ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

皆さま、ごきげんよう -2- CHANT D‘HIVER 


皆さま、ごきげんよう
-2-

CHANT D‘HIVER

f0165567_11101495.jpg

(C)Pastorale Productions- Studio 99


お、オスタリアーニ監督だ!
あれ?これって前編でも言いましたよね。

お名前だけは存じ上げている監督さんの作品を観る時って
結構緊張するものです。
とのは、蟻の心臓の持ち主なのでいつも必要以上に緊張しているんです・・・
本当ですってば。

f0165567_1111207.jpg

冒頭シーンはギロチン
女たちが見物する中、カツラもパイプも取り上げられた貴族が処刑される――
ゴロリと首が落ち、女がひとりその首を受け取り、大切そうに籠に入れます。
ん?
と、首を傾げる間に
場面は戦場に。
兵士と市民が銃撃戦を展開しています。
ひとりの兵士が戦場を離れ、
女の家へ向かい、死体からむしりとった指輪を贈ります。
兵士たちは戦車に乗って家に押し入り、金品を強奪し、好き放題をした後、
陣地に戻り、洗礼を受けます―――
ん?ん?

と、舞台は現代のパリに変わります。
ローラースケートで街中を走り回って擦れ違う人々から荷物を奪う少女たち。

酔っ払った男がロードローラーに轢かれます。
仲間たちが、のしいかのようになった男を家まで運んでいくと、
「ドアの下の隙間から入れておいて」と奥さん。

警察署長は覗き魔。
向かいのアパートを覗く署長の眼に
アパートの管理人と怪しい男たちの姿が。
どうも武器の取引をしているようです。
続いて骸骨集めが趣味の人類学者の部屋。

外ではホームレスたちがデモをしています。

管理人と人類学者は友達同士。
街中で人類学者と別れた管理人は
大きな壁に不思議なドアがあるのをみつけました。
入っていくと植物が生い茂り、
動物や優しい女性のいる楽園のような不思議な空間……

延々とエピソードが続きます。
紙芝居を観ているというか、美術館で絵を観ている感じです。
こんないくつものエピソードから成り、
最後は野良犬がテッテッテッテ―――

これもオムニバスっていうのでしょうか。

オムニバスってフランス語で「乗合馬車」のことなんですって。
この意味合いが転じて、数個の独立した作品を並べて一つの作品に仕上げた
映画、演劇、音楽アルバム等のことを指すのだそうです。

f0165567_11124660.jpg

本作は無数のエピソードがあり、
それは関係ないようでありながらどこかで結びついています。
オスタリアーニ監督は画面の構図やカット割りを考える際、
全カット分のストーリーボードを作りました。
その数200枚。
ストーリーボード上には絵コンテの他
カメラの位置、俳優の動きなどが細かに書き込まれ、
どのような撮影方法か、
それぞれの地点から何が見えているかなど、
がすぐにわかります。

一見唐突に見える展開も、パリという長い歴史を持つ街のひと時を切り取ったもの。
のしいかになった酔っ払いも、ローラースケート窃盗団も、
覗き魔の警察署長も頭蓋骨コレクターの人類学者も武器取引の管理人も
現代のパリのどこかで動き回っている人たち。
パリは歴史の流れの中でつながり、地図の中でもひとつながりであり、
楽園も戦場もひとつ。
これって、つまり、世界のことですか?

映画の中から何かを読み取ることはできないけれど、
妙に印象に残るワンシーン、ワンシーンがあります。

やっぱり美術館のような映画です。
オタール・イオセリアーニ美術展ですね。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月16日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

皆さま、ごきげんよう
監督・脚本/オタール・イオセリアーニ、撮影/ジュリー・グリュヌボーム、編集/オタール・イオセリアーニ、製作/マルティーヌ・マリニャック、共同製作/ジャナ・カリーヌ・サルドリシュヴィリ
出演
リュファス/管理人、アミラン・アミラナシュヴィリ/人類学者、マチアス・ユング/警察署長、エンリコ・ゲッジ/男爵、ピエール・エテックス/ホームレス、ミレ・ステヴィク/警察署長の運転手、マチュー・アマルリック/家を建てる男
12月17日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー
2015年、フランス=ジョージア、カラー、121分、日本語字幕/寺尾次郎、配給/ビターズ・エンド、http://bitters.co.jp/gokigenyou/

by Mtonosama | 2016-12-16 11:23 | 映画 | Comments(8)
Commented by poirier_AAA at 2016-12-16 22:12
あらすじをこうして読んでも、さて、何をいえばいいのやら?ちょっと困ってしまう映画ですね。
シュールで、ちょっと怖いかなぁ。。。。

