ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

カテゴリ:映画( 969 )


ターシャ・テューダー
静かな水の物語
-2-

TASHA TUDOR

f0165567_3394899.jpg

(C)2017 映画「ターシャ・テューダー」製作委員会


ターシャおばあさんを紹介したTV番組は
2005年から4本の番組が制作され、
それ以降も地上波とBSで再放送を繰り返す人気番組になりました。

生誕100周年となる2015年には
彼女の多彩な世界を紹介する展覧会も開催されました。
2年をかけて日本全国を回り、38万人を動員したんですって。

そもそも、
なんでターシャ・テューダーが日本で紹介されることになったのかというと――

今回、企画とプロデュースを担当した鈴木ゆかりさんは
以前、松田光絵監督と一緒に海外のガーデニングを紹介する番組を作っていました。
その中で取材したガーデナーの多くが
「憧れはターシャさんのお庭」と言っていたそうなんです。
それでターシャ・テューダーに取材をお願いしたのが、ことの始まり。

ターシャさん、OKしてくれて良かったです。

本作では松谷光絵監督が10年にわたって取材してきた彼女の生前の姿と
今回追加で撮影された新たな映像も加わり、
ターシャ・テューダー完全版として楽しむことができます。

f0165567_3442442.jpg

折れそうに細くて小さなおばあさんが
何エーカーもあるバーモント州の荒地を耕し、
人間技とは思えない見事な庭園を造り出したんですからね。

こんなことを言ってはなんですが、
魔法使いみたいに痩せたおばあさんが造ったんですよ。
天地創造ともいえる快挙です。

そして、敢えて不便さを選び取ったようなその暮らしぶり。
自然に寄り添った暮らしとでもいうのでしょうか。

15歳で肖像画家だったおかあさんのアンティークショップを
手伝っていたことからも影響を受けているのでしょうが、
彼女は園芸家という顔の他に
アンティーク収集家でもあります。
映画をご覧になったら調度品や食器もよ~くチェックしてください。
もう、ため息とともに「素敵!」の一言しか出てきません。

f0165567_3465025.jpg

そうそう、サブタイトルの『静かな水の物語」って気になりません?
映画を観て、湖も川も出てこないのに、
なんで?と思っていたのですが、
松谷光絵監督の言葉で納得がいきました。

ターシャさんは普段から「私はスティルウォーター教よ」と言っていたそうです。
Still Water(静かな水)というのは
大きな波に流されることなく静かに前進するというターシャの生き方と
水に映る自分自身をみつめるというありようを象徴する言葉――

明鏡止水っていうことですか。
卓越した人の言葉には東西相通ずるものがあるんですね。

f0165567_348058.jpg

庭は生き物なんですよね。
こまめに手をかけてあげないと死んでしまいます。
ターシャさんが9年前に亡くなってから庭はどうなったのでしょう。
もしかして再び荒地に戻ってしまったのでしょうか。

ご安心ください。
ターシャの孫夫婦、ウィンズローとエーミーが
庭もターシャが愛した素朴な暮らしも守り続けています。

コーギー犬もチャボも元気です。

どうぞ明鏡止水の境に浸ってください。






今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月22日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ターシャ・チューダー
監督/松谷光絵、企画・プロデュース/鈴木ゆかり、製作/堀内大示、山田治宗、撮影/高野稔弘
出演
ターシャ・チューダー、セス・チューダー、ウィンズロー・チューダー、エイミー・チューダー、ジェニファー・チューダー・ワイマン、アン・K・ベネデュース、ケイト・フォデアック、メギー、チカホミニー
4月15日(土)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー
2017年、105分、日本、カラー、映像提供/NHK、NHKエンタープライズ、http://tasha-movie.jp/

by Mtonosama | 2017-04-22 03:55 | 映画 | Comments(10)

