ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ヒトラーに屈しなかった国王 -2- Kongens nei


ヒトラーに屈しなかった国王
-2-

Kongens nei

f0165567_6214776.jpg


(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures


オスロ郊外の王族居住区の
雪の積もった庭園で
小さな孫息子と遊ぶ
優しそうなおじいちゃん。

可愛くて、可愛くて
もう食べちゃいたい位
メロメロな様子。

え、この好々爺が王様?

f0165567_6222992.jpg



ストーリー

1940年4月8日
息子オラフ皇太子が
孫と戯れる国王に告げる。
「ドイツ軍が
ノルウェーへの侵攻を開始した」と。

オスロ南方のオスカースボルグ要塞では
いまだ政府からの命令が届かない中、
エリクセン司令官はドイツの攻撃に備え
準備を整えつつあった。

4月9日
午前0時
オスロ王室で
兄のデンマーク王・クリスチャン10世に
電話をする国王へ
ドイツ軍がフィヨルドまで迫って
きていることが告げられる。

午前4時20分
オスロ外務省では
ドイツ公使ブロイアーが
ドイツ軍のノルウェー侵攻には
疑問を持ちながら、
ヒトラーの命により
ノルウェー政府に対し、
降伏協定へのサインを求めるため
外務省を訪れる。
その内容は、無抵抗での降伏――
コート外相は突っぱねる。

オスカースボルグ要塞では
エリクセン司令官が
政府の命令を待たず、
沖合のドイツ巡洋艦に向けて砲撃。
命中し、沈んでいく巡洋艦。

午前6時20分
本格的なドイツ軍の侵攻。
王たちはやむなくオスロから退避。
気持ちの整理がつかないまま
駅に到着する国王。
そこには多くの市民たちが
国王を見送っていた。
「自分は国民によって
選ばれた王なのだ・・・」
国王一家と閣僚たちは北へ移動する。

午前11時10分
駅に到着。
兄のデンマーク国王が
降伏したことを告げられる。

平和的な解決を望む
ドイツ公使ブロイアーは
オスロから更に侵攻を続ける
ドイツ軍を引き留めようとする。
だが、交渉での解決を望むのなら
今日中に政府の合意を得るため、
国王を探し出すしかなかった。
一方、議会に参加した国王は
閣僚たちに
「国民のために国を率いる責務がある」
と進言。
主権国家として
あくまで交渉を続けていくという
政府の意志を尊重する。

ミッツコーゲン農場では
国王に迫るドイツ軍を止めるため
少年兵が集結している。
一人の少年兵の前に停まる国王の車。
国王の言葉がけに
「すべては国王のために」と
敬礼する少年。
国王は
「祖国のためだ」と言い直した――

4月10日
午後12時30分
国王とドイツ公使ブロイアーとの謁見。
公使はノルウェーの状況を伝え、
降伏協定を結ぶように要請。

国王はノルウェー国家としての
決断を伝えるのだった……

f0165567_6233827.jpg



「この国の行く末は
密談によって決まるのではない。
国民の総意で決まるのだ」

閣僚たちを集めて
国王としての意志を語ったホーコン7世。

「自分は国民によって選ばれた国王」

追い詰められ、
逃亡のさなかにありながらも
常にそのことが意識と心に沁み込んでいる
国王の姿勢に感動。

「国王のために」と
敬礼した少年兵に対して
「祖国のためだよ」と
言い直す場面には
思わず背筋を伸ばしました。

1940年6月には
イギリスへ亡命した国王と政府でしたが、
7月、ロンドンからラジオ放送で
退位要求を拒否し、
国内に残るレジスタンスを
鼓舞したのでした。

ホーコン7世を演じた
イエスパー・クリステンセンの演技には
瞠目。

私達が生きる今も
何やら不安材料に満ち満ちているからでしょうか。

孫と遊ぶ優しいおじいちゃんが
迎えた苦難と苦悩の日々が身に沁みます。

しかし、その芯に確固としてある
「国民に選ばれた国王である」
との意識には感銘しました。







今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月11日に更新しました。今日も皆さまにとって良い一日でありますように☆

ヒトラーに屈しなかった国王
監督/エリック・ポッペ、脚本/ヤン・トリグヴェ・レイネランド、ハラール・ローセンローヴ=エーグ、
原案/アルフ・R・ヤコブセン、製作/フィン・イェンドルム、スタイン・B・クワエ、
撮影/ヨン・クリスティアン・ローセンルン
出演
イェスパー・クリステンセン/ホーコン7世(ノルウェー国王)、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン/オラフ(ノルウェー皇太子)、カール・マルコヴィクス/ドイツ公使、カタリーナ・シュットラー/ドイツ公使夫人、ユリアーネ・ケーラー/ドイツ公使館秘書、アルトゥール・ハカラーティ/少年兵、スヴェイン・ティンドベルグ/大臣、ケティル・ホーグ/外相、ゲラルド・ペッテルセン/首相、ヤン・フロスタッド/議長、エリック・ヒヴュ/大佐
12月16日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2016年、ノルウェー、ノルウェー・独・デンマーク・スウェーデン語、136分、配給/アット・エンタテインメント、http://kings-choice-jp.com/


by Mtonosama | 2017-12-11 06:27 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2017-12-13 22:02 x
うっわーーーーーーーーーーーーーーーん!

殿様も看破されたとおりに

この国王役の 爺様俳優、
めっちゃ好みですやん!!

くぅぅぅぅ 堪りませんのう。
こういう渋い爺様が苦悩する場面。

で、苦悩した結果は?
と聞いてる予告編ですが

答えを邦題としてバラしてるやん🤣❣️
Commented by Mtonosama at 2017-12-14 05:39
♪すっとこさん

悩める王様、悩める国民、悩める政府、悩める兵士・・・
多くの人を悩ませる戦争であります。

渋い爺さんが王冠も縁に毛皮のマントを着ている訳ではないのに
立派な王様になっているのであります。
イケメン好きのわたしもこの爺さんにはかなりグラッときてしまいましたぜ。

Commented by poirier_AAA at 2017-12-14 16:42
この話、ずーっと考えていました。

責められて即座に降伏したら、人は死なずに済むし国土も荒れないけれど、ここまで守ってきた国がなくなってしまうかもしれない。といってそれを守るために戦おうと呼びかけることは、たくさんの人が死ぬことを意味する。
難しい選択ですよね。

自分は守られて亡命して安全なところにおり、そこから国に残った人たちに「抵抗しよう」と呼びかけるというのも、なんだかなぁと思ってしまいます。

戦争、いやですね。
Commented by Mtonosama at 2017-12-17 09:35
♪poirierAAAさん

返信が遅れて申し訳ありません。
最近、コメント欄がブログ画面のず~~~っと下の方に出るので見落としてしまいます(^-^;
すいません。

確かにおっしゃる通りですね。
国王は亡命後もロンドンから本国のパルチザンたちの檄を送ったということを聞きましたが。
しかし、ノルウェー、デンマークというドイツと陸続き、海続きの国々の直面した苦悩は大変なものですよね。
ヨーロッパはヨーロッパ中が巻き込まれる戦争を二度も体験しているのですね。