ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ブロークン・イングリッシュ Broken English

Please click here.
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
f0165567_6282490.jpg

ブロークン・イングリッシュ

Broken English

「私、眉間の皺はイヤだけど、目じりの笑い皺がかわいいおばあちゃんになりたいわ」
と女優さんだったか、モデルさんだったかが言いました。
「うん、眉間の皺って陰険そうでいや」などと彼女の言葉に納得していましたが、
この映画を観てその考えが変わりました。
「ブロークン・イングリッシュ」。
NYのホテルでVIP対応係をこなす30代独身女性が主人公の恋愛映画です。
眉間のしわが素敵なのは、実は主人公ではなく、その親友の方なのですけれど。

全身これ美容整形のかたまりといったハリウッド美人女優に慣れた目には
主人公たちの目じりや口元や眉間の皺が人生の岐路で足踏みする
等身大の30代女性を表すようで素適でした(日本の30代の肌はもっときれいでしょうが)。
でも、小皺やらカラスの足跡に荒された疲れた肌の主人公に比べて、
その母親を演じたジ―ナ・ローランズの颯爽としていること。とても78歳には見えません。
単身ギャングと闘ったあの「グロリア」(’80)を演じた頃とさして変わっていないのですから。

ストーリー
マンハッタンのホテルで働くノラ・ワイルダーは30歳を過ぎた独身女性。
仕事は面白いし、やり手として上司からの信頼も篤いのですが、
その生活にはなにかが足りないような気がしてなりません。
親友のオードリーはノラが紹介したマークと結婚してしまうし、
母親からはじんわりと独身でいることを責められる日々。

ある日、ホテルを利用する大物映画俳優の苦情を処理したノラは俳優から食事に誘われます。
そして酔った勢いで大人の関係に。
すっかり恋人きどりでいましたが、
俳優はTVのインタビュー番組で共演女優と交際していることを告白。
その番組を見てしまった彼女はガックリ。落ち込むノラに母は友人の息子を紹介します。
ところが、デートの最中に彼は元彼女と再会。「彼女が忘れられないんだ」と告げ、
その場で「さよなら」。ますます落ち込むことに。

同僚からホームパーティに誘われたノラ。
気分転換にと出かけたものの、楽しむことができず、早々と引き上げようとしたその時、
フランス語訛の英語で話しかけられます。
いささか強引なフランス人・ジュリアンの口説きにとまどいながらもパーティを抜け出し、
夜のNYへ。天真爛漫で情熱的なジュリアンの前でノラの臆病な心も解き放たれていきます。
しかし、やがてジュリアンの帰国する日が。
「一緒にパリに行こう」と誘われるのですが、仕事や自分の生活を捨てられないノラ。
ジュリアンは一人帰っていってしまいました。

「そう、女は仕事よ」。

ですが、彼女が考える以上に、ジュリアンの存在は大きなものでした。
ノラは些細な理由からホテルの仕事も辞めてしまいます。
そして親友オードリーに後押しされて…


監督ゾエ・カサヴェテスはこの映画でノラの母親を演じたジ―ナ・ローランズを母に、
そして、そのジ―ナが主演した前述の「グロリア」の監督ジョン・カサヴェテスを父に持つ
二世監督であり、悩める30代です。同じく二世監督であるソフィア・コッポラとは長年の友人。
監督にとってノラは分身みたいなものです。

「ある年齢になると世間は女性に『結婚は?子供は?』と迫ってくる。でも、昔よりずっと異性との関係は単純じゃなくて悩むことが多い。ひとりでいること、その状況を後ろめたく思うことについて考えようと思ったわ。現代女性はライフスタイルの選択肢はたくさんあるけど、ルールがないのよ」
とゾエ・カサヴェテス監督は語っています。

なるほどね。わかるような気がします。
同世代の女性なら、全身で共感してしまうのではないでしょうか?