ターシャ・テューダー
静かな水の物語
-1-

TASHA TUDOR

f0165567_928530.jpg

(C)2017 映画「ターシャ・テューダー」製作委員会


可憐な花々。
気持よさげな緑陰。
美しい紅葉。
真っ白に雪化粧した木々。

素朴ながら心の贅沢を味合わせてくれるリビング。
美味しそうなご馳走を生み出すキッチン。

尻尾も足も短いコーギー犬がつき従い、
立派な鶏冠を持ったチャボのチカホミニーが
我が物顔に寝室を歩き回ります。

ああ、こんなところに滞在したら身も心も綺麗になれそうな気がするわぁ。

f0165567_9303296.jpg

ターシャ・テューダー。
アメリカを代表する絵本作家であり、
これぞスローライフというべき心豊かな日々を送った女性です。

彼女はそっと問いかけます。
「忙しすぎて心が迷子になっていない?」

はい、なってます。
怒鳴らないでゆったり暮らしたいです。

そんな大声の150歳を含め女子垂涎のおばあさんターシャ・テューダー。
その素敵な暮らしを描いたドキュメンタリー映画です。

ターシャ・テューダー

f0165567_9243641.jpg

(C)Richard W Brown

1915年 ボストンの名家に生まれる。
父はライト兄弟と肩を並べる飛行機、ヨット、帆船などの設計・製造技師。
母は肖像画家。
1924年 両親が離婚。
母はニューヨークへ。
ターシャはコネティカット州に住む両親の親友の家族と暮らす。
1930年 寄宿学校を経て、コネティカット州に母が購入した家で
母のアンティークショップ兼ティーハウスを手伝いながら、農業を始める。

f0165567_938485.jpg

1938年 同じく農業を志望するトマス・L・マクリーディと結婚。
夫の姪を主人公にした絵本「パンプキン・ムーンシャイン」を出版。
1940年 長女ペサニー誕生。
1942年 長男セス誕生。
1945年 「ターシャ・テューダーのマザー・グース」が
アメリカの優れた絵本作家に贈られるコルデコット賞オナーブックに選ばれる。
ニューハンプシャー州に広大な農場付きの古い家を購入。
夫と共に本格的な農業を営みながら、様々な年中行事で子どもたちを楽しませる。
次男トム誕生。
1949年 次女エフナー誕生。
1957年 「ターシャのかずのほん1はいち」が
再びコルデコット賞オナーブックに選ばれる。
一家でイギリスへ行き、1年間滞在。
農業に興味を失った夫と離婚。
子どもたちと農場を続けながら、絵本や絵の仕事で生計を立てる。
1958年 イギリスに残った次男トムが送ってきたコーギーの仔犬に一目ぼれ。
以後コーギーを買い続け、ターシャのトレードマークに。
1971年 児童文学への貢献を評価され、レジャイナ・メダル受賞。
日本訪問。
バーモント州の山中に土地を購入。
18世紀に建てられた友人の家をモデルにした家を長男セスに建ててもらい、
美しい庭を一人で作り上げる。
2008年6月18日92歳で永眠。
自作絵本40数点、挿絵を描いた本40数点など、100点を超す作品を遺す。

以前、BSでターシャのドキュメンタリー番組を観て
「素敵!」と思いました。

本作はその番組制作にかかわった方々が
監督、企画、撮影に参加しています。

さあ、いったいどんな映画でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月19日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ターシャ・テューダー
監督/松谷光絵、企画・プロデュース/鈴木ゆかり、製作/堀内大示、山田治宗、撮影/高野稔弘
出演
ターシャ・テューダー、セス・チューダー、ウィンズロー・チューダー、エイミー・チューダー、ジェニファー・チューダー・ワイマン、アン・K・ベネデュース、ケイト・フォデアック、メギー、チカホミニー
4月15日(土)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー
2017年、105分、日本、カラー、映像提供/NHK、NHKエンタープライズ、http://tasha-movie.jp/


by Mtonosama | 2017-04-19 09:44 | 映画 | Comments(6)

わすれな草
-2-

Vergiss mein nicht

f0165567_531525.jpg

(C)Lichtblick Media GmbH


人に歴史あり。
まさにそのことを実感させられる映画です。

常日頃、おばはん、ばばあ等と呼ばれ、
若くなければ、美しくなければ、人にあらず――
みたいな括り方をされている150歳。

でも、おばはんだってその年齢分の人生を生き、
歴史にかかわり、時代を創ってきたんですけどねえ。

本作には政治運動に生き、
奔放な恋もし、
今はアルツハイマーとなって
日々記憶を失っていく一人の老女が描かれています。

でも、決して
昔は良かったのに、認知症になってしまってはねえ、
人生って虚しいねえ、
という映画ではないんですよ。

ストーリー
ダーヴィッドは認知症になった母グレーテルの世話を手伝うために
フランクフルト近郊の実家へ戻ってきた。
父のマルテが長い間グレーテルを介護してきたが、ちょっと疲れてしまったからだ。
ダーヴィッドは母の世話をしながら、昔からの親友のカメラマンと共に
母と過ごす時間を映像に記録する。
理性的だった母も、病によって心の欲するままに暮らしているように見える。
息子のダーヴィッドを夫と思い込み、
父が思わず嫉妬したり。
かつてはそれぞれに恋人を持ち、個人主義的に思えた両親の夫婦関係も
今では手を取り合い、肩を抱き合い、
素直に愛情を表わしあえる関係に変わってきた……

f0165567_533403.jpg

映画の撮り始めから終盤――
終盤とはつまり母グレーテルの最期につながるのですが、
最初は彼女の目にも力強さが宿り、かつての美貌の片鱗も顔を覗かせています。
でも、次第にその目から力は失せ、動きも緩慢なものになっていきます。

