ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ラスト・プリンセス ―大韓帝国最後の皇女― LAST PRINCESS -1-


ラスト・プリンセス
―大韓帝国最後の皇女―
-1-

THE LAST PRINCESS

f0165567_5552960.jpg

(C) 2016 DCG PLUS & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


いまもしこりの多い隣国・韓国。
それというのも元をたどれば
朝鮮王朝から大韓帝国へと変遷した
日本統治時代にあるのでしょう。

秀吉の朝鮮出兵もありました。

九州の柳川にある古い料理屋さんに行った時
長押に当時の兜や槍があるのを見て驚いたものです。

本作は大韓帝国の初代皇帝・高宗の娘
徳恵翁主が主人公です。

日韓併合の推進と朝鮮皇室の消滅を図る
政略に巻き込まれた彼女は
わずか13歳で日本へ留学させられてしまいます。

f0165567_604375.jpg

ストーリーのベースは
2009年に女性作家クォン・ビヨンが
フィクションをまじえて創作した韓国のベストセラー
「徳恵翁主」。
19週連続売り上げ1位に輝いていた
「1Q84」(村上春樹著)を抜いてトップになった小説です。

韓国での総発行部数は100万部を超え、
2010年上半期韓国書籍ベストセラー第1位、
2006年-2016年の10年間ベストセラー第8位を記録。

f0165567_5583173.jpg

1912年に生まれた徳恵翁主。
父は朝鮮王朝26代の高宗。
60歳という高齢で授かった娘なので
高宗は徳恵をたいそう可愛がったということです。

翁主というのは王の側室から生まれた王女を指します。
王の正室から生まれた王女は公主と呼ばれるとのこと。

徳恵の母は女官から高宗の側室になった
貴人・梁氏。
貴人というのは側室に与えられる品階で
格式では二番目の高位にあたります。

話は韓国と日本との忌まわしい過去に及びますが、
徳恵の生まれた1912年は日韓併合から2年目。
既に朝鮮半島は日本の植民地であり、
徳恵翁主の異母兄は人質として
日本に渡っていました。

7歳で父の死を目の前で見た徳恵。
その死は日本の勢力による毒殺ではないかと
噂されました。

f0165567_622165.jpg

彼女の人生は本人の意志とは関係なく
劇的に変化させられます。

1925年13歳で強制的に来日させられ、
学習院で教育を受け、
対馬藩主の血筋をひく
宗武志伯爵と政略結婚させられ、
家族と切り離され、
心の病を患った悲運の皇女。

まさに韓流であります。

監督・脚本はホ・ジノ。
切ない恋を描いた監督デビュー作
『八月のクリスマス』で
「第19回青龍映画賞」新人監督賞・作品賞・主演女優賞・撮影賞、
「第18回映画評論家協会賞」で監督賞・作品賞・女子演技賞・撮影賞、
「第34回百想芸術大賞」新人監督賞・作品賞・主演女優賞など
映画賞を総なめにした監督です。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。




ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 
☆6月21日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ラスト・プリンセス
監督・脚本/ホ・ジノ、脚本/チェ・グノ、ソ・ユミン、イ・ハノル、キム・ヒョンジョン
製作総指揮/チャ・ウォンチョン、パク・ヒョンテ、撮影/イ・テユン、原作/クォン・ビヨン「朝鮮王朝最後の皇女 徳恵翁主」
出演
ソン・イェジン/高宗の娘・徳恵翁主、パク・ヘイル/独立運動家キム・ジャンハン、ユン・ジェムン/李王職長官ハン・テクス、ペク・ユンシク/徳恵の父、パク・チュミ/徳恵の母、ラ・ミラン/徳恵の侍女ポクスン、パク・スヨン/徳恵の異母兄・英親王、戸田菜緒/英親王の妻・李方子
6月24日シネマート新宿ほか全国順次公開
2016年、韓国、127分、カラー、字幕翻訳/小寺由香、配給/ハーク、http://www.lastprincess.info/


by Mtonosama | 2017-06-21 06:06 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2017-06-22 05:40 x
力を持った大国は、
隣国を侵略し思いのままに
しようとする。

日本と韓国しかり、
イギリスとアイルランドしかり。

侵略された方は
その痛みを忘れない。

「隣国同士、平和に暮らせば良いのにね。」
なんて言う言葉は虚しい…。
Commented by Mtonosama at 2017-06-22 05:56
♪ライスケーキさん

おっ!つながったのですね!

そちらは寒くはないですか?
当地は昨日久々に梅雨らしい季節でした。っていうか、台風みたいな大雨でまいりました。

歴史と国の事情に翻弄されるお姫様のお話でした。
Commented by すっとこ at 2017-06-22 22:23 x
ああああああああああああああああっっ!

この題名 何か 懐かしいような・・・

ああっ あれだ 【ラスト エンペラー】!
ジョン ローンが美しかったなぁ〜。

関係ないけど

エンペラー って聞くと イカのエンペラ
(耳みたいなアレです)
を思い出しちゃいます。

王族って不自由ですよね。
お姫様って言葉はロマンチックだけど。

かなしみの王族へ ポチッと❣️❣️
Commented by Mtonosama at 2017-06-23 08:20
♪すっとこさん

ジョン・ローン、綺麗だったねぇ。
最近どうしているのかなぁ。

ラスト・エンペラーもラスト・プリンセスも日本が関わっているところが辛い。

イカのエンペラはいいけど、ラストになったエンペラーやプリンセスやキングは悲しいな。

今日もポチッをありがとうございます。
疲れないようにね~~~。
Commented by びなちゃん at 2017-06-23 22:14 x
ひかちゃんのところでコメント入力したのですが、例のごとく?消え去りました😢

外猫の仔猫三匹が可愛い盛りです。でも、警戒マックス、隙みてに後ろから捕まえると、この世の終わりの声を出すんです😱
母猫がバリバリの野良なんで良い意味、躾バッチリ😢
ジョン ローン、ほんと今どうしてるんでしょうか?
全然、映画と関係なくてすみませぬ。

Commented by Mtonosama at 2017-06-24 06:48
♪びなちゃんさん

すみませぬ~。コメント欄、調子悪いんですね(汗)。

仔猫3匹、いいなぁ。岩合さんみたいですね。
そんなおちびたちが絶叫するさまを是非身近で拝見したいものです。

うちの不良娘は最近お外時間が長くなり、
今日ももう朝の7時になろうというのに帰ってきません。
出てったのは真夜中です。
悩める母