30代女性の自分探しもこの映画の大切なテーマですが、
おもしろいのはタイトルにもなっているブロークン・イングリッシュ。
フランス語をかじり始めた人から、聞いたことありませんか?
「常陸宮華子をフランス語で発音するとイタチノミヤアナコになっちゃうんだよ」っていう一口話。
それふうの食い違いが映画にも登場します。
ノラの部屋で一夜を過ごしたジュリアンが並木の下を歩きながらつぶやきます。
“I’m angry”.
ノラは焦って「どうして怒ってるの?」と訊くのですが、
angryではなくhungryだったというオチ。
そう、フランス人はhを発音できないのです。

スノッブで《なすべきこと》を大切にするニューヨーカーのノラと、
《したいこと》を優先するパリジャンのジュリアン。
アメリカ人の捉えるフランス人はいつもこのように画一的ですが、
今までと違うなと思うのは、フランス風価値観を肯定しているところ。
アメリカ人も自己否定できるようになったのかもしれませんね。
今後の活躍が楽しみなゾエ・カサヴェテス監督です。

監督・脚本/ゾエ・カサヴェテス
キャスト
パーカー・ポージー/ノラ、メルヴィル・プポー/ジュリアン、ジーナ・ローランズ/ヴィヴィアン(母親)、ドレア・マッテオ/オードリー

12月13日より恵比寿ガーデンシネマ、銀座テアトルシネマ他全国ロードショー
http://www.broken-english.jp

by mtonosama | 2008-11-24 07:26 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2008-11-24 20:53 x
うわーお。
奈津貸家・・・なんなんだこのブロークンジャパニーズ変換。
もとい、「懐かしや。」ジーナローランズ!

グロリアの時はいつもシルクのスーツ、ただしスカートが
大きめプリーツなのでアクション向きだったのよね。

そっか、彼女の娘が監督張るような年なのか。
♪人生は過ぎゆくわたしを残して~
と歌ってる場合ではありません、フランス人はHを発音
できないの?

ちょっと勉強になる解説でした、ありがとう殿様。
アックチョーイ、とくしゃみをフランス風にしてみるよ。
Commented by との at 2008-11-25 06:29 x
かっこよかったよね。ジーナ・ローランズ。

そう?グロリアでは大きめプリーツだった?
ウォーショースキーもそうだけど、闘う女は良い服着るね。「あ~あ、汚れちゃうよ」と普段着の気持ちになってしまう自分が悲しくなります。

と、ジーナ・ローランズで盛り上がってちゃいけなかった。ゾエさんも頑張ってます。

Commented by まちゅぴちゅ at 2008-11-27 00:19 x
同世代の女性です。
すでに全身で共感しはじめてます。
ぜひ、ぜひ見てみたいと思います!
Commented by との at 2008-11-27 07:16 x
まちゅぴちゅさん
当試写室へようこそ!
今後も覗きにいらしてくださいませ。
Commented by ひざ小僧 at 2008-11-27 09:47 x
一緒に歩いてる男に前の彼女に突進していかれたら、どんな顔をしたらいいのか真剣に考えてしまった。わかる。遊び人ふうのイイ男にやはり遊ばれてしまったと悟った時の苦さも悔しさもわかる。感情移入しまくりの映画なんだ、見たい。
しかしゾエ監督もすごい。いくら名優といえども、母親を使いこなすなんぞは並大抵の手腕ではない。78歳!? 娘の話に耳を貸さず、わが道をまっしぐらのクセ者のはずなんだけど・・・。 
Commented by との at 2008-11-27 12:40 x
一緒に歩いてる男が元カノの前で鼻の下伸ばしたら、
ぶっとばしてやろう!

と、おばさんはぶっとばすことばかり考えてしまうけど、
考えてみたら、女30代、確かに悩みが多いです。

ゾエさんの実体験も盛り込んだ映画だそうでございます。
Commented by ライスケーキ at 2008-11-27 22:48 x
有名人を両親に持つ有能な二世監督でも 30代になると「結婚は?子どもは?」なんて言う世間のプレッシャーを 感じるのですか。  その方が私にはちょっとオ・ド・ロ・キ。  子供を持つのには肉体的リミットがあるからーーー高齢出産はやはり辛いよねーーー30代の方が良いと思うけど 能力のあるアメリカ人女性は 男とはテキトーに付き合いながら 自分の才能を開花すべく自由に生きていると思ってたけど そうでもないんだね。  私たちの世代は クリスマスケーキーーー知っているよね。 25になって売れ残ってたら あとは安売りしなくちゃ売れないーーーだったけどね。  久しぶりのラブ・ロマンス、観たいです。 


Commented by との at 2008-11-28 07:25 x
ライスケーキさん、おかえりなさい。
親が有名でも、有能でも、人生、楽しいばっかじゃないのでしょうね。闘う女も、強い女もかっこいいけど、その裏には何かしら悩みを抱えているのかも。

主人公のノラさんの自分探し…
そういえば「人形の家」もノラだった。
いつの時代もいくつになっても自分探しは人生の重要なテーマなんですね。