ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ユダヤ人を救った動物園 -1- The Zookeeper's Wife


ユダヤ人を救った動物園
~アントニーナが愛した命~
-1-

The Zookeeper’s Wife

f0165567_533115.jpg


©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.


「かわいそうなぞう」というお話をご存知ですか?
毎年、終戦記念日になると
ジャーナリストの秋山ちえ子さんが
このお話をラジオで朗読していたのを
お聞きになった方も多いと思います。

「かわいそうなぞう」は
児童文学作家・土屋由岐雄さんの
書いた童話です。

第二次世界大戦中の
上野動物園が舞台です。

あらすじ
東京でも空襲が激しくなり、
檻が破壊され、猛獣が逃げ出すのを
防ぐため、
動物たちの殺処分が決定されました。
ライオンやクマが殺され、
残るのは
象のジョンとトンキーとワンリー。
飼育員たちは泣く泣く毒餌を与えます。
でも、
賢い彼らは吐き出してしまいます。
毒を注射しようとしますが、
堅い皮膚で注射針は折れてしまいます。
結局は餓死を待つだけに――

お腹のすいた彼らは
前のように芸をすれば餌がもらえると
一生懸命に芸をします…

ああ、もうダメ。
書くだけでも泣けて泣けて――
昔も小さな子どもたちに読み聞かせようと
したのですが、嗚咽がこみあげ、
いつも最後まで読むことができませんでした。

f0165567_5362660.jpg


何にも知らない動物たちが
勝手に人間が始めた戦争で
殺されていったんですよね。

『ユダヤ人を救った動物園』を観て
「かわいそうなぞう」を
思い出してしまったのですが、
本作はユダヤ人300人を動物園の地下に匿い
その命を救った女性の実話です。

オスカー・シンドラーや
日本人外交官・杉原千畝と同様
ナチス支配下、自らの命の危険を冒してまで
ユダヤ人の命を救ったポーランドの夫婦
ヤンとアントニーナ。

彼らはナチスに追われたユダヤ人を
自分達が経営する動物園の地下に匿い
救ったのです。

f0165567_538562.jpg


原作はダイアン・アッカーマンの
ノンフィクション作品「ユダヤ人を救った動物園
ヤンとアントニーナの物語」(亜紀書房)。
主演は話題作への出演が続く
ジェシカ・チャスティン

主人公アントニーナ・ジャビンスカが
そうであったように
彼女もライオン、象、シマウマ、ワラビーなど
動物たちとのリアルな触れ合いを通じて
アントニーナを演じ切っていました。

彼女はアントニーナの娘・テレサに会って、
直接話を聞き、
ワルシャワ動物園も訪問したそうです。

いつも思うのですが、
こういう若い俳優が80年近く前の
戦争時代のことを演じるのって
本当に大変でしょうね。

そして、
戦争は人間だけではなく、
なんの罪もない動物たちにとっても
むごすぎるできごとです。

f0165567_5404538.jpg


監督は1966年ニュージーランド生まれの
ニキ・カーロ。
彼女はこの映画を通じて
「ホロコーストを描きながらも
癒し、希望、心、人間性を描きたかった」
と言います。

さあ、一体どんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月2日に更新しました。もう12月ですね。どうぞ皆さまご無理をなさいませんよう☆

ユダヤ人を救った動物園
監督/ニキ・カーロ、脚本/アンジェラ・ワークマン、撮影/アンドリー・パレーク、
原作/ダイアン・アッカーマン
出演
ジェシカ・チャスティン/アントニーナ、マイケル・マケルハットン/ヤン、ダニエル・ブリュール/ヘック
12月15日(金)TOHOシネマズみゆき座他全国公開
アメリカ、127分、字幕翻訳/松浦美奈、配給/ファントム・フィルム
http://zookeepers-wife.jp/

by Mtonosama | 2017-12-02 05:46 | 映画 | Comments(4)
Commented by なえ at 2017-12-03 18:29 x
そう、あの象の話は、私は大人も大人、かなりのオバサンに
なってから知ったのですが、胸が痛くなりました。
動物園の飼育係りの人たちも本当に苦しかったと思います。

聞いた話では農家の家畜や大型犬等は、それぞれ戦地の兵士の
食糧や軍用犬として捕られたり、一般の犬や野良猫まで戦地の兵士の毛皮コートにされたとか。

昨晩「不思議発見」でそれ関連の話題を取り上げていたみたい。レッスンから帰って来てテレビつけて「れれ、これは?」と思ったとたん終わってました(^_^;)

動物園の地下に住むというのは、動物たちと共同生活?
そっちの身の危険はなかったのでせうか(・_・;)
Commented by との at 2017-12-03 19:27 x
♪なえさん

ユダヤ人たちが地下に匿われた段階では猛獣たちは殺された後だったんです。
動物が絡むと冷静ではいられません。酷い話ですよね。
Commented by すっとこ at 2017-12-04 22:56 x
まーーーーーーーーーーーーーーーーーあ!

スチル写真一枚目で ノックアウト!
なにこれいったい❣️
ライオンが まるで まるで 猫!

「猫のお陰で我々は虎やライオンを抱ける」

そう、猫を抱っこしたら 虎やライオン抱っこ
してるのと変わりありませんものね。

“かわいそうなぞうさんのはなし”
は 胸が痛すぎます。

しかし動物園地下にユダヤ人を匿った人が
あったのですね。

救いがありますね。
次回ストーリーが待たれます!
Commented by Mtonosama at 2017-12-05 06:39
♪すっとこさん

「猫のおかげでトラやライオンの子が抱ける」
そうですね。
パンダを抱っこできるからシロクマの子もヒグマの子もツキノワグマの子も抱けます。
ま、クマの子は皆可愛いからパンダを抱かなくても抱っこできるか。

前回のアップで「かわいそうなぞう」のあらすじを書いていたとき、
泣けて泣けて・・・
更新後もしばらくの間、しゃくりあげていました。

あ、またダメだ。