ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

エゴン・シーレ 死と乙女 -2- EGON SCHIELE-TOD UND MÄDCHEN


エゴン・シーレ
死と乙女
-2-

EGON SCHIELE –TOD UND MÄDCHEN

f0165567_644361.jpg

(C)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH


その画家の作品が好みに合い、演ずる役者が美形で、
さらに、その人生が破天荒で、
その生きた時代に惹かれるのであれば、
やはり観てしまう――
エゴン・シーレはそんな絵描きです。

そして、彼をとりまく女性たちの存在や生き方にもそそるものがあるんですねえ。
さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。

f0165567_6453748.jpg

ストーリー
1918年冬、第一次世界大戦下のウィーン。
その年、世界中に広がったスペイン風邪のため、
画家エゴン・シーレとその妻エディットも床についていた。

スペイン風邪:1918年から19年にかけて世界的に大流行したインフルエンザのパンデミック。感染者5億人、死者5千万人から1億人と爆発的に流行した。一説によると、この大流行により多くの死者が出たため、第一次世界大戦終結が早まったと言われている。

兄の身を案じたゲルティが看病にやってきた。
殺風景な部屋で妊娠中のシーレの妻エディットは死にかけており、
シーレも弱り切っていた。
―――――
8年前、ウィーン美術アカデミーを退学したシーレは
仲間たちと「新芸術家集団」を結成。
その頃、シーレのモデルを務めていたのは16歳になる妹のゲルティだった。

ある夜、仲間と酒を飲んでいたシーレは
「タヒチの部族長の娘」という触れ込みの褐色のモデル・モアに知り合う。
エキゾチックなモアに夢中になるシーレ。
そして、モアに嫉妬するゲルティ・・・

モルダウ河に沿ったクルマウの一軒家での新芸術家集団との狂宴の中
シーレの脳裏をよぎる父の姿。
幼い頃、有価証券をはじめとする一家の資産をすべて暖炉に投げ込み、
梅毒に侵され、狂い死んだ父。

1911年
尊敬するグスタフ・クリムトのアトリエを訪れるシーレ。
そこで彼は燃えるような赤毛と青い瞳が印象的なヴァリと運命的な出会いを果たす。

シーレとヴァリはノイレングバッハで暮らし始める。
ヴァリはシーレにとってかけがえのないパートナーとなっていた。
ところが
シーレは13歳の少女の誘拐罪で告発されてしまう。
それどころか幼児性愛者というレッテルを張られることに。
シーレから離れていくパトロン達。
1912年5月、ヴァリは裁判でシーレの無罪を証言し、彼は禁固刑を免れる。

裁判の後、ウィーンのアトリエに移り住んだシーレとヴァリは
向かいに住む中産階級の娘アデーレ・エディット姉妹の好奇の的となっていた。
やがて第一次世界大戦が勃発。
ゲルティはかつてはシーレの仲間だったアントンと結婚。
式に出席したヴァリは
「私は結婚を求めない」とシーレに告げるのだった……

その後、シーレも徴兵されるのですが、
「結婚協定」――結婚している兵士は戦場に妻を同行し、
兵舎ではなくホテルで夜を過ごすことができる――
に飛びついて結婚相手に選んだのはなんとヴァリではなく、
中産階級の娘エディットでした。

f0165567_6515463.jpg

どんなに自由奔放に生きる芸術家でも
結婚相手となると自分の身分に属する相手を選ぶ――
そんな時代だったんですね。

泣き喚くことなく毅然としてシーレの許を立ち去るヴァリの姿が
美しいのです。

従軍看護婦としてダルマチア戦線へ赴いたヴァリは
2年後、猩紅熱で死去します。23歳でした。

ヴァリの美しさと凛々しさと悲しさが際立つ作品です。







今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月4日に更新しました。スペイン風邪は怖いですね。いつも応援ありがとうございます☆


