ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

続・深夜食堂 -1-

 

続・深夜食堂
-1-

f0165567_67570.jpg

©安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」制作委員会

2015年に『深夜食堂』を
http://mtonosama.exblog.jp/23535096/ 
http://mtonosama.exblog.jp/23546586/
当試写室にて上映いたしました。
続編を上映するのは芸がない、と思っていたのですが、
面白かったのでやっぱり上映します。

ご存知「ビッグコミックオリジナル」に掲載中の人気コミック「深夜食堂」です。
前作と同じく新宿とおぼしき路地裏に
ひっそりと佇む飯屋を舞台に繰り広げられる人情話。

日本版スカーフェイスの訳アリ店主が深夜12時になると暖簾を出すめしや。
訳アリの「訳」はわかりませんが。
営業時間は朝7時くらいまで。
人呼んで深夜食堂と発します。

店のお品書きには豚汁定食とビールしかないけれど
「できるもんなら何でも作るよ」と言う亭主。
左目のいわくありげな傷に似つかわしくもない
心優しい亭主を演じるのは今回も小林薫です。

f0165567_684186.jpg

そんな深夜食堂へ
今回もやくざもんやおかまさんたち、疲れたOLという常連さんが
心と小腹を満たしにやってきます。
常連客の不破万作や光石研、松前重、安藤玉恵もカウンターに。
あ、そうそうオダギリジョー演じるお巡りさんは
前作より登場シーンが多いのでお楽しみですよ。

昨年全国80館規模で公開された『深夜食堂』は
興行収入2,5億円、動員数20万人を超えるヒットとなりました。
人気は日本のみならずアジア各国にも及んでいます。
料亭の女将で登場した余貴美子さんは旅先の台湾で
「『深夜食堂』に出てる人でしょ?」と声をかけられたとか。
そうそう余さんも多部未華子ちゃんもレギュラーとして登場します。
なんたってこういうところがヒット作の強みでしょうね。

f0165567_6112181.jpg

監督は『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』で
第31回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞し、
『深夜食堂』ドラマシリーズを第1作から手掛け
前作の映画『深夜食堂』も担当した松岡錠司。

美術監督も『舟を編む』『テルマエ・ロマエ』の原田満生が続投。
昭和の香りが漂う新宿の裏路地を作り上げました。

もちろん前作で成功したからこその続編です。
安心して楽しめるという点は『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』に
通じるところがありますよね。

マンネリ化、ワンパターン化には少し我慢しましょう。
あれこれ考えることに疲れたときには
お約束になったオチや笑いで頭を空っぽにするのもいいかもしれませんよ。
寅さんだってそうですもん。

さあ、どんなお話でしょうね。
続きは次回まで乞うご期待ということで。



今日もポチッとお願いできたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月1日に更新しました。今年も残すところ2ヶ月ですね。時の経つのは早すぎます☆

続・深夜食堂
監督/松岡錠司、脚本/真辺克彦、小嶋健作、松岡錠司、原作/安倍夜郎「深夜食堂」(週刊ビッグコミックオリジナル連載中)
出演
小林薫、河井青葉、佐藤浩市、池松壮亮、キムラ緑子、小島聖、渡辺美佐子、井川比佐志、多部未華子、余貴美子、オダギリジョー
11月5日(土)全国公開
2016年、日本、108分、配給/東映

by Mtonosama | 2016-11-01 06:19 | 映画 | Comments(4)
Commented by ライスケーキ at 2016-11-02 16:28 x
「深夜食堂」
テレビドラマ化されて、
深夜に放送してたらしいですが、
観たかった。

最近面白いテレビドラマがないから、
こういう良い作品はもう少し早い時間に
放送して欲しい。

「深夜食堂」だから、
「深夜」に放送したのでしょうか。

でも、映画の「深夜食堂」は
これから楽しめますね。

Commented by Mtonosama at 2016-11-02 18:09
♪ライスケーキさん

私も9時過ぎのドラマは眠くて観られないので、いつも録画。
早寝早起き過ぎるのも考えものです(^-^;

でも、深夜の飲食とテレビは体には良くないですよね。
Commented by すっとこ at 2016-11-02 22:37 x
ぬおおおおおおおおおおおおおおおおお!

不破万作さん!

と言えば 紅テント!
唐十郎率いる状況劇場で 暴れた演技を
披露しておいででした。

友人が脚本家の卵で 唐十郎さんさんと
知り合いで 「行こうよ」と誘ってくれた
ので当時4歳位だった娘の手を引いて見に
行きました。

終わってからの打ち上げにも 娘と一緒
に参加させてもろうて 今思えば冷や汗
ものですが 当時の日本はベビーシッター
雇うなんて夢のまた夢だったので

幼児連れで出かけるしかなかったのです。
李麗仙さんから ジュース頂いた娘でした。

なんか時代を感じちゃって しみじみだなぁ。

追憶の甘い感傷で ポチッと❣️
Commented by Mtonosama at 2016-11-03 07:20
♪すっとこさん

そんな思い出がおありでしたか。
うちは甥の名前が万作ですわ。

テント劇場といえば大学の学園祭に黒テントが
やってきて、座席も舞台も区別のない空間にとまどいつつトイレを探していたら楽屋に入ってしまったという恥ずかしくも遠い記憶が蘇ってきましたぞ。

不破万作さん、すっかり良いおじさんです。

今日もポチっをありがとうございました。