ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

台湾萬歳 -1-


台湾萬歳
-1-

f0165567_5141312.jpg

(C)「台湾萬歳」マクザム/太秦


台湾映画はドキュメンタリーも劇映画もいろいろ観てきました。
どれもゆったりとした大らかさが感じられますし、
懐かしい感じがして好きです。

昨年11月当試写室で上映した『湾生回家』は
http://mtonosama.exblog.jp/26768412/
http://mtonosama.exblog.jp/26813602/

日本占領時代に台湾に暮らした日本人たちが
台湾に寄せる想いを綴った
ホァン・ミンチェン(黄銘正)監督の作品。
これも印象深い映画でした。

今回、当試写室で上映するのは
酒井充子監督の台湾三部作の最終章
『台湾萬歳』です。

f0165567_5153998.jpg

三部作第一章『台湾人生』(’08)
日本の統治下にあった1895年から1945年の間の台湾では、
同化政策として日本語教育を強要され、
日本人として生きる世代が生まれました。
青春時代を日本の統治下で過ごした
“日本語世代”と呼ばれる5人の台湾人に
当時の様子や戦後の国民党独裁時代についてインタビューを行い、
台湾と日本の密接な歴史を振り返った作品です。

続く『台湾アイデンティティ』(’13)では
第二次世界大戦、二二八時代、白色テロという歴史のうねりによって
人生を歩み直さなくてはならなくなった6人の台湾人を通し
台湾の戦後の埋もれた時間を描き出しました。
当試写室でも2013年6月と7月に上映しています。
http://mtonosama.exblog.jp/19923846/
http://mtonosama.exblog.jp/19944481/


そして最終章『台湾萬歳』では
時代は変わっても台湾の海や大地に向き合い、
生きている人々が描かれています。

前二作が
変わりゆく台湾を老人たちの言葉を通して
描いたものだとしたら、
本作は
何があっても変わらない
台湾の芯のようなものを描き出した作品です。

f0165567_518322.jpg

本作の舞台となったのは
台湾の原風景が色濃く残る台東縣。

台東縣は台湾南東部にある人口22万5千人の地域で
アミ族、ブヌン族、タオ族など
多様な民族が暮らしています。

台湾には原住民族が暮らしていましたが、
17世紀以降、大陸から漢民族の移住が活発化。
為政者はオランダ、鄭成功親子三代、清、日本
と移り変わりました。

鄭成功
1624年8月27日 - 1662年6月23日
中国明代の軍人、政治家。
日本の平戸で父・鄭芝龍と日本人の母・田川マツの間に生まれた。
日本名は福松。
清に滅ぼされようとしている明を擁護し
抵抗運動を続け、
台湾に渡り、鄭氏政権の祖となった。
様々な功績から隆武帝は明の国姓である「朱」と
称することを許したことから国姓爺とも呼ばれていた。
近松門左衛門の「国性爺(こくせんや)合戦(かっせん)」は彼を題材にした作品。
台湾・中国では民族的英雄として描かれており、
特に台湾ではオランダ軍を討ち払ったことから、
孫文、蒋介石とならぶ「三人の国神」の一人として尊敬されている。
Wikipediaより

f0165567_519105.jpg

台東縣で暮らす人々の生活の中心には
「祈り」「命への感謝」「家族」があります。

Formosa 
「美しい島」
台湾

美しい島というのはその大地を指すだけではありません。
東日本大震災の時には
台湾から200億円を超える義援金が寄せられました。

1895年から1945年までの半世紀にわたる
日本の統治時代には嫌なことも数々あったと思われるのに、
それでも彼らが示してくれた想いには
頭が下がります。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとしていただければ嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月12日に更新しました。
台湾萬歳
監督/酒井充子、エグゼクティブプロデューサー/菊池笛人、統括プロデューサー/小林三四郎、プロデューサー/小関智和、陳韋辰、撮影/松根広隆
出演
張旺仔、許功賜、潘春連、柯俊雄ほか
7月22日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次公開
2017年、日本、カラー、93分、製作/マクザム、太秦、配給/太秦、http://taiwan-banzai.com/

by Mtonosama | 2017-07-12 05:24 | 映画 | Comments(2)
Commented by ライスケーキ at 2017-07-13 23:15 x
占領された民族には。
どこでも辛い歴史があるんですね。

同化政策で、文化、言語まで奪う。

今は気楽に観光に行けますが、
そういう歴史も理解して
訪れた方が良いですね。
Commented by Mtonosama at 2017-07-14 06:43
♪ライスケーキさん

子どもの頃、うちには年寄りが多かったのでひいおばあちゃんなどが台湾の高砂族のことを話していたことを思い出します。日本と台湾が良い意味にせよ、悪い意味にせよ、関係が近かったんだということなんでしょうね。