ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白 -1- Mrs.B. A North Korean Woman


マダム・ベー 
ある脱北ブローカーの告白

-1-

Mrs.B.A North Korean Woman

f0165567_530819.jpg


(C)Zorba Production, Su:m

最近のかの国の傍若無人ぶりには
驚かされます。
あ、いまに始まったことではないですね。

当試写室では1月に
キム・ギドク監督の『網に囚われた男』を上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/27417109/ 
http://mtonosama.exblog.jp/27425820/

南北分断問題を描いた傑作でした。

失敗した時の怖ろしい末路を思えば、
脱北はまだまだ闇の中でひそかに
行われていることだと思っていました。

だから、脱北ブローカーが存在すると聞いてビックリ。
あ、「だから」というのも変ですね。
脱北ブローカーそのものが
十分に闇の存在ですから。

それが映画になってしまったことに驚きました。

f0165567_5315926.jpg


本作『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』は
10年前、家族のために1年間だけ出稼ぎする筈だった
北朝鮮女性Bの驚くべきドキュメンタリー映画です。
騙されて中国の貧しい農村へ売り飛ばされ、
中国と北朝鮮の家族を養うため、
脱北ブローカーとなったBの日々を描いた作品。

北朝鮮の実態はさておいても、
彼女の逞しさと根性に
安穏と暮らす日本人は絶句してしまいます。

f0165567_534711.jpg


監督はユン・ジェホという若い監督です。

ユン・ジェホ監督
1980年韓国・釜山生まれ。
2001年渡仏、ナンシーのエコール・デ・ボザールで学び、
その後パリの国立高等装飾美術学校で
クラシック映画やドキュメンタリーについて学ぶ。
2008年にル・フレノア国立現代アートスタジオに入学。
2009年、砂漠に魅了され、オーストラリア一人旅。
短編『島』を撮影。
ヴィム・ヴェンダース『パリ・テキサス』に
インスパイアされた詩的な作品。
2010年に監督した短編『赤い道』は
様々な国際映画祭に招待される。
2011年、短編『約束』で
韓国アシアナ国際短編映画祭でグランプリ。
リオデジャネイロ、ビルバオ、
ベルリン、リュサ、アミアンの映画祭に出品。
2012年、『北朝鮮人を探して』というドキュメンタリーを製作し、
メキシコのシネマプレンタでスペシャルメンション賞を受賞。
ハンブルグ映画祭では最優秀ポリティカルドキュメンタリー、
ジラバでは最優秀ドキュメンタリーにノミネート。
2013年、カンヌ映画祭の監督週間と台北フィルムコミッションとで
組織された台北ファクトリーに参加し、
4つの短編で構成されるオムニバス映画の中の『豚』を共同監督。
同年カンヌ映画祭監督週間で上映された他、
釜山映画祭、香港映画祭などでも上映される。
2016年、本作『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』を
フランス・韓国の共同出資で製作。
モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
カンヌ国際映画祭ACID部門の他、
韓国チョンジュ国際映画祭、
DMZ国際ドキュメンタリー映画祭でも上映。
最新作の短編劇映画『ヒッチハイカー』は
韓国政府の統一部の出資で作られ、
『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』と共に
2016年のカンヌ映画祭監督週間で上映された。

という経歴を持ったフランス帰りの若い監督の作品です。
さあ、いったいどんなドキュメンタリーなのでしょう。
続きは次回まで
乞うご期待でございます。




ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 ☆6月6日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

マダム・ベー
監督/ユン・ジェホ、撮影/ユン・ジェホ、タワン・アルン、プロデューサー/ギョーム・デ・ラ・ブライユ、チャ・ジェクン、音楽/マシュー・レグノー、編集/ナディア・ベン・ラキド、ポーリーン・カサリス、
ソフィー・ブロー、ジャン=マリー・ランジェル
2016年、韓国・フランス、72分、ドキュメンタリー
6月10日(土)よりシアター・イメージ・フォーラムにて上映
配給/33 BLOCKS(サンサンブロックス)、http://www.mrsb-movie.com/

by Mtonosama | 2017-06-06 05:45 | 映画 | Comments(2)
Commented by すっとこ at 2017-06-08 22:48 x
うううううううううううううううううう!

まだ全編紹介されては おりませぬが

なんか「女性の強さ」が既に
醸し出されておりますね。

英語クラスの韓国人女性が
自己紹介の時に「私はノースコリア北朝鮮
から やって来ました」って。

一瞬他のクラスメートが固まったのを見届けて
「あ、間違えましたサウスコリア韓国出身です」
と微笑んだのだけど

ジョークだったらしいのね。

みんな一瞬 ほんまに笑って良いのかどうか
戸惑いましたよ。

女性の強さに ポチッとな❗️
Commented by Mtonosama at 2017-06-09 06:00
♪すっとこさん

え~っ!そりゃ固まりますよね。そういうジョークってあり?
本作のBさんもタフな女性ですが、タフでなければ生きていけないからタフなだけであって、
できれば辛い思いなどせずに暮らしていきたいはず。生きていくって大変なことなんだ・・・

今日もポチッをありがとうございます。