ダーヴィッドが少し目を離せばベッドにもぐりこみ、
運動を促せば、あれこれ屁理屈をこね、
薬を飲むように言えば「あなたが飲んでおいて」と返してきます。
言うことを聞かない子どもみたいなものです。

身体が大きいから抱き上げて無理矢理やらせることができない分、大変なんですが。
でも、グレーテルは伸び伸びと暮らし、
父も息子も抑えつけることはしません。
根底に深い愛があるからなんですね。

認知症になることを極端に恐れる余り、
そうした老人の存在を否定しようとしていたのではないかと
気づかされてしまいました。
f0165567_5353053.jpg

グレーテル・ジーヴェキング
母グレーテルは1965年に苦学して修士号を取得し、放送局で働いていました。
1966年マルテと結婚。1967年に長女が誕生。
その頃、政治に目覚め、マルテと共に社会主義ドイツ学生連盟に参加しました。
その後も高齢になるまで政治活動を続け、
緑の党、エネルギー転換委員会、女性運動などに関わってきました。
2005年、記憶力の減退が顕著になり、
2008年にはアルツハイマー型認知症と診断されました。

嗚呼、人に歴史あり。

映画の中に挟まれる母グレーテルの若き日々。
とても美しい人です。
図書館をめぐり、60年代の政治運動を調べ、
当時の母の恋人にも取材する息子。
過去と現代が描き込まれ、ある種、暴力的なまでの印象の差異に戸惑います。

そして、介護事情の彼我の違いにも驚かされつつ、
夫マルテの母、つまり、グレーテルの姑が90歳を超えながら矍鑠とし、
グレーテルを施設に入れるよう勧める場面にも複雑な気持ちにさせられました。

150歳のとのも
高齢者も
高齢者予備軍も
グレーテルの子ども世代も
感じるところの多い映画だと思います。







今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村

☆4月16日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

わすれな草
監督・脚本/ダーヴィッド・ジーヴェキング、撮影/アドリアン・シュテーリ、編集/カトリン・フォークト、
音楽/ジェシカ・デ・ルイジ、製作者/マルティン・ハイスラー、カール=ルートヴィヒ・レッティンガー
4月15日(土)渋谷ユーロスペース他、全国順次ロードショー
2013年、ドイツ、88分、カラー、字幕/渋谷哲也、
配給/ノーム特別協力:ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センター、http://www.gnome15.com/wasurenagusa/

by Mtonosama | 2017-04-16 05:41 | 映画 | Comments(8)

わすれな草
-1-

Vergiss mein nicht


f0165567_623392.jpg

(C)Lichtblick Media GmbH


いつか来た道、いずれ行く道
とはよく聞くし、よく言う言葉です。

150歳のとのもいっぱしの年寄りぶって
この言葉を口にしますが、
一つの映画作品の中で
それもドキュメンタリー作品の中で
美しく若かった頃の昔の姿と
人間関係も、それに伴う想い出も、記憶もなくしてしまった
現在の姿を見せられると
自分の人生そのものを揺さぶられるような気持になります。

f0165567_662830.jpg

アルツハイマーの妻、
彼女を支える夫、そして、その家族。

本作は
記憶を失ったグレーテル・ジーヴェキングの末息子、ダーヴィッドが
父に代わって母を介護し、
時に明晰で、時に夢見るような彼女の日常と、
左翼運動の闘士だった若く美しい母の映像とを
織り交ぜながら作り上げたドキュメンタリー映画です。

穏やかでありながら
いずれ行く道を想わざるを得ない作品といえましょう。

監督は言っています。
「認知症になった母から、父と僕たち子どもが学んだことがある。
愛情を直接示すこと、ふれあいを持つこと、
そして、一緒に寄り添うことが、
家族にとっていかに大切で価値があるかということだ」

