ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

オリーブの樹は呼んでいる -1- El Olivo


オリーブの樹は
呼んでいる
-1-

El Olivo

f0165567_6364591.jpg


(C)Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Pelicula A.I.E


オリーブというとイタリアの専売特許
のような感もありますが、
スペインもオリーブの大産地です。

そう、これは
赤茶けた広大な大地を
埋め尽くすようなオリーブの林が
圧巻のスペイン映画。

ローマ時代の頃からそびえ続ける
オリーブの樹が登場します。
その幹は両腕を拡げても
それどころが3人4人と
手をつないでも
まだまだ足りない
巨大な古木。

幹は魔法使いの顔のような
深い皴で覆われ、
ところどころに開いた洞は
深い闇を包み込んでいます。

2000年も生きている巨木の
存在感たるや
思わず手を合わせたくなるほど。

ところが
そのオリーブの木々に
とんでもないことが起きているのです――

f0165567_641555.jpg


8年も不況下にあるスペイン。
その影響の大きさには
測り知れないものがあります。

例えば、
本作の舞台であるオリーブ農園もそうだし、
若い人々にとっては
就職問題もあります。

そもそも
この映画誕生のきっかけは
脚本家のポール・ラヴァ―ティが
樹齢2000年のオリーブの樹が
大地から引き抜かれ、
販売されているという新聞記事を
読んでショックを受けたこと。

地中海域でローマ時代から
広く栽培されているオリーブ。
その誇りに充ちた巨大な樹が
売られています。
それも、環境を謳う企業が
イメージアップのために
買っていくのだそうです――

f0165567_6463550.jpg


実際、ポールは10年ほど前から
高速道路の脇やオフィスの庭に置かれた
オリーブを見て違和感を感じていたといいます。

脚本を書いたポール・ラヴァ―ティは
英国の名匠ケン・ローチとの
名コンビ、
『麦の穂を揺らす風』(’06)
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(’16)で
http://mtonosama.exblog.jp/27631503/
http://mtonosama.exblog.jp/27640294/
2度のカンヌ国際映画祭パルムドールに
輝いています。

その妻イシアル・ボジャインが
本作の監督であります。

f0165567_647578.jpg



イシアル・ボジャイン監督
マドリード生まれ。
幼い時に女優としてスタート。
ケン・ローチ監督の『大地と自由』(’95)で
ヒロインと共に闘う女性兵士を演じた。
1995年に監督として
長編デビュー作を発表。
第2作『花嫁の来た村』で
1999年カンヌ国際映画祭国際批評家週間賞受賞。
2003年『TE DOY MIS OJOS』
(TAKE MY EYES)
はゴヤ賞作品賞ほか7部門で受賞。
ポール・ラヴァ―ティが脚本を書いた
『ザ・ウォーター・ウォー』(’09)で
ゴヤ賞3部門受賞、
ベルリン国際映画祭パノラマ部門観客賞を受賞。
2010年アカデミー賞外国語映画賞の
スペイン代表作品にも選出されている。

「大不況でスペインは貧しくなっただけでなく
希望を失ってしまった」
と監督は言います。

だけど
きっとそんな状態に
いつまでも
甘んじている筈はありません。

さあ、どんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待であります。



ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆5月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

オリーブの樹は呼んでいる
監督/イシアル・ボジャイン、脚本/ポール・ラヴァ―ティ、製作/フアン・ゴルドン(モレナ・フィルムズ)、共同製作/ミヒャエル・ヴェバー、ヴィオラ・フューゲン(ザ・マッチ・ファクトリー・プロダクションズ)、
撮影/セルジ・ガジャルド
出演
アンナ・カスティーリョ/アルマ、ハビエル・グティエレス/アーティチョーク、ペップ・アンブロス/ラファ、マヌエル・クカラ/祖父ラモン、ミゲル・アンヘル・アラドレン/父ルイス・ミゲル
5月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2016年、スペイン、99分、字幕翻訳/安藤里絵、配給/アット エンタテインメント
http://olive-tree-jp.com/

by Mtonosama | 2017-05-13 06:59 | 映画 | Comments(2)
Commented by すっとこ at 2017-05-14 21:51 x
ひょおおおおおおおおおおおおおおおお!

ちょうど昨日オリーブオイルが空になって
新しいのを買ったところです。

どこ産だろう?
気にしないで買っちゃったけど
ちょっと見て来ますね・・・

あっ スペイン産だった!

ならタイムリーなんですが
ごめん イタリー産でしたトホホ。

ところでスペインではオリーブの樹が
抜かれてる?写真2葉目は 企業オフィスに
BONSAIのように置かれてるのが
そうですか?

女流監督(こういう云いかたがすでに差別か)
のストーリーが楽しみです!

期待を込めてポチッとな❣️❣️
Commented by Mtonosama at 2017-05-15 07:09
♪すっとこさん

今朝はネットがつながらず、またまたパニックに陥りそうになっていましたが、
やっとつながってよかった。なんかネットの世界って気まぐれですよね。

そうそう、盆栽みたいなオリーブの樹は映画の中の1シーンですが、平気で
売られているんだって。

グリーンサムでない自分としては2000年も前からそこにある樹木を売ったりなんて
できないわぁ。だって、この不器用さでは絶対きちんと育てることなんてできないし。

ポチッをありがとうございました。