ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

2016 BEST10 OF 殿様の試写室 -5-


2016 BEST10 OF
殿様の試写室

-5-

f0165567_6264243.jpg


え~っと、どこだったっけ・・・
杭州だったか?
蘇州だったか?
もう何年も前のことで、忘れてしまいました。
すいません。
これも映画とは関係ありません。

今日は2位へ行きます。


2位

手紙は憶えている
Remember

f0165567_6232468.jpg

いやはや、実に驚天動地なミステリーでありました。
鬼才アトム・エゴヤン監督作品です。
しかし、本作で脚本家デビューを果たした
ベンジャミン・オーガストの名も特記すべきでしょう。
1979年生まれの37歳。
よくこんな凄い話を考えたものです。

70年前、アウシュヴィッツで家族を殺された90歳の老人。
老人ホームに暮らす彼は、数日前に妻を亡くしてから、
認知症が更にひどくなり、
毎朝起きるたびに亡くなった妻の名を叫びます。
妻が死んだことすら忘れてしまいました。

そんなおじいさんが、家族を殺したナチスを探すため、老人ホームを脱出しました。
捜索の手掛かりは
同じ老人ホームに住み、
同じ過去を持つ老人が書いてくれた1通の手紙だけです。

f0165567_6245245.jpg

こんなにネタバレしたって絶対にラストは想像もつきませんからね。

クリストファー・プラマーの爺様ぶりにはびっくりしましたが、
決してそれだけではないハラハラな展開。
ひと眠りするとそれまでのことを忘れてしまう認知症の老人が
70年前の犯人捜索の旅に出るということだけでもドキドキ。

♪My Favorite Things♪
ではなく、
My Favorite Filmsのひとつ『サウンド・オブ・ミュージック』の
トラップ大佐ことクリストファー・プラマーが主演しました。

いやあ、ホントにすごい映画でした。

もしご覧になっていない方がいらしたら絶対観てほしい作品です。
まだDVDになっていないかもしれませんが。

本作は当試写室で10月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/26436172/ http://mtonosama.exblog.jp/26487596/

今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月29日に更新しました。今年も残すところあと僅かですね。ユッタリいきましょう(^^)/☆


by Mtonosama | 2016-12-29 06:36 | 映画 | Comments(2)
Commented by なえ at 2016-12-29 21:56 x
おお!この映画ひょっとしたら入るかなと思ってたら、堂々の2位!そら、このクリストファー・プラマーの老け方は衝撃的でしたもんねえ(いや、そことちゃうやろ!)。

実際のところ、「ひと眠りするとそれまでのことを忘れてしまう認知症の老人」がどうやって、犯人を探すことができるのか
謎です。毎朝「ここはどこ?私は誰?」状態のあやふや老人ではいくら友人が思いだすための手紙を書いていてくれたとしても、それを読むことを忘れてしまったらどうなるのか?
でも逆に考えると、認知症になっても先に自分宛てにきちんと
手紙を書いておいて、それを読むことができれば認知症になっても自分を思い出すことができる?それが可能なら、今から
自分に手紙を書いておけばええのんかしら?
この映画もDVDを借りなければ。

中国の五重塔(いや七重、八重の塔)、西安に行ったとき登ったことがあります。蘇州にも行ったけど、これは蘇州の塔なのかは私も記憶に定かではありませぬ。
Commented by Mtonosama at 2016-12-30 06:32
♪なえさん

これは本当に観てくだされ。
猫と遊びながら、とか、台所の煮物を気にしながらではなく全力集中で!
言われるまでもなく集中はしちゃう面白い映画ですけどね。
でも、絶対にすべての妨害をあらかじめ排除してください。

閑話休題
この塔はやっぱり杭州かなあ。