ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

マイビューティフルガーデン -2- This Beautiful Fantastic


マイビューティフルガーデン
-2-

This Beautiful Fantastic

f0165567_612429.jpg

(C)This Beautiful Fantastic UK Ltd 2016


主人公は、絵本作家になる夢を持ちながら
自分の殻を破れない図書館勤務のベラ。
その殻はけっこう堅いんですよ。
歯ブラシやコップは曜日ごとに変えるから
洗面台には7本の歯ブラシと7個のコップが並び、
図書館に着ていく服も
同じデザインで色違いのものが曜日ごとにクローゼットにズラリ。

f0165567_612587.jpg

ストーリー
ちょっと変わったベラ・ブラウン。
生後間もなく公園に捨てられていた彼女は
予測のできない自然の営み、とりわけ、植物を恐れている。
だから、彼女は何にでもちゃんとした秩序がないと気が済まない。

ラジオが18時半の時報を告げると同時に夕食。
自分が決めたスケジュールをきっちり守って暮らすベラ。
家はきちんと整えられ、快適な一人暮らし。
ただひとつの問題は荒れ放題のバックヤードだった。
植物嫌いのベラは手入れができずにいる。

ある日、ベラの勤める図書館に発明家のビリーがやってきた。
図書館内でサンドイッチを食べながら調べ物をし、
自由気ままにふるまう彼が気になって仕方のないベラ。
そんな彼が書き散らしたメモの1枚を自宅に持ち帰り、
読もうとしたところに一陣の風。
メモは庭へ吹き飛ばされ、茂りに茂った木の枝に乗っかり、
取ろうとしたベラは転んで気を失ってしまう。
彼女を助けたのは隣人のアルフィー。
彼は「庭の手入れをしないから罰が当たったんだ」と毒づく。
一人暮らしのアルフィーは自宅で雇っている料理人のヴァーノンにも
口喧しい偏屈な老人。

翌朝、ベラを心配して朝食を作りに来たヴァーノン。
二人の楽し気な様子を見て焼きもちを焼いたアルフィーは
ヴァーノンにクビを言い渡す。
それに怒ったベラは「だったら私のところで働いてもらう」と――

ある日のこと、ベラの家に家主がやってきた。
荒れ放題の庭に近所から苦情が出たというのだ。
1ヶ月以内に庭を元通りにしないなら出ていってもらうという。
でも、ベラはどこから手を付けたらいいのかわからない。
一方、アルフィーは料理人のいない生活に耐えられず、
連日「料理人を返せ!」とベラに電話してくる。

さあ、どうなる?ベラ……

f0165567_6135717.jpg

発明家ビリーとのなりゆきも気になるところですが、
「ガーデニングとはカオスに美を見出すことだ!」
が自説のアルフィーの庭園も、邸内のインテリアもとっても素敵です。

ベラを演じたジェシカ・ブラウン・フィンドレイは
美少女というより美少年顔で、
もうそれだけでどこか不思議な世界に来た気分にさせてくれます。
同じデザインでも毎日色違いのファッションも可愛くて真似したくなってしまいますし。
偏屈な隣人アルフィーは『フル・モンティ』(’97)のトム・ウィルキンソン。
甘い映画にこういう渋い俳優が登場するところがイギリス映画の良さですね。

観終わったらアフタヌーンティを楽しみながら
女友達と女子トークしてしまいたくなるような映画でした。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月2日に更新しました。もう4月!いつも応援してくださってありがとうございます☆

マイビューティフルガーデン
監督・脚本/サイモン・アバウド、美術/アレクサンドラ・ウォーカー、撮影/マイク・エリー、
プロデューサー/クリスティン・アルダーソン
出演
ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ/ベラ、トム・ウィルキンソン/アルフィー、アンドリュー・スコット/ヴァーノン、ジェレミー・アーヴァイン/ビリー、アンナ・チャンセラー/ミス・ブランブル、
アイリーン・デイヴィーズ/ミリー
4月8日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2016年、イギリス、92分、カラー、日本語字幕/原田りえ、提供・配給/ココロヲ・動かす・映画社、http://my-beautiful-garden.com/

by Mtonosama | 2017-04-02 06:18 | 映画 | Comments(6)
Commented by なえ at 2017-04-02 17:42 x
ベラさん、潔癖症というか、ほとんどビョーキ。
植物恐怖症の人が庭付きの家を借りるんかなあ?
プレゼントにお花をもらったら即捨てはるんやろか?
とどうでもいいことを考えてまいますわ~。

「フル・モンティ」、昔見ました。でもこの男性、全然
覚えてません。つーか、ほとんど誰も覚えてません(>_<)。
でも悪戦苦闘してみなで知恵を出し合って協力していく過程は
面白かったです。これもサッチャー批判の映画でしたっけ?

そうそう、私もカーペットの下を掃除しようとめくったら、カリカリになったトカゲが2,3匹いたことがありましたわ。たぶん追いかけられてカーペットの下に逃げ、そこで非業の死を
遂げられたのでは?
Commented by Mtonosama at 2017-04-03 06:26
♪なえさん

そう、調べてみたらなんとかっていう病名が出てきた。
なんとかではなくちゃんと書けって?ごもっとも。
調べて納得したら、そのまま忘却のかなたへ、というお年頃です。

『フルモンティ』ももう30年前の映画じゃないかなぁ。
あの頃ストリップをやったおにいさんも今はすっかりおじいさんです(-_-;)

サッチャー時代は面白い映画を生み出しましたよね。
あの『リトルダンサー』だってサッチャー時代ですもんね。
イギリスが「ゆりかごから墓場まで政策」を変換せざるを得ない時期だったから、
映画人も言いたいことはいっぱいあったんだろうな。
Commented by すっとこ at 2017-04-04 13:49 x
おおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

フル モンティ 観ましたぜ。
アルフィーはんは その時から
【まっぱ】軍団の最年長やったような。

「うわ。このオッチャンも脱ぐんやて」
と思いましたもん。



話は まっぱ系ではなく ガーデン系でしたのう。

緑恐怖症って なんたらフォービアって
名前でせうか。
蜘蛛恐怖症の映画に “アラクノフォービア”
とか ってのがありませんでしたかのう。

いかんいかん、
話が脱線するばかり。
慌てて 力強く ポチッとな❣️❣️
Commented by Mtonosama at 2017-04-04 16:48
♪すっとこさん

『アラクノフォビア』ありましたね。なんかとてもゴージャスな感じの言葉につられて観たら「えっ!くもかよ」と思った記憶があります。
植物恐怖症というより、何かへの執着がものすごく強い病気、あるいは性格みたいです。でも、それがどうかした?って感じ。ハッピーエンドだから落ち込んだ時には良いファンタジーでした。

今日もポチッをありがとさんです♪

Commented by ライスケーキ at 2017-04-04 21:01 x
ホント、植物が苦手なら、
庭付きの家なんて借りなきゃ良いのに。

イギリスじゃ、家の周り汚なくして
おいたら近隣からクレームが
くるらしい?
ゴミ屋敷なんてもってのほか。
だから街並みがあんなにキレイなのかな?

私は借景を楽しめれば それで良いわ。
Commented by Mtonosama at 2017-04-05 11:14
♪ライスケーキさん

いけない方へ、いけない方へと流れるのが世の習い(^-^;
映画も現実も思い通りにはなってくれませんねえ。
だから、映画は面白い!

だから、人生も面白い!と言える程、達観できない150歳ですが。