ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

セザンヌと過ごした時間 -2- Cezanne et Moi


セザンヌと過ごした時間
-2-

Cezanne et Moi

f0165567_5343422.jpg


(C)2016 - G FILMS - PATHE - ORANGE STUDIO - FRANCE 2 CINEMA - UMEDIA - ALTER FILMS


セザンヌの絵というとどんなものが思い浮かびますか?
とのはリンゴです。
リンゴを含めた静物画が好きです。
白いテーブルクロスのクシャクシャっとした感じ。
丸くて柔らかそうでなんとなく官能的な果実にきざす優しい陰影。
セザンヌの描く陰影は素晴らしいですよね。

そして、
故郷エクス=アン=プロヴァンスの
サント・ヴィクトワール山です。
晩年のセザンヌはこの山をいろいろな位置から描いています。

さあ、セザンヌの絵画はどんな形で登場するのでしょうか。

ストーリー
1888年、フランス・メダン。
瀟洒な別荘のエントランス。
ゾラは2年ぶりに再会するセザンヌを
緊張した面持ちで出迎えていた。


1852年、セザンヌは13歳、ゾラは12歳の頃だった。
貧しい母子家庭のゾラは学校でいじめられていた。
そんな彼をセザンヌが助け、
お礼を言うためにゾラはひと籠のリンゴを持って
セザンヌの家を訪れた。

セザンヌは裕福な銀行家の息子
ゾラは貧しい移民の子。
だが、二人はエクス=アン=プロヴァンスの
降り注ぐ太陽の下、ともに成長し、友情を育んでいった。

成長し、詩人を目指すゾラはパリへ。
画家を志すセザンヌも父親の反対を押し切ってパリへ向かった。
サロンに出品したセザンヌだったが、
ピサロやモネ、ルノワールやシスレー達の仲間ともども落選。

1862年、美術学校へも入学できず、
父からの送金も断たれたセザンヌは荒れた生活を送っていた。

翌年サロンの落選者たちの審査員への不満が爆発。
大衆が審査する“落選展”が開かれた。
そこで注目を集めたのはマネの「草上の昼食」
現実の女性の裸体を描いたため、激しい非難を受けたのである。
新聞に批評を書き始めていたゾラはマネ擁護の記事を書く。
“落選展”にさえ落選したセザンヌは失望。
その上、自分の恋人であり、モデルでもあった
アレクサンドリーヌにゾラが恋をしたことにも立腹。
エクス=アン=プロヴァンスへと帰ってしまった。

エクスの自然の中で孤独に描き続けるセザンヌを
支えたのはゾラからの手紙だった。

セザンヌはパリとエクスを行き来しながら創作。
だが、人間関係では問題ばかり起こしていた。
世間からもアカデミーからも顧みられることのなかった
セザンヌは1870年には新しい恋人でモデルの
オルタンスと世捨て人のように暮らし始めるのだった。
1877年にはアカデミーが印象派を認め、
かつての仲間たちが次々と入選。
ますます絶望を深めるセザンヌだった。

一方ゾラはアレクサンドリーヌと結婚。
『居酒屋』が大ベストセラー、続く『ナナ』も評判を呼び、
富と名声を手にしていく。
そして、不遇の友セザンヌのため生活費も工面していた。
ゾラの別荘でセザンヌが酩酊し、毒舌を吐き、
パーティを台無しにしても
二人の絆は固かった。

ところが
1886年、二人の関係に大きな罅が……

f0165567_535566.jpg


才能は初めから花開くものではなく、
富も名声もその寿命はあまりにも短い・・・
有名人って最初から認められた存在だと思いがちですが、
あらためて名作や傑作は苦悩の果てに
生まれるものだと思い知らされます。

まったくタイプの違う画家と作家の長きにわたる友情。
でも、すごい人たちの仲良し物語だったら
少年少女偉人伝を読んでいたらいいでしょう。

f0165567_5382210.jpg


いったい二人の間に何が起きたのか。

画家は友の肖像を描き、
作家も友を主人公にした小説を書く――

小説発表のタイミングが悪ければ
傷つくこともありますよね。

友情は案外脆いものかもしれません。
サント・ヴィクトワール山の雄大な姿を望む
ラストシーンが印象的です。
セザンヌというとこの山が語られますが、
本作を観てその理由がわかったような気がしました。

