高等数学を独学。
17歳の時にはベルヌーイ数とオイラーの定数における独自の研究を行っていた。
その後、インド南部の大学から奨学金を受け、入学したが、
数学以外の授業を落第したことから奨学金は停止。
別の大学に移り、研究を続けながら、
生計を立てるためマドラス港信託事務所経理局の事務員として働いていた。
1912年~13年、ケンブリッジ大学の3人の教授に研究のサンプルを送る。
その中の1人だったG・H・ハーディはラマヌジャンの才能に気付き、
ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジへ誘う。
1914年~19年、2人は共同研究を行い、
ラマヌジャンは英国王立協会とトリニティ・カレッジのフェローとなる。
1920年、インドに帰国した翌年、栄養失調、肝臓の感染症が原因で死去。
32歳だった。

G・H・ハーディ
G・H・ハーディ(1877年~1947年)は
数論と数学的分析において功績を残した英国人数学者。
1940年に発表した論文「ある数学者の障害と弁明」は
数学に対する美意識を洞察したものとして有名。
あるインタビューで最大の功績は何かと訊ねられ、
「ラマヌジャンを見出したことだ」と答えたという。

ハーディはサリー州に住む教育者の家庭に生まれ、
数学に優れた両親の下で幼い頃から数学に親しんでいた。
ウィンチェスターカレッジから奨学金をもらい、研究者として働き始める。
1896年トリニティ・カレッジに移り、1900年にはフェローとなる。
1919年にはバートランド・ラッセルの事件の余波を受け、ケンブリッジを去る。

f0165567_6293553.jpg

(C)Richard Blanshard

数式と言えば「博士の愛した数式」(小川洋子著)しか知らないので、
このお二人の説明ばかりが長くなってしまいました。

映画の方はどうかといいますと
ラマヌジャンを演じたのはデヴ・パテル。
『スラムドッグ$ミリオネア』の気弱そうな様子が印象的だった彼です。
http://mtonosama.exblog.jp/10706035/

そうそう
『マリーゴールドで会いましょう』でも
http://mtonosama.exblog.jp/18459415/  http://mtonosama.exblog.jp/18510401/
口から先に生まれたような調子のよいホテルマネージャーを演じていましたね。
スラムドッグから7年、マリーゴールドからも5年、
スリムな少年もほんの少し男らしくなっての出演で「大きくなったね」と
150歳はつぶやいてしまいました。

G・H・ハーディ先生は先日上映した
『ある天文学者の恋文』
http://mtonosama.exblog.jp/25751942/  http://mtonosama.exblog.jp/25782299/
で教授役だったジェレミー・アイアンズですよ。

数学は成績こそ悪かったけど、数の不思議には惹かれる150歳。
自分の誕生日が月も日にちも素数であることが自慢です。
月と日にちをとっぱらって一つの数字にしても素数なんですよ。
って、どうでもいいですよね。

さあ、いったいどんな映画でしょうか。
数学が苦手でも十分に楽しめる映画だということはお約束します。
乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただければ幸甚の至りです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月10日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

奇跡がくれた数式
監督・脚本/マシュー・ブラウン、原作/ロバート・カニーゲル、撮影/ラリー・スミス、美術/ルチャーナ・アリギ、プロデューサー/エドワード・R・プレスマン、ジム・ヤング、ジョー・トーマス、マシュー・ブラウン、ソフィア・ソダーヴァン、ジョン・カッツ
出演
デヴ・パテル/ラマヌジャン、ジェレミー・アイアンズ/G.H.ハーディ、デヴィカ・ビセ/ジャナキ、ジェレミー・ノーサム/バートランド・ラッセル、ケヴィン・R・マクナリー/パーシー・アレキサンダー・マックマーン、リチャード・ジョンソン/ヘンリー・ジャクソン、アンソニー・カーフ/ロバート・アルフレッド・ハーマン、ポードリック・ディレーニ―/ベグラン、シャザド・ラティフ/チャンドラ・マハラノビス、アルダティ・ナグ/コーマラタンマル、ドリティマン・チヤタージー/S・ナーラヤーナ・アイヤル、スティーヴン・フライ/サー・フランシス・スプリング、トビー・ジョーンズ/ジョン・リトルウッド
10月22日(土)角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿ほか全国順次ロードショー
2016年、イギリス、108分、字幕翻訳/松浦美奈、配給/KADOKAWA、http://kiseki-sushiki.jp/

by Mtonosama | 2016-10-10 06:45 | 映画 | Comments(11)
Commented by Ich at 2016-10-10 15:26 x
この物語は本当のお話で数学界でもそのような本でやはり知り、天才はいるのですねーと思ったものです。
映画時間をいつも記してくださっているので100分以上の作品は嬉しくなります^^(外国語がたくさん聞けるので・・・)いつもご紹介に感謝です(*^^)v
Commented by Mtonosama at 2016-10-10 16:48
♪Ichさん

