ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0165567_1422468.jpg

       (c)Copyright 2007 Cholera Love Productions,LLC ALL RIGHTS 

コレラの時代の愛
Love in the Time of Cholera

「コレラの時代の愛」?
どんな時代なんじゃ、と思わず知らずつっこみを入れたくなってしまいます。
「百年の孤独」(‘67)で知られる南米コロンビアのノーベル文学賞作家
ガルシア=マルケスの小説の原題そのままなのですが。

本作は映画化を渋る作家を説得して、ようやく完成した作品です。

      南米にはある種の特異な情念が存在します。
      アマゾン河が流れ、ジャングルがあり
      乾ききった大地には上空から見なければわからない
      鳥やら猿やらの絵が描かれ、
      インディオがカラフルな毛糸の帽子をかぶって農作業をしているかと思えば、
      ピサロやコルテスの末裔が建てた
      とてつもないオペラハウスや大邸宅があります――

      そんな土地だから、愛する女性と結ばれる日を51年9か月と4日
      待ち続けた男を主人公とした小説が書かれたとしてもなんの不思議もありません。

あ、聞こえましたよ。「そんなのストーカーじゃん」って言ったでしょう。

確かに、狂気じみていますけどね。

そこはなんといっても原始の魂と古代の神々、
スペイン爛熟期の文化が混在する南米ですから。

      

      1879年、スペインとの長い独立戦争に勝利し、活気にあふれる
      コロンビアの港町カルタヘナ。電報配達員のフロレンティーノは母
      と二人、貧しいながらも静かな日々を送っていました。
      ところが、配達先の裕福なラバ商人の娘フェルメーナを一目見た
      途端、恋に落ちます。情熱的なラブレターを送り続け、フェルメーナ
      の心を射止めることができました。これを知った彼女の父親は二人
      の仲を裂くため、娘を遠く離れた親戚の家に預けてしまいます。

      時を経て、彼女はその恋に見切りをつけていました。そして、父の
      望んだ通り、裕福な医師フベナルと結婚してしまったのです。

      嗚呼、フェルメ―ナ。汝の名は女なり。その心はなんと移ろいやす
      いことでしょう。

      彼女の結婚のその日からフロレンティーノの狂おしい51年9か月
      4日が始まったのでありました…

 

フロレンティーノを演じるのはハビエル・バルデム。1969年生まれのスペイン人です。
今年3月に公開された「ノーカントリー」でなんとも恐ろしい殺し屋を演じ、
アカデミー賞助演男優賞をとった俳優ですから、印象に残っている方も多いはずです(実は「ノーカントリー」では彼の怪演が残像となって怖い思いをしました)。

フェルメーナへの一途な想いを秘める一方で、
求められるままに622人もの女性と関係を持つフロレンティーノ。
真に愛する女性への想いと、622人の女性との交渉が
彼にとってなんの矛盾もないのかどうか、男ならぬ身の知るところではありません。
が、しかし、誰かに、あるいは、何かに夢中になっている人間は
異性にとって魅力的な存在ではあります。

 「ノーカントリー」のあの殺し屋がコレラの時代ではなんとも愛らしく上品に変身しているし、
アマゾンクルーズのシーンもロマンティックで旅心をそそります。

ただ、惜しいのは英語がつかわれていること。
スペイン語ならもっと南米の情念と狂おしいまでの男の純情を感じることができるのに、
と残念でなりません。
あ、スペイン語はできないんですけど…
でも、どうせ、字幕を読むにしても、その国の言葉の方が雰囲気が出るってものじゃありませんか。

監督/マイク・ニューウェル、脚本/ロナルド・ハーウッド
キャスト
フロレンティーノ/ハビエル・バルデム、フェルミーナ/ジョヴァンナ・メッツジョルノ
8月9日よりシャンテ・シネ、Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開


応援クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
by Mtonosama | 2008-07-28 14:45 | 映画 | Comments(4)
この自由な世界で
it’s a free world…


f0165567_15255736.jpg

(c) Sixteen Films Ltd, BIM Distribuzione, EMC GmbH and Tornasol Films S.A.

