ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

関ケ原 -1- SEKIGAHARA


関ケ原
-1-

SEKIGAHARA

f0165567_531871.jpg

©2017「関ケ原」製作委員会


今回、当試写室では
一大合戦スペクタクル&大名たちの心理戦を描いた
邦画の大作『関ケ原』を上映します。
夏休みならではの豪華版であります。

とはいえ
日本史は大の苦手のとの。
チャンバラ映画は好きでしたが、
日本史となるとまったくお手上げなのであります。

というのも
高校時代の日本史の先生が大っ嫌いで
日本史を一切勉強しなかったから。

いまとなれば
先生が嫌いなら
良い成績をとって見返してやるという選択肢も
あったなぁとは思うのですが・・・

でも、150歳ともなると
知らないではすまされません。
そこで先生になっていただいたのが
司馬遼太郎とNHK大河ドラマとBS3[英雄たちの選択」です。

大河ドラマ『新選組』にはまって
司馬遼太郎先生と出会い、
幕末物は読破しましたが、
戦国時代は未だ苦手。
でも、本作『関ケ原』の原作は司馬遼太郎です。
読まねばなりますまい。

ま、原作は近々挑戦するとして
今回は映画『関ケ原』であります。

f0165567_5425569.jpg

皆さまはよくご存じのことでありましょうが、

関ケ原の戦い

関ケ原の戦いは慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)関ケ原が主戦場となった合戦です。
石田三成と武断派の武将たちは秀吉命ずるところの朝鮮出兵をきっかけに対立を深めていました。

やがて名だたる大名たちが三成率いる「西軍」と家康率いる「東軍」に分かれ激突したのが
関ケ原の合戦であります。

日本を二分し、天下分け目の合戦と称される歴史の節目となる戦いでした。

とはいえ、
この戦い、わずか6時間で終了。

大河ドラマ『真田丸』でも
「あれ、もう終わっちゃったの?」でしたよね。

天下分け目の合戦、
未来を決する戦いと言われ、
これまで数々の映画やドラマで扱われながら、
真っ正面から戦いそのものを描くのは
本作が初めて。
日本映画史上初の挑戦です。

f0165567_5462849.jpg

監督・脚本は原田眞人。
原田眞人
1949年生まれ。
1979年『さらば映画の友よ』で監督デビュー。
『KAMIKAZE TAXI』(‘95)では
フランス・ヴァレンシエンヌ冒険映画祭で
准グランプリ及び監督賞を受賞。
社会派エンタテインメント『金融腐蝕列島(呪縛)』(’99)、
『クライマーズ・ハイ』(’07)、
http://mtonosama.exblog.jp/8486082/
モントリオール世界映画祭で
審査員特別グランプリを受賞した『わが母の記』(’11)、
http://mtonosama.exblog.jp/17450310/ http://mtonosama.exblog.jp/17461880/
モンテカルロTV映画祭で最優秀監督賞を受賞した
『初秋』(’12)など小津安二郎監督に深く影響を受けた家族ドラマ、
時代劇初挑戦となった『駆込み女と駆出し男』(’15)、
http://mtonosama.exblog.jp/23949051/  http://mtonosama.exblog.jp/23959759/
戦後70年に合わせて公開され、
第39回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀脚本賞などを獲得した
『日本のいちばん長い日』(’15)まで作品の幅は広い。
『ラストサムライ』(’03 エドワード・ズウィック監督)では
俳優としてハリウッドデビュー。
最新作は『検察側の罪人』(’18)

f0165567_5534290.jpg

監督の司馬遼太郎「関ケ原」映画化への思いは25年前に遡ります。
当時は過去の巨匠たちが誰も描かなかった合戦を
雇われ武将・島左近を主人公に映画化したいと思ったといいます。

その5年後、『ラストサムライ』に出演した監督は、
再び『関ケ原』への想いが強まりました。
その時の主人公は島津惟新入道。
世界戦史々上最も勇壮な「愚行」といわれる
島津の退け口といわれる退却戦を描きたかったそうです。

そして、本作『関ケ原』の主人公は
司馬遼太郎原作と同じく石田三成。

石田三成といえば頭は良いけれど
豊臣家臣からは毛嫌いされたクールで融通のきかない男。
日本史に苦手なとのですが、そんなイメージを持っています。
演ずるは岡田准一です。

