ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

2016 BEST10 OF 殿様の試写室 -6-


2016 BEST10 OF
殿様の試写室

-6-

f0165567_645373.jpg


ふ、ふ、
なんたってあたしが出てこないことには
この試写室も年が越せないってことよ。

あたし?
あたしは今日発表になるという
ベスト1には全然関係ないわ。

でも、行くわよ!

2016年の第1位は
これよ!


1位

ヒトラーの忘れもの
LAND OF MINE

f0165567_665272.jpg

第二次世界大戦後にデンマークに置き去りにされた
ドイツの少年兵たちを描いた作品です。
デンマークの人たちですらあまり知らなかった史実を
デンマーク出身のマーリン・サントフリート監督が映画化しました。

主人公はまだ子ども子どもした少年兵たち。
でも、彼らはドイツ軍。
デンマークに残留させられた彼らは
戦時中、ナチスドイツが埋めていった
150万個もの地雷を除去する任務が課せられていたのです。

デンマークに駐屯した20万人のドイツ将兵の内19万人程は
1945年6月までに武装解除され、ドイツに戻されていました。
しかし、少年兵を含む1万人を超える兵士は「捨てられた敵国人」として
兵籍を外され、デンマークに残っていたのでした。

地雷の知識など持っていない少年兵たち。
付け焼刃の知識で埋められた地雷を探り、その雷管を外す。
思わぬ事故で爆死する少年もいました。

f0165567_682712.jpg


ユトランド半島沿岸の白い砂と青い海。
美しい舞台を背景に
過酷な任務につけられたまだあどけないような少年兵たち。

美しい海岸とおぞましい地雷。
この対比に肌が粟立ち、少年たちの置かれた状況に心が寄っていきます。
ナチスなのに・・・

少年兵たちの監視役にあたったデンマーク軍の軍曹の心が
敵から親、兄への気持ちに変わっていく様子に
そうでしょ?そうでしょ?
と頻りにうなづいていたとのです。

そして、感動のラストシーン。
2016年のBEST1として、ぜひぜひご覧いただきたい一本です。

本作は当試写室で12月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/27212109/ http://mtonosama.exblog.jp/27255579/

今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月30日に更新しました。今年もお忙しい中応援して下さってありがとうございました☆




by Mtonosama | 2016-12-30 06:13 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ宅プッチー at 2016-12-30 07:09 x
ニャニャニャーーーーーーーーーーーン!

やはり大トリ。 やはりラスボス。

ひか姐さん、貴女がお出ましになりませんと
2016年も【 結構毛だらけ猫灰だらけ】とは
なりませニャンです。

デンマークに残されたナチス少年兵は
ナチスの意向で、と言うよりは
デンマーク軍の意趣返し、ニャので
せうか、この任務に当たらされたの
ですニャン?

胸の痛くなる話ではニャいですか。

もうじき2017年。

ひか姐さんにおかれましては
恙なく昇る朝日を拝まれますよう
飼い主殿様のお膝で変わらずに寛がれますよう

殿様におかれましては
引き続き上質名調子で
美しい独断と輝く偏見に満ち満ちた
試写室からのご案内を下さいますよう

お祈り申し上げながら

2016年の肉球でポチッと❣️❣️
Commented by Mtonosama at 2016-12-30 08:51
♪すっとこさん宅プッチーさん

お、プッチー王子、すっとこさんのおうちにやってきたのね。3人で良いお正月を過ごしてね。  
飼い主

あのね、あたし明日も来るのよ。ちょっと珍しいものもあるからすっとこさんと一緒に遊びに来てね。
ひかり



Commented by なえ at 2016-12-30 22:15 x
今回のベスト10はかなりが戦争関係ですね。戦後70年ということもあったのかもですが、世界の情勢が「いつか来た道」を辿ろうとしていることへの警鐘かも。
政府は来年怪しげな法案の提出を検討してるとか。それは戦前の「治安維持法」に似た性格の法だとか。恐ろしいです。多数をいいことにやりたい放題ではないですか!
Commented by ヨモギ at 2016-12-30 22:59 x
こんばんは(^^♪

今年は、「戦争関連」しかも「ナチス」関連の映画が、
多かったようですね。
ヨーロッパの人々の心の底に、深い傷跡を残しているのですね。
それをすでに覚えていない若い世代が大半になってるのかもしれませんが。
「戦争とは、こんなにも残酷で、不毛の結果をもたらすものなんだよ。。。」
と、戦争を知らない私たちに訴え 教えてくれる作品が
やはり、上位ですよね、
1位の「ヒトラーの忘れ物」は、今回は見に行けませんでしたが
DVDで必ず見たいと思います。
殿様のおススメですもの!
追い詰められた人間が最後に見せる「善」の姿、それこそ人間の本質だと思いたいですね! この映画の結末は、そういう流れになるのでは。。。と期待しています。

ひかちゃん、とっても粋なお姉さんに成長しましたネ♪
これからますます寒くなるけど、風邪ひかないように
お家で温まってね。
来年も、可愛い姿、期待してます。

殿様、一年間たくさんの映画を紹介していただき
ありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします(^0^)/
感謝と愛をこめて、
ポチ!!





Commented by びなちゃん at 2016-12-31 00:45 x
おお、マギースミスの映画の隣で上映されてましたね!
皆さんのおっしゃるように戦争ものが多かった今年。
現実の世界もそうで、正直、辛い苦しい悲しい!
目をそらしてはいけないと思いますが、希望の持てる、先に光の見える映画が観たいです。
ひかちゃんが、ずっとのびのび暮らせる世界が続きますように。
今年も色々な世界の映画紹介ありがとうございました。
良い年をお迎え下されませ➰!
Commented by Mtonosama at 2016-12-31 06:46
♪なえさん

そうですね。
恋愛映画の『フランス組曲』も戦争ですもんね。
戦争に無関係の映画は3位『ラサへの歩き方』、6位『裸足の季節』、9位『ヴィクトリア』、10位『アイリス・アプフェル』の4つだけでした・・・

ホント、ホント、数が多いのをいいことに図に乗ってます。
来年は良い年であってほしいです。

今年もありがとうございました。
Commented by Mtonosama at 2016-12-31 06:52
♪ヨモギさん

こんなご時世だからこそ、人間性善説を信じたいものですよね。

『ヒトラーの忘れもの』、まだ映画館で上映しているのではないかと思います。

年の瀬もここまで迫るとかえって森閑とした心持になってきますね。
って・・・一切お正月準備をしないつもりか。

こちらこそ、当試写室へお越しいただき、コメントも頂き、本当にありがとうございます。
どうぞ良いお年をお迎えください。
Commented by Mtonosama at 2016-12-31 06:59
♪びなちゃんさん

本年も当試写室へお越しいただきありがとうございました。ひかちゃん共々御礼申し上げます。

本当に人にも猫にも大変な時代です。今年観たシリアのドキュメンタリー。ケガをして撮影者に訴えるように鳴いていた猫の姿が折に触れ、目に浮かびます。

金がないなどなんぼのもんじゃい。
人も犬も猫も生きとし生けるもの殺されることなく生きていければ最高の幸せではありますまいか。

どうぞ良いお年をお迎えください。