信じられないような天才っているんですね。
でも、このものすごいラマヌジャンさんも奨学金を受けて入った大学で
数学以外の科目を落とし、奨学金を取り消されたという経歴には
なんか楽しくなってしまいました。本人も周囲も楽しいどころか真っ青に
なったと思うのですが。


Commented by poirier_AAA at 2016-10-10 22:04
>自分の誕生日が月も日にちも素数であることが自慢です。

ええ、これはちょっと嬉しいかもしれません。特別な数字で出来上がってるんですものね。

えーっ、奨学金もらうのに全科目ちゃんとできないとダメなんて、大学でそれをやったらもったいないでしょう。せっかくの才能を摘んでしまうじゃありませんか。あ〜もったいない。

でも、そんな不運に遭っても彼はきちんと見出されたんですね。見出す目を持つ人がいるというのもすごいことですね。数学、わかったら楽しいでしょうねぇ。
Commented by すっとこ at 2016-10-11 01:52 x
ええ?

ええええええ?

えええええええええええええっっっ!

そんな発見をした天才青年は

英国を去って一年後に
「栄養失調(と肝臓疾患) で亡くなった」
んですか!

殿様 すらっと書いておいでですが
すんごく ショーーーーーーック!
でしたがね。

ショック覚めやらぬままに ポチッと❣️
Commented by Mtonosama at 2016-10-11 05:38
♪poirierAAAさん

素数ってやっぱり特別な数ですよね。
こそこそ足し算していって、それが素数になったり、
大好きな数字3になったりすると嬉しいです。

インドの人は数学が強いって聞いてるから、そういう映画かと
思ったら、なんとも素敵な、神秘的な映画でした。
数式って神秘的ですよね。
でも、∫(インテグラル)とか→nみたいなのすっかり忘れていますが。
Commented by Mtonosama at 2016-10-11 05:42
♪すっとこさん

はい・・・
「神々に愛されるものは夭折する」ですよ。
南インド出身だから冬のロンドンの寒さと灰色の空に
身も心もつぶされてしまったのでしょうか。

天才っているんだなあ、ということをあらためて知らされました。
今日もポチッをありがとうございました。
Commented at 2016-10-11 20:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ライスケーキ at 2016-10-11 20:57 x
又、何故か非公開になっちゃった。
次回は ちゃんと公開コメントに
なりますように!
Commented by Mtonosama at 2016-10-12 06:22
♪ライスケーキさん

頭の良い人はいるんですね。
天才万歳!の映画だと思って観たのですが、
なんか結構涙をぬぐってしまいました。
いえ、これは涙目のせいではなかったと思います。

それにしてもどうして非公開になってしまうのでしょう。
お答えできなくてごめんなさい。
Commented by ヨモギ at 2016-10-13 21:07 x
こんばんは~♪
この青年どこかで、見たことがあるな。。と思いましたら、
あの『マリーゴールドホテルで。。。』のハチャメチャ若人だったんですネ!

「神々に愛される人は夭折する」のですか、なるほど。。。でも自分のほうに召しちゃうんでなく、人間界で活躍させてほしいですネ!!
これは、DVDになったときに、見ようかな、と思います。
ジェレミー・アイアンズも好きなんです(^0^)/
Commented by Mtonosama at 2016-10-14 06:33
♪ヨモギさん

そうです。そうです。『マリーゴールド~』に出てきた男の子です。
あの頃は男の子と呼びたいような感じだったのに、いまや立派な青年。
孫の成長を喜ぶおばあさんの心境であります(^_-)-☆

ほんとうに・・・
神様は身勝手なことをなさいますよね。
でも、彼の研究はいまブラックホールの解明に役立っているんだそうです。

数式がどうしてブラックホールと結びついていくのか、
神々に愛されない150歳としてはどうしても理解できないのですが。