ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

奇跡がくれた数式 -2- The Man Who Knew Infinity


奇跡がくれた数式
-2-
The Man Who Knew Infinity

f0165567_553389.jpg

(C)Kevin Nunes


トロント国際映画祭でプレミア上映された後、
アメリカ、イギリス両国の観客から愛されてヒット、
その後も欧州、アジアを回りながら観客を感動させた映画が
本作『奇跡がくれた数式』です。

ベートーヴェンの第10番交響曲の発見と同価値といわれたラマヌジャン・ノート。
それが彼の死後に発見され、
数学者ラマヌジャンは今も”アインシュタイン並みの天才“と称されています。

本作はラマヌジャンがG・H・ハーディによって呼び寄せられた
ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジでの撮影が許されました。
ニュートンが重力を発見したリンゴの木のある中庭も登場しますよ。

f0165567_5591096.jpg

(C)Richard Blanshard


ストーリー
1914年、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジの教授G・H・ハーディのもとに
英国植民地インドに住む見知らぬ事務員から1通の手紙が届く。
夢中で手紙を読み、
その未知の差出人ラマヌジャンを大学に招聘することを即決したハーディ。

独学で数学を学び、学歴も金もないラマヌジャンは
自分の研究を初めて発表できるチャンスに興奮する。
母は大反対するが、新妻は「私を呼び寄せてくれるなら」と
夫の英国行きを泣く泣く許してくれた。

長い船旅を経て英国に到着。
カレッジに足を踏み入れた瞬間、学の殿堂の崇高さに息を呑むラマヌジャン。
そんな彼をG・H・ハーディの友人リトルウッド教授は温かく迎え入れてくれた。
だが、人づきあいが苦手なハーディは短い挨拶だけで旅の苦労をねぎらうこともなく消えてしまう。
他の教授たちは肌の色も違い、学歴もない彼を受け入れようとしない。
ハーディが称賛する素晴らしい発見も
論理的な証明がなければ絵空事に過ぎないのである――

ハーディはラマヌジャンに証明の義務を説く。
だが、公式や数式が直感で閃く彼には証明など時間の無駄と思えた。
そんな彼をハーディは学内の図書館へと誘う。
そこに展示されるニュートンの本を見せ、
「成功すれば君のノートもこの隣に並ぶんだ」と励ます。
更に、ラマヌジャンに代わって証明した彼の研究の一つを
ロンドン数学会の会報に発表する。

最初の発表を成し遂げ歓喜するラマヌジャンだったが、
第一次世界大戦への英国の参戦がその運命に影を落としていく。
菜食主義者の彼が食すべき野菜は払底し、兵士達からは暴力を振るわれる。
発熱が続き、体調も悪い。
そして、妻からの便りも絶えてしまった。

ラマヌジャンから笑顔が消え、穏やかな彼が怒り狂ったのは
ハーディが彼の“直感”を否定した時だった。
顔のアザや瘦せ細った体に気付きもしないハーディ。
激しい口論をする二人。
その夜、ラマヌジャンは衰弱した体で証明を仕上げる。
だが、それ以来、彼は心を閉ざし、
孤独の中で数字のみを追いかけるようになっていった。

ある日、ハーディの許にラマヌジャンが地下鉄に飛び込んだという知らせが……

f0165567_665837.jpg

(C)Richard Blanshard

希望に燃えてイギリスにやってきた天真爛漫な青年が
故国インドとはまるで異なったロンドンの空気の中で
花が萎れるように、弱っていく様子をデヴ・パテルが好演しました。

数学が苦手でも、頭の良い人にやっかみがあっても、
啓示のように公式や定理を思いつく人がいて、
かたや、やはり数学を愛する学者がいて
彼らが様々な軋轢を乗り越えながらも真理を求め続け、
国や生まれの違いを超えて友情に結ばれる姿は感動的です。