変わらないものは雄大な自然と
少年時代の無心な日々だけなのかもしれません。








今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月12日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

セザンヌと過ごした時間
監督・脚本/ダニエル・トンプソン、製作/アルベール・コスキ、撮影/ジャン=マリー・ドルージュ、美術/ミシェル・アベ=バニエ
出演
ギヨーム・ガリエンヌ/ポール・セザンヌ、ギヨーム・カネ/エミール・ゾラ、アリス・ポル/アレクサンドリーヌ・ゾラ、デボラ・フランソワ/オルタンス・セザンヌ
9月2日(土)Bunkamuraル・シネマにてロードショー
114分、フランス、フランス語、日本語字幕/斎藤敦子、配給/セテラ・インターナショナル
http://www.cetera.co.jp/cezanne/

by Mtonosama | 2017-08-12 05:48 | 映画 | Comments(8)
Commented by hamakorian at 2017-08-12 07:51
おはようございます♪
セザンヌといえば、白いくしゃくしゃのテーブルクロスのうえの
りんごやガラスの瓶・・わたしも
殿様と同じ静物画を思い浮かべます^^。
サントビクトワール山を描いた絵も、一番、好きと言っていいかも。
セザンヌ展を東京に見に行ったことがありましたが
初期のころの絵は暗くて、試作品みたいな感じがして、
これでは認められなくてもしかたないなーと思いました。
それでも、見る人が見れば、偉大な才能を感じたのでしょうね。
猛暑が続いていましたが、週末から来週までしばらくは涼しくなるという予報ですネ!
ロードショーは渋谷だそうですが
だんだんと地方でも上映されるとのこと。
川崎あたりまで来てくれたら、見に行きたいと思います(^0^)/
Commented by アイスケーキ at 2017-08-12 10:48 x
数年前 総勢37名、
アチコチ連れ回され悲惨団体旅行で
プロヴァンスを訪れました。
でもやはり、サントヴィクトワールを
見て、「セザンヌだぁ。」と感激しました。

「小説事件」がなくても、
恋人とられたら友情は崩壊よね。

これも私の Must see movie です。
Commented by Ich at 2017-08-12 14:27 x
懐かしい旅をしたエクス=アン=プロヴァンス!映画のご紹介、いつも有り難うございます。観に行きます(*^^)v
Commented by Mtonosama at 2017-08-12 15:54
♪hamakorianさん

セザンヌって勝手に物静かな人と思い込んでいましたが、映画では案外エキセントリックな人でした。
思いがけない人物像で面白かったです。ゾラとセットってところがいいですよね。

Commented by Mtonosama at 2017-08-12 15:56
♪アイスケーキさん

プロヴァンス、多分行くことないだろうなぁ。
悲惨団体旅行でもサントヴィクトワール山を望めて良かったですね。
Commented by Mtonosama at 2017-08-12 15:58
♪Ichさん

Ichさんもプロヴァンスへいらしたのですね。いいなぁ。
本作で懐かしい景色を満喫できると思います。
Commented by なえ at 2017-08-14 18:48 x
1枚目の写真いいですねえ~!
気持ちがゆっくりと広がってゆったりしていくような。
こんなところで育つと人間も心の広い寛大な性格になるのかと
思いきや・・・セザンヌとゾラに深い亀裂が?
人間て脆いもんだから。自分も含めてそう思いまする。

前回のコメの最終行、コメの順番が狂うなら、そのままでいいでっす~。(^_-) 粗忽者でして(^_^;)
Commented by Mtonosama at 2017-08-15 07:01
♪なえさん

良いですよね。こんな景色のところに白いテーブルクロスを拡げてリンゴをかじったり、白ワインを飲みたいなぁ。海辺もいいですよね。プロヴァンスは光が違います。
友情は相手が亡くなるといろいろ身にしみるもの。セザンヌもゾラも寂しかったんじゃないかな。

最終行ね、行間も空いてるし、あんまり気にならないです。
と、自分がちゃんとできないことの言い訳してますな(^_-)-