ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイClimber’s High

f0165567_16195930.jpg

          (C)2008「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ

     「1985年8月12日、羽田発大阪行き日航123便御巣鷹山に墜落」
    生まれていない人はともかく、あの頃、物心ついていた人なら
    あの悲惨な事故は記憶に刻みつけられているのではないでしょうか。

     あれからもう23年。これを短いとみるか、長いとみるか。
    遺族にとってはまだ23年。
    ざっくり開いた傷口にようやく薄い皮膜ができ始めたところかもしれません。
    映画化に当たっては実に細かい配慮が必要だったことでしょう。

     「クライマーズ・ハイ」は2003年に出版された横山秀夫の同名小説を
    映画化したもの。
    自身、地元群馬の地方紙社会部記者としてあの事故を取材した人間として
    その体験をベースに著した同書はNHKでも佐藤浩市主演でドラマになっています。

     事故を報道する側である新聞記者に軸足を置いた映画ではありますが、
    日本中をテレビの前に釘付けにしたあの事故にまつわる作品である以上、
    御巣鷹山の現場を離れるわけにはいきません。
    墜落現場の再現にはとても力が入っています。

    急峻な斜面から生えているような鶴のマークの尾翼。
    夏の空をかきまわすように旋回するヘリコプター。
    しかし、カメラが地面を避けて撮影するなど、
    神経を遣った演出です。
    当時、現場で取材したカメラマンも遺体をうつしこまないアングルに
    心を砕いたはずだからです。

    一匹狼の遊軍記者と過去の特ダネにいつまでもこだわる上司や同僚との確執
    中央紙に対する地方紙のびみょーな思い
    友情、家族、登山。
    盛り沢山な内容ながら、やはり関心はあの事故へと戻っていってしまいます。

     あ、しかし、キーワードが
    「チェック、ダブル・チェック」 
    ビリー・ワイルダー監督の「地獄の英雄」(’51)の中で
    田舎新聞の編集長がいつも言う口ぐせで、
    この映画の中でも主人公がたびたび口にする、
    重要な意味を持った言葉。
    アメリカで映画づくりを身につけた原田眞人監督らしい解釈です。
    要チェック、ダブル・チェックですよ。

    監督:原田眞人
    出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子ほか
    7/5(土)より、丸の内TOEI他、全国ロードショー
    配給:東映×ギャガ・コミュニケーションズ
    http://climbershigh.gyao.jp/

応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
by Mtonosama | 2008-06-27 16:54 | 映画 | Comments(2)
Commented by すっとこ猫 at 2008-06-28 08:28 x
つい最近佐藤浩市主演のNHKビデオ借りたところです。

引き返す勇気・・・・が心に残りました。

原田監督はアメリカで勉強した人?
新しい映画のようで いつか見たいなあ。
Commented by Mtonosama at 2008-06-28 16:53
絶対に飛行機の中では上映しない映画だと思います(^_^;)
機会があったらDVD借りて観てね。

監督はLAで活動し、コッポラとかハリウッドの大物を取材して、映画評論してたそうです。
「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」日本語版の翻訳監修と演出も担当。英語が堪能な人はいいなぁ…