ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

たかが世界の終わり -1- Juste la fin du monde


たかが世界の終わり
-1-

Juste la fin du monde

f0165567_5481970.jpg

(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual


グザヴィエ・ドランの第6作目にして最新作。
『たかが世界の終わり』です。


グザヴィエ・ドラン監督
『マイ・マザー』(’09)で監督デビューした時はなんと19歳。
2010年『胸騒ぎの恋人』では
弱冠20歳でその後の創作スタイルを固めます。
2012年『私はロランス』
性にまつわる様々な障害や偏見が以前ほどではなくなった90年代が舞台。
LGBTをめぐる問題を前面に打ち出した映画で、
日本で初めて紹介されたドラン作品となりました。
2013年『トム・アット・ザ・ファーム』
主人公トムが交通事故で死んだ恋人ギョームの葬儀に出席するため、
彼の実家を訪ねたことから始まるちょっと怖い映画でした。
http://mtonosama.exblog.jp/23216811/ http://mtonosama.exblog.jp/23232949/
2014年『Mommy/マミー』
奔放なシングルマザーと矯正施設から退所してきたばかりの
多動性障害を持ち、情緒の不安定な15歳の少年。
そんな母子の生活に休職中の高校教諭も巻き込んで展開する
心と心のぶつかり合いを描いた作品。
いやあ、ドランって年を経るごとに映画も成長していくようです。
http://mtonosama.exblog.jp/23915924/ http://mtonosama.exblog.jp/23926931/
そして
2016年『たかが世界の終わり』

新作発表の度にカンヌやベネチアの国際映画祭に出品され、
『Mommy/マミー』など、あのジャン=リュック・ゴダール監督と並んで
カンヌ国際映画祭審査員特別賞に輝いています。
授賞式で「夢を捨てなければ、世界は変えられます」と
熱く語ったのは記憶に新しいところです。


f0165567_5493698.jpg


実は、心のどこかで一過性の美男子監督だと思っていました。
いやいや、とんでもない間違いでした。
一体どこまで進化するのか。グザヴィエ・ドラン。

本作の原作はジャン=リュック・ラガルスの同名戯曲で、
監督デビュー作『マイ・マザー』の母親役を演じた
アンヌ・ドルヴァルから渡されていたものでした。
でも、その時は作品に反感を覚え、しまい込んだまま忘れていたそうです。

それから4年経って、ふと読み返してみると
登場人物の言葉や感情、不安などがよく理解できたんですって。
本作の理解には自分自身が大人になることが必要だったんでしょう。
といっても、その時点でもまだ23歳ですが。

その戯曲に登場するのは
12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ。
母マルティーヌは息子の好物料理を用意し、
兄が出て行った時はまだ幼かった妹のシュザンヌも
おしゃれをして兄を待ちわびます。
そっけなく迎える兄のアントワーヌ。
その妻カトリーヌとは初対面です。

登場人物はこの5人のみ。
舞台も飛行場と故郷の家と庭だけ。
そして繰り広げられる歓迎とおしゃべり――
そんな戯曲をもらったら
19歳のグザヴィエならずとも、書棚にしまいこんでしまうことでしょう。

f0165567_5514386.jpg

が、しかし、
そうはさせないのが大きく成長したグザヴィエ・ドラン監督の力量であり、
俳優たちの名演技。

12年ぶりに自分に死が迫っていることを告げるため、
帰郷したルイを演ずるのは
『サンローラン』(’14)のギャスパー・ウリエル。
妹シュザンヌには
女優として初めてカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いたレア・セドゥ。
弟ルイにコンプレックスを抱く兄アントワーヌは
『美女と野獣』のヴァンサン・カッセル。
その妻カトリーヌには『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』で
アカデミー賞を受賞したマリオン・コティヤール。
母マルティーヌを演じるのは『私はロランス』についで
再びドランと組むナタリー・バイ。