唐突ですが、1930年代に起こったスペイン市民戦争に夢中になっていた時期が ありました。
R・キャパの撮影した「崩れ落ちる兵士」の写真で有名な内戦です。
そのスペイン市民戦争を描いた「大地と自由」(‘95)を観たのが
ケン・ローチ監督との出会いでした。
「この人すごい。これは『カタロニア讃歌』だ。スペインの内乱をまんま映画にしてくれた!」
鼻の穴をふくらませて感動したのを思い出します。

一昨年はアイルランドの独立を描いた「麦の穂をゆらす風」で
パルムドール大賞を受賞した監督ですが、
やはりこの人の真骨頂は現代社会の片隅に生きる
名もないおじさん、おばさん、おねえさん、おにいさんを
切り取って見せてくれるところにあるような気がします。
 
「この自由な世界で」の主人公はアンジーという33歳のシングルマザー。
11歳の一人息子を両親に預け、ルームメイトのローズと暮らしています。
移民相手の職業紹介所の仕事もバリバリこなしているのだけれど、
上司のセクハラまがいの嫌がらせをかわしたら、その翌日にクビ。
頭にきたアンジーはローズを誘い、派遣業を立ち上げます。

    学歴なんかないけど、仕事はできるんだから。
    来年は中学に上がる息子だって、いつまでも両親に預けておくわけにはいかないし。
    お金だってもっと稼げるはず。
    私を使い捨てにしたやつらも見返してやらなくちゃ…

舞台はロンドン。
職を求め、あるいは命の安全を求め、世界各国から移民たちが集まってくる都市です。
EU拡大以降、東欧の新規加盟国に労働市場を開放したイギリスには
ポーランド、ウクライナなど東欧圏の移民労働者が多く、
この映画でもポーランド人の青年がアンジーに思いを寄せ、
通訳として彼女の仕事を手伝う役柄として登場しています。

ここで問題となるのが不法移民労働者の場合。
職業紹介所にとって不法移民の就労はタブー。

反体制的な本を出版したことで逮捕され、
イギリスに亡命申請したものの認められず、ロンドンに隠れ住むイラン人の元出版業者
就労ビザのないウクライナ人

彼らが働くこと、彼らを働かせること自体が犯罪です。
そこはもうマフィアが関わる危険区域。焦ったアンジーが足を踏み入れ、
映画の中でも息詰まる展開を見せるのが不法移民の問題なのです。

アンジーは自分の幸福のためにあくどいことを平気でやってしまう今時の娘ですが、
彼女を見守る父親は古き良き時代の労働者。
団結や倫理観、今ではダサいといわれる価値観の中で生きてきた人です。
父娘そして新旧世代の価値観のずれは仕方ありません。
労働をとりまく環境も変わりすぎてしまいました。

父親はただ娘を見守り続けるだけですが、
この父親が本当に良い味を出していました。
無茶をする娘を心配しながらも、余計なことは言わず、
毅然と見守る姿には無骨ながらも深い愛情があふれています。

この父親を演じたのはなんと役者未経験の元港湾労働者コリン・コフリン。
筋の通った父親は演技ではなく、彼の人生そのものなのでしょうか。
移民問題は今日的なテーマですが、
その背後には不器用な父親を通してケン・ローチの視線が感じ取れます。

手探りでがむしゃらに生きる若い人たちへの励ましとも導きともとれる視線。
やはり、この人は名匠の名に値する監督です。

ブログランキングに参加しています。
どうぞ、ポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村

監督/ケン・ローチ、脚本/ポール・ラヴァティ
出演
アンジー/キルストン・ウェアリング、ローズ/ジュリエット・エリス、父親ジェフ/コリン・コフリン
8月、渋谷シネ・アミューズほか全国順次ロードショー
www.kono-jiyu.com

by Mtonosama | 2008-07-08 16:14 | 映画 | Comments(8)
f0165567_911451.jpg

©YALLA FILMS - WILD BUNCH - FRANCE 3 CINEMA.
敵こそ、我が友
~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~
Mon Meilleur Ennemi