エゴン・シーレ 死と乙女
監督/ディーター・ベルナー、脚本/ヒルデ・ベルガー、ディーター・ベルナー、原作/“Tod und Mädchen:Egon Schiele und die Frauen”「死と乙女:エゴン・シーレと女性たち」ヒルデ・ベルガー著、撮影/カーステン・ティーレ、美術/ゲッツ・ワイドナー
出演
ノア・サーベトラ/エゴン・シーレ、ゲルティ/マレシ・リーグナー、ファレリエ・ペヒナー/ヴァリ・ノイツェル、ラリッサ・アイミー・ブレードバッハ/モア、マリー・ユンク/エディット、エリーザベト・ウムラウフト/アデーレ、コーネリウス・オボンバ/グスタフ・クリムト
2017年1月28日(土)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー
2016年、オーストリア・ルクセンブルグ作品、ドイツ語、109分、http://egonschiele-movie.com/

by Mtonosama | 2017-02-04 06:56 | 映画 | Comments(6)
Commented by なえ at 2017-02-04 12:54 x
殿様のお好み系の美形?私はちとこういう顔の人しんどいなあと^_^;
でも彼とその関わった人たちの生き方と運命には引きます、ちゃう!魅かれます!!何でやろ?うそ偽りのない真実の光があるからでせうか?

スペイン風邪、父も子供の頃一家でかかったそうです。そのとき株が暴落したのに、誰も病床に臥せっていて何もできなかったと。それがなかったらウチはもっと裕福だったと。ほんまかいな?
殿様、お風邪はどうですか?

裁判というか、和解の話し合いですが、裁判官がやる気なく、こんなしょうもない件早く終わらせたいという気がありあり。
こんなしょうもないことで裁判沙汰にするタコに怒りをぶつけてくれ!と言いたかったです。
Commented by Mtonosama at 2017-02-04 17:08
♪なえさん

美形好きのとのです。っていうか、スペイン風邪、すごいですね。株の動きに対応できていたら、タコ坊主がグチャグチャ言ってきても札束で張り倒してやれていたのに。タコの嫌がらせはいつまで続くのでしょう。ああ、私が金持ってたら「つべこべ言うんじゃないっ!」ってぶん殴ってやりたいです。

風邪のご心配いただき、ありがとうございます。やっと治りました。
Commented by すっとこ at 2017-02-04 23:08 x
ちょちょちょちょちょっと待ってーーーっ!

シーレを巡る女性群像が
多彩過ぎて多数過ぎて

いっぺん読んだだけでは
すんなり頭に入らない前期高齢者。

ああ 藝術って
かくも 解りにくいものなの?
こっちの頭が固くなっちゃってるの?

人物相関図の欲しい指先でポチッと❣️❣️
Commented by Mtonosama at 2017-02-05 06:13
♪すっとこさん

そうそう、妹のゲルティでしょ。タヒチの部族長の娘というふれこみのモアでしょ。シーレを愛し、支え続けたヴァリでしょ。後出しジャンケンでシーレと結婚したエディットでしょ。映画ではこれだけだったけど、本当はもっと多いんだろうな。藤田嗣二画伯も結構お盛んでしたもんね。
今日もポチッとありがとうございました。ちっともお盛んじゃない150歳です。
Commented by desire_san at 2017-02-14 14:13
こんにちは、
私も映画『エゴン・シーレ 死と乙女』を見てきましたので、画像と詳しい鑑賞レポートを読ませていただき、映画エゴン・シーレ 死と乙女』の感動が甦ってきました。エゴン・シーレの病床を妹のゲルティが献身的に看病している場面から始まり、シーレの人生を回想的に描くことで表現は、芸術のためなら女性の人生を犠牲にすることを厭わない、冷徹で激しいシーレの人生を客観的観ることができました。エゴン・シーレの作品は数多く見て魅了されましたが、シーレがなぜこのような絵画を描けたのか分りませんでしたが、この映画をみて、エゴン・シーレの絵画の本質と魅力がかなり分かってきたような気がしました。

私も『エゴン・シーレ 死と乙女』を観て、この映画から感じた天才エゴン・シーレとその芸術について整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

Commented by Mtonosama at 2017-02-14 17:06
♪desire sanさん

コメントありがとうございました。シーレのヴァリへの態度はオーストリアという階級社会を反映していますよね。あまりな仕打ちではありませんか。だからこそ、ヴァリの強さや潔さにとても感動しました。
ひどい男ではあるけれど、シーレの絵は大好きなとのです。