ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

2016 BEST10 OF 殿様の試写室 -4-


2016 BEST10 OF
殿様の試写室
-4-

f0165567_5461177.jpg

エディンバラ城内にある軍用犬のお墓。
“CEMETARY FOR SOLDIERS’DOGS”とありました。

『天使の分け前』(’13 ケン・ローチ監督)にもエディンバラ城は出てきましたよね。
あ、そうそう『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(’12 ロネ・シェルフィグ監督)
にも出てきた!
アン・ハサウェイ可愛かったです。

あ、すいません。
今日の映画はエディンバラではなく、チベットです。

行きます。



第3位

ラサへの歩き方 ~祈りの2400km~
Paths of the soul

f0165567_5481934.png


いつも言っていますが、チベットが好きです。
チベットのものすごい自然に圧倒されます。

BS3で女優さんやタレントさんが
トレッキングするドキュメンタリーをやっていたことがあります。
あれって必ず最後に彼女たちべソベソ泣いていたじゃないですか。
あれが嫌いで、嫌いで―――
「泣くなよ」と毒づいていました。
(あ、ほら、高校時代は山岳部だったもので)

ところが、
自分がチベットや四川省の山々を見た時、自然に涙が流れていました。
崇高、厳かというのはこの山々のためにあるような言葉です。

『ラサへの歩き方』は中国四川省国境に近いチベットの小さな村から
聖地ラサを経てインドに近いカイラス山までの2400kmの道のりを
巡礼する村人たちの道中を描いた壮大なロードムービーです。
究極のロードムービーと言ってもいいでしょう。

f0165567_5501570.png


北京の胡同を舞台にした『こころの湯』(‘99)
『胡同のひまわり』(‘05)のチャン・ヤン監督の作品ですが、
最初、中国人監督によるチベット映画と知って
ちょっと疑わしく思ってしまいました。
だって、ダライ・ラマやチベット仏教を目の敵にする中国ですよ。
ご都合主義の映画になっているんじゃないかな、と心配したんです。

『こころの湯』も『胡同のひまわり』も
たしかに人情味あふれる映画でした。
登場するのは良い人ばっかりでしたしね。

でも、五体投地でシャクトリムシのように進む農民たちの姿を撮影した本作から
チャン・ヤン監督の大きな変化を見てとることができました。

感動作です。

当試写室では7月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/25448626/ http://mtonosama.exblog.jp/25459677/

今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月28日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆


by Mtonosama | 2016-12-28 06:00 | 映画 | Comments(2)
Commented by なえ at 2016-12-28 22:20 x
殿様、エディンバラに行かはったんですか?スコットランドもいいなあと思いながら、行かず終いでした。

今朝屋根に雪が積もってました。チラホラ雪も降ってましたが
昼前には晴れました。サブ~い朝でした。
そんな雪模様の日でも「五体投地」の場合はただただ進んで
行くのですね。ひ~っ!でも聖地にたどり着いた時、人々は大きく生まれ変わるのでしょうか?
タコにこそさせてやらなくては。
Commented by Mtonosama at 2016-12-29 06:51
♪なえさん

行かずじまいということはおまへんえ。
とのはJTBのめっちゃ安い湖沼地帯巡りツアーで行きました。40数人という恐ろしいほどの人数で観光地で、すれ違う他のツアー客に「修学旅行みたいだね」と言われました(^-^;

タコとの対決に見通しが見えたらいらしておくれやす。でも、猫さんたちがいるから一人参加ですね。私も一人参加で行きたいよ~。

京都は雪なんですね。夕方のニュースで金閣寺の屋根に雪が積もっているのを見ました。綺麗でした♪

タコには五体投地は無理でしょう。まず精神面で排除すべきです。心の清い素直な人間しかできないのだ。タコよ、早う悔い改めよ。