ダーヴィッド・ジーヴェキング監督
1977年ヘッセン州フリートゲルク生まれ。
フランクフルト近郊のバート・ホンブルクで育つ。
2000年から2007年ベルリンドイツ映画テレビアカデミー(dffb)で学ぶ。
在学中から映画やテレビの編集、助監督、出演者として活動。
ベルリン映画祭タレントキャンパスに参加し、
いくつかの映画プロジェクトを完成させる。
短編映画『撮り足し』(’00)でヘッセン州若手映画賞を受賞。
セミドキュメンタリー短編映画『アメリカ大使館』(’03)で
3つのドイツ若手映画賞を受賞し、2005年のカンヌ映画祭に招待される。
2007年、卒業制作『セネガル=ドイツ』がミュンヘン映画祭で初上映され、
2010年、劇場デビュー作『ダーヴィッドは空を飛びたい』で注目される。
ベルリン映画祭での初上映後40以上の国際映画祭で上映される。
ヘッセン州映画賞の最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞し、各国で劇場公開。
2012年、劇場映画第2作『わすれな草』は再びヘッセン州映画賞を受賞。
ワールドプレミアは第65回ロカルノ映画祭「批評家週間」で主要賞を獲得。
2013年、同名書籍が出版される。

映画の中では
思い通りにならない母に対して、
一生懸命ではあるけれど、
なんとなくイラッとする様子も伝わってくる
気楽な独身息子に見えましたが、
ドイツ映画界では結構注目を浴びる人物でした。

そんな彼がこの映画を撮ろうと思ったのは
母の介護が父一人の手には余るようになったため。
彼が手伝い、母の映画を撮るという企画にすれば、
時間も労力も介護のために十分に使えて一石二鳥だと考えたんですね。
しかし、家族の了解を得ることと、
作品が両親にとってプラスになることが撮影の第一条件です。

撮影を開始した時期は
母親が具体性のない事柄を理解できなくなり始めた頃。

カメラを抱えた見知らぬ人が家の中にいるのを見て不思議がる母に
「母さんの映画を撮っているんだよ」と説明しても、
すぐに忘れてしまったそうです。

f0165567_682064.jpg

アルツハイマー型認知症は、認知症の中で一番多く、男性よりも女性に多く見られ、
脳血管性の認知症などの患者数が横ばいであるのに対して、
増加の傾向があるといいます。

大変だったろうな、と思いつつ、
穏やかで安らかで
時々クスッと笑えるような夫婦や母子の姿によって
つらいテーマも直視することができました。

さあ、いったいどんな映画なんでしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆


わすれな草
監督・脚本/ダーヴィッド・ジーヴェキング、撮影/アドリアン・シュテーリ、編集/カトリン・フォークト、音楽/ジェシカ・デ・ルイジ、製作者/マルティン・ハイスラー、カール=ルートヴィヒ・レッティンガー
4月15日(土)渋谷ユーロスペース他、全国順次ロードショー
2013年、ドイツ、88分、カラー、字幕/渋谷哲也、
配給/ノーム特別協力:ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センター、http://www.gnome15.com/wasurenagusa/

by Mtonosama | 2017-04-13 06:14 | 映画 | Comments(0)

三毛猫ひかちゃん 
-53-


あたし、ひかちゃん。

f0165567_5433144.jpg

いつもながら眼光鋭いあたしよ。


f0165567_5442117.jpg

飼い主ったらね、
試写室にでかけるついでに千鳥ヶ淵へお花見に行ったの。

綺麗ねぇ。
いっぱいボートが出てるけど、これに乗るには2時間半待ちなんだって。
満開の桜をボートから眺めたら、さぞ気持ちが良いでしょうねぇ。


f0165567_5452675.jpg

足元にはこんなお花も咲いていたんだって。
シャガっていうのよ。



f0165567_5464714.jpg

さて、千鳥ヶ淵から鵠沼海岸へ。
4月8日
とうとうシネコヤさんがオープンしたのよ。


f0165567_5473756.jpg

読書スペースもあるの。


f0165567_548443.jpg

どきどき。
この階段を上がりきると映画館よ。


f0165567_5491173.jpg

ほら、ここよ。


f0165567_550673.jpg

(C)ALIVE INSIDE LLC 2014

上映していたのは『パーソナル・ソング』。

近年、医学的にも注目されるようになった認知症やアルツハイマー患者への音楽療法を題材に描き、2014年サンダンス国際映画祭ドキュメンタリー部門で観客賞を受賞したドキュメンタリー。特効薬もないままに患者数が爆発的に増え続け、先進諸国で社会問題となっている認知症やアルツハイマー病。アメリカのソーシャルワーカー、ダン・コーエンは、患者が自分の好きな歌(パーソナル・ソング)を聞くことによって、音楽の記憶と一緒に何かを思い出すのではないかと思いつく。早速その療法を実行に移してみると、娘の名前すら思い出せずふさぎこんでばかりいた94歳の認知症男性ヘンリーが、好きな曲を聞いた途端に陽気に歌いはじめ、仕事や家族のことまで饒舌に語りだすという効果が表れた。さらに他の患者たちも、この音楽療法によって劇的な変化を見せるように。人間が失われた記憶を取りもどす奇跡の瞬間をとらえ、新たな治療法の可能性を探っていく。 http://eiga.com/movie/80961/

