ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ジャッキー ファーストレディ最後の使命 -2- JACKIE


ジャッキー
ファーストレディ 最後の使命
-2-
 
JACKIE


f0165567_5515038.jpg

(C)2016 Jackie Productions Limited

 
そうなんです。
ケネディ大統領はもはや伝説。
ジャクリーン夫人宛にお悔やみの手紙を書いたとのも
伝説の時代に属する150歳ですが。

お返事はありませんでした。そりゃあ、世界中からたっくさんお悔やみが来たのでしょうから当り前ですわね。
いくら子どもだったとはいえ、どうしてケネディにあれほど夢中になったのでしょう。
 

昔は、ジャクリーン夫人については
目と目の間が広い人だなあという印象でした。
今では、顎ががっしりした個性的な顔立ちの美人だなと思っていますが。
 
だから、ナタリー・ポートマン演じるジャッキーは
可愛すぎてまるでバービー人形みたいでした。
でも、この際、そうした物足りなさは脇に置いて、
ジャッキーの苦悩と決断を
大人の目で確認してみるのもいいかもしれません。

f0165567_557625.jpg

ストーリー
1963年11月22日。テキサス州ダラスに着陸したエアフォース・ワンの中で
ジャッキーはスピーチの練習に余念がなかった。
夫ジョン・F・ケネディの政治活動の重要な鍵を握るジャッキーは
来年の大統領選挙に向けて、
彼への反感が強い南部での人気を得ようと必死だった。
大統領とその美しい妻を見ようと集まった観衆に
パレードのオープンカーからにこやかに手を振るジャッキー。

と、その時
銃声が!
彼女の膝の上に崩れ落ちるケネディ――
 
病院で夫の死を告げられたジャッキー。
だが、悲しんでいる時間はない。
夫の遺体と共にワシントンD.C.へ戻り、
機中ではジョンソン副大統領の大統領就任宣言に立ち合い、
到着後は司法解剖が待っている。
 
血糊のついた服を着替えるように勧められても
「反ケネディ派の人間に彼らがしたことを見せてやる」と
血まみれのピンクのスーツを脱ごうとしないジャッキー。
空港には大統領の弟のロバート・ケネディ司法官が出迎えていた。
 
ロバートと共に病院からホワイトハウスへ夫の遺体を運び、
一人になった彼女はようやく思いっきり泣いた――
 
翌日、彼女は葬儀の準備にとりかかる。
人気絶大だったとはいえ、就任わずか2年10か月での暗殺。
このままなら、ケネディはあっという間に忘れ去られてしまうだろう。

ジャッキーが考えたのは没後100年を経ても未だ偉大な大統領として
人々の記憶に残るリンカーン大統領。
馬車と騎馬に先導され、
参列者と共にセント・マシューズ大聖堂まで徒歩で進む。
リンカーン大統領のような葬列にするのだ―――
 
親族を集め、ケネディにふさわしい墓地を探し、
葬儀の招待客リストを作り、
さらにホワイトハウスを出た後の住居も探さなければいけない。

ホワイトハウスはただの公邸ではなかった。
倉庫にあった膨大な美術品や調度品などを選び出して飾り、
自ら調達した資金で新たな品も買い足して修復もしたのだ。
それはホワイトハウスを国民と分かち合い、
アメリカの偉大さを伝えるためだった。
ホワイトハウスをジャッキー自身が案内するTV番組は
大変な視聴率を記録したものだ。
 
そして、まだ幼い子どもたちに
パパの死を理解させるという母親としての大切な仕事もあった―――
 
世界中の要人が葬儀への出席を表明した。
だが、各国政府は自国元首たちに徒歩行進は控えるように通達。
ジョンソン新大統領の特別補佐官もロバート司法長官に
あの事件の直後にジャッキーと歩くのは危険過ぎると告げ、
ロバートも葬列に反対する。
孤立無援のジャッキー。

その頃、夫を狙撃したオズワルドも護送中に殺され、
さすがに恐怖を覚えるジャッキーだったが……
 
f0165567_5551489.jpg
 
私人か公人か、が話題になっていましたが、
ファーストレディはまさしく公人です。
公人であるがゆえに涙を拭い去り、
大統領の葬儀を後世に語り継がれるものとしてプロデュースしたんですね。
 
ジャッキーへの偏見はそろそろ捨ててもいいかもしれません。
 
ただ、バービー人形のナタリー・ポートマンに一言。
もう少し肩の力を抜いて演技してほしいんですけど。
いつまでも優等生然とした女優さんからは脱却してほしいものです。
 