でも、どうして「chant d'hiver(冬の歌)」が「皆さん、ごきげんよう」になるのでしょう?邦題が不思議です。
Commented by Mtonosama at 2016-12-17 06:48
♪poirierAAAさん

年に数回こうしたとまどうような映画に出会います。
でも、「え~い、わからんわい!」って気持ちにはならないんですよね。
監督の品性が感覚を超えているって感じでしょうか。
どこかほんわかしました。

原題「冬の歌」は古いグルジアの歌のタイトルなんだそうです。
「冬が来た。空は曇り、花はしおれる。
それでも歌を歌ったっていいじゃないか」

それが『皆さま、ごきげんよう』。
担当者のご苦労がしのばれます(^-^;
Commented by すっとこ at 2016-12-17 10:32 x
ええええええええええええええええええええ!

え?

え?

え?

一体どうしたら?
各エピソードにどういう関連が?

「ドアの隙間から入れといて」というのが
ブラック ユーモアで うぷぷ と好きかも。

予告編の最後の
「さあ 出かけよう。
ちょっとした楽しみのために。」
が まあ 言いたいことだったのでせうか?

世の中には ???が溢れてますね。
分からんことは分からんママポチッと❣️
Commented by Mtonosama at 2016-12-17 10:56
♪すっとこさん

ドアの隙間からつっこまれるのしいかオヤジ。
編み物しながらギロチン見学している婦人たち。
なんかウフフが多い映画です。
でも、「ええっ?」も多いかなあ。

先日BS日テレの「ぶらぶら美術館」マリー・アントワネット展を観てたら
絵の中のギロチンシーンで「女の人たちが笑ってる」と高橋マリ子さんが指摘してたよ。

魔女年齢150歳にもなるとなんでもあり、で許容しちゃいます。
Commented by びなちゃん at 2016-12-18 15:11 x
お久しぶりです。

猫2匹に時間と体力を奪われてました。
一匹の帰国子女猫の老嬢スズ、この水曜に旅立ちました。17才でした。
10月にもジミコわ見送ったのでダブルでたまりません。
もう一匹の外猫から内猫へ昇格した猫も体調がイマイチで介護食。まだ隔離生活です。内猫デビューはいつになるやら。でも八年の外猫生活にピリオド、余生はうちで全うさせたいと。お互い安心です。
で、映画の湾生ー、観に行こうと毎日時間をチェックしてたのですが行けませんでした。地方も同じ日に終わりなんですね。残念。仕方ない、猫と仕事で目一杯。
映画、後でDVDになったらとか思ってると、ならなかったりするので。
でも、次はシネスイッチにマギー・スミスのを観にいくつもりです。
ハートウォーミングな映画を選んでしまうこの頃です。
そろそろ今年のランキングですね。今年は三回位しか映画の行けませなんだ。期待しております。
Commented by Mtonosama at 2016-12-18 16:51
♪びなちゃんさん

ああ、スズさん、旅立たれましたか・・・
天寿を全うされたというべきでしょうが、寂しいですね。
ご愁傷さまです。

『ミス・シェパードをお手本に』で笑ってください。そして銀座を楽しんできてくださいね。
『湾生回家』BSでやるかもしれませんよ。

心が寒い時は体調を崩すかもしれないので、warm@heart系で心を癒してくださいませ。

BEST10の季節ですね。
早く仕事を片付けないと(-_-;)
Commented by なえ at 2016-12-18 19:05 x
ほんま、よう分かりませんが、色々な断片から全体像を感じ取ってくれということでせうか。善悪美醜ないまぜにして、これが「人間」「生きる」こととゆうてはるのか?最後二人肩を組みながら蹴り合いしてますね。おふざけか本気なのか?

そのBFの方が生きてられるときに魔女になってたら、もう少し太刀打ち出来てたかもですね。しかし150歳は魔女年齢だったあ?実年齢だと思ってた!

横から失礼しますm(__)m
びなちゃんさん
スズさんのご冥福をお祈りします。17歳は立派に大往生ですね。お世話が大変だったでしょうね。でもそれ以上に哀しい気持ちで一杯だと思います。スズさんはびなちゃんさんに出会えて幸せな猫生だったと思います。
Commented by Mtonosama at 2016-12-19 06:20
♪なえさん

じっちゃんたちはいくつになってもお気楽で楽しそうで良いですなあ。

150歳は魔女年齢よ。
でも、最近は実年齢に近づいてきたかしら。ふっ。
あら、美魔女口調になっちゃったわ。

この訳のわからない映画を観て、パリも京都も東京も
歴史の一部だし、世界の一部だし、
みんなつながっているのを今更ながら意識しちゃったわよ。
あ、ひかちゃん口調になっちゃった。