『レナードの朝』(‘90ベニー・マーシャル監督)の
感動的なワンシーンを思い出したわよ。

そう、これまで無表情だった患者たち。
彼らの顔に花が咲くように
一斉に表情が蘇り、語り始めるあのシーンよ。

数日前『わすれな草』というドイツのドキュメンタリー映画を観てきた飼い主。
39歳の監督が、認知症を患う母親を撮った映画なんだけど、
このお母さんにも音楽療法を受けさせてあげたかったわ。


f0165567_5533078.jpg

あたし?
あたしは自分ばっかりフラフラ出歩いてる飼い主を蹴っ飛ばすために
キャットタワーで特訓中。
テイッ、トーッ!

ひかり


今日もポチッとお願いよ。明日も更新するわよ。ひかちゃん♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月12日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。飼い主☆
by Mtonosama | 2017-04-12 05:54 | 映画 | Comments(4)

午後8時の訪問者
-2-
La Fille Inconnue

f0165567_5402660.jpg

(C)LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM – FRANCE 2 CINEMA - VOO et Be tv - RTBF (Television belge)


あの時こうしていれば良かった。
あんなことをしなければ良かった。

人生にそんな思いはつきものです。

自分を危険な立場に追い込みながらも
真相をつきとめようとする女医を演じたのはアデル・エネル。
2013年にセザール賞助演女優賞
2014年には同賞主演女優賞を受賞した若手実力派女優です。

とてつもなく美人ではないかもしれませんし、
華奢な体つきでもありません。
しかし、息づまるような迫真の演技には是非ともご注目ください。

f0165567_541234.jpg

ストーリー
ジェニーは間もなく大病院に好待遇で迎えられる予定の医師。
体調を崩し、入院した高齢の医師の代わりとして
小さな診療所で診察していた。
彼女の許には研修医のジュリアンがいる。
ある日、患者の発作を目の当たりにして
身動きできなくなったジュリアンをジェニーは厳しく責める。
それ以来、彼はジェニーの話を聞こうとしなくなってしまう。

間もなく勤めることになる病院から
歓迎パーティへの誘いの電話を受けていた時、
診療所のドアフォンが鳴る。
午後8時。診療時間は終わっている。
応じようとするジュリアンに「患者に振り回されてはダメ!」としかるジェニー。
ジュリアンは無言で診療所を出ていってしまった。

歓迎パーティではシャンパンがふるまわれ、
上司はジェニーの優秀さを褒めそやし、病院内には彼女の部屋も用意されていた。

翌日、診療所に刑事がやってきて、
近くで身元不明の遺体が発見されたことを告げる。
監視モニターを調べたところ、
昨夜、午後8時にドアフォンを押していた少女が
その遺体の当人だった。
警察は身元不明の遺体は公共墓地に埋葬するしかないという。

罪悪感にうちひしがれたジェニーは少女の写真をスマホで写し、
時間を見つけては名前を訊ねて回った。

あの夜以来連絡が途絶えたジュリアンを訪ね、
少女の写真を見せて名前を知らないか訊いた。

患者たちにも訊ね歩く内、娼婦であるらしいことがわかった。
少しずつ真相に迫り始めた頃、
ジェニーは襲撃され、「この件に近づくな」と脅される……

少女の手がかりを探りながら、
小さな診療所は、貧困や国籍などが原因で大病院には行けない人々にとって
必要とされていることを知ったジェニー。

キャリアアップの寸前で、
先輩医師として研修医ジュリアンの指導的な立場にあると同時に
後輩になめられてはいけないという思いを抱える中で起きた事件。
「そこまでしなくともいいのでは?」
と思える彼女の行動。

f0165567_5425941.jpg

ベルギー版赤ひげとも言いたくなるジェニーを見ながら
若いってこういうことなんだなぁ、
と、150歳は神妙な想いを抱かざるをえませんでした。

今後ジェニーには午後8時のドアフォンに応えていればよかった
という思いがついて回ることでしょう。
そして、
誰しもまた
あの時ああしておけばよかった
という気持ちをお持ちのことと思います。
でも、でもね、
その結果、ジェニーのように少し成長するという可能性も
あるのかもしれませんよね。

