ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

怪物は囁く-2- A MONSTER CALLS


怪物はささやく
-2-

A MONSTER CALLS

f0165567_6122747.jpg

(C)2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SLU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.


主人公のコナーを演じたルイス・マクドゥーガル君。
映画ではまだ声変わりもしていない少年ですが、
昏く、不安をみなぎらせた瞳が
すごく良かったです。

あちらのお方はあっという間に
大人になってしまいますから、
ルイス君の貴重な少年期を是非
今のうちにご覧になってくださいね。

とはいえ、2002年生まれの15歳ですから
まだしばらくは彼の旬の時期を楽しめるとは思いますが。

さあ、どんなお話なのでしょうか。

ストーリー
コナーは汗びっしょりになり、声にならない悲鳴を上げた。
と、そこはベッドの上。
今夜も例の悪夢を見てしまった。

夜12時7分。
怪物は丘の上からコナーの家までやってきた。
巨大な怪物が歩を進めるごとに
コナーが病気の母と二人で暮らす家は
大きく揺れる。

その怪物はコナーに言う。
「物語を3つ聞かせてやる。4つ目はお前が話すのだ。
その4つ目の物語こそお前が隠している真実だ」

第一の物語
その翌日、容体の悪化した母を世話するため
祖母がやってきた。
コナーは彼女が苦手だ。
その夜12時7分
あの悪夢にうなされたコナーが目を覚ます。
怪物が「一つ目の物語の時間だ」と
現れたのだ。

黒の王妃と若き王子
遠い昔、この町は王国だった。
国王は魔王との戦で3人の息子と王妃を失う。
唯一の世継ぎとして残ったのは幼い孫。
やがて彼は国民から愛される
勇敢で誠実な王子に成長した。
国王は再婚するが、病に倒れ、
王妃は魔女との噂が・・・
間もなく国王は死んだ。
すると王妃は王子との結婚を望む。
王子は農家の娘と駆け落ちするが、
娘が何者かに殺される。
誰が娘を殺したか?
国王の死の真相は?

予測を裏切る結末に唖然とするコナー。

第二の物語
母の再入院が決まり、祖母の家に預けられるコナー。
学校にも友人はなく居場所はない。
ただ、絵を描くことだけが唯一の楽しみ。
週末、
母と離婚して英国を去った父が
LAから訪ねてくる。
久しぶりの再会を楽しんだコナーだが、
父には自分と一緒に住む気がないと知り、
落胆する。
父の許から帰宅したコナーは
祖母の大切な振り子時計の
秒針を折ってしまった。
ふと気づくと
時計の針は12時7分を指している。
二つ目の物語の時間だ。

薬師の秘薬
150年前、町は近代化が進み、
この町にも工場が乱立する時代になった。
時代遅れの調剤師が
ある日、若い牧師の家に来て
庭にあるイチイの樹を切らせてくれと頼んだ。
イチイの樹は薬になるというのだ。
若い牧師は木を切るのを断り、
その古臭い治療法に反対したため、
調剤師は廃業に追い込まれてしまう。
ところが、
牧師の2人の娘が重病に。
近代医学も牧師の必死な祈りも
娘たちを治すことはできない・・・
牧師は調剤師に娘たちを救ってくれたら
イチイの樹を渡すと頼みこむ。
娘たちの命は?
牧師の約束は?

想像を絶する結末に
内なる怒りを思いがけぬ形で噴出するコナー。

第三の物語
翌日、母の容体が悪化。
コナーは祖母と病院へ。
少し持ち直した母は
今服用中の薬はイチイの樹で作られていると言う。

その夜、コナーは12時7分現れた怪物に
「ママを治せるの?」と詰め寄る。
怪物は「3つ目の話を聞いたら、その次はお前の話す番だ」
とコナーとの契約を確かめるのだった。

透明人間の男
第三の物語は真昼の12時7分に
コナーの学校で語られる。
それはこれまでの話の中で
最も驚かされる結末で、
現代のこの町のコナー自身の物語だった。

三つの物語が語り終えられ、
怪物はコナーに「真実を話せ」と迫る。

コナーの第四の物語とはいったい……

怪物が姿を現した時
「おお!進撃の巨人」と思わずのけぞりつつも
その展開に引きずり込まれます。

撮影当時まだ12歳だった
ルイス・マクドゥーガルの演ずる
孤独なコナー少年には
心打たれました。

明るいだけじゃないダークな世界、
現実世界だけではないファンタジーな世界。
世の中はいろんなものからできています。





ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 ☆6月2日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆


