ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ラスト・プリンセス ―大韓帝国最後の皇女― -2- LAST PRINCESS


ラスト・プリンセス
―大韓帝国最後の皇女―
-2-

THE LAST PRINCESS

f0165567_6303568.jpg

(C) 2016 DCG PLUS & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


『ラストエンペラー』
そして、
『ラスト・プリンセス』
いずれの作品も
日本の侵略が関わった悲劇です。

なんかとっても恥ずかしいです。

日本統治時代、
徳恵翁主は13歳で日本へ強制的に
渡航させられましたが、
当時、既に
彼女の異母兄(高宗四男)の英親王が
人質として日本に住み、
梨本宮の方子(まさこ)と結婚していました。

彼は「人質は自分一人でたくさんなのに」と
ひどく腹を立てていたそうです。
そりゃ、そうですよねぇ。

f0165567_63714.jpg


ストーリー
「朝鮮」から「大韓帝国」へ国号が変わり
李氏朝鮮第26代国王・高宗(コジョン)が
初代皇帝の座についていた日本統治時代。

1919年
皇帝と梁(ヤン)貴人の7歳になる娘・徳(トッ)恵(ケ)翁主は
両親の愛を受けて成長。
だが、皇帝は激動の時代を生き抜かねばならない娘の身を案じ、
侍従キム・ファンジンの甥
キム・ジャンハンを娘の結婚相手にと考えていた。
しかし、ジャンハンは亡父の遺志を継いで
独立運動家になることを固く決意していたので
徳恵との婚約を辞退するのだった――

皇帝は日韓併合条約に反発を抱いていた。
そのことで朝鮮総督府と激しく対立した夜、
幼い徳恵の目の前で薬殺されてしまう。
暗殺を企てたのは王公族の家務を司るハン・テクス長官だった。

※王公族とは、大日本帝国により併合された旧大韓帝国皇族である
李王家とその一族の日本における身分。



1925年

徳恵とジャンハンは友情以上の絆で結びついていた。
だが、皇族である彼女には自由な生き方など許される筈もない。
日本への留学が進められていた。
テクス長官が彼女の存在を危険視していたからだ。
「勉強が終わったら必ず帰ってきます」
後ろ髪をひかれる思いで母に別れを告げ、
侍女ポクスンを伴い、宮殿を後にする徳恵だった――

数年後の東京。
異母兄・英親王と妻・方子の邸宅で
暮らしていた徳恵のもとへ
大日本帝国陸軍少尉となったジャンハンが訪ねてきた。
だが、ここでもテクス長官の監視の目が。

卒業したにもかかわらずいつまでも
帰国できずにいる徳恵は
甥のイ・ウ王子から
「祖国へお連れします」と
思いもよらない言葉をかけられる。

彼は朝鮮を日本の統治下から取り戻そうと
独立運動家を率いていたのだ。
彼らは祖国復興の目標を掲げ、
英親王と徳恵を上海に亡命させるため
綿密な計画を立てるのだった。

ある日、
テクス長官から朝鮮人労働者への演説を頼まれる徳恵。
その返礼は祖国への帰還だった。
危篤に陥っている母に会いたい一心から
労働者の前で日本語の原稿を読み上げる徳恵。
だが、原稿から目を上げた時、
そこにいたのは奴隷のような扱いを受けている同胞の姿だった。
思わず、徳恵は朝鮮語で
「祖国の家族のために希望を捨てないでください」
と語りかけた。

怒り狂ったテクス長官は
彼女の帰国を取り止める。
その後、追い打ちをかけるように母の訃報が・・・

徳恵に残された道は亡命のみ。
決行は東京で開かれる紀元節の記念行事の日。

徳恵の運命やいかに……

f0165567_6374424.jpg

日本がヒールになる映画って
あまり見たくない気持ちになってしまうはなぜでしょう。
例えば『パールハーバー』とか、本作とか・・・

でも、本作の場合すごい悪役が出てくるんです。
それも日本人ではありません。

朝鮮人でありながら日本に尻尾を振り、
徳恵を苛め抜くテクス長官。

島田紳助にそっくりな顔をしたこの悪党が
あまりにも憎々しくて
ついひきつけられてしまいました。

歴史エンターテインメントです。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 ☆6月24日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆


ラスト・プリンセス
監督・脚本/ホ・ジノ、脚本/チェ・グノ、ソ・ユミン、イ・ハノル、キム・ヒョンジョン
製作総指揮/チャ・ウォンチョン、パク・ヒョンテ、撮影/イ・テユン、
原作/クォン・ビヨン「朝鮮王朝最後の皇女 徳恵翁主」
出演
ソン・イェジン/高宗の娘・徳恵翁主、パク・ヘイル/独立運動家キム・ジャンハン、ユン・ジェムン/李王職長官ハン・テクス、ペク・ユンシク/徳恵の父、パク・チュミ/徳恵の母、ラ・ミラン/徳恵の侍女ポクスン、パク・スヨン/徳恵の異母兄・英親王、戸田菜緒/英親王の妻・李方子
6月24日シネマート新宿ほか全国順次公開
2016年、韓国、127分、カラー、字幕翻訳/小寺由香、配給/ハーク、http://www.lastprincess.info/

by Mtonosama | 2017-06-24 06:41 | 映画 | Comments(4)
Commented by なえ at 2017-06-24 22:47 x
戦前の日本政府と日本軍が何をしていたか。もっと知る必要がありますね。

しかし今の世界も情報がゆがめられて、知らずに過ごしていることがたくさんありまする。戦前と違うのは、メディアだけの情報に頼らず、ネットで調べればたくさんの情報が入ってくることです。ただあの法案が可決された今はそれもいつまで・・・
Commented by Mtonosama at 2017-06-25 07:06
♪なえさん

戦前と戦後がひとつにつながってしまったという印象さえ持ってしまう昨今ですね。

どうなってしまうのでしょう…
Commented by すっとこ at 2017-06-25 21:54 x
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

予告編にあった
【悲劇の皇女 衝撃の運命】 とは!

時代の渦の真っ只中にある人は
起こってる事が何を意味するのか
正確には握するのは難しいでしょうね。

翻って
今の日本。

安倍一強がこのまま崩壊するのか それを
見届けるタメに帰国します。

て。

そげな大仰な。

身を低くして ポチッと❣️❣️
Commented by Mtonosama at 2017-06-26 10:06
♪すっとこさん

おお、安倍打倒のために帰国とな!
それは心強い。いまの日本は大変じゃ。
早いご帰国を念じておりまする。

今日もポチッをかたじけのうござる。