それにしても
ダルデンヌ兄弟監督、作品発表ごとに進化していくようですよ。




今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月9日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆



午後8時の訪問者
監督・脚本/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、第一助監督/カロリーヌ・タンブール、
撮影/アラン・マルコアン(s.b.c)、製作/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、ドニ・フロイド
出演
アデル・エネル/ジェニー・ダヴァン、オリヴィエ・ボノー/ジュリアン、ジェレミー・レニエ/ブライアンの父、ルカ・ミネラ/ブライアン、クリゼット・コロニル/ブライアンの母、
ナデージェ・エドラオゴ/ネットカフェの受付
4月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2016年、ベルギー=フランス、106分、カラー、配給/ビターズ・エンド、http://bitters.co.jp/pm8/

by Mtonosama | 2017-04-09 05:47 | 映画 | Comments(6)

午後8時の訪問者
-1-

La Fille Inconnue

f0165567_5163886.jpg

(C)LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM – FRANCE 2 CINEMA - VOO et Be tv - RTBF (Television belge)


『サンドラの週末』から2年、
http://mtonosama.exblog.jp/23970021/ http://mtonosama.exblog.jp/23980790/
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督の最新作がやってきました。

この二人としては珍しいサスペンス仕立ての映画です。
しかし、ダルデンヌ兄弟監督のこと。
祖国ベルギー、いや、ヨーロッパが直面する問題を抉り出しつつ、
心を揺らすヒューマンミステリーに仕上げています。

路面から伝わる寒気が心も体も凍てつかせるようなベルギーの冬。
午後8時、診療時間はとっくに過ぎています。
女医のジェニーが勤める診療所のドアフォンが鳴りました。
ジェニーは応じようとするインターンを制します。

翌日、刑事が訪問。
診療所の近くで身元不明のアフリカ系少女の遺体がみつかったというのです。

それはまさに診療所のモニターに映っていた少女でした。
少女は誰なのでしょう?
そして、なぜ死んでしまったのでしょう?
ドアフォンを押して何かを伝えようとしていたのでしょうか?

ジェニーがドアを開けていれば、彼女は死なずにすんだのでしょうか?

自分を責めながらも少女の足跡を辿るジェニー。
そして、いつしか彼女自身危険に巻き込まれていくのですが……

f0165567_5194998.jpg

と、いきなり暴くか。150歳。

いえ、暴きません。暴きませんよ。

いや、しかし、いつまでも枯れることのないダルデンヌ兄弟です。

作品を発表するごとにカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、
2度のパルムドールの他、数々の映画賞を世界中で受けています。
本作も第69回カンヌ国際映画祭で『ロゼッタ』がパルムドールを受賞して以降
7回連続コンペティション部門に出品という快挙を成し遂げました。

ドアフォンを無視したために移民の少女が殺されてしまう…
キャリアアップを捨て真相を探り始める若い女性医師。
彼女の罪悪感と苦悩に寄り添いつつ、
ベルギーに暮らす移民にもまなざしを向けることを忘れないダルデンヌ兄弟。
日常に潜む闇や不条理を
冬の都会の寒々しい風景をバックに浮き上がらせていくんですね。

f0165567_5223869.jpg

今回もいわゆるヨーロッパのヨーロッパらしい場所は登場しません。
寒そうな河沿いの道。
高速道路の高架下。
飾りっ気も何もない殺風景な診療所。
狭いアパート。

ベルギーワッフルもなければ、ベルギービールもありません。
ルネ・マグリットだって全く登場しません。
綺麗でスタイルの良い女優さんも出ません。

でも、ベルギーの映画です。
そして、ヨーロッパが抱える問題をしっかり描き出す作品なんですよね。
あ、綺麗な女優さんが出ないと言いましたが、
ジェニーを演じたアデル・エネルは良かったですよ。
女優は綺麗でスタイルがよくなければいけないって
いったい誰が決めたんですかねえ。

さあ、いったいどんな映画なのでしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月6日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

午後8時の訪問者
監督・脚本/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、第一助監督/カロリーヌ・タンブール、
撮影/アラン・マルコアン(s.b.c)、製作/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、ドニ・フロイド
出演
アデル・エネル/ジェニー・ダヴァン、オリヴィエ・ボノー/ジュリアン、
ジェレミー・レニエ/ブライアンの父、ルカ・ミネラ/ブライアン、クリゼット・コロニル/ブライアンの母、
ナデージェ・エドラオゴ/ネットカフェの受付
4月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2016年、ベルギー=フランス、106分、カラー、配給/ビターズ・エンド、http://bitters.co.jp/pm8/

by Mtonosama | 2017-04-06 05:35 | 映画 | Comments(4)