怪物はささやく
監督/J.A.バヨナ、脚本/パトリック・ネス、原作/パトリック・ネス、原案/シヴォーン・ダウド、
撮影/オスカル・ファウラ、視覚効果スーパーバイザー/フェリックス・ベルヘス、特殊効果スーパーバイザー/パウ・コスタ、アニメーション監督/エイドリアン・ガルシア(ヘッドレス・プロダクション)
出演
ルイス・マクドゥーガル/コナー、シガニー・ウィーバー/祖母、フェリシティ・ジョーンズ/母、
トビー・ケベル/父、リーアム・ニーソン/怪物
6月9日(金)TOHOシネマズ、みゆき座他全国ロードショー
アメリカ・スペイン、109分、カラー、字幕翻訳/藤澤睦美、配給/ギャガ
http://gaga.ne.jp/kaibutsu/

by Mtonosama | 2017-06-03 06:22 | 映画 | Comments(6)
Commented by なえ at 2017-06-04 21:16 x
その5、6歳で「死にたい」と言ってたぶきみちゃん、あ、ちごた、きみちゃんはその後どうされました?なーして、そのお年でそんな言葉を吐かれてたのでしょう?

私はホラー系やダーク系は苦手なんです。何で?て恐いやんか!?か弱く繊細で儚げなワタクシには、こういうのはヘビーなんどす。

今もまだ仕事増量に慣れずひいこらな毎日どす。繊細な私がこの苛酷さに耐えられるでせうか?
Commented by ヨモギ at 2017-06-04 22:28 x
こんばんは~(^^)
予告編を拝見しました、破壊系?の物語なのですネ?
この怪物は、ゴジラのように建物などを壊しながら
少年に「真実を話せ」と迫るのですネ。 コワ~。

「ダークファンタジー」とはどういうものを指すのか、
私はなんとなく使っていたので、ウィキペディアで調べてみましたら
トールキンの「指輪物語」やハリポタなども、その範疇に入るとのこと、ナットクでした(^^♪
怖いとか残酷な、とかに限らず
「古城が舞台」とか、クラシックな感じのファンタジーもそう呼ばれるとのこと。 

自ら何かを問い求めつつ、また何者かからの「問い」を受けつつ、幻想的・夢幻的な世界に引き込まれてゆく、
やはり私にはそれが肌に合います。
。。。って、なんだか書いてるうちにわからなくなっちゃった。
怪物さんがあんまりものを壊さないでいてくれるといいなと思います。
Commented by Mtonosama at 2017-06-05 05:08
♪なえさん

きみちゃんはね、人もうらやむお饅頭屋さんの子なんだけどね。「死にたい」ってつぶやいたのにはびっくりしちゃった。二人姉弟だからきみちゃんの上に思春期のきょうだいがいたわけでもないのに。小学校は同じだったから、無事卒業したのは証明できます。ま、証明することもないけどね。お祭りの時もお獅子と一緒に練り歩くのはイヤだって言ってたおませさんだから、死ぬって言葉をどっかで聞きかじって使ってみたかったのかな。
私もホラー系は苦手です。貞子なんて怖すぎる。ここの試写室でホラーを上映しないのは怖くて試写を見ていないからです。
お仕事が増えるのは良し悪しですよね。でも、猫たちのために無理せず頑張ってくださいませ。
Commented by Mtonosama at 2017-06-05 05:18
♪ヨモギさん

ダークファンタジーを調べてくださってありがとうございます。私のイメージは古城が舞台的なちょっとアンティークで黴臭い世界が背景っていう感じ。この映画には黴臭い感じがあって良いなって思いました。あ、湿った土の匂いもすると思う。
いろんなものを破壊するのは体の大きなものの宿命でしょうか。ゴジラも踏みつぶして歩きましたもんね。でも、少年の心の中の怪物だから嘘っこ破壊なんですけどね。4つ目の真実は少年にとっては怪物よりも怖い、絶対に認めたくないものかもしれません・・・ 
Commented by poirier_AAA at 2017-06-06 21:45
予告編を見て、これ面白そう、見てみたい!と思ったら、もう今年の初めに別な名前で公開されてました〜。あぁ見ておけばよかった(がっかり)。

パトリック・ネスという作家の名前は聞いたことがあって、これまたいつか読んでみようと思っていたのです。こちらでは確か映画の公開に合わせて映画と同じタイトル(仏題)の本も出ていました。
Commented by Mtonosama at 2017-06-08 06:39
♪poirierAAAさん

やはりフランスでは一足先に上映されたんですね。
なんか怪物にはびっくりしちゃったんですけど、少年がとっても作品に合っててキャスティング大成功!って思いました。こういう男の子、幼・小・中・高・大を通じて一人もいなかった。あ、もちろん大人になっても。好みです♪