  敵の敵は味方、敵の味方は敵?二重否定が苦手です。
すんなり肯定文で語ったら、わかりやすいのに、なんで二重否定にするの?
「おいしくないことはない」。
もう!はっきりおいしい、と言えばいいではないですか。
殺してないことはない、悪くないことはない。
殺したんでしょ?悪いんですよっ!
と、世の中、簡単に行けば、こういう映画は作られないわけで…

     強制収容所が連合国軍兵士たちによって解放されるシーン。
    痩せさらばえたユダヤ人収容者たち、
    縦縞の薄汚れた囚人服を着せられたかれらがヨロヨロしながら金網の外へ出てきます。
    さわやかで健康的なアメリカ軍兵士はかれらにとっては解放者です。
    それにひきかえ悪鬼のようなドイツ兵士。

         これがアメリカ映画のお約束といえる描き方。
         アメリカにとってナチスは大いなる敵だったはず。

    クラウス・バルビー
    ゲシュタポとしてドイツ占領下のフランスで多くのユダヤ人やレジスタンスの活動家を
    殺し、拷問し、強制収容所へと送り込んだドイツ人。
    かつての映画なら、戦後は存在しないはずの人間です。
    しかし、彼は第二次世界大戦後、仇敵アメリカ陸軍情報部に入り、
    反ソ・反共産運動のスパイとして働きました。
    アメリカもまたナチである彼の情報を利用するため、彼を守り抜きます。
    フランスからの身柄引き渡し要求を逃れるため、バルビーを南米に亡命させたのも
    アメリカ陸軍情報部でした。
 
     1951年南米ボリビアに到着した彼はクラウス・アルトマンと名を変え、
    ボリビア軍将校やボリビア在住の元ドイツ軍将校と交流を持ち、関係を深めていきます。
     1964年ボリビア軍事政権樹立の陰の立役者であり、
    チェ・ゲバラの暗殺計画にも関わった人物なのです。

     1983年ボリビアから追放され、仏領ギアナで逮捕されるまで、
    戦後約半世紀歴史の闇の部分で暗躍したバルビーですが、
    その間に彼の戦争犯罪は時効を迎えていました。

     戦争犯罪の時効は20年です。
    1965年には逃亡中のナチス戦犯は無罪放免されてしまいます。
    それを防ぐため1964年に立法化されたのが
    「人道に対する罪」には時効がないという法律でした。
    これがあったためにバルビーの裁判は可能になりました。

     しかし、もしも、この法律がなければ、バルビーは平然と生き続けていたのでしょうか?
    そしてボリビアの地にドイツ第四帝国を打ち立て、
    ハーケンクロイツの旗をたなびかせようとしたのでしょうか?

     ケヴィン・マクドナルド監督はバルビーの実の娘、歴史学者、弁護士、
    バルビーの友人、ボリビアの内務大臣、そしてバルビーの被害者たち、
    多くの人々にインタビューし、
    それぞれの立場から多面的にバルビーの実像を描きだしていきます。
    実の娘が「パパはやさしい人だったわ」と言っても、
    バルビー個人の犯罪性、残虐性は歴史学者や被害者たちが実証します。
    あるいは法律家がアメリカ政府の意図を客観的に証言します。
 
     バルビーは結局終身刑を受け、刑務所内で病死しましたが、
    そんなバルビーもおそらくはアメリカ陸軍情報部の庇護がなければ
    生き延びることさえできなかったでしょう。 

     巨大な国家権力がナチズムを信奉し続けた個人(=クラウス・バルビー)を
    利用したことによって、チェ・ゲバラは殺され、ボリビアの平和は後退しました。

     歴史は単純な肯定文だけでは語れません。
    知らなかった重い現実の前に深いため息が出ます。

     http://www.teki-tomo.jp/ 
    7月26日、銀座テアトルシネマ他にて公開
by Mtonosama | 2008-07-03 09:28 | 映画 | Comments(2)