三毛猫ひかちゃん
-52-


あたし、ひかちゃん。

f0165567_68244.jpg

あ、あれ何?

f0165567_691347.jpg

あら~!とうとうできたのね。
シネコヤさん。

本格始動は4月8日ですって!

f0165567_694645.jpg

ふむふむ。
飼い主の試写室では上映しなかった作品だわ。

f0165567_6102474.jpg

パン屋さんもあるのね。


f0165567_6111876.jpg

そんなこんなで
シネコヤさんのプレオープンを覗いた後、
プラプラお散歩。

f0165567_6114438.jpg

なぜか川のほとりにこんなものが。
暖かい春の日に浮かれてズボンを脱いでそのまま出かけちゃったのね。
って・・・・

f0165567_612923.jpg

相変わらず写真の下手な飼い主だけど、
湘南の良いとこ撮りよ。
トンビが舞う下には江ノ島の灯台。
左手には片瀬海岸のマンション群。
湘南は東京より開花が遅いのね。
手前の桜が満開になったらきっと見事だと思うわ。

f0165567_6142628.jpg


あたしは身づくろいだわよ。
春ですものね。

ひかり

今日もポチッとお願いよ。ひかちゃん♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月5日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。飼い主☆
by Mtonosama | 2017-04-05 06:23 | 映画 | Comments(7)

マイビューティフルガーデン
-2-

This Beautiful Fantastic

f0165567_612429.jpg

(C)This Beautiful Fantastic UK Ltd 2016


主人公は、絵本作家になる夢を持ちながら
自分の殻を破れない図書館勤務のベラ。
その殻はけっこう堅いんですよ。
歯ブラシやコップは曜日ごとに変えるから
洗面台には7本の歯ブラシと7個のコップが並び、
図書館に着ていく服も
同じデザインで色違いのものが曜日ごとにクローゼットにズラリ。

f0165567_612587.jpg

ストーリー
ちょっと変わったベラ・ブラウン。
生後間もなく公園に捨てられていた彼女は
予測のできない自然の営み、とりわけ、植物を恐れている。
だから、彼女は何にでもちゃんとした秩序がないと気が済まない。

ラジオが18時半の時報を告げると同時に夕食。
自分が決めたスケジュールをきっちり守って暮らすベラ。
家はきちんと整えられ、快適な一人暮らし。
ただひとつの問題は荒れ放題のバックヤードだった。
植物嫌いのベラは手入れができずにいる。

ある日、ベラの勤める図書館に発明家のビリーがやってきた。
図書館内でサンドイッチを食べながら調べ物をし、
自由気ままにふるまう彼が気になって仕方のないベラ。
そんな彼が書き散らしたメモの1枚を自宅に持ち帰り、
読もうとしたところに一陣の風。
メモは庭へ吹き飛ばされ、茂りに茂った木の枝に乗っかり、
取ろうとしたベラは転んで気を失ってしまう。
彼女を助けたのは隣人のアルフィー。
彼は「庭の手入れをしないから罰が当たったんだ」と毒づく。
一人暮らしのアルフィーは自宅で雇っている料理人のヴァーノンにも
口喧しい偏屈な老人。

翌朝、ベラを心配して朝食を作りに来たヴァーノン。
二人の楽し気な様子を見て焼きもちを焼いたアルフィーは
ヴァーノンにクビを言い渡す。
それに怒ったベラは「だったら私のところで働いてもらう」と――

ある日のこと、ベラの家に家主がやってきた。
荒れ放題の庭に近所から苦情が出たというのだ。
1ヶ月以内に庭を元通りにしないなら出ていってもらうという。
でも、ベラはどこから手を付けたらいいのかわからない。
一方、アルフィーは料理人のいない生活に耐えられず、
連日「料理人を返せ!」とベラに電話してくる。

さあ、どうなる?ベラ……

f0165567_6135717.jpg

発明家ビリーとのなりゆきも気になるところですが、
「ガーデニングとはカオスに美を見出すことだ!」
が自説のアルフィーの庭園も、邸内のインテリアもとっても素敵です。

ベラを演じたジェシカ・ブラウン・フィンドレイは
美少女というより美少年顔で、
もうそれだけでどこか不思議な世界に来た気分にさせてくれます。
同じデザインでも毎日色違いのファッションも可愛くて真似したくなってしまいますし。
偏屈な隣人アルフィーは『フル・モンティ』(’97)のトム・ウィルキンソン。
甘い映画にこういう渋い俳優が登場するところがイギリス映画の良さですね。