そして
神を通じて降りてくる数式や公式――

天才とはこういう人のことを言うのですね。
友情映画でもあるのですが、
数学の深淵に少しだけ触れることができたような気がします。

いま彼の理論はブラックホールの解明にも貢献しています―――

学問って決してすぐに結果が出るものではないんですね。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村

☆10月14日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

奇跡がくれた数式
監督・脚本/マシュー・ブラウン、原作/ロバート・カニーゲル、撮影/ラリー・スミス、美術/ルチャーナ・アリギ、プロデューサー/エドワード・R・プレスマン、ジム・ヤング、ジョー・トーマス、マシュー・ブラウン、ソフィア・ソダーヴァン、ジョン・カッツ
出演
デヴ・パテル/ラマヌジャン、ジェレミー・アイアンズ/G.H.ハーディ、デヴィカ・ビセ/ジャナキ、ジェレミー・ノーサム/バートランド・ラッセル、ケヴィン・R・マクナリー/パーシー・アレキサンダー・マックマーン、リチャード・ジョンソン/ヘンリー・ジャクソン、アンソニー・カーフ/ロバート・アルフレッド・ハーマン、ポードリック・ディレーニ―/ベグラン、シャザド・ラティフ/チャンドラ・マハラノビス、アルダティ・ナグ/コーマラタンマル、ドリティマン・チヤタージー/S・ナーラヤーナ・アイヤル、スティーヴン・フライ/サー・フランシス・スプリング、トビー・ジョーンズ/ジョン・リトルウッド
10月22日(土)角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿ほか全国順次ロードショー
2016年、イギリス、108分、字幕翻訳/松浦美奈、配給/KADOKAWA、http://kiseki-sushiki.jp/

by Mtonosama | 2016-10-14 06:25 | 映画 | Comments(6)
Commented by poirier_AAA at 2016-10-14 21:03
これ、フランスではまだ公開されていないようなんです。
いつか見られるといいなぁ。。。

なぜ栄養失調?と思っていたのが、謎が解けました。
切ないですね。これだけ非凡な才能がありながら、心ない差別の標的にされ、人に理解されず苦しみ、栄養失調、妻との別離、夭折。。。人生って不条理です。
Commented by Mtonosama at 2016-10-15 09:30
♪poirier AAAさん

以前poirierAAAさんが書いていらした第1次世界大戦の頃のお話です。日本とは遠いところで起こっていた戦争ということもあり、あまり縁のない時代ですが、こういう映画を観るとヨーロッパや植民地だったインドでは大変な時代だったのだなあと痛感します。

ラマヌジャンはどんどん公式を思いつくのですが、ハーディ教授は「証明」が必要だと主張するんですね。私も証明問題が苦手だったので、ラマヌジャンの気持ちがとてもよくわかりました。
って・・・ちょっと図々しいか(^-^;
公式が降りてくる、ってすごい!
デヴ・パテル、素晴らしかったです。


Commented by すっとこ at 2016-10-15 20:06 x
そーーーーーーーーーーーーーーだったのか!

なぜ 故国インドに帰って2年で栄養失調に?
と思ってたけど 英国時代からすでにその芽は
あったのですね。

ロンドン駐在の為に到着したヒースロー空港
で あまりに多くのインド人が居るのにビック
リした覚えがありますが 宗主国だものね。

ジジイ好みの自分としては
ジェレミー アイアンズ が素敵なり!

予告編終盤のしなやかな革の手袋に包まれた
指先なんて だーーーーーーい好物❣️

涎じゅるじゅるで ポチッと!!
Commented by Mtonosama at 2016-10-16 06:25
♪すっとこさん

ジェレミー・アイアンズも良かったです。
前に上映した若い女子学生との恋愛ものより、
こっちの彼の方が個人的には好み♡

しかし、それにしてもすっとこさんのじいさま好きはピンポイントですな。
革手袋ね・・・

数年前ロンドンに行ったときはインドではないアジア系のおにいさんが目につきました。

湿気の多いポチッをありがとうございます。
Commented by ライスケーキ at 2016-10-16 15:37 x
「神が教えてくれる。」
天才は良くこう言うこと おっしゃいますね。
モーツァルトもメロディーは
「神が教えてくれる。」らしいです。

今日行ったインド人のカレー屋さん
安くて、カレー・ナンもおいしくGood!
やっぱりカレーはインド人だね。
あまりカンケイない お話でした。
Commented by Mtonosama at 2016-10-17 06:15
♪ライスケーキさん

創作するとき、何かが天から降りてくるって神秘的な体験だし、
自分が無になっているんでしょうね。
ああ、一度そんな体験がしてみたいものです。

それにつけても新しいインドカレー屋さんをみつけたんですか?
パキスタンカレー屋さんなら近所にあるのですが、これもなかなかです。
結局、食べ物の話になっちゃった(^-^;