 


♪今日もポチッとお願いできたらうれしゅうございます♪ 
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月27日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ジャッキー
監督/パブロ・ラライン、脚本/ノア・オッペンハイム、撮影/ステファーヌ・フォンテーヌ、衣装/マデリーヌ・フォンテーヌ、プロデューサー/ダーレン・アロノフスキー
出演
ナタリー・ポートマン/ジャクリーン・ケネディ、ピーター・サースガード/ロバート・F・ケネディ、グレタ・ガーウィグ/ナンシー・タッカーマン、ビリー・クラダップ/ジャーナリスト、ジョン・ハート/神父、リチャード・E・グラント/ウィリアム・ウォルトン、キャスパー・フィリップソン/ジョン・F・ケネディ
3月31日(金)TOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー
2016年、英語、アメリカ・チリ・フランス、カラー・モノクロ、99分、日本語字幕/松浦美奈、配給/キノフィルムズ/木下グループ、http://jackie-movie.jp/

by Mtonosama | 2017-03-27 06:08 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2017-03-27 21:06 x
ええええええええええええええええええええ!

殿様、ジャッキーにお手紙書いた事が❣️
それはなんともグレート素晴らしいワーオ!!

ケネディが狙撃された直後、ジャッキーが
まるで後方へ逃げ出そうとしてるかのような
あの動き、様々な憶測がありましたね。

吹っ飛んだ夫の脳の一部を拾おうとした、
いや
実は運転手が銃を後ろに向けて発射したの
に気が付いて「次は自分だ」の恐怖から
その場を去ろうとした。

あまりにも謎に満ちた暗殺事件でしたね。

そしてジャッキーはまさかのオナシスと。
長年公認の愛人だったマリア・カラスの
心中は如何ばかりか。

あれこれ思いつつ 力強くポチッと‼️
Commented by なえ at 2017-03-27 22:15 x
ええええええええええええええええええええ!
第2弾!
↑私もびっくら~!お手紙を書きはったんでっか!?
英語で?て、そら当たり前。でもすご~い!そんなこと
思いつきもしまへんどしたわ。

大統領の葬儀の時の息子のジョン君の敬礼は世界中が涙しましたね。そのジョン君も自家用機事故で亡くなりましたね。

殿様のお母様はこのジャクリーン夫人と同い年?とても若い
お母さんだったんですね!

Commented by Mtonosama at 2017-03-28 05:32
♪すっとこさん

無事、到着ですね♪
手紙書きませんでした?ショックで何かせずにはいられず、お悔やみのお手紙を書きました(っていうか、お悔やみにはなっていなかったかもしれません。そんな難しいこと書く力ありませんから(-_-;))。
あの後ろへ逃げていくジャッキーの姿がやはり忘れられず、怖かったんだろうな、と思いつつも、もっと毅然としてほしかったなあ。でも、そんなこというのは酷だよなあ。あの映像はいつまでも残りますね。
同じくあれこれ思います。
Commented by Mtonosama at 2017-03-28 05:37
♪なえさん

英語っていったってめっちゃひどいものです。アイハバペンです。

そうそうジョンくんの敬礼ね。涙なくしては見られませんでした。
とってもハンサムに成長したのに飛行機事故なんて・・・
やっぱりケネディ家は呪われているの?と思ってしまいました。

母は若かったです。私が18歳のときだってまだ30代でした。
もう母の亡くなった歳を超えてしまいましたわ。なんたって150歳ですもんねえ。
Commented by ライスケーキ at 2017-03-28 20:20 x
あの頃「少女フレンド」で
キャロラインのお話を連載しまいましたが
ーー今考えると、どこまで本当の話だったの?
と思いますが。
暗殺事件がおきて「キャロライン、お父さん亡くなって
かわいそう。」と思ったの覚えています。

彼女が大使になって、大使館員と「恋ダンス」踊っているの
youtubeで観て笑っちゃった。

この映画では描かれていないようだけれど、
母がオナシスと再婚して、
彼女どう思っていたのかな、
なんて考えてしまいました。
Commented by Mtonosama at 2017-03-29 06:32
♪ライスケーキさん

へえ、少女フレンドに?
キャロラインも可愛かったですよね。
大人になった今、思うにジャッキーは子供たちの安定した生活のために
オナシスと結婚したのかなあと思った。でも、やっぱりマリア・カラスのこと、
思うと納得できません。