そして、裏切り者というイメージでとらえられる小早川秀秋。
東出昌大がハムレットもかくやーーー
と思われる懊悩、逡巡、苦悩を見せてくれます。

岡田准一の三成。
どんな人物になっているのでしょう。
そして、どんな合戦が戦われるのでありましょう。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしう存じます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月3日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

関ケ原
監督・脚本/原田眞人、原作/司馬遼太郎、製作/市川南、佐野真之、撮影/柴主高秀、美術/原田哲夫、衣装/宮本まさ江、編集/原田遊人
出演
岡田准一/石田三成、役所広司/徳川家康、平岳大/島左近、東出昌大/小早川秀秋、音尾琢磨/福島正則、北村有起哉/井伊直正、松角洋平/加藤清正、和田正人/黒田長政、滝藤賢一/豊臣秀吉、キムラ緑子/北政所、前田利家/西岡徳馬、直江兼続/松山ケンイチ、大場泰正/大谷刑部、中越典子/花野、有村架純/初芽、伊藤歩/蛇白・阿茶、壇蜜/妙善、中嶋しゅう/赤耳
8月26日(土)全国ロードショー
2017年、日本、2時間29分、カラー、配給/東宝、アスミック・エース
http://wwwsp.sekigahara-movie.com/

by Mtonosama | 2017-08-03 06:05 | 映画 | Comments(6)
Commented by なえ at 2017-08-04 18:12 x
私も歴史は好きでない科目でした。年代と事実の羅列的な教え方では人間ドラマは見えてきませんもんねえ。と教師のせいにする(^_^;)

私も司馬遼太郎は「竜馬が行く」でファンになりましたぜ!でも殿様みたいに読破してないけど。もう少し時間に余裕ができたら色々読みたいにゃ。それとBSの「英雄たちの選択」も忘れてなければ(←アブナイ)見てます。昨日は明智光秀でしたね。

関ヶ原の戦いの時は、黒田官兵衛はもう出家してたんでしたっけ?岡田准一が官兵衛役でも出演してたら面白かったのに・・・あ、映画もテレビもごっちゃになって・・・いよいよアブナイ150歳になってしもうた~
Commented by ヨモギ at 2017-08-04 22:26 x
私も^^日本史、特に家康、信長、秀吉の時代のことは
あまり興味がなく(戦争ばっかりで何が何だかわからなくて)
なので大型時代劇はニガテで。。。見てもあまり理解できないのです。
でも、「未来を知るには過去を知れ」とどこかで読んだような気がします。。。
なので、映画までは見に行かないと思いますが
殿様の記事を読ませていただいて
勉強したいと思います。

夏バテに、気を付けます(なんのこっちゃ*^^*)
Commented by Mtonosama at 2017-08-05 08:56
♪なえさん

〈関ヶ原の戦いの時は、黒田官兵衛はもう出家してたんでしたっけ?〉
そ、そないなこと訊かんといておくれやす。

『真田丸』を思い出しながら『関ケ原』見るのがいっぱいいっぱいで・・・
官兵衛までは思い出せませんでした。あ、井伊直正も出てたけど、『直虎』ではまだ幼名だから
ようわかりまへん。大名の名前がネックどした。
この映画、ゲームで戦国武将にはまっていた世代はよく理解できるんだろうな。

Commented by Mtonosama at 2017-08-05 09:15
♪ヨモギさん

そうなんですよね。戦争や大名の名前やらがようわかりまへん。
「未来を知るには過去を知れ」
ふむふむ名言です。
日本史の教科書などは現代史から過去へ遡る編集になっていたらいいのに、といつも思います。
Commented by ヨモギ at 2017-08-05 09:43 x
何度も失礼いたします(^^♪
ほんとに、現代史から過去へさかのぼる編集があれば、
わかりやすいかもしれませんネ!
探せばそういう歴史書も、もしかしたら、あるかも?

ひかちゅわんの記事にも、うちの愛ネコから書き込みを
させていただきました~(=^・^=)
Commented by Mtonosama at 2017-08-05 16:18
♪ヨモギさん

現代史から始まる日本史があれば、もっとちゃんと戦前戦後の歴史を学ぶことができたのにな、って思います。3学期になると大急ぎで昭和の歴史なんか全部はしょられちゃっていましたものね。あるのかな?そんな日本史教科書。

あ、ひかちゃんのコメント見てきますね♪