観終わったらアフタヌーンティを楽しみながら
女友達と女子トークしてしまいたくなるような映画でした。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月2日に更新しました。もう4月!いつも応援してくださってありがとうございます☆

マイビューティフルガーデン
監督・脚本/サイモン・アバウド、美術/アレクサンドラ・ウォーカー、撮影/マイク・エリー、
プロデューサー/クリスティン・アルダーソン
出演
ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ/ベラ、トム・ウィルキンソン/アルフィー、アンドリュー・スコット/ヴァーノン、ジェレミー・アーヴァイン/ビリー、アンナ・チャンセラー/ミス・ブランブル、
アイリーン・デイヴィーズ/ミリー
4月8日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2016年、イギリス、92分、カラー、日本語字幕/原田りえ、提供・配給/ココロヲ・動かす・映画社、http://my-beautiful-garden.com/

by Mtonosama | 2017-04-02 06:18 | 映画 | Comments(6)

マイビューティフルガーデン
-1-
This Beautiful Fantastic


f0165567_554361.jpg

(C)This Beautiful Fantastic UK Ltd 2016


寒い時もありますが、ずいぶん日が長くなりましたね。
映画を観終わって外に出ると、まだまだ明るくて、
いけないことをしていたような気分になってしまう季節です。

そんな罪悪感を払拭し、
心の底から春を楽しめる映画が
イングリッシュガーデンの本場イギリスからやってきました。

フランスの庭園が左右対称の幾何学的庭園で良家の子女風だとしたら、
イングリッシュガーデンは野放図に生い茂る草花が
自由奔放な女の子みたいなお庭。

映画の中でも
「美しい秩序を保った混沌の世界」
なんてセリフがありました。

f0165567_5581984.jpg

本作『マイビューティフルガーデン』
原題は”This Beautiful Fantastic”
寒い冬の間、肩こりするほど肩をすぼめていた150歳の女の子なら
あ、いえ、もっと若い女の子でも男の子でも
こんなファンタスティックな映画で
春を満喫してみてもいいんじゃないでしょうか。
うふっ♪

これまでファッションブランドやミュージックビデオを手掛けてきた
サイモン・アバウド監督。
2010年にポール・マッカートニーの長女メアリーと結婚。
あのアビーロード・スタジオで、
ジョニー・デップ、ショーン・ペン、ジュード・ロウ、
メリル・ストリープ、ジェレミー・アイアンズ等を集めて
ポールの「クィーニー・アイ Queeny Eye」の
プロモーションビデオを監督したことでも話題を呼びました。

監督自身にお庭の趣味はなかったそうなのですが、
“How are you?”の代わりに
“How is your garden?”
と挨拶するスコットランド出身の映画監督が彼の知り合いにいます。
その挨拶がすっかり気にいってしまい
庭に興味を持つようになったサイモン・アバウド監督。

ベラという植物恐怖症の不思議なキャラクターの主人公を誕生させ、
このハッピーな映画を生み出してしまいました。

さすがマッカートニー家の婿さんです。

f0165567_556439.jpg

物語の舞台はロンドン。
時代は現代なのですが、どこかファンタジーな感じ。
ベラの生い立ちだって公園の池のほとりに捨てられ、
アヒルたちに見守られていた赤ん坊という設定なんですから。

ガーデニング大国の英国では
バックヤード(裏庭)をとても大切にします。
季節の草花を植え、ハーブを茂らせ、
果樹は美味しい実を実らせます。
鳥もさえずり、
夏には気持ちの良い木陰を作ってくれます。

主人公のベラはそんなバックヤード付きの素敵なアパートに暮らすのですが、
彼女には大変な問題点がありました。
それは―――
彼女が植物恐怖症だったこと。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいね。
乞うご期待でございますよ。




今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月30日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

マイビューティフルガーデン
監督・脚本/サイモン・アバウド、美術/アレクサンドラ・ウォーカー、撮影/マイク・エリー、プロデューサー/クリスティン・アルダーソン
出演
ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ/ベラ、トム・ウィルキンソン/アルフィー、アンドリュー・スコット/ヴァーノン、ジェレミー・アーヴァイン/ビリー、アンナ・チャンセラー/ミス・ブランブル、
アイリーン・デイヴィーズ/ミリー
4月8日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2016年、イギリス、92分、カラー、日本語字幕/原田りえ、提供・配給/ココロヲ・動かす・映画社、http://my-beautiful-garden.com/

by Mtonosama | 2017-03-30 06:05 | 映画 | Comments(6)