この5人の丁々発止のやりとりと
触れ合えそうで触れ合えないもどかしさ、
家族でありながら、いえ、家族だからこそ傷つけあう人々―――

これはもうこの5人でなければ生まれえないものだったでしょう。

怖いほどに進化するグザヴィエ・ドラン監督。
さあ一体どんなお話なのでしょう。

続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

たかが世界の終わり
監督・脚本/グザヴィエ・ドラン、原作/ジャン=リュック・ラガルス、撮影/アンドレ・テュルパン、音楽/ガブリエル・ヤレド、美術/コロンブ・ラビ、編集/グザヴィエ・ドラン
出演
ギャスパー・ウリエル/ルイ、レア・セドゥ/スザンヌ、マリオン・コティヤール/キャサリン、ヴァンサン・カッセル/アントワーヌ、ナタリー・バイ/母
2017年2月11日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAロードショー
カナダ・フランス合作映画、99分、カラー、字幕翻訳/原田りえ、
http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

by Mtonosama | 2017-02-07 06:02 | 映画 | Comments(7)
Commented by すっとこ at 2017-02-07 12:09 x
あれれれれれれれれれーーーーーーーーっ。

これだけの きっと キラ星⭐️のごとくの
監督さん、俳優さんが並んでいるのに

判ったのが

辛うじて

ジャン リュック ゴダール

だけだった、というのにショックを
受けました。

たかがポチッと! ですが全力を込めて❣️❣️
Commented by Mtonosama at 2017-02-07 15:42
♪すっとこさん

ヴァンサン・カッセル、名前はピンとこなくてもこの顔は絶対見たことある筈。すっとこさん好みの一癖も二癖もありそうな顔です(爺さんじゃないけど)。
名前が思い浮かばないなんてしょっちゅうのこの私。一番ひどいのはアルツハイマーが出てこなくてアルマジロって言ってしまったこと。最近こういうこと多いんですわ。いつもすっとこさんはいろんな名前がパッと出てきてすごいなって感心しきりのアルマジロのとのです。今日もポチッをありがとうございました。
Commented by なえ at 2017-02-07 18:36 x
あれれれれれれれれれーーーーーーーーっ。

て、わだすなんか、だ~れも知りまへんわ。
だから、ショックもなく、そんなもんすか~、て思うだけ。
無知は至福、知らぬがホットケー!

「丁々発止のやりとり」とありますが、そういう家族も
あれば、何も言わない家族もあるし・・・
何か言おうと思っても私も最近アルマジロで、丁々発止のやりとりなんて、叶わぬ夢どすなあ(>_<)
Commented by なえ 2 at 2017-02-07 18:58 x
PS
殿様、タコをぶん殴っていただくのは大歓迎ですが、
何しろヤツは手が8本もあるので、あの手この手で
きよるから気ィつけておくれやす~
Commented by Mtonosama at 2017-02-08 06:29
♪なえさん

わたしも家族と丁々発止とやりあえたらスッキリするだろうな、と思いました。縦につながった家族はもう妹しかいないけど、二人だと会話が成り立たないのです(^-^; この映画もポンポン言い合いながら結局は重要なことは言えず、それに納得いかない兄貴はますます暴力的に怒りまくって・・・洋の東西を問わず家族って難しいなと思って、妙に共感した映画です。

たこの8本足にはひかちゃんに加勢してもらって闘いますぞっ!
Commented by ライスケーキ at 2017-02-09 22:48 x
今日久しぶりに映画館に行って
「沈黙」観てきました。

「踏み絵なんか踏んじゃえば良いのに」って言うほど
単純じゃないのですね。
村人達にとって、宗教・キリスト教は「救い」
だったのでしょうか。

監督がアメリカ人というのがスゴイ。
日本の文化、歴史を良く理解して制作している
と言うのが良く分かりました。

いずれにしろ 「映画は観なければ語れない」
ですね。

と言う事で、「たかが世界の終わり」のコメントは
次回。  ストーリー読んでからね。
アルマジロ頭で何も浮かんできません。
Commented by Mtonosama at 2017-02-10 07:07
♪ライスケーキさん

『沈黙』ご覧になったんですね。
「踏んじゃえばいい」ってものじゃないけど、やっぱり踏んじゃえばいいって思います。っていうか、自分なら踏んでしまいますから(-_-;)

織田信長にせよ、秀吉にせよ、宣教師たちを入国させちゃっていたんだから、人々の間に浸透するのは当然なのにね、後になってあそこまで残酷な弾圧するってのはひどいよなあ。支配者の恣意性は怖いです。自分は万能だと思わないでほしい、です。