ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

わたしは、ダニエル・ブレイク -2- I,Daniel Blake


わたしは、ダニエル・ブレイク
-2-

I,Daniel Blake


f0165567_59778.jpg

(C)Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016


59年間、真面目に生きてきたダニエル・ブレイク。
大工の仕事に誇りを持ち、仲間たちからの信頼もあつく、
病気の妻を介護の末に亡くしてからも規則正しく暮らしてきました。
アパートの隣室のちゃらんぽらんなアフリカ移民のおにいちゃんに
ごみの出し方を教え、留守がちの彼のために荷物の受取人になったりしながら、
日々を送っています。

そんな彼が心臓発作を起こし、医者から仕事を止められました。

f0165567_510104.jpg

ストーリー
ドクターストップをかけられたダニエルは国から雇用支援手当を受けることに。
今日はその継続審査の日。
事務的に職員が訊ねるのは
「腕が上がりますか?」「指は曲がりますか?」
といった心臓病とは関係ないことばかり。
思わず「カルテを読めよな」と答えるダニエル。
数日後「就労可能、雇用支援手当は中止」という通知書が届く。
憤慨したダニエルは窓口に電話をするが、延々と待たされ、
返ってきた言葉は「認定人からの電話を待て」の一言のみ。

結局、病身でも就労活動をせざるを得ず、職業安定所を訪れたダニエル。
求職者手当の申請をするように指示されるが、申し込みはオンラインのみ。
だが、彼はPCなど触れたこともない。
途方に暮れていると、若い女性の叫び声が――

その女性は約束の時間に遅れたために
給付金を受け取れず、さらに違反審査にかけると言い渡されたケイティ。

彼女が遅刻したのは引っ越してきたばかりで道に迷ったため。
ところが担当者は一切聞き入れようとしない。
幼い子供を2人連れた彼女に同情し、ダニエルも加勢するが、
一緒に追い出されてしまう。

買い物に付き合い、荷物も持ってくれたダニエルに身の上話をするケイティ。
ロンドンに住んでいた時、大家に雨漏りがすると言ったら、
追い出され、ホームレスの施設で2年間過ごすことになった。
母子3人での1部屋暮らしも限界となり、役所から紹介されたのが
ここニューキャッスルの古い住まい。
ケイティは通信制大学への復学を希望しているが、
電気代さえ払えない日々だ。

大工のダニエルは家を修理し、トイレを直し、何かとケイティを助け、
子どもたちもすっかり彼に懐くようになった。
一方、仕事もなくいよいよ困ったケイティは
食料と日用品が支給されるフードバンクへ行く。
ダニエルに付き添われ、長い行列に並ぶ彼女。
だが、自分の順番が回ってきた時、
あまりの空腹に我を失い、
手にした缶詰をその場で貪るように食べてしまった――
惨めさに泣き出すケイティ。

ダニエルの雇用支援手当支給の再審査の結果が出た。
またもや判定は就労可能。
心臓病で働くことはできないのにも関わらず、
現在のダニエルの唯一の収入源となる求職手当を受け取るには
求職活動を続けるしかない。
この矛盾、欺瞞……

f0165567_5111569.jpg

その後、スーパーで生理用品を万引きし、警備員にみつかってしまうケイティでしたが、
同情した警備員からいかがわしい場所を紹介されたり、
事態は悪い方へ悪い方へと向かうかに見えます。

心臓に爆弾を抱え、役所の理不尽な扱い故に、窮地に追い込まれているダニエル。
しかし、ケイティ同様困り果てている筈のダニエルが
ケイティ母子に向ける暖かい視線と友情。

まさに英国人魂!と精神論に帰するのはシンプル過ぎるかもしれません。
でも、魂はダニエルの中に居場所を見つけたのでしょう。
もうラストの展開は涙なくして観ることはできません。

ケン・ローチ監督、まさに名匠であり、映画の職人です。
しみじみと涙し、ほんの少し笑い、そして、大きな感動をくれた作品でした。

ああ、ケン・ローチ監督、いつまでも映画を撮り続けてほしい。







今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月15日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

わたしは、ダニエル・ブレイク
監督/ケン・ローチ、脚本/ポール・ラヴァティ、撮影/ロビー・ライアン
出演
デイヴ・ジョーンズ/ダニエル・ブレイク、ヘイリー・スクワイアーズ/ケイティ、ディラン・フィリップ・マキアナン/ディラン、ブリアナ・シャン/デイジー、ケイト・ラッター/アン、シャロン・パーシー/シェイラ、
ケマ・シカズウェ/チャイナ
3月18日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
2016年、イギリス、フランス、ベルギー、英語、100分、日本語字幕/石田泰子、
提供/バップ、ロングライド、配給/ロングライド、http://danielblake.jp/

by Mtonosama | 2017-03-15 05:19 | 映画 | Comments(4)
Commented by なえ at 2017-03-15 22:10 x
政治経済がおかしくなると、そのしわ寄せは弱者に行きますね。私ら150歳の年齢弱者も医療・年金で手薄い扱いを
受けるはめに。

でもダニエルが言った「尊厳を失くしたら終わりだ」!
さいだす!最後に私たちを救ってくれるのは人間としての尊厳ではないでしょうか?

吉永さんも水泳してはるんですか?いつか一緒に狂泳、あ、ちゃうちゃう!共泳できるといいですね^_^;

横から失礼します
びなちゃんさん
そっか、司法書士の人は仕事だからその点は適当には出来ない訳ですね。でもびなちゃんさんが笑う余裕を持ってられて救われますね。「深刻な時ほど笑いが必要だ」という名言がありますね。
秘密の美魔女パーテイって、それはやはりはげ山の一夜の出来ごと?
Commented by Mtonosama at 2017-03-16 04:55
♪なえさん

そうそう年齢弱者にも痛い世の中です。でも、下流老人でしたっけ?これはひどい言葉ですよね。「ゆりかごから墓場まで」政策がやばくなったとしても、やはり歴史のトップランナーである英国。上がダメなら市民からなんらかの解決策を出すことでしょう。そのためにもケン・ローチ監督に吠えてもらおう!でも、結局は自分自身のあり方ですもんね。人としての尊厳も捨てたらあきまへん。頑張らねば。
あ、吉永さんは1年に365km泳ぐんですよ。毎日一日1kmです!
Commented by ライスケーキ at 2017-03-17 20:52 x
ケン・ローチ監督
80歳なんですね。
山田洋次監督は75歳。
世間で言えば 後期高齢者
(あまり良い言い方ではありませんが)。
芸術家っていつまでもお元気で、
新しい作品を作り出すパワーが素晴らしい。

私は、息子のジム・ローチにも
期待してます。
父親譲りの権力への怒り。
傷ついた人々に寄せる眼差し。
彼の作品も楽しみです。
Commented by Mtonosama at 2017-03-18 07:31
♪ライスケーキさん

人情派ケン・ローチ監督。山田洋次監督に通じるところがありますね。

息子ジム・ローチも父の路線を継承していますね。でも、独自の路線、独自の表現を求め、映画作りをしていってほしいです。